[CML 054263] 監督 山際永三、大いに語る 映画『狂熱の果て』から「オウム事件」まで 彩流社

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2018年 11月 17日 (土) 08:16:20 JST


 監督 山際永三、大いに語る  <http://www.sairyusha.co.jp/bd/isbn978-4-7791-2525-6.html>
映画『狂熱の果て』から「オウム事件」まで
<http://www.sairyusha.co.jp/bd/isbn978-4-7791-2525-6.html>   彩流社
救援連絡センターの会計監査を長年つづけてくださっている山際永三監督の本が出た。

------- 目次 *緑字は千恵子メモ *---------------------

(1)生い立ち

(2)敗戦前後のこと

(3)映画へのめざめ

(4)志賀直三『阿呆伝』

(5)サルトルとカミュの時代 *そうなんだ サルトル カミュ*

(6)志賀直哉と小津安二郎 *叔父さんに推薦状を書いてもらったと*

(7)新東宝時代

(8)大宝映画と『狂熱の果て』 *みたいなあ*

(9)子どもの世界へ* 刑事が犯人をつかまえるのが嫌いだから*

(10)『コメットさん』のこと *微妙に覚えてる*

(11)ふたたび大人の世界へ

(12)『帰ってきたウルトラマン』 *テレビ 見てなかったからなあ*

(13)怪獣づくりのこと

(14)『シルバー仮面』

(15)『ウルトラマンA』

(16)テレビドラマ『日本沈没』

(17)子ども番組の変化

(18)監督の著作権問題

(19)「ロス疑惑」と三浦和義さん *そう 三浦さんを支えたんだ*

(20)石井輝男プロダクションのこと




-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内