[CML 054260] 【YYNewsLiveNo2663】■【特集】なぜ「政・官・業」の癒着を暴いていた『国会の爆弾男』石井紘基衆議院議員は殺されたのか?(No1)

山崎康彦 yampr7 at mx3.alpha-web.ne.jp
2018年 11月 16日 (金) 23:20:17 JST


いつもお世話様です。                          

【YYNews】【YYNewsLive】【杉並からの情報発信です】【YYNewsネット世論調査】を主宰する市民革命派ネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です!

本日金曜日(2018年11月16日)午後9時15分から放送しました【YYNewsLiveNo2663】の放送台本です!

【放送録画】67分48秒

https://ssl.twitcasting.tv/chateaux1000/movie/507096748

☆今日の最新のお知らせ

´〔斉土曜日(2018.11.17)午後3時-5時に第17回【根っこ勉強会】を開催します。テーマは『政治支配と宗教』です。いつものように二つの媒体でライブ中継する予定ですので皆様の視聴をよろしくお願いいたします。

1.【YYNewsLive】

https://ssl.twitcasting.tv/chateaux1000/show/

2.【日本海賊TV】

https://www.youtube.com/channel/UCxpb10gvj4BEDsHc2KKOl5w/videos

☆今日の画像

‘銀の総資産と名目GDP (朝日新聞記事より)

▲吋爛肇譟璽(化学物質の道)を噴霧して飛行する航空機 (本日2018.11.16午後3時40分頃山梨県富士吉田市上空で撮影)

☆今日の映像

\舒羚百雉聴刺殺の真相 1/2 (9分30分)

2010年10月30日 テレビ朝日「報道発ドキュメンタリー宣言」

https://www.dailymotion.com/video/xfgc4z

∪舒羚百雉聴刺殺の真相 2/2 (4分49分)

2010年10月30日 テレビ朝日「報道発ドキュメンタリー宣言」

https://www.dailymotion.com/video/xfgc2i

☆今日の推薦図書(朗読)

■衆議院議員石井紘基著『日本が自滅する日「官僚経済体制」が国民のお金を食い尽くす!』(PHP2002年1月23日発行)

第四回目朗読 (2018.11.16)

序章 真の構造改革とは何かー「もう一つの日本」を直視せよ (P14-30)

▲市場から権力の足枷を取り払え (P23-24)

▲小泉流では日本は潰れる (P24-25)
_________________________________________________________________________

●石井紘基刺殺事件 (Wikipedia抜粋)

http://ur2.link/NqUT

"石井紘基刺殺事件(いしいこうきしさつじけん)もしくは石井紘基議員暗殺事件は、2002年10月に発生した、民主党所属の衆議院議員・石井紘基が殺害された事件である。"

概要

"2002年10月25日、民主党の衆議院議員・石井紘基が、世田谷区の自宅駐車場において柳刃包丁で左胸を刺され死亡した。

翌10月26日、指定暴力団の山口組系右翼団体(“構成員即ち代表”の一人団体で、いわゆる「右翼標榜暴力団」)代表の伊藤白水が警察に出頭し逮捕される。伊藤は「家賃の工面を断られたため、仕返しでやった」と供述したが、石井が国会議員や官僚の腐敗を徹底追及していたことから「暗殺された」との見方もある。10月28日に予定されていた国会質問を前に、石井は「これで与党の連中がひっくり返る」と発言したという事実などが挙げられている。

2004年6月18日、東京地裁で被告に無期懲役判決が言い渡されたが、判決では被告が主張する「金銭トラブル」という動機を信用することができないとした。2005年11月15日、最高裁で無期懲役の判決が確定した。"

出典石井紘基刺殺事件 - Wikipedia

"事件当日、石井の鞄には国会質問のために国会へ提出する書類が入っていたが、事件現場の鞄からは書類がなくなっており、いまだに発見されていない。

日本国憲法下において他殺された現職国会議員は、浅沼稲次郎、山村新治郎に続いて石井が3人目(丹羽兵助を他殺に含めると4人目)である。

石井の選出選挙区であった東京都第6区では2003年4月27日に補欠選挙が行われ、参議院議員より転出した民主党公認の小宮山洋子が当選した。

なお、2003年2月に石井の遺族らが事件の真相を求めてウェブサイトを開設し、懸賞金を付けて情報提供を求めている。"
___________________________________________________________________________
                       
(1)今日のメインテーマ

■【特集】なぜ「政・官・業」の癒着を暴いていた『国会の爆弾男』石井紘基衆議院議員は殺されたのか?(No1)

2002年10月25日午前10時半過ぎ石井紘基民主党衆議院議員は世田谷区の自宅駐車場において右翼団体代表伊藤白水に柳刃包丁で左胸を刺され即死した。

石井紘基議員は三日後に国会で『日本がひっくり返るほどの重大なこと』を発表する予定で当日国会に提出する書類をかばんに入れていたが手帳とともに盗まれた。

【画像1】刺殺された石井紘基衆議院議員(享年62歳)

【画像2】刺殺した山口組系右翼団体『守皇塾』代表伊藤白水

▲2010年10月30日に放送されたテレビ朝日特集「石井紘基衆議院議員刺殺の真相」映像の音声を公開します!

【映像1】石井紘基議員刺殺の真相 1/2 (9分30分)

2010年10月30日 テレビ朝日「報道発ドキュメンタリー宣言」

https://www.dailymotion.com/video/xfgc4z

【映像2】石井紘基議員刺殺の真相 2/2 (4分49分)

2010年10月30日 テレビ朝日「報道発ドキュメンタリー宣言」

https://www.dailymotion.com/video/xfgc2i

【テキスト資料】

(Naverまとめ記事)

▲衆議院議員・石井紘基刺殺事件とは【伊藤白水】

2014年05月01日 Naverまとめ

https://matome.naver.jp/odai/2139891088872274501

石井紘基刺殺事件(いしいこうきしさつじけん)もしくは石井紘基議員暗殺事件は、2002年10月に発生した、民主党所属の衆議院議員・石井紘基が殺害された事件である。

この記事は私がまとめました win-winさん

出典 石井紘基刺殺事件 - Wikipedia

衆議院議員・石井紘基刺殺事件とは【伊藤白水】

出典blogs.c.yimg.jp

衆議院議員・石井紘基刺殺事件とは【伊藤白水】

場所 東京都世田谷区
標的 衆議院議員・石井紘基
日付 2002年(平成14年)10月25日
武器 柳刃包丁
死亡者 石井紘基
犯人 伊藤白水"

出典石井紘基刺殺事件 - Wikipedia

石井紘基議員について

石井紘基(いしい こうき、1940年11月6日 - 2002年10月25日)

元民主党衆議院議員

2002年10月25日、世田谷区の自宅駐車場で指定暴力団山口組系の右翼団体『守皇塾』(構成員は本人一人のみ)代表・伊藤白水に柳刃包丁で左胸を刺されて死亡。享年62。

石井議員は中央大法学部を卒業後、モスクワ大学大学院に進み、帰国後は『社会新報』記者、議員秘書などを歴任。1993年衆院選に日本新党から出馬して初当選し、新党さきがけなどを経て96年、民主党結党に参加した。

「政・官・業」の癒着を暴くことを政治活動の中心に据え、99年には「政治と行政の不正を監視する民主党有志の会(通称・国会Gメン)」の室長に就任。2002年4月の衆院内閣委員会で、北海道別海町などの国道工事をめぐり受注企業の7~8割が鈴木宗男衆院議員に政治献金していた実態を暴いたり、防衛庁の会計検査院報告書偽造問題で、中谷元長官(当時)から「閣僚給与返上」の答弁を引き出すなど、党の論戦の柱でもあった。

ライフワークである道路公団や特殊法人の無駄遣いについては一貫して政府与党の姿勢を厳しく追及し、「民間の不良債権ばかりが問題にされているが、特殊法人や公的金融機関が抱える不良債権は350兆円にものぼる。しかも、その特殊法人に毎年10兆円以上の税金が流れ込んでいる。これらの組織をすべて解体して、公権力による民業圧迫をなくせば、市場は必ずよみがえる」と持論を展開していた。

またオウム問題にも取り組んでいた。(著書に立風書房「オウム事件は終わらない」がある)地元である宗教団体の進出計画が浮上したことがあり、反対運動が巻き起こると、その先頭に立った。その際、「殺してやる」などと脅迫状が舞い込んだことがあった。

01年9月、石井議員は「免許取り消し」の処分を受けている。石井代議士は、議員にしては珍しく、マイカーで移動していたのだが、この処分によって運転手を雇うようになった。

http://yabusaka.moo.jp/ishii.htm

伊藤白水

出典blog-imgs-41.fc2.com

伊藤白水容疑者 (書面審理のみで2005年11月15日最高裁判所で上告が棄却され無期懲役が確定)

世田谷区生まれ。

1985年、“一人一党”で「守皇塾」を旗揚げ。事件直前は、目立った活動歴は見られないものの、民族派の活動家の間では「一匹狼的な武闘派」(右翼団体関係者)としてそこそこ知られていた。

88年1月、伊藤は登山ナイフを持って共産党本部に抗議に行き、銃刀法違反で現行犯逮捕された。

93年に初当選する前からの知り合いで「石井は俺が当選させてやった」などと話していた。また別の議員の秘書には「石井には貸しがある」などと話していた。また伊藤は石井議員の事務所だけでなく、小杉隆氏(平成 
8年11月 7日~平成 9年 9月11日文部大臣) 
の事務所にも、過去出入りをしていた事がわかった。

1998年から世田谷区奥沢のアパートに住んでいたが、3年間で家賃約200万円を滞納し、2002年6月下旬、家主から強制退去の申し立てをされていた。石井議員に家賃の肩代わりを頼んだが断られ、10月17日に退去となって以降、東京・新宿で寝泊まりしていたという。

石井議員の関係者によると、伊藤は殺害の数年前から、石井議員の秘書に日本酒や書籍を売りつけ、1999年頃からは石井議員に「車代」などとして金銭を要求していた

http://yabusaka.moo.jp/ishii.htm

石井議員と伊藤白水の関係

石井議員と伊藤のつながりについては「週刊文春 04年9月2日号」の伊藤の獄中手記に詳しいので引用する。ただ「死人に口なし」ということで実際のところは不明である。

http://yabusaka.moo.jp/ishii.htm

衆議院議員・石井紘基刺殺事件とは

出典blue.ap.teacup.com

私が石井と知り合ったのは平成二、三年頃と記憶している。ちょうど世田谷区議選の年で、ある候補者の事務書を尋ねたところ、そこにいたのが石井だった。(中略)石井は学生時代、全学連の左翼学生であり六十年安保を経験した一人だが、私が話す憂国政治運動にも理解を示していたし、偏った正義を振り上げた話をするわけではなかった。「次の衆議院選挙も出馬するのだろう」と聞くと、「もちろんです」と答えるので、私も、「応援してやる」と約束して知人達に声を掛けて食事会や励ます会を開き、票につながる努力をした。平成五年の話だ。この年の七月に衆議院選挙があり、石井は日本新党から出馬して十一万票を集めて当選した。当選後も石井との付き合いは続いた。

石井から「政界に顔が利く大物を知らないか。知っていたら紹介してくれ」と頼まれたので、「歴代総理の指南役と言われている人で四元義隆(※)という人がいる」と話すと、「是非、紹介してくれ」と頼むので、紹介の労を取ってやった。四元氏を紹介するために築地四丁目にある三幸建設工業に石井と一緒に衆議院の車で出かけた。

四元氏の秘書でA(手記では実名)から、「代議士の第一秘書になりたい男がいるが、誰か知り合いの代議士に口を利いて欲しい」との話で、「OKなら土産をつける」というので、「どのくらいですか」と問うと、「一千万円」と言った。私が「ニ、三千万円何とかなりますか」と言うと、「いいですよ」と言うので、「わかりました。聞いてみましょう」と返事をした。私はすぐに四元氏に気をまわして、仕事にかこつけて私の面子が石井に立つように取り計らってくれたと理解した。

三千万円の金は、衆議院第一議員会館三階の石井の執務室に、最初の一千万円と、一週間後に一千七百万円、合計で二千七百万円が届けられた。三百万円足りないのは届けた人間が使ったか、落としたかは私のあずかり知らぬところだ。平成八年の七月から九月の話である。私は後日、議員会館に石井を訪ねた際、石井が「伊藤さんにこれ」と言って茶封筒を渡すので、「なんだこれ」と言うと、「お礼だよ」と言うので、「いくらだ」と問うと、指を二本見せたので「ああそうかい」と言って受け取り、鞄に入れて、石井に「うまくやれよ」と声をかけて別れた。

石井の議員生活も丸八年が過ぎた平成十三年春頃、三幸建設が業績不振になり危ないとAに聞いた。その旨を石井に話し、「お前は選挙の時に四元氏にお世話になったのだから恩を返す番が来たぞ」と言って、「何か三幸に建設の仕事でも回してやれ」と伝えて帰った。

数ヶ月過ぎても、石井が何も動こうとしないので、私が怒ると、石井は「俺の知り合いで神田にあるB社にCというのがいるから、行けば分かるように話をしてある」というので、私は営業部長になっていた四元氏の秘書のAを伴ってB社を訪ねた。C氏と会い、Aを紹介し、C氏に「石井からお聞きと思いますが、どんな仕事がありますか」と問うと、「三幸建設がとりたい都の公共事業を言ってください。その仕事がとれるように都に口を利きますよ」と言い出したので、私は「ちょっと待ってくださいよ」と遮り、「話が違うようですね。私が石井に頼んだのは民間の仕事で、公共事業の仕事ではありませんよ」と話し、「どうも石井に乗せられたようです。後日改めて電話します」と言って、Aと二人でB社を後にした。Aと別れた後、私は議員会館の石井の執務室に電話を入れ、「おい、話が全然違うじゃないか」と怒りつけて電話を切った。

私は石井と知り合った頃から、真面目な選挙浪人だと思い、信頼して応援してやったつもりである。三回目の選挙で当選してからは、私との面会の約束も破るようになったし、平気で嘘もつくようになった。私の信頼を裏切り、約束を破り共産党に私を陥れる悪口を言いふらす。これが応援してやった私に対する態度とは、薄汚い野郎だ。こんな下劣な野郎を信用して国政に送る手伝いをした自分に腹が立ち、これは私の責任で石井に始末を付けなければと決断する。私は自分自身の軽率を恥じ石井紘基に鉄槌を下すテロを行うことを誓う・・・・。

四元氏の秘書Aは公判の検察側証人として呼ばれ、石井議員と四元氏の間の金銭授受について「全くございません」と証言した。さらに2人の面識だけでなく、四元氏と伊藤の面識も否定した。

http://yabusaka.moo.jp/ishii.htm

四元義隆

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E5%85%83%E7%BE%A9%E9%9A%86

四元 義隆(よつもと よしたか、明治41年(1908年)3月8日 - 
平成16年(2004年)6月28日)は右翼、実業家。元三幸建設工業社長。政界の指南役。血盟団のメンバーの一人。別名「一匹狼の非利権右翼」。

近衛文麿、鈴木貫太郎首相秘書を務め、戦後は政界の黒幕的な存在として歴代総理、特に中曽根康弘、細川護煕政権では「陰の指南役」と噂された。西郷隆盛とは遠い親戚である
殺害

2002年10月25日午前10時半過ぎ、石井議員は迎えの車に乗るために東京都世田谷区代沢の自宅玄関を出たところを、公用車の後ろで待ちかまえていた伊藤が襲いかかった。石井議員が車に乗ろうとして伊藤に気付き「何するんだよ」と逃げたが、うつぶせに転んだところを伊藤が左肩に手をかけ、仰向けにされ、馬乗りになり胸を柳刃包丁(刃渡り20cm)で左胸を刺された。伊藤は終始は無言で、逃走した。

石井議員はすぐに病院に搬送されたが、肺につながる血管を断ち切られ、心臓マッサージをしようにも、心臓内には血が一滴も残っていなかったという。あごの骨も刃物の一撃で砕かれていた。

翌26日朝、伊藤は霞ヶ関の警視庁本部に出頭し、逮捕された。

実は事件直後から、伊藤の名前は捜査線上に浮上していた。伊藤は石井議員と面識があり、最近、周囲に「石井議員と金銭トラブルになっている」と漏らしていた。加えて、石井議員を刺した男は頭にバンダナを巻いていたが、伊藤もバンダナに作務衣というのが定番の外出姿だったからである。

http://yabusaka.moo.jp/ishii.htm

石井紘基が追っていたもの

「消えた書類」は整理回収機構の不正関連 石井紘基氏刺殺事件で金融専門家が証言 当日「国会質問の最終準備を予定」(日刊ベリタ スクープ 2005年12月22日)

特殊法人をめぐる税金の流れなど国の不正を追求し続けた民主党の故石井紘基議員(当時61)が刺殺されてから、3年以上が経過した。事件現場である自宅玄関前で石井氏が持っていたカバンの中身は空っぽだった。今回、筆者はカバンに「入っていたはず」の書類の作成に携わった金融専門家のA氏と接触した。A氏は、その書類内容とは、国策会社「整理回収機構(RCC)をめぐる不正を示すものだった」と証言した。(佐々木敬一)

山田洋行オーナーによる資産隠し疑惑 (Wikiより抜粋)

山田洋行の代表取締役社長は長年、秋山と懇意だった東京相和銀行(現・東京スター銀行)の長田庄一の大番頭だった山田正志が務め、後に息子の山田真嗣が代表取締役に就任している。山田洋行の95%の株式は山田グループの不動産会社である弥生不動産が保有している。加えて弥生不動産社長でもある山田真嗣も約3%所有する。

多額の負債を抱えた山田洋行の親会社「弥生不動産」の債務回収は東京相和銀行から「整理回収機構」(RCC)に移行されている。当時、融資の担保になっていたのは銀座にあるクラブが入居しているビルなどである。通常、整理回収機構はこうした担保物件を別会社等に売却して資金回収をするが、現在もこれらビルは弥生不動産所有のままで、整理回収機構の担保設定は解除されている。

しかしながら、整理回収機構側は弥生不動産の不良債権(113億円)処理に際し、一時金37億円の支払い、2016年までの12年間に30億円の分割払い(計67億円)、残り46億円の債権を整理回収機構が放棄するという弁済案で2004年3月に終結したものの、現在も不動産・グループ企業多数を所有しているため、資産の過少申告や整理回収機構との裏取引があったのではないかとの報道がある。

山田正志は、田村秀昭元参院議員や、宮崎元専務から飲食接待を受けた久間章生元防衛相と懇意だったとされる。

http://ecoecofun.blog121.fc2.com/blog-category-8.html

石井紘基とオウムと統一教会

『オウム事件は終わらない』 (石井議員 談)

僕の地元の成城で、最近統一教会が建物を借りて改装工事を始めたのです。それで地域住民はこぞってピケをはり、統一教会が建物の中に入れないようにしていますが、こんなことにしても、始まってから何ヶ月経っても政治家はさっぱり表に出てこないんですね。いろいろアプローチしていくと、どうも統一教会の息のかかった政治家というのが随分といるようだと、地元の人も言っていました。

未来に向けて社会をどのように改革していくか、ということを政治家が真剣に考えないものだから、その間に経済活動や政治活動を通じて宗教団体にどんどん侵食されているという面がありますね。

錦織:「ともかく私には、オウムは統一教会をラジカルにしたものだという感じがするのです。オウムの原型というのは、つまりオウムの初期の活動形態は、統一教会がやってきたことときわめて類似しているのです。
」
石井:「ロシアにオウムが進出していきましたね。ロシアには五万人もオウムの信者がいたそうですが、オウムが行く前に統一教会が、ロシアに進出していました。ところが、そういう連中が、どうも何時の間にかオウム信者とすりかわってしまった。

石井:捜査についてですが、日本ではオウムの全容が明らかにされません。オウム事件というのは、いったいどういうことだったのか。僕は、岡崎さんがおっしゃったように、オウム真理教は、宗教法人制度をうまく利用してアンダーグラウンドで儲けようという要素を非常に強く持っていたのだと思います。それが暴力団と結びつき、国際的に密貿易をしたり、薬物を流したりしたのはいったい何のためだったのか。

http://ecoecofun.blog121.fc2.com/blog-category-8.html

遺族の不審

(※石井議員の家族の証言によると、事件前後、不審な点が多かったと言う)

・石井議員は殺害される直前、ナターシャさんに「近々、日本がひっくり返るほどの重大なことを発表する」と語っていた。

・事件から6日前の10月19日、石井議員は「車に追われている」と言って知人のところへ駆け込んでいた。ちなみに伊藤は原付バイクのみ所有。

・また同月23日、石井議員が何者かにリンチに遭った様子で帰ってきた、と妻が話している。

・事件前日午前9時ごろ、石井宅に植木業者の営業マンが訪れた。娘のターニャさんが断っている。

・石井議員が病院へ運ばれる時、妻が救急車に乗せてもらえなかった。

・石井議員の手帳と、鞄の中身の資料が押収品目録から消えていること。手帳があったと遺族側から何度も警察に申し出ても、調査してもらえなかった。

・事件の日は、28日に質問する資料を委員長に提出しに行く日だった。その書類の中身は、銀行問題その他政権がひっくり返る重要な資料があったらしいのだが、それが鞄の中から消えていた。

・運転手が、事件後倒れている石井議員の後ろにしゃがんで、自分の携帯電話でどこかへ電話していた。本人は自動車電話から車両部にかけたと言っている。(石井議員の遺族は事件後一度も運転手に面会したことはない)

http://yabusaka.moo.jp/ishii.htm

裁判の経緯

衆議院議員・石井紘基刺殺事件とは【伊藤白水】

出典blue.ap.teacup.com

書面審理のみで、2005年11月15日、最高裁判所で、上告が棄却されました。
無期懲役が確定しました。

しかし結局、犯行の動機も真相も藪の中です。

控訴審

05.1.25(火) 13:30~ 控訴審第1回公判(725号法廷)
05.3.24(木) 13:30~ 被告人質問(主尋問1時間30分)
05.5.12(木) 11:30~ 結審
05.6.30(木) 11:00~ 判決


原審

02.10.25(金) 事件
02.11.18(月) 起訴
03.01.21(火) 10:00~12:00 第1回公判(425号法廷)
03.2.20(木) 15:00~17:00 第2回公判(425号法廷)
03.4.22(火)  10:00~12:00 第3回公判(425号法廷) 秘書1への尋問
03.5.13(火) 
13:30~16:30 第4回公判(425号法廷)  秘書2、被告人が住んでい 
た賃貸人への尋問
03.6. 9(月) 10:00~12:00 第5回公判(425号法廷) 
03.6.26(木) 13:30~16:30 第6回公判(425号法廷) 
03.7.18(金) 
13:30~16:30 第7回公判(425号法廷)  警察官への尋問、被告人質 問
03.9.1(月) 13:30~16:30 第8回公判(425号法廷)   被告人質問
03.09.22(月) 13:30~16:30 第9回公判(425号法廷)  被告人質問(検察側)
03.10.29(水) 10:00~12:00 第10回公判(425号法廷) 被告人質問
03.11.14(金) 
13:30~16:30 第11回公判(425号法廷) 取調検事への尋問、被告人 質問
03.12.24(水) 10:00~12:00 第12回公判(425号法廷) 被告人質問(弁護側)
04.2.6(金) 10:00~12:00 第13回公判(425号法廷)  
証拠物(ビデオテープ)の 取調べ、被告人質問(双方 )
04.3.5(金) 15:00~15:30 第14回公判(425号法廷)  証拠の取調べ
04.3.24(水) 
13:30~16:30 第15回公判(425号法廷) 遺族の意見陳述と、論告求刑(無期懲役が求刑)
04.4.27(火) 
13:30~16:30 第16回公判(425号法廷) 弁護側弁論と被告人の意見陳述(結審)
04.6・18(水) 10:00~10:30 第17回公判(425号法廷)  
判決(104号法廷)-無期懲 役の実刑判決が出ました。

http://ecoecofun.blog121.fc2.com/blog-category-8.html

裁判

2004年6月18日 東京地裁・成川洋司裁判長は無期懲役を言い渡す。

2005年6月30日、東京高裁・田尾健二郎裁判長は「殺害の動機に関する被告の供述は信用できず、1審判決に事実誤認もない」と一審支持、控訴を棄却。

2005年11月15日、最高裁、伊藤の上告を棄却。無期が確定した。

http://yabusaka.moo.jp/ishii.htm

そして闇へ

整理回収機構に関する政財界の癒着、オウムの覚せい剤製造と、その販売ルートでの暴力団の影、その後明らかになった山田洋行の防衛庁官僚との癒着、内閣府の機密費の闇、厚生省の年金流用疑惑、彼が抱えていた問題と、犯行手口の類似した事件との関連を考えると、この事件が、とち狂った右翼の単独犯とは到底言えない。彼のような本物の政治家が殺されて、本当に残念である。心からご冥福をお祈りする。

然しながら、この国のマスコミの対応には、改めて幻滅する。彼らがするべきなのは、誰でも知っている石井氏の足跡をたどる事ではなく、彼がたった一人で集めた六十三箱の遺品となった資料を分析し、今も甘い蜜を吸い続けている、彼が戦っていた者の正体を究明する事である。

http://ecoecofun.blog121.fc2.com/blog-category-8.html

石井紘基 日本病の正体

http://www.dailymotion.com/video/xthdac_%E7%9F%B3%E4%BA%95%E7%B4%98%E5%9F%BA-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%97%85%E3%81%AE%E6%AD%A3%E4%BD%93_news

石井紘基議員刺殺の真相 1/2

http://www.dailymotion.com/video/xfgc4z_%E7%9F%B3%E4%BA%95%E7%B4%98%E5%9F%BA%E8%AD%B0%E5%93%A1%E5%88%BA%E6%AE%BA%E3%81%AE%E7%9C%9F%E7%9B%B8-1-2_news

石井紘基議員刺殺の真相 2/2

http://www.dailymotion.com/video/xfgc2i_%E7%9F%B3%E4%BA%95%E7%B4%98%E5%9F%BA%E8%AD%B0%E5%93%A1%E5%88%BA%E6%AE%BA%E3%81%AE%E7%9C%9F%E7%9B%B8-2-2_news

石井紘基暗殺の謎1/3

http://www.dailymotion.com/video/xfi2f7_%E7%9F%B3%E4%BA%95%E7%B4%98%E5%9F%BA%E6%9A%97%E6%AE%BA%E3%81%AE%E8%AC%8E1-3_news

石井紘基暗殺の謎 2/3

http://www.dailymotion.com/video/xfi2g4_%E7%9F%B3%E4%BA%95%E7%B4%98%E5%9F%BA%E6%9A%97%E6%AE%BA%E3%81%AE%E8%AC%8E-2-3_news

石井紘基暗殺の謎 3/3

http://www.dailymotion.com/video/xfi2gf_%E7%9F%B3%E4%BA%95%E7%B4%98%E5%9F%BA%E6%9A%97%E6%AE%BA%E3%81%AE%E8%AC%8E-3-3_news

日本国憲法下において他殺された現職国会議員

"日本国憲法下において他殺された現職国会議員は、浅沼稲次郎、山村新治郎に続いて石井が3人目(丹羽兵助を他殺に含めると4人目)である。"

出典石井紘基刺殺事件 - Wikipedia

(転載終わり)

(2)今日のトッピックス

 日銀の総資産、戦後初の「GDP超え」 553兆円に

湯地正裕

2018年11月13日 朝日新聞

日銀の総資産と名目GDP

大規模な金融緩和で大量の国債を買い続けている日本銀行の総資産の規模が、国内総生産(GDP)を上回った。13日公表の10日時点の総資産は553兆5922億円で、名目GDPの552兆8207億円(4~6月期、年換算)を超えた。日銀の総資産が同じ年のGDPを超えるのは戦後初めて。

総資産のうち国債が約469兆円、上場投資信託(ETF)が約22兆円を占める。黒田東彦(はるひこ)総裁の下で異次元緩和を始める直前の2012年度末の総資産は約164兆円で、この5年余りで約3・4倍まで膨れあがった。日銀は「物価上昇率2%」の目標に向けて国債などの買い入れを続けており、今後も資産はさらに増える。

保有資産の規模があまりに大きいと、緩和を終える「出口」で日銀の財務が悪化する懸念がある。現在日銀が買っている国債の利回りは低いが、政策金利を引き上げる出口の局面では、日銀にお金を預けている民間銀行などへの利払いが増え、日銀は債務超過に陥りかねない。SMBC日興証券の丸山義正氏は「バランスシートの後始末など、出口に向けた様々な立案を進めておく必要がある」と指摘する。(湯地正裕)

◆屮妊盖制」「警察への個人情報提供」 
悪政、有権者に伝わらず日本会議出身の区長再選

2018年11月12日 田中龍作ジャーナル

http://tanakaryusaku.jp/2018/11/00019102

きのう投票のあった新宿区長選挙は、自公と労働組合の連合が推す現職の吉住健一氏が、野党共闘の野沢哲夫氏を破り、再選を果たした。田中と助手の佐川は新宿区内の投票所で“出口調査”をした。といってもマスコミのようなアンケート調査ではない。

最大の勝因は、有権者が日本会議出身の吉住区長の悪政を知らなかったことだった。高齢者の個人情報を警察に渡し、デモを規制する 
― 
憲法など眼中にないような吉住区政は、安倍政権が後追いしたくなるほどの強権政治だ。

11日午前中続けた出口調査に、ほとんどの有権者は「警察への個人情報提供」と「デモ規制」の2件とも知らないと答えた。率にして98%くらいだ。有権者たちは一様に「えっ!そんなことあったの?」と怪訝な顔をした。

新宿区が高齢者の個人情報を警察に渡したことをマスコミは報道しなかった。しかしデモ規制は東京新聞が一面トップで伝え、朝日新聞は社説で批判した。テレビはガン無視だった。(田中が確認する限り)

戸山団地内の投票所で聞いた高齢者(女性70代)の話が、悲しいまでに象徴的だった。

「新聞は高くて取れない(宅配で定期購入)からねえ。ウチは年金暮らしだから。テレビは本当のことを伝えてくれないからねえ」。

吉住氏4万9,053票、野沢氏2万3,973票。ダブルスコアである。投票率28.24% 。

野党共闘とはいえ、連合はいつものごとく自公の現職についた。立憲民主党は野党共闘に名を連ねた。国民民主党は名前さえ貸さなかった。

地元議員は選挙の手足となるはずなのだが、立憲民主の区議会議員たちは、連合に怯え動けなかった。

マスコミ、特にテレビが事実を伝えず、連合が自公につく限り、自民党政権は続く。
投票を済ませた有権者。「なぜ若者が選挙に行かないのか?」。野党は真剣に考えた方がいい。写真と本文は関係ありません。=11日、新宿区内 撮影:筆者=

投票を済ませた有権者。「なぜ若者が選挙に行かないのか?」。野党は真剣に考えた方がいい。写真と本文は関係ありません。=11日、新宿区内 撮影:筆者=

~終わり~

【外国人労働者失踪】安倍政権、またもや公文書改竄と首相虚偽答弁

2018年11月15日 田中龍作ジャーナル

http://tanakaryusaku.jp/2018/11/00019118

野党合同ヒアリングで法務省を追及する山井和則議員(国民)。=15日、衆院第16控室 撮影:筆者

安倍首相が情報開示を拒んだ理由がわかった―

無理矢理に通したい法案はデータや資料を改竄する。安倍政権の常套手段だが、技能実習生の失踪理由に関して、法務省が国会に提出した資料に改竄があったことが明らかになった。きょう、国会内であった法務省などからのヒアリングで野党議員が指摘した。

改竄が見つかったのは法務省が国会に提出した「失踪技能実習生の現状」と題する「取りまとめ表」。失踪とは、入管が退去手続きを取った技能実習生のことだ。2,892人(昨年1年間)から聴き取り調査したデータをまとめた。

法務省の国会提出資料(写真)によると、失踪動機のトップは「より高い賃金を求めて」で、86.9%を占める。ところが聴き取り調査の項目では「低賃金」となっているのである。

技能実習生たちは「時給300円」だったり、「月収2?7万円」だったりする。

ところが「より高い賃金を求めて」だと、「もっといい給料を求めて」技能実習生たちが、失踪したように受け取られる。
法務省が国会に提出した「取りまとめ表」。失踪の原因として「より高い賃金を求めてが多数」「受け入れ側の不適正な取り扱いが少数」とある。改竄だ。

法務省が国会に提出した「取りまとめ表」。失踪の原因として「より高い賃金を求めてが多数」「受け入れ側の不適正な取り扱いが少数」とある。改竄だ。

さらに悪質な改竄もあった。聴き取り調査では、「(賃金などの労働条件が)入国前の説明と同じか、異なるか」となっているのにもかかわらず、国会提出の取りまとめ表では「受け入れ側の不適正な取扱いによるものも少数存在」と変えられていたのだ。

朝8時から翌朝2時(26時)まで働かされ、一か月休みなし。それで月収が2?7万円だったりする。来日する時は斡旋業者から月20~25万円と聞かされていたにもかかわらず、だ。

実習生たちは「失踪」したのではない。死にたくないから「脱出」したのである。安倍官邸は安価にこき使える外国人労働者の受け入れ数を拡大したくてたまらない。官邸の意向を汲んだ法務省が聴き取り調査結果を改竄したのである。

安倍首相は13日の衆院本会議で山尾志桜里議員(立憲)の質問に「刑事訴追の恐れのある者から任意で聴取した。プライバシー保護の観点から聴取票の開示は困難」と答弁した。
入管は退去手続きを取っており、刑事訴追の恐れなどない。野党が求めているのは、正確な数字であってプライバシーとは全く関係がない。安倍首相得意の虚偽答弁である。

重要法案のたびに公文書改竄がある。今回は外国人労働者を地獄に突き落とし、日本人労働者の賃金低下も招く。

 
野党が提出を求めている「聴取票」。低賃金は「取りまとめ表」に反映されていない。

~終わり~

て本のサイバーセキュリティー担当相「パソコン使ったことない」荒唐発言

2018/11/16 ハンギョレ新聞

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181116-00032121-hankyoreh-kr

桜田義孝五輪担当相=資料写真

慰安婦妄言した桜田義孝氏 「従業員に指示するだけだった」 所管業務を尋ねれば「分からない」連発

「私は25歳の時から常に従業員や秘書に指示していたので自分でパソコン(のキーボード)を打ったことはない」

サイバーセキュリティーを管掌する日本の大臣が14日、パソコンを使ったことはないと“自白”した。主人公は桜田義孝五輪担当相(68)だ。桜田大臣は、日本政府のサイバーセキュリティー戦略本部副本部長も兼ねている。サイバーセキュリティー基本法の改正推進も彼の業務だ。彼は20代で桜田建設を創業し、現在当選7回の議員だ。

桜田大臣は14日、国会に出てきてこういう話をして、原子力発電所のサイバーセキュリティー対策に関する質問にも「詳しいことはよく分からない」と答えた。その一方で「東京五輪の準備に万全を期するためにも、サイバーセキュリティー対策は重要だ。政府が総力を挙げて総合的に進めることであって、落ち度はないと自信を持っている」と答えた。質問を投じた今井雅人議員(立憲民主党)は「『私はよくわからないけど、大丈夫なはずだ』という答弁に聞こえる」と言いあきれて見せた。

桜田大臣の資質論議は今回が初めてではない。5日、国会で東京五輪開催のための中央政府の支出額はいくらなのかという質問に、1500円(約1万5000ウォン)と答えた。議場がざわつくと1500億円と修正した。五輪担当相になぜ抜擢されたと思うかとの質問には「分からない」と答えた。6日の記者会見では、東京五輪に北朝鮮選手団が参加する問題に関する質問には「私の所管ではない。首相官邸や外務省が決めることだと考える」と答えた。先月閉幕したインドネシア障害者アジア競技大会の開催時期を2028年と答えもした。彼は最近補佐職員が増員されたと明らかにしたが、日本政府が彼を不安に思い、補佐陣を補強したという分析が出ている。

桜田大臣は2016年、「慰安婦」被害者に対して「職業が売春婦だった」という妄言をした人物で、日本国内ですら批判があふれ、すぐに発言を撤回した。

東京/チョ・ギウォン特派員 (お問い合わせ japan at hani.co.kr )

ゥΕキリークス、米当局がアサンジ氏訴追と発表

2018年11月16日 AFP日本語版

http://www.afpbb.com/articles/-/3197955?cx_part=latest

内部告発サイト「ウィキリークス」の創設者ジュリアン・アサンジ氏。同氏が身を寄せている在英エクアドル大使館にて(2017年5月19日撮影、資料写真)

【11月16日 
AFP】内部告発サイト「ウィキリークス(WikiLeaks)」は15日、創設者ジュリアン・アサンジ(Julian 
Assange)氏が米国で訴追されたと発表した。アサンジ氏は2010年、米国の機密文書の大量公開に関わった。

ウィキリークスによると、アサンジ氏の訴追は伏せられていたものの、検察当局が無関係の裁判文書に誤って記載し、その事実が偶然明らかになったという。

アサンジ氏の訴追内容については、現時点では分かっていない。

ウィキリークスはツイッター(Twitter)で「スクープ:バージニア州東部地区連邦地方裁判所の無関係の裁判でコピーペーストのミスがあり、米司法省はウィキリークス創設者ジュリアン・アサンジの非公表の訴追(あるいは仮の訴追請求状)を『誤って』公にした」と発表した。

正式には依然未発表のアサンジ氏訴追については、別件で文書を作成していたケレン・ドワイヤー(Kellen 
Dwyer)連邦検事補が発見。これを受けてドワイヤー検事補は、同文書を公開しないよう判事に要請していた。

⑥記者殺害で別の録音か=サウジ検察説明と矛盾-トルコ紙

2018年11月16日 時事通信社

http://www.afpbb.com/articles/-/3198038?cx_part=latest

【11月16日 
時事通信社】トルコ紙ヒュリエト(電子版)は16日、サウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏がイスタンブールのサウジ総領事館で殺害された事件をめぐり、トルコ当局が計画的な殺人であることを裏付ける「別の録音」を入手していると報じた。事実なら、事前に計画されていたことを否定するサウジ検察当局の説明が覆されることになる。

同紙によると、トルコ当局はカショギ氏が殺害された際の7分間の録音とは別に、殺害前の様子についての15分間にわたる録音を所持。この15分の録音から、カショギ氏より先に総領事館に到着していた容疑者15人が、どのように殺害を実行するか話し合っていたことが分かるという。

サウジ検察当局は15日、総領事館を訪れたカショギ氏が帰国を拒否したため、現場のチームの判断で殺害したと説明。しかし、トルコのチャブシオール外相は「殺害に必要な機材や人員があらかじめ準備されていた」と指摘し、この説明に異議を唱えていた。

トルコのエルドアン大統領は10日、録音の内容を「サウジや米国、ドイツ、フランス、英国と共有した」と表明した。ただ、トルコが入手した録音のすべての内容を各国に伝えていたかは不明で、米紙ニューヨーク・タイムズは「トルコは複数の録音を選択的に共有しているのかもしれない」と指摘している。

(3)今日の重要情報

^打楡権がひた隠しにする外国人労働者の悲惨な実態! 
低賃金で突然死、暴行、性被害も…こんな奴隷政策許していいのか

2018.11.16 Litera

https://lite-ra.com/2018/11/post-4371.html

悲惨な実態を隠す安倍首相(首相官邸HPより)

安倍首相が臨時国会での成立を目論んでいる出入国管理法改正案(入管法)が、本日午後から衆院法務委員会で審議入りする。政府はいまごろになってようやく法改正によって初年度最大約4万8000人、5年間で最大34万5150人を受け入れるという見込み数を発表したが、これで“議論の前提が整った”として与党はきょうの審議入りを自民党の葉梨康弘・衆院法務委員長の職権で決めたのだ。

そもそも、受け入れ数も野党がいくら問いただしても山下貴司法相は「精査中」と言い張っていたのに、その数字は国会よりも先にメディアに出された。まったく国会軽視も甚だしいが、その数字の根拠はいまだに示されていない。

しかも、最大の問題は、安倍政権が“不都合なデータの隠蔽”に必死になっていること。それは、失踪した技能実習生約2900人分から聞き取りをおこなった聴取票の中身だ。

この聴取票には失踪した動機として「暴力を受けた」「労働時間が長い」などのチェック項目があり、賃金についても「低賃金」「契約賃金以下」「最低賃金以下」と尋ねる項目がある。政府は受け入れ見込みのうち、漁業や造船・船用工業などの業種では70?80%を、さらに素形材産業、産業機械製造業などでは「ほとんど」が技能実習生からの移行を想定していると発表したが、今年1?6月の半年間だけで計4279人も失踪者を出している技能実習生の実態調査結果を明らかにしないことには法案審議などできるはずがない。

しかし、安倍首相と山下法相は、この聴取票のデータを出すことを徹底して拒んできた。
たとえば、7日の参院予算委で共産党・小池晃議員からおもな失踪理由を尋ねられた際も、山下法相は個別の集計結果を明らかにすることなく「より高い賃金を求めて失踪する者が約87%」などと答弁。山下法相はあたかも技能実習生のワガママであるかのように「より高い賃金を求めて失踪する」と言い放った。だが、前述したように、聴取票は失踪理由について答える項目では「低賃金」「契約賃金以下」「最低賃金以下」という選択肢があるものの、「より高い賃金を求めて」という選択肢は設けられていない。つまり、山下法相は恣意的にデータをねじ曲げてありもしない回答を“捏造”したのである。

さらに、安倍首相と山下法相は揃って、聴取票の調査結果について「個人のプライバシー保護の観点から開示は困難」「開示には応じられない」と拒否したのだ。

法案を通して来年4月から施行しようとしているものなのに、法務省が技能実習生ならびに事業所への聞き取り調査もおこなっていないというのは、杜撰にもほどがある。これは、捏造データが問題になった裁量労働制の拡大や、たったの12人に聞き取りしただけ(しかも法案作成前の聞き取り人数はゼロ)で強行採決した「残業代ゼロ法案」こと高度プロフェッショナル制度とまったく同じ。与党は本日の審議で聴取票の回答の集計を出すとしているが、審議の大前提となるデータを隠して数の力で法案を押し通してしまおうという安倍政権の欺瞞がまたも全開になっているのだ。

いや、この政権に外国人労働者受け入れの舵を切らせるわけにはいかないと強く印象付けたのは、安倍首相のこの言葉だ。

「(外国人労働者を)機械の一部のように考えているわけではない。外国人材のみなさんは人間として受け入れる」(7日参院予算委)

よくもまあ当然の話を、まるで“配慮が行き届いた俺”と言わんばかりに言えたものだと呆れるが、この「外国人材は人間として受け入れる」という無神経極まりない言葉が口から出てくるのは、問題となっている技能実習生たちへの「人権無視」の劣悪な労働環境に目を向けようという気がさらさらないからだろう。だいたい、安倍首相と山下法相がデータを開示しないのは、もちろん、それによってこの国が外国人労働者を“虫けら以下”の扱いしかしていない現状を認めざるを得ないからだ。

そして、この法案を絶対に通してはいけない理由こそ、そこにある。

外国人技能実習制度に対しては、昨年も国連人権理事会の作業部会が日本に対して技能実習生の労働条件に勧告を出しており、2010年には国連の移住者の人権に関する特別報告者が「奴隷的状態にまで発展している場合さえある」と言及し、制度の廃止と雇用制度への変更を求めたほど。

事実、この技能実習制度が「奴隷制」「人身売買」と批判されるその実態は、絶句するほかないほどむごい。

指切断、パワハラ飛び降り自殺、20代で突然死…外国人労働者の悲惨な実態

たとえば、8日の野党合同ヒアリングで証言した中国人男性の黄世護さんは、岐阜県の段ボール製造工場で作業中に機械で指3本を切断する重症を負ったが、対して会社は黄さんに帰国を迫り、治療費も自己負担を求めた(東京新聞11月9日付)。

同様に合同ヒアリングで証言した中国人女性の史健華さんは、「手取りは月20万円」と聞かされてやってきたが、勤務先の静岡県の製紙工場では朝8時から深夜0時まで働かされても、残業代は時給300円で、手取りは当初の話の半分である月10万円。さらに会社ではいじめやパワハラを受け、送り出し機関から約60万円の借金をしていたこともあり、精神的に追い詰められた結果、会社のビルから飛び降り自殺を図ったという(「週刊女性」11月27日号/主婦と生活社)。

作業中に大事故に巻き込まれたのに“使い物にならないから帰れ”と迫り、労働基準法や最低賃金法を無視した労働を強いて自殺にまで追い込む。黄さんは幸い一命を取り留めたが、しかし、死にいたった技能実習生も多い。

厚労省の集計では、技能実習生の労災死は2014~16年のあいだだけでも計22人にものぼる。たとえば、フィリピン人のジョーイ・トクナンさんは妻と娘を残して2011年に来日し岐阜県の鋳造会社で働いていたが、帰国まであと3カ月となった2014年4月に心疾患で死亡。27歳の若さだった。岐阜労働基準監督署によれば、ジョーイさんは1カ月78時間半~122時間半の時間外労働をしていたとされ、過労死だと認められた(朝日新聞2016年10月16日付)。2014~16年のあいだに過労死が認められたのはジョーイさんのみだ。

しかし、国際研修協力機構(JITCO)が公表している2015年4月?16年3月までの「死亡事故発生状況」を見ても、〈朝、体調不良を訴え宿舎で休んでいたが、夕方様子を確認 
しに行った時点で既に硬直しており死亡が確認された。(くも膜下出血)〉や〈早朝、呼びかけに応答がなく呼吸していなかったため病院へ搬送したが、意識不明のまま死亡が確認。(急性心筋梗塞)〉などといった突然死の事例は多い。しかも、こうした突然死の多くが20代の男女だ。

技能実習生に対する過労死ラインを超える長時間労働が常態化している現実を考えれば、過労死した実習生はかなりの数になる可能性がある。だが、そうした実態把握さえ疎かにしたまま、安倍政権は受け入れを拡大しようとしているのである。

「わたし、人間だよ。動物じゃないよ」ある外国人労働者の悲痛な叫び

安倍政権が無視しているのは、労災死の問題だけではない。外国人労働者問題や差別問題を追いかけてきたジャーナリスト・安田浩一氏の著書『ルポ 
差別と貧困の外国人労働者』(光文社新書)には、信じがたいほどの技能実習生に対するパワハラや性暴力の実例がずらりと並んでいる。

愛知県の自動車部品工場では、中国人とベトナム人の研修生が勤務時間中にトイレを使用すると1分間15円の罰金を科し、トイレの使用時間と回数を毎日記録。経営者は「いったい、それのどこが悪いのか」という表情をしていたという。また、千葉県の廃品スクラップ場では、近所にあるドブ川の茶褐色の水を実習生の寮に引いていた。幸いなことに、実習生たちは公園の水を汲んで使用したため健康被害はなかった。

関東地方の農場で働いていたある女性の実習生は、農業研修生であるにもかかわらず、地元自治体の議員でもある経営者から家事や洗車など“お手伝いさん”のような仕事を強いられた挙げ句、性暴力を受けた。〈コトを成した経営者は、泣きじゃくる女性に一万円を渡し、「ないしょ、ないしょ」と言った〉。その後、女性が〈言いなりにならなければ、強制的に帰国させられる〉と脅えていることをいいことに、経営者は女性実習生の部屋の合鍵をつくり、62回にもわたる性暴力を繰り返した。

彼女は入国管理局に駆け込んで緊急避難シェルター施設を紹介してもらったというが、一方で加害者である経営者は安田氏の取材に「暴行でも性的虐待でもない」「襲われたのはむしろ私のほうだ」と主張。この直後、経営者は議会の政務調査旅行で女性添乗員にセクハラを働いたことで議員を辞職したのだが、実習生への性暴力問題でも全統一労働組合と弁護士の力により、経営者には謝罪と損害賠償が認められたという。

さらに、福井県の縫製工場では、実習生たちに許可なく携帯電話を所持することを禁じていたが、女性の中国人実習生が友人から借り受けた携帯電話を持っていたことから経営者とその息子である役員からパイプ椅子や拳で殴られるという暴行を受けた。このとき、同僚がとっさにハンディカムで動画を撮影。そこには、泣きじゃくる実習生と恫喝する役員のこんなやりとりが残っていたという。

「わたし、人間だよ。動物じゃないよ。あなた、わたしの身体、傷つけた。いま、警察呼んだ。あなた、逃げちゃだめ」
「オマエ、もう帰っていいけん。ばかやろー。警察呼べよ。こうなったら裁判で勝負じゃ。オレ、大学出てるんよ。法学部やぞ。このガキが」

女性外国人労働者を襲う性暴力、警察に行っても逆に「容疑者」扱いされ

しかし、通報を受けて駆け付けた警察官は、会社側の「ケンカのようなもの」と言う説明に納得。翌日、被害者の実習生が警察署に呼ばれたが、そこで「被疑者扱い」を受けるのだ。

人間としての尊厳を奪うような扱いをし、その上、警察まで日本人の経営者の味方をする……。この中国人実習生は「外国人研修生権利ネットワーク福井」に連絡し、同ネットの高原一郎氏によって保護されたというが、高原氏は実習生が日本人労働者よりもパワハラを受けやすい立場にあることの理由について、「研修生を奴隷のような感覚で扱っている経営者が多いからだ」と指摘している。

「意識の根底にあるのは、外国人に対する差別心。なかでも相手が中国人になると、日頃は温厚で優しい人柄の経営者であっても、なぜか横柄に振る舞う者が少なくない。さらに研修制度そのものが“安上がりの雇用”だと曲解されていることもあり、対等な労使関係を築くことができない。どうしても支配・従属の関係となってしまう。そこから暴力やセクハラといった問題が生まれてくる」(『ルポ 
差別と貧困の外国人労働者』より)

こうした実習生に対する暴力の背景にある経営者側の「差別」の問題は根深い。実際、暴力を受けたという事例は後を絶たないからだ。しかし、安倍政権が外国人労働者の受け入れ拡大に伴ってこの問題を直視しようとする動きはまったく見られない。それも当然だ。安倍政権こそ、日頃から排外主義を煽っている張本人なのだから。

安倍首相は国会で「日本へ来て、働いてよかったなあと思っていただけるような対応をとっていきたい」と述べたが、すでに多くの実習生たちが「日本に来るんじゃなかった」「もう二度と日本には行きたくない」と口にしている。実習生を「人間扱いしない」実態について徹底的に洗い出し、実習生本人たちからの声を国が真摯に聞き取らないかぎり、この法案は審議に値しないことは間違いない。

(編集部)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7 at mx3.alpha-web.ne.jp
*************************






















CML メーリングリストの案内