[CML 054228] 【11・5 岩佐英夫弁護士講演会】 日米安保の今を考える ー「第4次アーミテージ報告」を読み解くー

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2018年 11月 13日 (火) 09:17:11 JST


本日の京都新聞朝刊でも紹介されましたが、開催が近づいてきましたので、再送します。

 内富@戦争をさせない左京1000人委員会&自衛隊員の命と人権を守る京都の会

///////////////////////////////////////////////////

第23回 左京フォーラム

日米安保の今を考える
ー「第4次アーミテージ報告」を読み解くー

■日時:2018年11月15日(木)午後6時30分〜
■場所:ひとまち交流館 京都 第1会議室(河原町五条下ル、市バス「河原町正面」)
■講師:岩佐英さん(絆法律事務所弁護士・ 京都憲法会議代表幹事)
【プロフィール】
雪深い新潟県の過疎地帯の農家の11番目の末っ子として育つ。京都の平和運動・護憲運動の中心で長年にわたり活動。日米安保体制の中での「アーミテージ報告」の役割に早くから注目し、これまでそのすべての報告について目を通し分析を続けてきた。
*憲法関係の著書
☆「総批判 改憲論」(05年4月25日 法律文化社)のうち、「21世紀世界の平和運動」を担当。
☆「憲法『改正』の論点」(法律文化社:14年1月15日)の第5章「『自衛隊』から『国防軍』に名称を変えるだけ?」を担当)

(呼びかけ文)
「アーミテージ報告」は、これまで3回にわたり公表されましたが、いずれも日本の安全保障・外交・経済等広範な分野に大きな影響を与えてきました。とりわけ第3次報告は、自民党が政権復帰する直前の2012年8月に発表されました。安倍政権が強行した戦争法は、まさにアーミテージ第3次報告のひきうつしであると指摘されています。本年10月3日に公表された「第4次アーミテージ報告」が今後の日本に何を要求しているのか?皆で考えましょう!

■資料代:500円(受付にて応相談)
■主催:戦争をさせない左京1000人委員会
■協力:自衛隊員の命と人権を守る京都の会
■お問い合わせ:070-5650-3468(内富)
■イベントページ
https://www.facebook.com/events/1078208358970125/


CML メーリングリストの案内