[CML 054190] 第2754日目★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2018年 11月 8日 (木) 07:48:41 JST


青柳行信です。2018年 11月 8日(木)。【転送・転載大歓迎】

※私も参加した10/22日(月)~26日(金) 日朝友好訪問。
 参加したKBC報道記者 テレビ報道11/8・9 午後6:30から予定。

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第2754日目☆
     呼びかけ人賛同者11月7日迄合計4493名。
原発とめよう!の輪をひろげる【賛同者】を募っています。

★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
     <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:

  青柳さん
 
お疲れさまです。
福岡市長選挙、朝日新聞に候補者へのアンケートの回答が載っていました。
これを見ると、政策は二人が回答していますが、かみや候補の政策の法が
具体的で、活力があっていいです
あんくるトム工房
市長候補へのアンケート
       https://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/4982
        

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:

 ☆ままならぬ世界から国から家庭まで連作:
 (撞腸颪縫優献譴生じトランプもカードが切り難い事態となりぬ
 東海の小島の磯の原子炉を「20年延長」に怒りと涙と
 4泳篠拘ゃを投げつつ対話と言ふ 礼節の民に非礼の使い
 いむつ内に用を足すのは出来ないと朦朧の中にも御行儀の壁
          (左門 2018・11・8-2285)
 ※アメリカ民主主義の底力を信じたい。下院勝利に歓声を上げる
 群衆の中で女性が半数以上であることの大切さ。※日本政府の腐
 り具合が腹立たしい。いけ図々しい長官の在任記録が不孝の因。
 料理も介護も全くド素人という生活無能力者の自分を懺悔しながら。


★ 島原市 松尾都志子 さんから:
・
橋本左門さん。
私も昨年11月まで父に付き添い、今は母が一日でも長く一緒にいてくれるように
 、願っている身なので、お気持ちお察しします。
別府の地からエールを送ります。


★ 神奈川 菅原 さんから:
 
 ☆コスタリカに訪問した方の話によると、憲法で軍隊を廃止した国コスタリカでは、
「兵士の数だけ教師を!」「トラクタ-は戦車より役に立つ」などをスローガンにしたらしい。

(物理を専門とする方へのインタビューのyoutubeを見て、以下の内容を学びました)
「物理的なプロセスをきちっと押さえるということ自体が、
今、100ミリシ-ベルトまでは大丈夫だとか、あるいは20ミリシ-ベルトならどうだっていうような、
そういうことに対する、明確な物質の反応としての回答を与えていく。」

内部被曝においては、体のなかのごくせまい範囲で密に分子切断が起こってしまう。
DNAに作用する限り放射線はいいふるまいをすることはけっしてないらしい。


★ ギャー さんから:

「朝露」(私の意訳)

長い夜(よ)が明ける
草の葉の朝露は
みんなが流した涙のようだ
悲しみがキラキラ
真珠のように光る
立ち上がった若者たちの
おたけび眠る丘で
陽差しを浴びて
消えゆく朝露
後戻りできない
心を晴らし
私は行(ゆ)く
道なき道を
悲しみ乗り越えて
私は行く

※昨日の金さんの棺を送り出す時、原曲をみんなで歌った。元歌は、金民基(キ
ムミンギ)という人。光州(蜂起)で全斗煥(チョンドファン)の戒厳軍に対して、
虐殺されるまで闘いぬいた、若者たちを歌った。丘とは光州の墓地のことのはず。
今でも韓国の民主化運動で歌い継がれている。金さんを送り出すにふさわしいと判断した。


★ 田中一郎 さんから:

日刊ゲンダイ:(1)早くも「次の消費増税」試算、2025年に19%まで上昇する
(2)ありえないような国民愚弄、スルガ銀、事実上の日銀特融で尻拭い(3)
内部文書を入手 姑息“安倍隠し”改憲は日本会議と二人三脚 
いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2018/11/202519-f13c.html
  

★ たんぽぽ舎 さんから:

紹介内容全文こちら⇒https://tinyurl.com/ybtraomw
【TMM:No3503】 
2018年11月7日(水)地震と原発事故情報- 
  4つの情報をお知らせします

1.東海第二原発は即時廃炉!規制委員会は運転延長を認めるな!
   首都圏に一番近いオンボロ・被災「東海第二原発」の
   20年運転延長・再稼働反対!
   原子力規制委員会前で抗議のコールがひびきわたる!
   11/7規制委員会【緊急抗議行動】速報(参加者にインタビュー)
2.1946年2月のGHQによる憲法草案
   人権規定の主語は『all Natural Person』※ 
     しかし、日本国憲法では「国民」となった
     11/12(月)木村 司さん講演会のお知らせ
     渡辺マリ (たんぽぽ舎ボランティア)
3.【直下型地震にひとたまりもない原子炉の「スカート」】
    【活断層の真上に建つ恐るべき原発】
     【設計者は「活断層の上に建つ原子炉」を想定していない】
     <東海第二が未熟で傷だらけ老朽原発の理由>  その6
     東海第二原発を造った菊池洋一さんの本と記事から
        浜島高治(神奈川県在住)
4.新聞より1つ
  ◆<原発のない国へ 全域停電に学ぶ>(3)
   復旧加速 揚水発電に光 全ての再生エネ接続可能に/
   夕方の需要ピーク支える  (11月6日東京新聞朝刊2面見出し)   


★ 宮崎の黒木和也 さんから:
 
*
東海第2運転延長認可 茨城県の首長コメント「安全性評価」「慎重に」
11/7(水) 22:59配信 産経新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181107-00000633-san-soci

*東海第2の運転延長認可 規制委、期限切れ廃炉を回避
11/7(水) 11:31配信 産経新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181107-00000530-san-soci

*課題続出、曲折した審査=期限20日前に認可―東海第2
11/7(水) 11:16配信 時事通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181107-00000035-jij-soci

*社説:組織罰の立法化 企業の安全責任議論を
11/7(水) 11:14配信 京都新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181107-00000008-kyt-soci

*「司法判断」に揺れる原発 電力会社の経営や政府方針に影響も
11/7(水) 9:30配信 産経新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181107-00000518-san-bus_all

*<弁護士会の集い>改憲主題、京都府が共催断る
11/7(水) 22:27配信 毎日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181107-00000128-mai-soci

*
<東海第2延長認可>6市村に事前了解権 拒否権有無で溝
11/7(水) 22:06配信 毎日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181107-00000124-mai-soci
   
*地元は早くも「反対」の声 東海第二原発の運転延長認可
11/7(水) 21:05配信 朝日新聞デジタル
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181107-00000086-asahi-soci
   
*東海第2再稼働 周辺6市村の足並みそろわず 4市長選も行方左右
11/7(水) 20:28配信 産経新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181107-00000614-san-soci

*<東海第2延長許可>原電経営なお綱渡り 地元同意、壁厚く
11/7(水) 19:30配信 毎日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181107-00000076-mai-bus_all
   
*再稼働賛否、明言せず=東海第2で茨城知事と水戸市長
11/7(水) 19:15配信 時事通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181107-00000117-jij-soci

*東海第2再稼働 地元同意は難航必至 対象自治体拡大で
11/7(水) 15:31配信  産経新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181107-00000562-san-l08

*東海第2、規制委が運転延長認可 津波での被災原発で初
東京新聞 2018年11月7日 11時31分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018110701001131.html

*<税を追う>F35A 米から20機追加購入へ 日本企業、参画断念も
東京新聞 2018年11月7日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201811/CK2018110702000157.html

*<税を追う>F35A 国産部品の搭載遅れ 防衛省、返還額分からず
東京新聞 2018年11月7日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201811/CK2018110702000139.html

*「国民投票CM規制」なぜ浮上 「資金の差が結果左右」「改憲論議の呼び水に」
東京新聞 2018年11月7日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201811/CK2018110702000151.html

*トヨタ売上高、最高更新へ 3月期予想 29兆5000億円 円安で上方修正
東京新聞 2018年11月7日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201811/CK2018110702000153.html

*安倍内閣の閣僚 これが適材適所なのか
東京新聞 【社説】 2018年11月7日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2018110702000191.html

*外国人実習生を法務省調査 失踪者87%「賃金不満」
東京新聞 2018年11月7日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201811/CK2018110702000304.html

*東海第二、延長容認 「住宅密集地避けて」死文化
東京新聞 2018年11月7日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201811/CK2018110702000301.html

*東海第二の延長認める 最長20年、規制委手続き終了
東京新聞 2018年11月7日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201811/CK2018110702000305.html


★ 渡辺悦司 さんから:

同志社大学・大阪経済法科大学の藤岡毅さんより、以下
のシンポジウムの案内がありました。

放射線被ばくの人体影響と福島原発事故の健康被害につ
いて、全面的で豊かな内容の講演・報告・討論が期待されま
す。ぜひご参加を検討ください。
--------------------------
<公開シンポジウム>

放射線防護基準と放射線生物学———その歴史と現状
〜放射能汚染地域で暮らすリスクと避難の権利を考える〜

日時:2019年2月3日(日) 13時15分〜17時40分
場所:同志社大学烏丸キャンパス志高館110番教室 (地下鉄烏丸線・今出川駅北
へ徒歩5分)

共催:日本学術振興会科研費「放射線影響研究と防護基準策定に関する科学史的
研究」班 /放射線被ばくの科学史研究会/日本科学史学会生物学史分科会

プログラム
司会 市川浩(広島大学大学院 総合科学研究科教授)
主催者挨拶 柿原泰(東京海洋大学准教授)
趣旨説明 藤岡毅(同志社大学 理工学部嘱託講師/大阪経済法科大学客員教授)

第1部 放射線健康影響の科学と歴史
講演1「低線量被曝の健康影響について」
本行忠志(大阪大学大学院 医学系教授,放射線生物学教室)

講演2「原子力開発と結びついた放射線防護基準の歴史と現在」

高橋博子(名古屋大学大学院 法学研究科研究員,米国史)
第2部 原発事故被災者だから見える視点と法の役割

講演3「事故から被った被害と避難の正当性
〜『被ばくからの自由(避難の権利)』の確立を求めて〜」
森松明希子(東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream 代表/
原発賠償関西訴訟原告団代表)

講演4「原発事故被災者の権利を守るための司法での闘い」
井戸謙一(弁護士/子ども脱被ばく裁判弁護団長)

第3部 コメントと討論
コメント1 山内知也(神戸大学大学院 海事科学研究科教授)
コメント2 徳永恵美香(大阪大学大学院 国際公共政策研究科 招へい研究員)
コメント3 除本理史(大阪市立大学大学院 経営学研究科教授)
全体討論
閉会挨拶


★ 松元保昭@札幌 さんから:

 徴用工問題について

私たち素人からすると、安倍首相はじめメディアの、「請求権は消滅した」「国
際法上ありえない」という大合唱には、歴史感覚も人権感覚も「黙殺」した夜郎
自大な空威張りの戦時、敗戦時を想い起し、空恐ろしいものを感じます。 

日本政府およびメディア報道は、
‘本側企業が上告して下された韓国大法院判決の棄却理由の要旨――請求権協
定の適用外と認定されたこと――さえ報道しない。 

⓶請求権補償ではなく経済協力に特化し強権的にごり押しした日韓基本条約・請
求権協定の不当な中身に一切触れない。

90年代以降に国連人権委員会などによって国際常識となった「個人請求権の補
償」が国際人権規約として生きていることを一切報じない。 

い箸Δ爾鵝日本の強制徴用・強制労働の歴史的加害事実および人権侵害にも、
交渉背景の歴史的不正義にも一切触れようともしない。 

下記の弁護士有志声明では、「ミスリード(誤誘導)」というスマートなことば
で婉曲に表現しているが、私は、政財界、報道こぞっての捏造プロパガンダと思
う。そして人権侵害を覆い隠している「外国人実習生」のモンダイと同等だと思
う。

人権無視・カネ儲け第一主義の日本政府、日本企業、メディアなど日本人の度し
難い生狡さがここでも露わになった。

レイシズムと国家全体主義によって東アジアの小帝国にのし上がろうとしている
日本と日本人を憂える。

下記は前田朗ブログからの歓迎すべき弁護士有志声明 
。「被害者や社会が受け入れることができない国家間合意は、いかなるものであ
れ真の解決とはなり得ない。」と述べている。学者、研究者、知識人の多くの発
言を期待したい。、

元徴用工の韓国大法院判決に対する弁護士有志声明
https://maeda-akira.blogspot.com/2018/11/blog-post_6.html


★ 浅井健治@週刊MDS編集部 さんから:

米中間選挙・下院ニューヨーク州14区で、DSA(アメリカ民主主義的社会主義
者)のメンバーであるアレクサンドリア・オカシオコルテスさん(29)が共和党
候補らを大差で破り、史上最年少の女性下院議員として連邦議会に躍り出ること
になりました。

『ニューヨークタイムズ』の開票速報(日本時間2時半現在)によると、開票率
97%でオカシオコルテスさんは9万8925票(78・5%)とまさに圧勝です。同選挙区
は「堅固な民主党地盤」ですから、この勝利は6月の民主党予備選で彼女が10期
連続当選の大物議員を打ち負かした時点で決まっていたともいえます。

『ハフィントンポスト』はオカシオコルテスさんの勝利スピーチを次のように伝
えています。

「ふつうの人たちが一つになって、みんなで成し遂げようとして可能になった勝
利です。私たちの行動はすべてパワフルで、やりがいがあり、持続的な変革をも
たらすことができるのです。
 この運動を起こすのを支えていただいたすべてのオルガナイザーの皆さん、少
額カンパを寄せてくださったすべての方がた、働きながら子育てする人たちや“
不法移民”とされた若者たち-その方がたへの感謝は言葉で表せません。そうな
んです、これはまさに、選挙活動とか投票日とかではなくて、社会や経済や人種
間の不正義をなくす“運動”なのです」

『ハフィントンポスト』はまた、ミシガン州とミネソタ州で史上初のムスリム女
性下院議員が、マサチューセッツ州で同州初の黒人女性議員が誕生したと報じ、
歴史的な出来事だと伝えています。

なお、オカシオコルテスさんの選挙公約などについては週刊MDSの次の記事を
ご覧ください。

【米国中間選挙 「トランプ流」に批判広がる/皆保険・教育無償化掲げる候補
躍進】 

http://www.mdsweb.jp/doc/1544/1544_03a.html 

【米中間選挙 初のムスリム女性下院議員が誕生 ミシガン州とミネソタ州で】
https://www.bbc.com/japanese/46120496
 6日に投開票が行われている米中間選挙で、初のムスリム(イスラム教徒)の
女性下院議員が2人誕生した。
 ミシガン州13区で勝利した民主党ラシダ・タリーブ氏は元州議会議員。民主党
予備選でブレンダ・ジョーンズ氏を破り、同党候補となっていた。同区では、共
和党などから主要な対立候補が出ず、勝利が確実とされていた。
 タリーブ氏はパレスチナ系米国人としても初の連邦議員となる。
 ミネソタ州5区では、ソマリア系米国人のイルハン・オマル民主党候補が圧倒
的な得票率での共和党のジェニファー・ジーリンスキー氏を下した。
 オマル氏は2016年、ミネソタ州議会下院に当選し、ソマリア系として米国史上
初めて公職に就いた。
 ソーシャルメディアでは、2人の勝利を祝う声が相次いでいる。
 「イルハン・オマル氏はソマリアの難民キャンプで生まれ、12歳の時にアメリ
カに移民してきた。彼女はたった今下院の議席を手に入れた。ソマリア人は現在、
ドナルド・トランプの渡航禁止令で米国への入国を禁じられている」とツイート
する女性もいた。
 ジャーナリストのハナ・アラム氏はオマル氏の勝利を称える人たちの動画を投
稿し、「ミネアポリスでは、イルハン・オマル氏の勝利を祝って人々が歌と踊り
を披露している。正式に決まった。オマル氏とラシダ・ダリーブ氏は、下院初の
ムスリム女性議員となった」と書いた。

【米中間選挙 先住民女性が下院議員に当選 史上初】
https://www.bbc.com/japanese/46121018
 6日に投開票が行われている米中間選挙で、先住民女性の下院議員が初めて誕
生した。 

 カンザス州3区の民主党候補シャリス・デイビッズ氏(38)は、現職の共和党
ケビン・ヨーダー氏を破った。ニューメキシコ州1区では、同じく米先住民のデ
ブラ・ハーランド氏(57)が当選した。
 同性愛者で元格闘技選手のデイビッズ氏は米先住民ホ=チャンク・ネーション
の出身で、米軍訓練官だったシングル・マザーの母親に育てられた。
 選挙キャンペーンの宣伝で、デイビッズ氏はサンドバッグを殴っている。
 デイビッズ氏はキャンペーン中、インスタグラムに「シャリスのようになりたい? 
 今すぐ『シャリスを下院へ』Tシャツを買ってください。
 ※力こぶは付きません」と投稿していた。


★ 伊藤孝司 さんから:

映像ドキュメント 2018年1月17日に公開
自衛隊を憲法に書き加えるとどうなるのか? 石川健治(38分)
  https://www.youtube.com/watch?v=fP_8Dt5wmpo

この動画に【字幕版】というのが画面の右下の方に並んでいるので
「字幕ボタン」を押すと字幕が出てくるという優れものです。


---集会等のお知らせ------

●「原発なくす蔵(ぞう) ☆全国原発関連情報☆」●
ホームぺージ http://npg.boo.jp/   

●「豊田勇造 ライブ!」●
11月8日(木)  18:30開場 19:30pm開演 会場:FUKUOKA S.O.RA
(福岡市博多区中洲3-7-24 ゲイツビル7F TEL.092-402-0001)
ゲスト:円耕也(SAX)岡村釦(VO.G)料金:3千円+要オーダー
◎ライブハウスS.O.RA http://www.joyful-noise.net/sora-fukuoka/
◎豊田勇造公式ホームページ   http://www.toyodayuzo.net/

●さよなら原発!福岡 例会●
日時:11月9日(金)18時30分~ 
場所:福岡県民主医療機関連合会(民医連)
住所:福岡市博多区博多駅前1丁目19-3 博多小松ビル2階
 電話 092-483-0431 
  地図 博多小松ビル
http://www.office-re.co.jp/search/detail/id/850

●福岡県総がかり実行委員会 会議●
日時: 11月14日(水)18:30~  
場所:福岡県民主医療機関連合会(民医連)
住所:福岡市博多区博多駅前1丁目19-3 博多小松ビル2階
 電話 092-483-0431 
  地図 博多小松ビル
http://www.office-re.co.jp/search/detail/id/850

●『憲法市民講座』●
 案内チラシ:https://tinyurl.com/y7y4npla
講演:安保法成立後の自衛隊の実体
講師:半田 滋
日時:11月16日(日)開場17:30 開演18:00
場所:天神ビル11階10号会議室
       福岡市中央区天神2丁目12-1
 地図: https://tinyurl.com/y964zwyl
共催:日本弁護士会.福岡県弁護士会 
問合:福岡県弁護士会 tel092-741-6416

●李政美ライブatコットンクラブカフェ●
日時:11/23(金/休)17:30開場、18:00開演
会場:コットンクラブカフェ
福岡市中央区春吉3-15-18/TEL:092-715-8826
サポート:竹田裕美子(ピアノ)
料金3000円(別途1ドリンク300円必要)
予約・問合せ:オフィスとんがらし
(TEL:044-819-8623、FAX:044-819-8624、
e-mail:tongarashi at leejeongmi.com

*福島原発告訴団の武藤類子さん作詞「ああ福島」、
与謝野晶子「君死にたまふことなかれ」、
尹東柱「序詩」などに作曲した曲を歌う予定。
李政美さんプロフィール:http://leejeongmi.com

●「市民憲法講座」第29回●
「憲法について語りあおう」
日  時:11月28日(水)18:30~  
発題者:石川捷治(九州大学学名誉教授・政治史研究者)
テーマ:改憲をめぐる今日の政治状況
   案内チラシ;https://tinyurl.com/y9fotv4b 
場  所:福岡市立中央市民センター視聴覚室
住所: 福岡市中央区赤坂2丁目5-8 tel 092-714-5521
  地図:http://tinyurl.com/ll3slxq

● 福岡から“政治の流れ”を変えよう!●
    市民と政党の対話集会
12月1日(土)18時30分~20時30     
 案内チラシ:https://tinyurl.com/y8uvt6or     
会場:福岡市ふくふくプラザ1階ホール
     福岡市中央区荒戸3丁目3番39号
地図:http://www.fukufukuplaza.jp/info/access.html
主催:市民連合ふくおか
協賛:福岡県総がかり実行委員会

● 12・8 不戦の誓い!● 
朝鮮半島と東アジアの平和、日朝国交正常化実現を求める集い
  (講師)和田春樹さん/東京大学名誉教授
 案内チラシ:https://tinyurl.com/ycz6yfzl
日時-12月7日(金)18時30分~20時15分           
会場-都久志会館4階会議室 

●12月17日(月)川内原発行訴結審【最終口頭弁論】●
福岡地方裁判所
住所 福岡市中央区六本松4-2-4
地図:https://tinyurl.com/ybeedrsx
  西鉄バス・市営地下鉄七隈線「六本松駅」
13:00 門前集会 
13:30~ 【最終口頭弁論】
14:30頃 記者会見・報告集会
案内チラシ表:https://tinyurl.com/yae3zkn3
          裏:https://tinyurl.com/y7rsh8u6

●「市民憲法講座」第31回●
「憲法について語りあおう」
日  時:12月17日(月)18:30~
発題者:石村 善治(福岡大学名誉教授)
テーマ:「 知る権利 」
場  所:福岡市立中央市民センター第1会議室
住所: 福岡市中央区赤坂2丁目5-8 tel 092-714-5521
  地図:http://tinyurl.com/ll3slxq
  
●「原発なくす蔵(ぞう) ☆全国原発関連情報☆」●
ホームぺージ http://npg.boo.jp/   
設立趣旨文 http://npg.boo.jp/info/syusi.pdf
皆さまの所で、今、どこで、どんな運動が展開されているのか
「原発なくす蔵」のメールアドレス info at npg.boo.jp  まで
情報をお寄せください。
原則として1週間ごと月曜日に更新します。

○-----------------------------○
      ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆           
          午前10時から午後3時。(木曜 開設)
          (月・火・水・金・土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
       場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
     地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
         ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
        <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

●<私の>●
裁判意見陳述書 http://tinyurl.com/h46otep
facebook: http://tinyurl.com/pytdluz
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/
ホームページ http://sayonaragenpatu.jimdo.com/
Skype blueskyao1
☆活動・報告メルマガ★原発とめよう!九電本店前ひろば★
へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致します。
郵便振込 加入者名 さよなら原発!福岡 
口座番号 01770-5-71599 

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
     青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************



CML メーリングリストの案内