[CML 054142] とりプロ選挙市民審議会ビデオのお知らせ:衆議院の多数派優遇比例代表制と参議院を市民院にした上での無作為抽選制

OHTA, Mitsumasa otasa at nifty.com
2018年 11月 3日 (土) 12:07:19 JST


皆さん

IWJにビデオをアップしていただきましたので、お知らせします。

選挙市民審議会 第二期第8回会議 | IWJ Independent Web Journal
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/434879


今回は今期から委員となった岡yu晴輝委員が独自の選挙制度案を提案。既に選挙市民審議会(第一期)は『選挙・政治制度改革に関する答申』で衆参ともに選挙制度改革案を提案していますが、これに応答する形で、衆議院の多数派優遇比例代表制と参議院を市民院にした上での無作為抽選制を提起されました。
政権選択論を無視した衆議院選挙制度改革案は一蹴される懸念があるため政権選択可能な比例代表制が必要であり、抽選制による民主主義の刷新という最新の政治学的知見を検討した最終答申にすべきというのが趣旨です。

「正当な選挙」は日本国憲法が真っ先に謳う理念です。引き続きとりプロ選挙市民審議会( https://toripuro.jimdo.com/ )への皆さんのご注目、ご参加をよろしくお願いします。


太田光征


CML メーリングリストの案内