[CML 052926] 「労働尊重都市」ソウルに学ぶシンポ

IDEKUBO Keiichi harukagou2001 at yahoo.co.jp
2018年 6月 17日 (日) 21:30:22 JST


皆さん

日韓シンポジウムで、格差と貧困を克服するための地方自治体の労働政策について、考えたいと思います。奮ってご参加ください。

http://www.nakama-union.org/?p=975

◎「労働尊重都市」ソウルから学ぶ
 チョ・ソンジュ (ソウル市労働政策補佐官)    
報告:「ソウル市の労働政策と労働組合の社会的役割」

*7月14日(土) 18:00~20:30 場所:南部労政会館(JR大崎駅)

*7月16日(月)13:30~16:30 
*PLP会館 中会議室 参加費1000円(正規職)/500円(それ以外)
ソウル市では、「労働尊重都市」というスローガンを掲げて、非正規労働者の大規模な正規化や生活賃金など労働者の労働条件の底上げが実行されています。ソウル市の内部で労働行政を直接担当している労働政策担当官を招いて日本の自治体労働行政の課題や自治体非正規労働者の闘いを前進させる道筋を探っていきたいと思います。


◎ソウル市茶山コールセンターの闘い
シム・ミョンスク (希望連帯労組・茶山コールセンター支部長)
*7月29日(日)9:30~12:30
*エルおおさか 参加費1200円/700円
ソウル市の労働行政は、上からの改革だけでなされているのではなく、非正規労働者自身の闘いがソウル市を突き動かしています。
希望連帯労組茶山コールセンター支部支部長を招いて、行政を突き動かす非正規労働者の闘い・組織化を学んでいきたいと思います。


◎6/13統一地方選挙で青年政策を焦点化
キム・ヨンミン (青年ユニオン事務処長)
*7月29日(日)13:00~14:30 
*エルおおさか 参加費1200円/700円
 同日午後は、6/13韓国統一地方選挙で、青年政策の焦点化に取り組んだ韓国青年ユニオンと交流。
 7/29のシンポジウムは、平和と民主主義をめざす全国交歓会大阪大会の分野別討議として開催されます。
主催 7/16、7/29シンポジウム実行委員会、実行委員会■/277/11 19時なかまユニオン
連絡先 大阪市都島区東野田町4-7-26-304 Tel06-6242-8130 Fax06-6242-8131 (なかまユニオン気付)


なかまユニオン Nakama Uniom
執行委員長 井手窪 啓一 IDEKUBO Keiichi
〒534-0024 大阪市都島区東野田町4-7-26-304
4-7-26-304 Higashinoda-Cho,Miyakojima-Ku,Osaka-City
TEL06-6242-8130 FAX06-6242-8131 
HP  http://www.nakama-union.org/





CML メーリングリストの案内