[CML 052883] 台湾の取調べへの立会の 実現経緯22日(金)

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2018年 6月 13日 (水) 20:47:25 JST


*わけのわからん可視化より、弁護人立会のほうが良いよねえ。* *韓国に続いて台湾、すすんでるなあ「取調べへの弁護人立会」---- 以下 転載*
取調べへの弁護人立会権に関する講演会
<https://www.nichibenren.or.jp/event/year/2018/180622.html>
台湾における取調べへの弁護人立会い実現の経緯と現状
<https://www.nichibenren.or.jp/event/year/2018/180622.html>

2016年5月に、刑事訴訟法等の一部を改正する法律が成立し、一定の事件について、取調べの可視化が法制化されましたが、取調べへの弁護人立会いの実現はまだその糸口さえ見えません。

そこで昨年、韓国における弁護人立会い実現の経緯と現状について学ぶ機会として「取調べへの弁護人立会権に関する講演会」を開催しました。

今回は、その第2弾として、台湾での弁護人立会いについて学ぶ講演会を開催します。

*台湾においては、早くに被疑者取調べへの弁護人立会いが認められており、*
その導入の経緯およびこれまでの運用状況等を講演いただき、日本における弁護人立会権の実現に向けて、参加者の皆様とともに考える機会にしたいと思います。ぜひご参加ください。
*日時*

*2018年6月22日(金) 18時~20時30分(開場17時45分予定)*

*場所*

*弁護士会館17階1701会議室 * [image: arrow_blue_2.gif]会場地図
<http://www.nichibenren.or.jp/jfba_info/organization/map.html>

(東京都千代田区霞が関1-1-3 地下鉄丸ノ内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」B1-b出口直結)
*参加費・受講料*

*無料*
*参加対象・人数*

どなたでもご参加いただけます。定員120名

*内容(予定)*

◆ 講演
林 裕順 氏(台湾中央警察大学刑事警察学系教授兼科学研究室主任
台湾総統府司法改革国是会議委員)
黄 三榮 氏(律師・台北律師公會所属)

 [image: icon_pdf.gif]チラシ
<https://www.nichibenren.or.jp/library/ja/event/data/2018/event_180622.pdf>
 (PDFファイル;263KB)
*主催*

日本弁護士連合会
*共催(予定) *

東京弁護士会 第一東京弁護士会 第二東京弁護士会 関東弁護士会連合会
*お問い合わせ先*

日本弁護士連合会 法制部法制第二課 TEL 03-3580-9875


画像は 、注目の台湾映画
<https://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/692c68f40b46c7f09705555138d19a73>より


-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内