[CML 053276] IK改憲重要情報(263)

河内 謙策 kenkawauchi at nifty.com
2018年 7月 30日 (月) 16:57:29 JST


IK改憲重要情報(263)[2018年7月30日]

私たちは、内外の改憲をめぐる動きと9条改憲反対運動についての情報を発信しま
す。

(この情報を重複して受け取られた方は失礼をお許しください。転載・転送は自由で
す)

弁護士 市川守弘、弁護士 河内謙策

連絡先:〒170-0005東京都豊島区南大塚3-4-4-203 河内謙策法律事務所
電話03-6914-3844,FAX03-6914-3884

河内が参加している「南シナ海問題署名運動」のサイトは以下のとおりです。

http://www.southcs.org/
__________________
(以下の見解は、河内の見解です。市川の見解は必らずしも河内と同一ではありませ
ん。御了解ください。)

   北朝鮮問題とアメリカ

 最近のアメリカの動きで重要だと私が考えるのは、25日のポンぺオの証言と遺骨問
題です。
 ポンぺオ国務長官は、上院の公聴会で、北朝鮮が核物質の生産を続けていることを
認めました。これは、実質的に、北朝鮮が米朝首脳会談でアメリカを騙したことを認
めたことを意味します。このことの持っている意味は、非常に重大だと思います。”
あ、そう”と簡単に言えない問題だと思います。
 ポンぺオの証言で、もう一つ重大なのは、トランプ大統領の任期が終了する2021年
1月までに北朝鮮の非核化を達成したい、と言明したことです。トランプ大統領は時
期を切った発言をしていませんから、政権内の有力意見と言うべきでしょう。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018072600227&g=use


  北朝鮮から約55柱の遺骨がアメリカに引き渡されました。朝鮮戦争で行方不明に
なった米兵は約5300人に上ると言われていますから、今後もこの問題が延々と続くこ
とになります。
 この遺骨問題は、アメリカという国民国家の存立にかかわる問題だと捉えているこ
とがよく分かります。日本も拉致問題を国民国家の存立にかかわる問題と捉えるべき
だと思います。自分の息子が拉致されても、国家が誠意を尽くさないならば、そんな
国家を誰が信用するでしょうか。そんな国家は崩壊します。憲法と国民国家の存立は
一体のものなのです。そんな自明のことを忘れた9条論議をする人がいるので困りま
す。
https://www.sankei.com/world/news/180727/wor1807270030-n1.html


   産経新聞が「時間稼ぎに騙される  な」という主張を発表

 産経新聞が北朝鮮の「時間稼ぎ」に騙されるな、という主張を発表しています。誠
に的確な主張だと思います。
http://www.sankei.com/column/news/180730/clm1807300001-n1.html


 上記の主張もそうですが、米朝首脳会談が終了して1か月が経過したので検証しよう
という動きがみられます。
 平井久志氏は、「Foresight」のサイトで「米朝首脳会談『1カ月』の検証」とい
う論文を発表しておられます。私は、いくつかの点で賛成できない点もありますが、
目まぐるしく変わる情勢を堅実に概観しておられる点で、お勧めです。
http://www.fsight.jp/articles/-/44000

       北朝鮮のことについて

 北朝鮮で、わざと顔に傷をつける女性が増加しているという記事が目に入りまし
た。あまり「美人」だと「喜び組」に選抜される、それを避けるためのようです。非
常に痛ましい事です。
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/180725/soc1807250021-n1.html


  上記の異常な記事に見られるように北朝鮮は人権抑圧国家、収容所国家です。最近
民衆運動に参加した人は、あまり、そのことを知らない人もいるようです。改めて学
習し直す必要があるのでは、ないでしょうか。
 たとえば、北朝鮮では、20万人から30万人の政治犯が収容所にいると言われていま
す。北朝鮮の人口は2500万人と言われています。日本に直せば120万人の政治犯が収
容所にいることになります。大変な数字です。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E6%B0%91%E4%B8%BB%E4%B8%BB%
E7%BE%A9%E4%BA%BA%E6%B0%91%E5%85%B1%E5%92%8C%E5%9B%BD%E3%81%AE%E5%BC%B7%E5%8
8%B6%E5%8F%8E%E5%AE%B9%E6%89%80


 この強制収容所を逃れてきた人が日本にも約200人いると言われています。
 この人々の独自のサイトは無いようですが、脱北者の援助を目的とした以下のNG
O(北朝鮮難民救援基金)のサイトで、脱北者の意見や生活を知ることができるの
で、御参照ください。
https://www.lfnkr.or.jp/


______________________________

                  以上


  




CML メーリングリストの案内