[CML 053205] アジェンダ新刊『原爆の世紀を生きて』発行のご案内

谷野隆 avenir at tc4.so-net.ne.jp
2018年 7月 21日 (土) 17:42:33 JST


雑誌『アジェンダ』を発行しています
アジェンダ・プロジェクトの谷野と申します。
広島で爆心地から750mの至近距離で被爆されながら、
奇跡的に生きながらえ、
その後、反核平和運動に邁進してこられた、
現在京都府在住の米澤鐡志さんの自伝を
アジェンダ・プロジェクトから発行しました。
タイトルは『原爆の世紀を生きて―爆心地(グラウンド・ゼロ)からの出発―』

昨年5月には米澤さんの被爆体験をまとめたパンフレットを
アジェンダから発行しましたが、
今回の新刊では、被爆体験に加えて、
今日までの米澤さんの反核平和運動、学生運動、
高雄病院勤務時代の闘いなどが、
その時々の著者の強い思いとともに語られています。
ぜひ、ご一読ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【アジェンダ・プロジェクト新刊】

『原爆の世紀を生きて
―爆心地(グラウンド・ゼロ)からの出発―』

米澤鐡志 著

四六判   224頁   定価 本体1400円+税
2018年8月6日発行

◎全国主要書店で発売中!
アマゾンなどネット書店でも購入可能です。
またアジェンダ・プロジェクトのホームページ等、
直接のご注文も可能です。
その際には送料実費(1冊110円~)をご負担いただいています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

核なき世界への直言!
グラウンド・ゼロの手前750メートルで
被爆した少年が生き抜いた、
激動の戦後社会史。
リベラル市民運動家の、父子相克の自伝。
(本書 帯より)

【本書の構成】
 戦争中の生活と原子爆弾
 戦後の広島の街で
 峠三吉をめぐって
 京都に移住―学生運動に没頭
 医療の現場で
 父・米澤進のこと
 平和を求めて
 3・11以後―「老後」を反戦平和にかける
<報告>医療汚職の伏魔殿、厚生省
―官・産・医の癒着が生み出す薬害―

◆米澤鐡志(よねざわ・てつし)
1934年広島生まれ。11歳のとき、爆心から750メートルの満員電車内で被爆。
奇跡的に助かり、中学生のころから反核運動・反戦平和運動に参加。
55年第1回原水爆禁止世界大会に参加。以降毎年参加している。
58年立命館大学に入学、安保闘争を指導。
85年宇治平和の会設立に参加。
60年安保のころから小中学校をはじめ各地で被爆体験講話を行っている。
現在、京都府宇治市在住。

※※※※※※※※※※※※※※※
アジェンダ・プロジェクト
〒601-8022
京都市南区東九条北松ノ木町37-7
筺Fax 075-822-5035
E-mail agenda at tc4.so-net.ne.jp
URL http://www3.to/agenda/
FB https://www.facebook.com/agenda.project
※※※※※※※※※※※※※※※ 



CML メーリングリストの案内