[CML 053192] 第2648目★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2018年 7月 20日 (金) 07:06:55 JST


青柳行信です。2018年7月20日(金)。【転送・転載大歓迎】

☆原発とめよう!九電本店ひろば第2648目☆
     呼びかけ人賛同者7月19日迄合計4456名。
原発とめよう!の輪をひろげる【賛同者】を募っています。
   
★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
     <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>


★ 横田つとむ さんから:

 青柳さん

今日も 暑かったですねえ。
それにしても アベ氏の厚顔無恥 ひどいです。
次から次へとウソをつき、本当のことを隠しています。
早く止めさせましょう。
あんくるトム工房
九電本店前テント  https://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/4856


★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆秀吉が暴政の「祟り」と民の声 アベノ暴政と未曽有の災害
         (左門 2018・7・20−2183)
 ※現代人として「祟り」は言わないが、それなりに科学的理由を
 言うことは出来る。「戦争するための法律」を造り予算を使うので
 なく、「災害に弱い国土政策」を改めて、自衛隊を「災害予防・救
 援隊」に振替えて、毎日調査し、ハザードマップを充実させ、即応
 態勢を組めば大改善だ!北東アジア「9条実行隊」を設けよう!
 

★ 乱 鬼龍 さんから:
  ☆脱原発川柳【ふるさとも 地場産業も みなこわし】 


★ ギャー さんから:

「どこまでも どこまでも」


手をつなぎ(C) 歩いてゆこう(G7)
この道をどこまでも(FC)
鳥たちが歌う 花たちが咲きそう
星たちが巡る 空に陽が昇る
ぼくたちの歌が生まれる この新しい朝から
歩いてゆこう どこまでも
どこまでも 手をつなぎ
歩いてゆこう 目を閉じて静かに想う
沈黙の中の声なき声を やがて手をつなぐこともできなくなるけど
もう立ち上がることができなくなって ぼくの目が開かなくなって
ぼくの口が歌わなくなってしまっても きみの心に歌が巡るなら
誰もきみを見捨てやしないよ どこまでも歩いてゆこう
手をつなぎ 歩きましょう
どこまでも どこまでも
口笛吹いて歩きましょう この道をどこまでも
どこまでも どこまでも
手をつなぎ 歩きましょう
この道をどこまでも どこまでも

※リズムはレゲエ風


★ 西山進 さんから:

青柳行信様

 あついですね。14日、原水爆禁止世界大会のプレ・・・オフの集会が黒崎で開
かれて、遠路参加しました。私に「被爆体験を」ということでした。お断りしよ
うかと思いましたが十分注意して体調を整えました。50人ぐらいの集まりでした
が、若い人が少なく残念でしたが、しかしみんなだいじな平和の種まき人です。
原爆の恐ろしさを心を込めて話しました。50年ぶりの知人にも会えて幸せでし
た。

 梅田裁判、残念な結果になりましたが、梅田さんが悪いのではありません。国
が悪いのです。どうかめげないで被爆者と進みましょう。原爆症の認定も裁判に
もっていかないと認定されない、こんな理不尽がまかり通っています。政を行う
国が公然とばくちをやって不浄の金を集めようというのですからこの国は狂い始
めました。

こんな政治がいつまでも続くわけありません。明るく楽しく戦っていきましょう。
原発反対のテントの人たちだってもう7年間たたかっています。それにしても暑
い
日ですがシリアのダマスカスは6月、日中で40度です。それと比べたらまだ大丈
夫
ですが、残念ながら日本は湿気が多いので熱中症に気を付けましょう。
皆さんおげんきで。


★ 木原壯林(若狭の原発を考える会)さんから: 

原発立地町長へ公開質問状を提出

大阪北部地震、未曾有の豪雨、かつて経験したことのない酷暑続き、さらに大き
な天変地異を予感させるような日々です。天変地異は避けることが出来ないばか
りか予測することすら出来ないことを思い知らされています。こんな状況でも、
原発を存続・稼働させるなど、許されるものではありません。

 さて、「原発うごかすな!実行委員会@関西・福井」は、7月28日、若狭の原
発の運転や再稼動について、大きな発言力を持つ、高浜町、おおい町、美浜町の
町長に、公開質問状 https://tinyurl.com/y7rws5a6
と 
特別質問状 https://tinyurl.com/y7gg34fm を提出しました。
 
 公開質問状では、原発の存続、使用済み核燃料、老朽原発運転、重大事故時の
住民避難、原発に依存しない町づくりなどについて尋ね、特別質問状では、地震
時の原発停止について尋ねています。

公開質問とした理由は、この質問状を、若狭や周辺自治体および広く関西をはじ
めとする全国に配布し、原発立地・若狭や原発電気を利用してきた関西、全国の
皆さんが、原発の是非、原発後の社会を考える端緒にしていただければ幸いと考
えるからです。

これらの質問状は、8月15日を回答期限としています。回答があり次第、その内
容をチラシにして皆様にお知らせいたします。 

高浜町長、おおい町長、美浜町長の姿勢は、当該自治体の住民だけでなく、さら
に広域(例えば、関西一円)の住民の大きな関心事であり、生活や生存の権利を
も左右するものです。これらの町長の回答にご注目ください。

添付の公開質問状、特別質問状を広く配布下さるようお願いします。よろしくお
願いします。

 原発うごかすな!実行委員会@関西・福井・木原壯林(若狭の原発を考える会)


★ たんぽぽ舎 さんから: 
紹介内容全文こちら⇒https://tinyurl.com/y8tkk44u
【TMM:No3419】
2018年7月19日(木)地震と原発事故情報−
   5つの情報をお知らせします

1.7/11東電本店合同抗議主催「東電は責任をとれ」連続講座
    「東電は原発を運転する資格も余力もない」
    「柏崎刈羽原発の再稼働なんてとんでもない」
     蓮池 透さんのお話を聞いて
    横田朔子 (たんぽぽ舎ボランティア)
2.災害に名前を付ける基準とは
    気象庁が名前を付けなかった「大阪北部地震」
    青森も大被害なのに「十勝沖地震」
    明らかに「秋田沖地震」なのに「日本海中部地震」
     警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識 その256
    島村英紀(地球物理学者)
3.廃炉の燃料を大飯3、4号で使い回し 国内初、規制委了承…ほか
     メルマガ読者からの原発等情報2つ(抜粋)
    黒木和也 (宮崎県在住)
4.原発ゼロ基本法案−審議一度もなく会期末へ、
     本県議員・市民ら反発…
     メルマガ読者からの「新潟日報」情報1つ(抜粋)
    金子 通 (たんぽぽ舎会員)
★.新聞より1つ
  ◆大間原発差し止め訴訟費用
   函館市に寄付1億円 全国から
     (7月19日茨城新聞朝刊4面より抜粋)


★ 宮崎の黒木和也 さんから:

*「世界の借金」174兆ドルに、10年前から58%増
7/19(木) 6:00配信 ダイヤモンド・オンライン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180719-00175050-diamond-bus_all
   
*財政の「ゆでガエル状態」は、どれだけ危険か
7/19(木) 5:00配信 東洋経済オンライン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180719-00229545-toyo-bus_all
   
*大間原発訴訟 函館市への寄付金1億円超える ふるさと納税などで全国から寄せられる
7/19(木) 16:45配信 HBCニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00000010-hbcv-hok

*<小泉元首相>中村元建設相と会談 脱原発で意見交換
7/19(木) 7:00配信 毎日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00000006-mai-pol
   
*<原発のない国へ 基本政策を問う> (6)「教育」の名の宣伝活動
東京新聞 2018年7月19日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201807/CK2018071902000151.html

*大飯原発 再利用「問題ない」 廃炉燃料で規制委員長
東京新聞 2018年7月19日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201807/CK2018071902000143.html


★ 中西正之 さんから:

<これからの廃プラスチックは完全リサイクルするべきと思われる>

近世界中で、廃プラスチックがあふれかえり、川や海に大量に投棄され、地球環
境が廃プラスチックで汚染されていることが報道されています。この事を心配し
ていると、「廃プラスチックから得る水素で稼働する燃料電池、川崎市のホテル
で稼働開始」の記事が目につきました。
https://sgforum.impress.co.jp/news/3978

『発注した昭和電工は現在、川崎臨海部にある昭和電工川崎事業所で使用済みプ
ラスチックから得た水素を有効活用する実証事業に取り組んでいる。環境省公募
の「2015年度地域連携・低炭素水素技術実証事業」の採択を受けて実証している
ものだ。事業所が立地する川崎市とも提携し、関係事業者間の調整、許認可取得
関連の支援などの形で協力を得ている。

 プラスチックの主成分は炭化水素であり、炭化水素は炭素分子と水素分子が結
合したものだ。昭和電工の実証事業は炭化水素から水素とCO2を分離し、水素を
燃料電池などで活用しようというものだ。使用済みプラスチックから水素を得る
には、まずプラスチックを破砕して細かい欠片にする。これを2段階のガス化炉
に投入して水素を取り出す。1段階目のガス化炉では比較的低温で加熱する。炉
の底部にある高温の砂がプラスチックを炭化水素を含むガスや炭化固形物、塩化
水素などに分割する。こうして得たガスを2段階目のガス化炉に投入する。
 
 ここでは酸素と水蒸気を加えながら高温で加熱する。これで炭化水素をCOとH2
に分解できる。さらに別の設備で水蒸気と反応させることでCOをCO2にする。こ
れで廃プラスチックから水素H2と二酸化炭素(CO2)を得ることができる。昭和
電工はこうして得たガスでアンモニアを生成したり、ドライアイス、液化炭酸ガ
スなどに加工するなどしていたが、燃料電池などの登場で水素の使いみちが広が
ったことで、発電などに利用することを考えた。
 
 昭和電工は、今回東芝に発注した燃料電池を、大和ハウス工業が建設中の「東
急REIホテル」に設置する。このホテルは川崎市川崎区殿町の再開発地域「キン
グスカイフロント地区」に立地しており、2018年春に開業の予定となっている。
羽田空港から自動車で10分ほどの距離にあることから、空港利用者の宿泊が期待
できるホテルだ。』と報告されています。

 現在、鉄やアルミニウムや銅などは、使用された設備が廃棄された後は、高温
度で再溶解されて製錬され、純粋な素材が再生産されて、新しい製品に完全リサ
イクルされています。
 
 しかし、廃プラスチックは精製されて、純粋な素材とされるような、完全リサ
イクルはされていません。2段階のガス化炉は、廃プラスチックを完全な水素と
CO2に分離する設備で、石油や天然ガスを分解するよりも安価に水素の製造が
できる商業設備と思われます。現在は石油や天然ガスの水素とCO2からプラス
チックが生産されています。

CCSの現状について 経済産業省 地球環境連携・技術室
http://www.meti.go.jp/committee/kenkyukai/sangi/ccs_kondankai/pdf/
001_03_00.pdf
によれば、日本には、既存データによるCO2の概算貯留可能量は1,461億
有るそうです。CO2を地中に貯蔵すれば、日本の現在の技術で、廃プラスチック
は完全リサイクできる可能性が大きいようです。


★ 前田 朗 さんから: 
 
インタヴュー講座第8回「表現の自由を守るために」
憲法再入門――立憲主義をとり戻すために
http://maeda-akira.blogspot.com/2018/07/blog-post_18.html


★ 大山千恵子 さんから: 
絵本よむ「 おこりじぞう」だ日比谷にて 木内みどり 8月5日

詩画人・四國五郎が伝えたかったこと
『絵本 おこりじぞう』朗読
<https://www.library.chiyoda.tokyo.jp/information/20180805-copy_7/>

2018年*8月5日(日曜日)午後2時〜*午後4時
*日比谷*図書文化館  03-3502-3340
参加費  千円

1979年に発売後も長く版を重ね(74刷)、原爆を知るための絵本、および平和教
育の副教材としても広く全国で活用されている『絵本 おこりじぞう』。

今回は*木内みどり*
さんによる素晴らしい朗読と、この絵本の表紙画・挿画を描いた四國五郎という
「表現者」が息子の目から見てどのような人物であったかを、膨大に残した作品
の一部をご覧いただきながらご子息である四國光さんによるお話とで紹介します。

四國は*戦争とシベリア抑留、および原爆による家族の被爆死*、といういわば3
つの「戦争」を体験し、子供の頃からの夢であった通常の絵描きになる道を捨て、
広島において、平和のために、絵と詩で反戦・反核を訴えることを自分の人生と
する事を生涯貫いた人間です。四國が何を考え、何を伝えたかったのか。『絵本
おこりじぞう』を起点に、幅広く四國五郎の人生とその考え方に迫ります。


−−−集会等のお知らせ−−−−−−

●「原発なくす蔵(ぞう) ☆全国原発関連情報☆」●
ホームぺージ http://npg.boo.jp/   

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」原告団・弁護団●
URL:http://no-genpatsu.main.jp/
 第26回口頭弁論: 7月20日(金)14時
 模擬法廷・報告集会はメートプラザ佐賀

●連続講座「原子力発電と私たちのくらし」第15回講座●
  闘う知事が抹殺された背景に迫るドキュメンタリー映画
  「『知事抹殺』の真実」
 7月21日(土) 。隠粥В娃亜´■隠検В娃
  大牟田文化会館研修室(大牟田市不知火町2−10−2)
  参加費500円
  主催:原発事故から学ぶ実行委員会(連絡先 樋口:090-8415−0998)

●福岡県総がかり実行委員会 会議●
日時: 7月24日(火)18時〜 
場所:ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)交流室
  福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)
      地図 http://www.kenkou-support.jp/access/
共催:NGO「人権・正義と平和連帯フォーラム」

●市民連合ふくおか「市民憲法講座」第26回●
「憲法について語りあおう」
日  時:7月30日(月)18:30〜  
発題者:石村善治(福岡大学名誉教授・憲法研究者)
テーマ: 「知る権利」
場  所:ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)
案内チラシ https://tinyurl.com/y8rubnkc
共催:NGO「人権・正義と平和連帯フォーラム」

●市民連合ふくおか「市民憲法講座」第27回●
「憲法について語りあおう」
日  時: 8月27日(月曜日)18:30〜  
発題者:発題者:横田耕一(九州大学名誉教授・憲法学者)
テーマ:「憲法の護り手としての裁判所 パート供
場  所:ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)
共催:NGO「人権・正義と平和連帯フォーラム」

●第9回口頭弁論: 9月 5日(水) 13:30●
 (川内原発行政訴訟) 福岡地裁301号
「川内原発設置変更許可取消請求訴訟」
13:00 裁判所前で事前集会
13:30 口頭弁論期日
14:30 報告集会
 案内チラシ 表 https://tinyurl.com/y88ltfekhttps://tinyurl.com/y87bzob4

●「原発なくす蔵(ぞう) ☆全国原発関連情報☆」●
ホームぺージ http://npg.boo.jp/   
設立趣旨文 http://npg.boo.jp/info/syusi.pdf
皆さまの所で、今、どこで、どんな運動が展開されているのか
「原発なくす蔵」のメールアドレス info at npg.boo.jp  まで
情報をお寄せください。
原則として1週間ごと月曜日に更新します。

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○
      ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆           
   
          午前10時から午後3時。(火・木曜 開設)
           (月・水・金・土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
       場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
     地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
         ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
        <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

●<私の>●
裁判意見陳述書 http://tinyurl.com/h46otep
facebook: http://tinyurl.com/pytdluz
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/
ホームページ http://sayonaragenpatu.jimdo.com/
Skype blueskyao1
☆活動・報告メルマガ★原発とめよう!九電本店前ひろば★
へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致します。
郵便振込 加入者名 さよなら原発!福岡 
口座番号 01770−5−71599 

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
     青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************



CML メーリングリストの案内