[CML 053157] 石田紀郎先生 新著『現場とつながる学者人生―市民環境運動と共に半世紀』出版記念講演会

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2018年 7月 16日 (月) 09:32:18 JST


石田紀郎先生 新著『現場とつながる学者人生―市民環境運動と共に半世紀』出版記念講演会

https://www.facebook.com/events/396491064093441/

 私たちの敬愛する石田紀郎先生が『現場とつながる学者人生―市民環境運動と共に半世紀』(藤原書店刊)を出版されました。     
 半世紀の長きにわたり、京都の地を足場にして、公害環境問題の市民運動を指導的に担ってこられました。琵琶湖畔に生まれ、琵琶湖の水汚染問題は合成洗剤追放運動として展開され、その視野はアラル海消滅問題にまで広がります。また、農林生物学者として農薬被害に苦しむミカン農家に寄り添い、その裁判を主導されるだけではなく、ミカンの販売や農園の維持に今も尽力されています。
 生活者の視点を大切にした学者人生を貫いてこられました石田先生の実績と見識を学びたいと、折々の場面で活動をともにしてきた友人たちで出版をお祝いする企画をいたしました。誘い合わせてご参加下さい。

日時:2018年8年12日  午後2:00より 
場所:コープイン京都(京都市中京区柳番場蛸薬師上る、Tel:075-256-6600)

☆	第1部 記念講演会 14―16時 (参加費500円、当日参加可)
石田紀郎先生 『生活者の視点で公害の現地に』
☆	第2部 17時―19時30分 交歓懇親会
市民運動の経験を親しく交流するとともに、今後の方向などを話し会う楽しい場として (参加費4500円、定員80名)

参加申込は7月31日までに下記のどれかでお願いします。
 http://confreg.ate-mahoroba.jp/confreg?conf_idstr=wJlZL93CGzbQqJPT3z3erjq41011
◆…氾漬(tel & fax: 0774-32-6786)
 松久寛(e-mail: matsuhisa at maia.eonet.ne.jp)

2018年6月20日


発起人
川那辺浩哉、川合仁、藤井絢子、小泉隆、中川ユリ子、黒岩卓美、中尾ハジメ、廣海緑朗、角替豊、折田泰宏、三石博行、藤原辰史、黒岩卓美、加藤英一、佐伯昌和、アイリーン・美緒子・スミス、小林純一郎、山田晴美、井崎敦子、藤井悦子、駒込武、白坂有子、春山文枝、守田敏也、米澤鐵志、米澤久子、高橋幸子、本間都、中本式子、榊原義道、松久寛、槌田劭
(※使い捨て時代を考える会イベントページでまず作りましたが便宜的なものです。この発起人が主催者です。)


CML メーリングリストの案内