[CML 053129] 7/21(土)社会主義理論学会第77回研究会「マルクス生誕200年」@慶応義塾大学・三田キャンパス

qurbys at yahoo.co.jp qurbys at yahoo.co.jp
2018年 7月 12日 (木) 11:07:43 JST


紅林進です。

今年2018年は、マルクス生誕200年に当たりますが、私も関わっています
社会主義理論学会では、7月21日(土)に 慶応義塾大学・三田キャンパス
において、「マルクス生誕200年」をテーマに下記の研究会を開催いたします。

社会主義理論学会の会員でない方も、研究者でない方もご参加いただけます
ので、ご関心のあります方はぜひご参加ください。

(以下、転送・転載歓迎)

社会主義理論学会第77回研究会のご案内

統一テーマ: マルクス生誕200年

日時:2018年7月21日(土)午後2時〜5時

会場: 慶応義塾大学・三田キャンパス第一校舎1F・105教室
(JR田町駅、都営地下鉄三田線三田駅下車)
地図・アクセスhttps://www.keio.ac.jp/ja/maps/mita.html

<報告>
●大内秀明(東北大学名誉教授)
「晩期マルクスと〈共同体社会主義〉」 

●村岡到(NPO法人日本針路研究所) 
「マルクスの歴史的意義と根本的限界」

<参考文献>
・村岡到編 『マルクスの業績と限界』 ロゴス
http://logos-ui.org/booklet/booklet-13.html
・季刊『フラタニティ』第10号:特集:マルクス生誕200年
http://logos-ui.org/fraternity.html

資料代:500円(社会主義理論学会の会員は無料)

主催:社会主義理論学会
http://sost.que.jp/

※社会主義理論学会の会員でない方も、研究者でない方も自由に
ご参加いただけます。
※予約、申し込み等必要ありませんので、直接会場にお越しください。
※いつもと曜日、会場教室が異なっていますのでご注意ください。


CML メーリングリストの案内