[CML 053062] 本もあり「菊とギロチン」監督と 大杉役と栗原康

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2018年 7月 4日 (水) 07:56:40 JST


二千円に躊躇したが、大決心して申し込み。

そしたらネット予約が難しい。二度目に挑戦して漸くできた。---- 以下 転載

*栗原康×瀬々敬久×小木戸利光「女相撲とアナキスト――社会に風穴を!」
<https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/0136puznv3pp.html>*

*『菊とギロチン―やるならいましかねえ、いつだっていましかねえ』(タバブックス)刊行記念
<https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/0136puznv3pp.html>*

2018/*7/15(日) 19:00~ 21:00*

*本屋B&B 下北沢*駅下車 東京都世田谷区北沢2-5-2 BIG BEN B1F
7月7日(土)よりテアトル新宿ほかにて全国順次公開される映画『菊とギロチン』。大正時代に実在した興行「女相撲」と、アナキスト集団「ギロチン社」が出会う映画のオリジナルストーリーを、アナキズムを専攻する栗原氏の真骨頂、憑依文体の評伝小説に仕上げた『菊とギロチン
―やるならいましかねえ、いつだっていましかねえ』がタバブックスより発売されます。

本書の発売を記念し、著者の栗原康さん、監督の瀬々敬久さん、そして今回大杉栄を演じた小木戸利光さんをお迎えするトークイベントを開催いたします。

『菊とギロチン』を自主企画として三十年温め続け、ようやく公開まで漕ぎつけた瀬々敬久監督。本作を元にいまだかつていない破壊的評伝小説をかきあげた栗原康さん。映画の中で大杉栄を演じ観客に鮮烈なイメージを与えた小木戸利光さん。それぞれの立場から“菊ギロ”への思いを語っていただきます。

震災、国粋主義、貧困、格差など、現代との共通性も感じられる『菊とギロチン』。観るならいましかねえ、読むならいましかねえ。トークイベント、来るならいましかねえ!


*【出演者プロフィール】**栗原康(くりはら・やすし)*
一九七九年、埼玉県生まれ。現在、東北芸術工科大学非常勤講師。専門は、アナキズム。長渕剛、ビール、河内音頭が好き。著書に、『大杉栄伝
-永遠のアナキズム』(夜光社)、『学生に賃金を』(新評論)、『はたらかないで、たらふく食べたい
-「生の負債」からの解放宣言』(タバブックス)、『現代暴力論』(角川新書)、『村に火をつけ、白痴になれ -伊藤野枝伝』(岩波書店)、『死してなお踊れ
一遍上人伝』(河出書房新社)などがある。

*瀬々敬久(ぜぜ・たかひさ)*
一九六〇年、大分県生まれ。京都大学哲学科在学中より映画を自主製作。86年より獅子プロダクションに所属、助監督。89年、『課外授業
暴行』で商業映画監督デビュー。以降、劇映画、ドキュメンタリー、テレビまでジャンルを越えた活動を展開。『ヘヴンズ
ストーリー』(10)は第61回ベルリン国際映画祭で国際批評家連盟賞とNETPAC賞。『64-ロクヨン-前編/後編』(16)、『8年越しの花嫁』(17)、『友罪』(18)など。

*小木戸利光
<https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%9C%A8%E6%88%B8%E5%88%A9%E5%85%89>(こきど・としみつ)*
一九八一年、福岡県生まれ。イギリスで演劇・パフォーマンスを専攻。俳優としてドラマ、映画、舞台、ドキュメンタリー番組に出演。音楽、執筆、パフォーマンスによる創作を行う。tokyo
blue
weepsとして3枚のアルバムを発表している。2017年、NHKドキュメンタリードラマ「あんとき、」にて主演。2018年には、『菊とギロチン』の他に主演作『ゴースト・ヴィジョン』や、『飢えたライオン』、『ナイトクルージング』などの出演作が公開される。著書に、『表現と息をしている』(而立書房)がある。


-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内