[CML 053057] IK改憲重要情報(250)

河内 謙策 kenkawauchi at nifty.com
2018年 7月 3日 (火) 14:42:29 JST


IK改憲重要情報(250)[2018年7月3日]

私たちは、内外の改憲をめぐる動きと9条改憲反対運動についての情報を発信しま
す。

(この情報を重複して受け取られた方は失礼をお許しください。転載・転送は自由で
す)

弁護士 市川守弘、弁護士 河内謙策

連絡先:〒170-0005東京都豊島区南大塚3-4-4-203 河内謙策法律事務所
電話03-6914-3844,FAX03-6914-3884

河内が参加している「南シナ海問題署名運動」のサイトは以下のとおりです。

http://www.southcs.org/
__________________
(以下の見解は、河内の見解です。市川の見解は必らずしも河内と同一ではありませ
ん。御了解ください。)

    米国防情報局が「金委員長に完全非
  核化の意図なし」との見解

 私は、北朝鮮に非核化の意図無しということを裏付ける事実を「IK改憲重要情報
(248)」「IK改憲重要情報(249)」で紹介しましたが、もう一つ出てきました。
米国防情報局(DIA)が、「少なくとも現時点では、金正恩に完全な非核化を遂行
する意図なし」という報告をまとめたことが明らかになりました。
https://www.cnn.co.jp/world/35121819.html


 これだけの証拠があるのですから、事実誤認ということはない、と思いますが、
気になることもあります。それは、なぜ、今になって急にたくさんの証拠がでてきた
のか、ということです。トランプ追い落としの政争がらみでないか心配です。

    ポンぺオ国務長官が再訪朝へ

 米朝共同声明にもかかわらず、米朝交渉が再開しなかったので、ポンぺオ国務長官
は北朝鮮首脳部へ手紙を出しました。
http://www.sankei.com/world/news/180702/wor1807020018-n1.html

  しかし、アメリカで北朝鮮の非核化の意図無しの新たな証拠が発見され騒然として
きたからでしょう。ポンぺオ国務長官は、先の手紙の返事はどこへいったのか、自分
で北朝鮮に乗り込むことになりました。
 北朝鮮は「高笑い」をしている事でしょう。
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/07/5-49.php


  家族会、救う会が、特別集会

 北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会と拉致被害者家族会、拉致
議連が、6月29日に「全被害者の即時一括帰国を!特別集会」を開催しました。以下
のサイトから、7月2日付の救う会全国協議会のニュースを見てください。
http://www.sukuukai.jp/mailnews/


 私は、日本の民衆運動が拉致問題に取り組まないことを10年以上も批判してきまし
た。拉致問題に取りくまない平和主義者が、いくら9条改憲阻止を訴えても、少し物
事を理性的に考える人間は、そのような9条改憲阻止運動の胡散臭さに気が付きま
す。そして、9条改憲阻止運動の中で拉致問題にとりくむべきだ、という議論が無い
ことを知れば、そんな民主主義のない運動に愛想をつかして離れていきます。
 私は、この理が何故わからないのか、不思議でなりません。日本の民衆運動は
ヒューマニズムの旗を投げ捨て、リーダーも構成員も思考停止し、腐敗堕落してし
まったのでしょうか。

  台湾に米海兵隊派遣か?

 「夕刊フジ」2018年7月3日号2面の記事によれば、米国在台湾協会の台北にある事
務所警護のため、米国務省が海兵隊に派遣の要請をしたということです。実現の可能
性が大きいでしょう。40年ぶりに、台湾に米軍が進駐することになります。アメリカ
が、北朝鮮問題を東アジア、とくに中国中心に再調整している、現れだと思います。

______________
         以上
 




   




CML メーリングリストの案内