[CML 051513] 転送:「林えいだいさん追悼!特別上映」

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2018年 1月 19日 (金) 11:19:50 JST


 坂井貴司です。
 転送・転載歓迎。
 
 福岡県北九州市にある「架空の“映画館”」東田シネマが、昨年死去したルポ
ライター林えいだいさんの生涯を描いた『抗い~』を1月26日から28にちに
かけて上映します。
 
----------ここから原文----------

 ドキュメンタリー映画の<東田シネマ>です。

❖遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

 本年もどうぞよろしくお願い致します。

 さて、2018年の幕開けは以前にもお伝えしていましたように、昨年9月に亡く
なられた孤高の記録作家・林えいだいさんの、権力に抗い続けてきたその晩年の
姿を描いて日増しに評価が高まっている『抗い~』を、氏への追悼の思いを込め
て、特別編成でお届け致します。

なお、今回上映する『抗い~』は、一昨年7月に上映した作品のラストシーンに
大胆な変更を加えるなど、若干の手が加わったもので、特別版として昨年5月に
上映したものです。

 プログラムは、『抗い~』本編の上映を1日3回に留め、連日1時間の追悼枠
を設け、この追悼枠のみ無料でご参加頂けるようにしました。

この追悼枠では、

1、『青空がほしい』の上映

 北九州市職員時代のえいだいさんが戸畑の婦人会と協働して完成させ、公害克
服の原点ともなった作品で、環境ミュージアムなどでも普通に観賞できるのです
が、シアター会場での相応のスクリーンを介して観賞できる機会はほとんどなく、
こうした機会での上映は、一見の価値があるものと考えています。

2,緊急インタビュー映像「えいだいさんへの追悼の言葉~鎌田慧さんほか
(仮)」の上映

3、連日日替わりでのゲストトーク

 えいだいさんの書き残したテーマ自体、かなり多岐にわたっているので、でき
るだけ北九州と関係するお話など、肩肘の張らぬ時間になればと思っています。
西嶋監督が進行役を務めます。

❖「あと10作、あと10作は書きたい」と言い残して旅立った、地元でも知る
人ぞ知る記録作家、林えいだいさんを偲び、また改めてその存在を知って頂く機
会になればと願っています。皆様のご来場を、心よりお待ちしています。

「歴史の教訓に学ばない民族は、結局は自滅の道を歩むしかない」
 林えいだい

*第23回平和・協同ジャーナリスト基金賞大賞

受賞理由

 「…弱者へのあたたかいまなざしを持ちながら、不正な国家権力を弾劾し続け
た林さんの凄まじい執念があますところなく描かれており、今年度の映画・テレ
ビ番組の中で特筆すべき作品」

*第14回EBS国際ドキュメンタリー映画祭(韓国)招待上映
*第20回 ゆふいん文化・記録映画祭招待上映
*第6回 茅ヶ崎映画祭招待上映
*メイシネマ祭’17招待クロージング上映
*アジアフォーカス福岡国際映画祭特別招待上映

◆東田シネマvol.38

1月26日(金)27日(土)28日(日)

※本編上映 10:30 13:30 18:00

・追悼特別企画(連日16:00~17:00)

・会場:北九州市環境ミュージアム内ドームシアター

【ご予約・問合】環境ミュージアム TEL:093-663-6751

◆北方シネマ/2月2日(金)18:30より1回のみ!

〈同時上映〉『青空がほしい』

・会場:北九州市立大学北方キャンパス本館A−101

【ご予約・問合】北方シネマ(竹川研究室)080-6458-1184

❖【入場料】前売1000円(当日1200円/予約可)

その他当日料金 シニア・障害者1000円 大学・高校500円 中学生以下無料

予告編 https://www.youtube.com/watch?v=QaRPGNwUvp4

公式サイト http://aragai-info.net/index.html

公式FB https://www.facebook.com/ARAGAI2017/


※拡散用にチラシのデータを用意しています。ご希望の方はご連絡下さい。

――――――――――――――

★東田シネマ /北方シネマ 今後の上映予定

・vol.39『あるアトリエの100年』

予告編 https://www.youtube.com/watch?v=jsQRMkgGH1k

・vol.40『息の跡』

予告編 https://www.youtube.com/watch?v=HO1Kuel4GXQ

・vol.41『夜間もやってる保育園』

予告編 https://www.youtube.com/watch?v=akL0XxdXVVU

――――――――――――――
本年も話題作、問題作など、ドキュメンタリー映画の上映を続けて参る所存です。
皆様のご支援ご来場を心よりお待ちしています。どうぞよろしくお願い致します。


*本メールは、東田シネマにご来場された方などにお届けしています。

**********************************************

□□架空の"映画館"★東田シネマ□□□

【お問合せ】北九州市環境ミュージアム TEL:093-663-6751

東田シネマHP http://higashidacinema2014.blogspot.jp/

東田シネマツイッター https://twitter.com/higashidacinema

東田シネマFB https://www.facebook.com/higashidacinema/

東田シネマe-mail:higashidacinema at gmail.com

北方シネマHP https://kitagata-cinema.blogspot.jp/

〇東田シネマ
/映画館と自主上映の狭間に位置し、ドキュメンタリー映画の定例上映に向けて、
多様性に富む映画文化の一端を担い、地域との有機的な繋がりと市民参加型の親
和性を志向する、北九州市環境ミュージアム・ドームシアターを軸にした、架空
の“映画館”。

北九州は八幡東田地区に、忽然と顕れるひとときのイリュージョン。さて!

(ここまで)

坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。


CML メーリングリストの案内