[CML 051482] 第2463日目★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2018年 1月 16日 (火) 07:09:21 JST


青柳行信です。2018年1月16日(火)。【転送・転載大歓迎】

☆原発とめよう!九電本店ひろば第2463日目報告☆
     呼びかけ人賛同者1月15日迄合計4421名。
原発とめよう!の輪をひろげる【賛同者】を募っています。
       
★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
     <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:

 青柳さん
Icanのフィン事務局長がアベ氏に会談を申し入れていましたが
アベ氏は時間が取れないと断りました。
逃げたと思いました。 実に情けない日本の首相です。
市民の力をもっと大きくして、野党と協力してアベ政権を打倒しましょう。
あんくるトム工房
ICANからアベ氏逃げる
       http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/4642
       
       
★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ◆『トランクの中の日本』連作の2:
 ☆オダネルさん この子どもたちの瞳には「無核無兵」の希望だけです
        (左門 2018・1・16-2007)
 ※ジョー・オダネル、「子供たちは私に目を向ける様子もなく、ただじっと
 先生の話を注意深く聞いていた。そして先生も私を無視して、授業を続
 けているのであった。疎外感がこみ上げ、私はさっさと写真を撮すとそこ
 を後にした」(94~95頁)。この一途な瞳の少年少女達は私達の同期
 生です。先生のお話しは「原爆も戦争も永久に放棄する」という内容なの
 で、あなたの加害者としての懺悔を超えたものだったのです・・・・
 

★ 福岡の福島久子です。)
  ☆吉岡さん検証委員で脱原発
 ※吉岡斉氏が亡くなられた。
 東京電力福島第一原発事故の政府の事故調査・検証委員会の委員だったが、
 穏やかな口調で脱原発を語り、運動を牽引された。
 長崎の藤田祐幸氏に続き、脱原発の学者をまたひとり失った。


★ 神奈川 菅原 さんから:
 ☆戦争をしないと決めた9条は、次の世代へのプレゼント
 ふるさとの大切さ

以下は、へらずぐち亭誤字脱字さんの句です。
「「国難」の  言葉覚えて  また使い」
「国難と  言えば多くが   だまされる」
「安保法に  憲法合わせる   壊憲案」
「人殺す  能力あるほど  高性能」
「悪い例  真似すりゃたいがい  その通り」
「壊憲は  戦争法に  合わすため」
「いつまでも  「おかみ」と「しもじも」無くならず」


★ ハンナ&マイケル さんから: 
    吉岡氏ご逝去

 1月15日、毎日新聞を開くと「吉岡斉さん死去 ~脱原発運動けん引」の見出
しが、目に飛び込んできました。
64歳、まだこれから、否、原発廃炉が目前に迫っている今まさに、これから日本
に必要な方だったのに。
「巨星墜つ」・・・という言葉が脳内に鳴り響き、眼前に光輝きながら姿を消す
吉岡先生のイメージが浮かびました。

 氏の言葉で一番私の印象に残っているのは、企業特報「I.B」の2012年「新生
する日本」と題された春特集号の、巻頭を飾るインタビュー記事です。
タイトルは「劣った技術を実用化した罪」。福島事故から一年後、九州大学副学
長として、思いのたけを語っておられます。

「あのような劣っている技術を政府が優遇してきたのは、間違いであると思いま
す。政府が優遇しなければ、原子力発電はここまで普及しなかったでしょう。」
福島事故の時は「ひょっとすると、これは東日本一帯が高濃度汚染地域になって、
日本から何千万人の難民が出て、首都圏の経済機能、政治機能が壊滅して、日本
初の世界大恐慌がおこってしまうのではないか」と考えたそうです。

「その可能性はありました。一基でも爆発したら、放射能でほかの5つの原発に
も人が近寄れなくなります。すると残りの原子炉とプールは手が付けられない状
態になってしまい、延々と放射能が出っぱなしになってしまう可能性を考えまし
た。炉外にでてくる放射能の量は、チェルノブイリの数倍になりえました。吉田
所長たち現場の方々は気づいていたようでした。全員退避と言う話も、まさにそ
の考えの下でなされたのです。」
・・・今、引用しながら、当時の切迫した状況が蘇り、心拍数が上がってしまい
ました。

吉岡先生のお姿で、一番に思い出すのは、2013年、舞鶴公園に再び1万人が結集
した「さよなら原発!九州沖縄集会」での壇上。
テントや原発関係の裁判などでお見かけした折も、偉い方なのに、気さくに私た
ちをねぎらってお声をかけて下さる、腰の低い方でした。

御遺志を継いで、私たちも微力ながら原発廃炉まで、闘い続けたいと思います。
とりあえずは2月6日の九電交渉に、結集ですね!テント設置は、いつもより
1時間早い9時からとか、早起きできる方はどうぞ!

※ 九電交渉の日程 ※どなたでも参加よろしくお願いします。
2月6日(火曜日)10時~12時。

●九州電力に提出した公開質問状● 
http://tinyurl.com/y9p3nwa9

 2月6日 当日の流れ、

9時  ひろばテント立ち上げを開始する。
9時30分 公開質問状担当者打合せ、
9時45分  一般参加者集合、入場開始  


★ 川崎陽子(在欧環境ジャーナリスト) さんから:
青柳さん、
先日は「さよなら原発!福岡」の例会に飛び入り参加させていただき、ありがと
うございました!
皆さんの真摯で粘り強い活動内容を知ることができて、とても励まされました。
私はドイツの「さよなら原発デュッセルドルフ」に参加しており、
活動内容はこちらです。https://www.sayonara-genpatsu.de/

国会議員とつながって協働する、もしくは協働できる仲間を国会議員に選ぶこと
は、とても重要なことだと思います。

岡山では、「安保法制の廃止と立憲主義の回復をもとめるおかやまいっぽんの
会」が、安倍政治に反対し、市民と野党の共闘による「一人ひとりの『いのち』
が守られる政治、憲法を守る政治」への転換を求め、「市民による政策提案」の
取り組みを進めているそうです。
私は今、主に被ばく問題に取り組んでおり、原子力エネルギーの利用は「いの
ち」や「生活基盤」が守られず憲法違反だと考えているので、岡山のような動き
が全国に拡がっていくことを願っています。


★ 西岡由香 さんから:
    ノーベル平和賞受賞講演報告

青柳さま

こんにちは。先日は「愛のまち」をお買い上げくださって
ありがとうございました。
今日、新聞に吉岡斉先生の訃報が載っていました。残念です・・
ご冥福をお祈りいたします。

 13日、長崎の原爆資料館で開かれた「ノーベル平和賞受賞記念特別市民セミ
ナー」に行ってきました。
主催は長崎大学。ICANのベアトリス・フィン事務局長は
スウェーデン出身の35歳、お話が明確で崇高で、素晴らしかったです…

「核の被害を、世界に忘れさせないために真実を語り続けてくれて感謝します」
というお礼の言葉から始まって、

「核被害に国境がない以上、すべての人が当事者」
「核が使われた後、苦難が始まることはヒロシマ・ナガサキが証明している。
そもそも核の開発途中で被ばく者が生まれており、被害や破壊をもって平和を
保つことはできない」

「ナガサキは(核を作ってしまった)人類の醜態と(復活の)希望を体現している。
長崎の皆様は、核廃絶という物語を描く中で欠かせない役者なのです」

「理想主義者と呼ばれるなら、喜んでそう呼ばれたい。(ゲバラの言葉だー)
時代の節目において理想主義者は、人類の側において求められるものなのです。
手をこまねいているわけにはいかない」

「自分を守るために核兵器を他者に落とすことができますか?」
「核廃絶はみんなが不可能と言っていたけれど、核兵器禁止条約が採択された。
それは草の根の力です。皆の声が、牾吠軸錣藁呂両歡Г任覆恥ずべきものだ
と示したのです」

「禁止条約はやがて、核の材料に投資しない、等の経済界の変化をもたらす
でしょう」
「アメリカが牾砲両型化瓩鮓世辰討い泙垢、現在の核兵器は広島型の約70倍。
つまりアメリカのいう狆型核爆弾瓩箸蝋島・長崎型原爆と同じなのです」
そして、こう結びました。

「恐怖の反対は犂望瓠私は、かつてないほど希望を持っています。私たちは、
良心と希望の合唱で核廃絶を見届けることができるでしょう」。

その後、外務省の方も加わってのシンポジウム。

核の傘の下での核抑止力を重視する外務省の方との議論は、平行線をたどり
ながらも共通点をみつける対話でもありました。共通しているのは「核廃絶」、
「核は使われてはいけない」こと。客席から見ていると、外務省の方は発言の
間ずっとせわしなく足を動かしていました。彼も本音は違っていたのかもしれ
ません。

フィン事務局長の凛とした発言に、客席からも質問が相次ぎました。「若者は
何をすれば?」「北の行動をどうすれば?」「ネット署名を活用すれば?」
「団体はICANに合流を」
ん・・?

確かにICANの活動はすごい。でもICAN頼みになるのは違うと思いました。
長崎平和研究所の所長だった故・鎌田定夫先生の言葉を思い出します。

「平和という山を登るのに登り口はいくつもある」。
ICANがつくってくれた大きく力強い道をいくのも大切。でも、その国で、
町で、若者、被爆者、それぞれの立場の人たちが登れる道を進むこと。それが
全体として大きな力になるのでしょう。

 ライトに照らされているホールの檀上だけでなく、客席も、この場にいない人
もみんなが、この核時代の当事者であり、主役なのだから・・
いつか、核兵器がなくなったとき、みんなで集まって喜びあいたいな。
先に逝ったたくさんの被爆者の方たちもいっしょに・・。


★ 大賀和男(毎日新聞OB) さんから:
    お久しぶり

 青柳行信様へ

 相変わらずのご活躍ぶり、このメール、新聞報道、その他まさまざまな形で拝
見しております。
 私もその後、「人生いろいろ」を地で行く人生を歩きつつあります。多忙にて
反原発行動には参加できておりませんが、気持ちは同じです。先日、知人の栗山
先生の名前が出ていましたので、私も報告してみようかという思いになりました。
 私は現在、長崎の本島等・元長崎市長が代表されていた中国人原爆犠牲者追悼
碑維持管理委員会と中国人強制連行裁判を支援する会の代表を昨年から務め、新
たな大任を背負う人生を歩き始めています。それ以前から福岡市日中友好協会理
事や九州沖縄平和教育研究所、岡まさはる記念長崎平和資料館の運営に参加して
いましたので、七転八倒の❝終活人生❞なのです。
 昨年末は中国人強制連行裁判の原告遺族2人を中国から福岡に招き、長崎の運
営委員3人、東京の弁護士を迎え、三菱マテリアルとの和解後の諸課題(和解金
の交付方式、慰霊碑建立問題等々)について協議したところです。
 毎年7月(日本が中国侵略を始めた盧溝橋事件)には長崎平和公園に9年前に
建立した中国人原爆犠牲者追悼碑前で追悼式を開いています。
 あの長崎平和公園には長崎刑務所浦上支所があり、中国から強制連行されて長
崎の炭鉱に働いていて刑務所に入れられ、そこで13人が爆死しているのです。
「日本の戦争加害責任」を問い続けた本島等・元長崎市長の呼びかけで全国の有
志が寄付して建立したものです。記者時代から長い付き合いがあった私も参加し
ました。その本島市長から、中国の書家から碑建立のお礼に贈られた「和」と大
書された掛け軸を「わい(わし)が死んだら値打ちもんになるとぞ」と、言って
私に託されたのです。
 話せば長くなります。
 3年前には母校・長崎大学にアジア留学生奨学基金を学生運動仲間と設立しま
した。「人生最後の社会的仕事をしよう。平和のため何かを残そう」と呼びかけ
たところ、30数名から1,800万円が寄せられ、現在、中国6人、ベトナム
2人、韓国、タイ各1人の計10人に月々2万円を給付しています。
 青柳さんも私も同世代。知りあいになって長いですが、健康には留意していき
ましょう。本島さんはママ92歳まで頑張りました。まだ20年あります。活動
の領域は違いますが共に頑張りましょう。
 私たち夫妻は月1日、知的障がい者を対象にボランティア活動をしています。
日曜日に5人がやって来て、地域の方々からいただいたアルミ缶をプレス、納品
し収益でレストラン食事会するものです。地域約70世帯に「アルミ缶を下さ
い」とチラシを配るのですが、内容は私の社会的主張です。それでも地域の方々
は新春のお年玉を下さったり、激励の言葉を受けたりと、優しさいっぱいです。
そのチラシを添付します。
 アルミ缶回収チラシ・11月号【17・11・5(日曜日)】
https://tinyurl.com/y8xse5a6

 アルミ缶回収チラシ・12月号【17・12・17(日曜日)】
https://tinyurl.com/y74z47uy

 もう一つ。私が所属する「言論の自由と知る権利を守る長崎市民の会」の会報
新年後に投稿したコラム原稿も添付します。

「日本よ、お前もか」~軍拡・軍事強国への野望 
https://tinyurl.com/yda9nbu7

   2018年1月15日 元毎日新聞記者 大賀 和男


★ 田中一郎 さんから:
「原発・原子力の出鱈目てんこ盛り」シリーズ再開(73):昨今の放射線被曝を
めぐる議論(その2) いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/73-afe6.html


★ 宮崎・黒木和也 さんから:

*森友・加計・準強かん・スパコン・リニア “アベ友五大疑惑”の追及続く
週刊金曜日 1/15(月) 17:14配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180115-00010000-kinyobi-soci

*袋小路の核燃サイクル 中間貯蔵施設も視界不良 審査申請から4年/青森
デーリー東北新聞社 1/15(月) 10:54配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180115-00010002-dtohoku-bus_all

*再生エネ「日本の遅れ深刻」河野氏が異例の批判
読売新聞 1/15(月) 10:41配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-00050109-yom-pol

*<日米原子力協定>自動延長確定へ 日米、見直し議論せず
毎日新聞 1/15(月) 23:57配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180115-00000111-mai-int

*「経産省」「日経新聞」はなぜ経歴詐称「内閣府参与」を持ち上げたか
デイリー新潮 1/15(月) 5:57配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180115-00535902-shincho-soci

*「再稼働」是非を問う 12月の県議選に注目 今年の県内選挙
東京新聞【茨城】 2018年1月15日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/list/201801/CK2018011502000145.html

*安倍政権で改憲、反対54% 9条に自衛隊、反対52% 共同世論調査
東京新聞 2018年1月15日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201801/CK2018011502000130.html

*原発ゼロ法案 ネット活用 立民、前文を市民と作る
東京新聞 2018年1月15日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201801/CK2018011502000131.html

*子ども食堂 一緒に味わい楽しもう
東京新聞 【社説】 2018年1月15日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2018011502000152.html

*たばこ原因 医療費1.5兆円 受動喫煙で3200億円
東京新聞 2018年1月15日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201801/CK2018011502000227.html


前田 朗
ヘイト・クライム禁止法(144)スペイン
http://maeda-akira.blogspot.jp/2018/01/blog-post_15.html


---集会等のお知らせ------

●「原発なくす蔵(ぞう) ☆全国原発関連情報☆」●
ホームぺージ http://npg.boo.jp/   

●九州電力 回答日 2月6日(火)10:00~12:00●
九州電力に提出した公開質問状
http://tinyurl.com/y9p3nwa9

●玄海原発再稼働反対!●
https://tinyurl.com/y6wrrs2d

●「玄海原発の再稼働になぜ反対するのか!」●
http://tinyurl.com/zokzgym

●福岡県総がかり実行委員会 全体会議●
日時:1月20日(土)18時~ 
場所: ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)研修室
 福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)
  地図 http://www.kenkou-support.jp/access/

●「2018年 非核と平和のつどい in福岡」第二回実行委員会●
日 時: 1月27日(土)17:30~
場 所: 福岡県民主医療機関連合会 会議室
       福岡市博多区博多駅前1丁目19-3 博多小松ビル2階
         電話 092-483-0431  
      地図 https://tinyurl.com/y7ww4q8q
連絡先・事務局 柴田雅子
 電話 092-483-0431 FAX 092-483-0435
   Eメール shibata at f-kenren.or.jp
青柳コメント: https://tinyurl.com/ybphta56

●市民連合ふくおか「市民憲法講座」第20回
「憲法について語りあおう」
日  時: 1月31日(水)18:30~     
発題者:石川捷治(九州大学学名誉教授・政治史研究者)
テーマ:改憲をめぐる今日の政治状況
場  所:ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)
    地図 http://www.kenkou-support.jp/access/
  案内チラシ https://tinyurl.com/y92q4wo6
  
●さよなら原発! 福岡 例会●
日時:2月13日(火)18時30分~ 
場所:ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)
 福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)
      地図 http://www.kenkou-support.jp/access/

●市民連合ふくおか「市民憲法講座」第21回
「憲法について語りあおう」
日  時:2月23日(金)18:30~     
発題者:石村 善治(福岡大学名誉教授・憲法研究者)
テーマ: 天 皇 制 の 歴 史
    大逆(幸徳)事件から現代まで
場  所:ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)
    地図 http://www.kenkou-support.jp/access/
  案内チラシ https://tinyurl.com/y97g8euj
  
●【市民連合ふくおか・会員募集】●
http://tinyurl.com/jpufydg

●「原発なくす蔵(ぞう) ☆全国原発関連情報☆」●
ホームぺージ http://npg.boo.jp/   
設立趣旨文 http://npg.boo.jp/info/syusi.pdf
皆さまの所で、今、どこで、どんな運動が展開されているのか
「原発なくす蔵」のメールアドレス info at npg.boo.jp  まで
情報をお寄せください。
原則として1週間ごと月曜日に更新します。

●『安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名』にご協力を●
 ■署名用紙はこちらから⇒ http://kaikenno.com/
 ●インターネット署名も開始しています。
  http://chn.ge/2hb7FxY または https://goo.gl/cfTkRA 
  
●第7回口頭弁論: 2月28日(水) 13:30●
 (川内原発行政訴訟)第7回口頭弁論 福岡地裁301号
「川内原発設置変更許可取消請求訴訟」
  (13:00から15分間 門前集会  その後に入廷)
傍聴ご参加よろしくお願いします
  第8回口頭弁論: 2018年5月30日(水) 13:30

第6回口頭弁論
プレスリリース(川内行訴)
http://tinyurl.com/yb2za8wm
川内行訴_期日の概要Ver3 
https://tinyurl.com/y8bequmo

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」原告団・弁護団●
URL:http://no-genpatsu.main.jp/
 第25回回口頭弁論: 5月11日(金)
 模擬法廷・報告集会は佐賀県立美術館ホール

【玄海原発3・4号機再稼働差止仮処分】
申立書はコチラ
→ http://no-genpatsu.main.jp/download/karisyobunmousitate.pdf

○-----------------------------○
      ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆              
          午前10時から午後3時。(火・木曜 開設)
           (月・水・金・土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
       場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
     地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
         ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
        <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

●<私の>●
裁判意見陳述書 http://tinyurl.com/h46otep
facebook: http://tinyurl.com/pytdluz
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/
ホームページ http://sayonaragenpatu.jimdo.com/
Skype blueskyao1
☆活動・報告メルマガ★原発とめよう!九電本店前ひろば★
へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致します。
郵便振込 加入者名 さよなら原発!福岡 
口座番号 01770-5-71599 

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
     青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************



CML メーリングリストの案内