[CML 051808] 第2501日目★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2018年 2月 23日 (金) 07:28:40 JST


青柳行信です。2018年2月23日(金)。【転送・転載大歓迎】

☆原発とめよう!九電本店ひろば第2501日目報告☆
     呼びかけ人賛同者2月22日迄合計4421名。
原発とめよう!の輪をひろげる【賛同者】を募っています。
       
★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
     <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:
           
 青柳さん

今回の「風邪」はなかなか手ごわいです。
医者によると風邪の菌がおなかに入ったのだろうとのこと。
すっきりしません。
日本の働き方の国会のやり取りを聞いていると、アベ政権の
やりかたはデタラメですね。117件ものデタラメデータを資料として
国会に提出しているのですから。
2月の7日に新聞で見たドイツの時間短縮の動きとは大違いです。
あんくるトム工房
日本の働き方  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/4688
 

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
  ☆「福音派」よイエスの言葉を守りなさい 「あなたの剣を鞘に収めよ」
         (左門 2018・2・23-2015)
 ※自然的・合理的・科学的・人間的・平和的な認識・判断・行動を「聖書
 的でない=福音的でない」と全否定する反知性主義的キリスト教である
 福音派が銃社会を肯定する主流派だ。市民のプラカードに 「MAKE 
 AMERICA SAFE AGAIN!」とありますが、「FIRST」と
 すべきです。
 「植民以来まだ1度も安全であったことは無い」のですから。
  

★ 福岡の福島久子 さんから:
  ☆ギャンブルの入場料を対策費に
 ※政府がカジノを奨励するとは何ごとだと思っていたら、
 入場料を取ってそれを依存症の対策費にするんだって。
 おかしな話だ。
 依存症になるのが分かっているのなら、カジノを奨励するよりも、
 させないようにするのが筋ではないかと思うけど。
  

★ 神奈川 菅原 さんから:
  ☆積み上げた段ボールが傾いていたら、倒れる
  危険性は誰でもわかる。
 地震多発の火山国で、把握しきれないほどの配管
 を持つ原発の危険性は素人でも想像がつく。

以下は、へらずぐち亭誤字脱字さんの句です。
「核のゴミ  推進派様  まずどうぞ」
  

★ ギャー さんから:
「見いつけた」

一人ぼっちだと思ってた
夜の闇の中で
ぼくはきみのぬくもりと
出会ってしましたよ
きみはお月さんを指さして
「わあ、きれい」と言った
ぼくは月を見上げて
きみの顔が
お月さんより輝いているのを
見いつけた


★ 松田奈津子(さくら共同法律事務所の弁護士河合弘之の担当) さんから:

河合が共同代表を務めます川内原発行政訴訟弁護団より、第7回口頭弁論期日に
ついてご案内いたします。プレスリリース内容 https://tinyurl.com/y7lmqer2

川内原発行政訴訟(設置変更許可処分取消訴訟)
第7回口頭弁論期日

2018年2月28日(水)
13:00頃 門前集会 原告・弁護団によるアピール 
          福岡地方裁判所前 裁判所入廷行動
13:30~ 第7回口頭弁論論期日(301号法廷)

14:30頃(口頭弁論期日、進行協議終了後)~記者会見・報告集会
  出席:弁護団(河合弘之、中野宏典)・原告団
会場:日本基督教団 福岡中部教会(福岡市中央区大名2-4-36、赤坂駅近く)  
http://qsyu.tank.jp/fukuokachiku/fukuokachubu.htm

問合先:原告団事務局長 青柳080-6420-6211/
さくら共同法律事務所03-5511-4386(河合)

川内原子力発電所は、過去に何度も火砕流が到達したと見られる場所に立地して
おり、火山活動による事故のリスクが世界一高い原発であることは間違いありま
せん。
熊本大地震による原発への影響も懸念されています。
一昨年の4月6日、福岡高等裁判所宮崎支部は、川内原子力発電所の差止めを求
める仮処分命令申立事件に関し、抗告棄却の決定(差止めを認めない決定)を出
しましたが、決定の理由中では、住民側の主張する火山ガイドの不合理性、過去
に火砕流が到達した原発は原則として立地不適であること、非常用ディーゼル発
電機のフィルターの目詰まりに関して火山灰の大気中濃度の想定が10倍以上の
過小評価の疑いがあること等、正当な認定がなされました。
上記認定を主な取消事由として、川内原発の設置変更許可に対する異議申立人の
方々が原告として、6月10日付けで、設置変更許可処分の取消訴訟を福岡地方
裁判所に提起しました。新規制基準による適合性審査処分に対する、初めての取
消訴訟となりました。

前回11月29日の第6回の口頭弁論期日では、住民側は違法性判断の基準時は
処分時であり、処分の違法性は明らかであることや、本件では瑕疵は治癒しない
こと、及び被告提出の小林報告書に関し、小林説は適合性審査においてまったく
参照されないどころか、単なる仮説に過ぎず、確立された知見からはほど遠いこ
とを主張し、設置変更許可処分は直ちに取り消されるべきであると、改めて早期
結審を迫りました。

いよいよ第7回口頭弁論期日を迎えます(倉澤守春裁判長)。
昨年12月13日には広島高裁が伊方原発の運転の差止め仮処分を命じました。
この決定により、火山事象、特に火砕物密度流(火砕流)に対する安全性に関し
ては、実質的には、住民側の4勝1敗という状況になりました。
火山事象について原子力規制委員会の定めた基準が不合理であり、適合性審査を
経た原発の安全性が確保されていないことは、少なくとも川内原発や伊方原発な
ど、九州地方周辺に所在する原発については明白といえます。
被告が提出した大倉報告書は、火山学の限界に敢えて目を瞑った上で、報告書作
成の注文者である原子力規制庁の意向にしたがって強引に「大規模なカルデラ噴
火が起こるような状態ではない」という結論を示したものに過ぎず、科学的で信
頼性の高い評価とは到底言えないものです。
裁判所は何ら惑わされる必要は無いと、住民側は強く結審を迫ります。

期日終了後、記者会見と報告集会を予定しております。


★ 青木幸雄(宮崎の自然と未来を守る会)さんから:
青柳さん お疲れさま。3.11の案内です。

●原発いらない!3.11宮崎いのちの広場
2018年3月11日(日)14時~《雨天決行》(14時前にはプレコーラスなども)
橘公園(宮崎市役所前広場)
集 会:14時~15時(黙祷14:46)
パレード:15時から(会場~橘通~九電前~二葉公園)
主催:3.11宮崎いのちの広場実行委員会
連絡先:080-5272-2587/090-9682-3484

案内チラシ
http://www.miyazaki-catv.ne.jp/~sizenmirai/siryo/2018-inochinohiroba1.
png
http://www.miyazaki-catv.ne.jp/~sizenmirai/siryo/2018-inochinohiroba2.
png


★ 黒田節子@原発いらない福島の女たち さんから:

『第7回 原発いらない地球(いのち)のつどい』
案内チラシhttps://tinyurl.com/y8uwnv6l

原発事故から早くも7年が過ぎました。 福島は、「復興」の大きなうねりの中
にあります。 そしてみなさん、ご存じでしょうか。 県内各地に作られた焼却施
設で放射性ゴミが燃やされ、 汚染木材を使用したバイオマス発電まで始まろう
としています。 リスクの説明もないまま、私たちは二次被曝に晒されようとし
ています。 福島はどこへ向かうのでしょうか。

一人ひとりが、現状を知り、考え、行動していかねばなりません。 
会場で、福島の「今」と「未来」を一緒に語り合ってみませんか。

問題提起/ 「汚染木材を燃やしていいのか︕ 田村市バイオマス発電を問う」
     和田央子さん (放射能ゴミ焼却を考えるふくしま連絡会)
日時/2018年3月11日(日)
     ★全体集会 13:20~15:05  ★デモ行進 15:30~16:10
会場/福島市市民会館(福島市霞町1-52) 駐車場100台、
    福島駅から徒歩20分、市内循環バス「附属小学校前」徒歩1分
主催/原発いらない福島の女たち   協力/スリー・ノンの女たち
連絡/080-3190-7368 、fukushima.onna at gmail.comhttp://fukushima311onna.blog.fc2.com/


★ ~地域の未来を考える会~ さんから:
●吉原毅講演会 「地域経済発展への処方箋」●
~もし今、すべて、再生可能エネルギーにシフトできたら 
    どうなる私達のくらし、どうなる私達のふるさと~

案内チラシ https://tinyurl.com/yb7nw8x6

日時 3月21日(水・祝)開場12:30 開演13;00~16:00(終)
場所 薩摩川内国際交流センターコンベンションホール
講演と同時上映『日本と再生』(ダイジェスト版 河合弘之監督)
主催 ~地域の未来を考える会~
賛同団体(2月1日現在)
薩摩川内未来塾 拉致被害者を支援する会 グリーンコープかごしま生活協同組
合 永照寺 善福寺 真宗大谷派浄泉寺 日本キリスト教団串木野教会
立正佼成会川内教会 冠嶽山鎮國寺 社会福祉法人麦 の芽福祉会薩摩川内地域本部
鹿児島県労連 hamatacos 蓬莱塾


★ たんぽぽ舎 さんから:
紹介内容全文こちら⇒https://tinyurl.com/y8g57pu4
【TMM:No3297】
2018年2月22日(木)地震と原発事故情報-
    5つの情報をお知らせします
 
1.活発化する火山活動 噴火予知はなぜ難しいのか? (上)
    富士山や箱根山もいつ噴火してもおかしくない活火山です
    島村英紀(地球物理学者、武蔵野学院大学特任教授)
2.<経産省>送電線の運用柔軟化へ 再生エネ導入拡大目指す…ほか
     メルマガ読者からの原発等情報2つ(抜粋)
    黒木和也 (宮崎県在住)
3.国の避難指針事実上破綻-柏崎原発住民調査…
     メルマガ読者からの「新潟日報」情報1つ(抜粋)
    金子 通 (たんぽぽ舎会員)
4.安倍首相、米韓演習を要請し、和平を目指す文大統領から
   「内政干渉」と反発される
     北朝鮮との和平のために核廃絶と日本国憲法が大切
    清水 寛(「なの花の会」世話人、たんぽぽ舎会員)
5.新聞・雑誌より3つ
  ◆研究者は…「避難指示解除」→安全とは違う
   帰還「行政が決めるな」 原発事故7年飯舘村テーマにシンポ
   「年20ミリシーベルト」めぐる不条理
   被害者目線で「策講じるべき」
   村民の思いは…「コミュニティーまた壊される」
   「加害者の立場 東電わかってない」
    (2月22日東京新聞朝刊28-29面「核心」より抜粋)
  ◆関電の青森「中間貯蔵計画」に地元激怒
   脇の甘い岩根社長が負担する「代償」
    (選択2018年2月号より)
  ◆事実に反する“イメージ”流されてはいけない
    藻谷浩介(日本総合研究所主席研究員)
     (2月11日毎日新聞より抜粋)
    

★ 宮崎・黒木和也 さんから:

*金子兜太氏死去 平和の俳句たたえつつ
東京新聞 【社説】 2018年2月22日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2018022202000182.html

*安定ヨウ素剤 障害者ら対象に5月から事前配布へ
MBC南日本放送 2/22(木) 19:16配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180222-00028179-mbcnewsv-l46

*大杉漣さんが、原発事故を取り上げた「NHKスペシャル」に出演
ザテレビジョン 2/22(木) 18:46配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180222-00138345-the_tv-ent

*原電、敦賀3・4号機の予定地貸与=関電の資材置き場に
時事通信 2/22(木) 17:00配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180222-00000092-jij-bus_all

*高レベル放射性廃棄物「核のゴミ」説明会が再開
ホウドウキョク 2/22(木) 14:45配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180222-00010005-houdoukvq-soci

*2年契約の更新切れで争奪戦。電力自由化、押し寄せる淘汰の波
ニュースイッチ 2/22(木) 12:05配信 
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180222-00010005-newswitch-ind 

*室井佑月「意思は一緒、行動がちゃう」〈週刊朝日〉
AERA dot. 2/22(木) 11:30配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180221-00000016-sasahi-kr 

*核ごみ説明会を再開 謝礼問題 「変わっていない」「対話の枠組みを」
東京新聞 2018年2月22日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201802/CK2018022202000133.html

*裁量労働制 疑問は一層深まった
東京新聞 【社説】 2018年2月22日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2018022202000181.html


★ 田中一郎 さんから:
●東京新聞 全原発 廃炉決定5年以内 立民のゼロ法案 
全容判明 政治(TOKYO Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201802/
CK2018022102000113.html

(田中一郎コメント)
民主党・民進党の時代よりはずいぶんと「進歩」したと言えます。細かいことよ
りも脱原発へ向けての立憲民主党の政治家たちの覚悟と知恵が問われます。急が
ないと福島第1原発事故以上の原発・核燃料サイクル施設過酷事故は必至です。
核燃料サイクル施設や加圧水型原子炉の過酷事故は、福島第1原発のような沸騰
水型原子炉の過酷事故よりも、おそらくひどいことになるでしょう。

この新聞報道から懸念されることは、

(1)5年間のインターバルがあること(その間に政権交代があったりすると水
疱に帰す可能性大、何故、不可逆的な形で即時廃棄(=法的に原発・核燃料サイ
クルを禁止・廃棄にするということ)にしないのか疑問に思います)

(2)5年間のインターバルがあるということなら、その間は、今現在新規建設
ないしは新規稼働が強引に進められている次のような原発・核燃料サイクル施設
については、当然ながらSTOPがかかると見ていいのでしょうか(大間原発、
上関原発、島根原発3号機、東北電力東通原発2号機、東京電力東通原発1・2
号機、高速(増殖)炉開発、核融合炉)。これらはいずれも旧民主党政権時代に
は新規建設ないしは新規稼働がOKとされていました。

(3)原発ゼロ法案は基本法なので、それを具体化する法案が必要ですが、そこ
で骨抜きになる可能性もあります(「子ども・被災者支援法」がそうであったよ
うに)

(4)原子力規制委員会・規制庁の解体をはじめ原子力ムラの「解体」と「公職
追放」がないので、政権内部からの強烈な巻き返しが予想され、立憲民主党がそ
れに持ちこたえられるかどうかが心配=経済産業省をヘッドとする原子力ムラ権
力を甘く見ない方がいい

各論上の問題は、下記で私が申し上げていることに立憲民主党の脱原発政策がど
れだけ近づいて行けるかです。今後とも厳しい目で見ていきましょう。

●(報告)(新ちょぼゼミ 「オルタナティブな日本を目指して」第3回企画)
討論集会:脱原発ロードマップと新エネルギー政策 当日録画 & レジメ(2017
年9月7日) いちろうちゃんのブログ
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/201797-9b54.html

(関連)脱原発ロードマップ(素案)(拡充修正版)(2017年9月7日)
http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/files/datugenpatu_roadmap.
pdf

(みなさまへ)
 脱原発ロードマップに関する勉強会をいたしませんか? 私にお声をかけてい
ただければ何処へでも行きます。私からいろいろと論点をお示しできると思いま
す(上記VTRなど参照)。もちろん講師謝礼など一切の費用は必要ありません。
ホンモノの脱原発ロードマップとはどういうものか・どうあらねばならないか、
ご一緒に考えましょう。


★ 中西正之 さんから:
<環境エネルギー・水素戦略について>

「日本科学者会議学術関連情報1801科学・技術、学術政策をめぐる主な動き
180204←さいとうの」の情報です。
◆180118 http://www8.cao.go.jp/cstp/gaiyo/yusikisha/20180118.html

環境エネルギー・水素戦略内閣府ホーム > 内閣府の政策 > 総合科学技術・イノ
ベーション会議 > 専門調査会・懇談会等 > 科学技術政策担当大臣等政務三役と
総合科学技術・イノベーション会議有識者議員との会合(平成29年度) > 平成
30年1月18日 場所 中央合同庁舎第8号館 8階特別大会議室
議題 環境エネルギー・水素戦略
資料1環境エネルギー分野における科学技術・イノベーション政策について
資料2政策討議「環境エネルギー・水素戦略」補足説明資料
資料3環境エネルギー分野に関係する主な計画・戦略
資料4主な技術分野の研究開発に係るこれまでの取組状況
資料5環境エネルギー分野におけるSociety5.0の実現に向けた各省庁の取組
この資料を見ると、COP(気候変動枠組条約締約国会議)にたいする日本政府の
総合科学・技術対応が検討されているようです。
日本のエネルギー技術の到達点を知るうえで良い資料と思われます。


★ HOSHINO MASAKI さんから:

第121回 市民憲法講座
国際NGOの現場で考える憲法第9条

お話:長谷部 貴俊さん
    (JVC 日本国際ボランティアセンター事務局長)
 
安倍首相は「憲法改正」について強い意欲を示し
自民党は年内にも改憲案を国会発議を目指すと言われています。
「北朝鮮の脅威」や「テロとの戦い」が煽られ
国際的には紛争や難民の問題が深刻化する中、
憲法9条の持つ意味があらためて重要になっています。

今回の講座ではイラク、アフガニスタン、カンボジアなどでの
支援活動を通じて「武力によらない平和」をつくるための活動を
実践してきたJVCの長谷部さんからお話をうかがいます。
ぜひご参加下さい。

日時:2018年2月24日(土)6時半開始
場所:文京区民センター 2階A会議室
(都営地下鉄三田線「春日駅」A2出口上)
http://www.city.bunkyo.lg.jp/gmap/detail.php?id=1754
参加費:800円
主催◆許すな!憲法改悪・市民連絡会
東京都千代田区三崎町2-21-6-301
03-3221-4668
http://web-saiyuki.net/kenpoh/


★ 松岡 さんから:
<book18-14『憲法を獲得する人びと』(田中伸尚)>

ある必要があって田中伸尚著『憲法を獲得する人びと』(2002年、岩波書
店)
を読んだ。その目的が果たせないとあきらかけて、他の項で靖国訴訟でお世話に
なった靖国訴訟事務局の徐翠珍さん、同弁護団の加島宏さん、同原告の僧侶の菅
原龍憲さんのドキュメントを読み、あらためて運動への関わりの歴史(自分史)
を知り、感慨深かった。さらに長崎で朝鮮人被爆者の調査を続けられた牧師・故
岡正治さんのドキュメントに入り、当初の目的が果たせた。岡さんには私が現職
だった頃の長崎修学旅行でお世話になったが、その翌年に急逝されたという思い
出がある。翌年出た「追悼集」に私と私の教え子も書いている。岡さんの項でた
どり着いたのは、4月に「靖国文集」の調査長崎に行く予定だが、その時連絡を
つけたい人(被爆教職員2世の会の方)の名前が見つかったことだった。アポを
取ろうと思う。この本では全部で12人の「憲法を獲得する人びと」が登場する
のだけれど、今書いた4人の人以外に知っている人がいるので、読んで見ようと
思っている。


★ 日本カトリック正義と平和協議会 さんから:
、日本カトリック司教団より、安倍晋三内閣総理大臣あてに、天皇の退位と即位
に際しての政教分離に関する要望書が送られましたので、お知らせいたします。
   *
天皇の退位と即位に際しての政教分離に関する要望書

内閣総理大臣
安倍 晋三 様

 2019年4月30日に今上天皇が退位され、翌5月1日に新天皇が即位されます。
 前回の天皇逝去と即位に際しては、皇室の私的宗教行事である大嘗祭を「宗教
色はあるが公的性格をもつ皇室行事である」として、それに国費を支出し、三権
の長が出席しました。また国事行為である即位の礼にも宗教的伝統を導入しまし
た。これらは日本国憲法の政教分離原則にそぐわないと考えます。
 そして昨日の報道によると、今回の大嘗祭においても前回を踏襲する方針が示
されました。私たちはそれを大変遺憾に思います。 
 日本国憲法の政教分離(憲法第20条)の原則は、日本がかつて天皇を中心とし
た国家神道のもとで戦争を行い、アジアの人々をはじめ世界の多くの人々の人権
と平和を侵害した歴史への反省から生まれたものです。この不幸な歴史を決して
忘れず、同じ轍を踏まないようにする責任を日本政府は負っています。
 そのために、私たちは次のとおり要望いたします。

 「天皇の退位と即位に関する一連の行事にあたって、日本国憲法が定める政教
分離原則を厳守し、国事行為と皇室の私的宗教行事である皇室祭祀の区別を明確
にすること」

CBCJL18-17
2018 年2月22日

日本カトリック司教協議会 司教団
髙見 三明/前田 万葉/菊地 功/岡田 武夫/大塚 喜直/
梅村 昌弘/松浦 悟郎/宮原 良治/幸田 和生/郡山 健次郎/
平賀 徹夫/諏訪 榮治郎/浜口 末男/勝谷 太治/白浜 満/W・バーント

こちらからもご覧になれます。
https://www.cbcj.catholic.jp/2018/02/22/16275/


---集会等のお知らせ------

●「原発なくす蔵(ぞう) ☆全国原発関連情報☆」●
ホームぺージ http://npg.boo.jp/   

●市民連合ふくおか「市民憲法講座」第21回●
「憲法について語りあおう」
日  時:2月23日(金)18:30~     
発題者:石村 善治(福岡大学名誉教授・憲法研究者)
テーマ: 天 皇 制 の 歴 史
    大逆(幸徳)事件から現代まで
場  所:ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)
        地図 http://www.kenkou-support.jp/access/
案内チラシ https://tinyurl.com/y97g8euj
幸徳事件 一口メモ
https://tinyurl.com/ycvhuvge

●第7回口頭弁論: 2月28日(水) 13:30●
プレスリリース内容 https://tinyurl.com/y7lmqer2

 (川内原発行政訴訟)第7回口頭弁論 福岡地裁301号
「川内原発設置変更許可取消請求訴訟」
  (13:00から15分間 門前集会  その後に入廷)
案内チラシとハガキお願い https://tinyurl.com/yd5vnnvp

裁判後の報告会
日 時: 2月28日(水)14:30~
場 所: 福岡中部教会
(福岡市中央区大名2-4-36 地下鉄・赤坂そ亳から徒歩 3分)
地図 https://tinyurl.com/yar3wd28

●さよなら原発! 福岡 例会●
日時:3月5日(月) 18時30分~ 
場所:ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)交流室
 福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)
      地図 http://www.kenkou-support.jp/access/

●3.18 いのちと暮らしを守る福岡県集会●
日  時: 3月18日(日)13時~ 
  ゲスト・スピーカー 糸数慶子さん
 (参議院議員 会派「沖縄の風」代表)
場 所: 冷泉公園(福岡市博多区上川端7) 
      地図 https://tinyurl.com/yc5qyu23
主  催: 福岡県総がかり実行委員会
連絡先: ひろば・テント080-6420-6211(青柳)

5000人のどなたでも参加しての集会です。
3.18集会チラシ
表 https://tinyurl.com/ycpchpvthttps://tinyurl.com/y7x58bg8

●市民連合ふくおか「市民憲法講座」第22回●
「憲法について語りあおう」
日  時:3月23日(金)18:30~  
コメンテーター:出水薫(九州大学大学院法学研究院教授)
発題者:小幡あゆみ(九州大学大学院法学府院生)
テーマ: 相模原事件から考える社会と憲法
場  所:ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)

●市民連合ふくおか「市民憲法講座」第23回●
「憲法について語りあおう」
日  時:4月20日(金)18:30~  
発題者:横田耕一(九州大学名誉教授・憲法学者)
テーマ: 未定
場  所:ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)

●【市民連合ふくおか・会員募集】●
http://tinyurl.com/jpufydg

●「原発なくす蔵(ぞう) ☆全国原発関連情報☆」●
ホームぺージ http://npg.boo.jp/   
設立趣旨文 http://npg.boo.jp/info/syusi.pdf
皆さまの所で、今、どこで、どんな運動が展開されているのか
「原発なくす蔵」のメールアドレス info at npg.boo.jp  まで
情報をお寄せください。
原則として1週間ごと月曜日に更新します。

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」原告団・弁護団●
URL:http://no-genpatsu.main.jp/
【玄海原発3・4号機再稼働差止仮処分】
申立書はコチラ
→ http://no-genpatsu.main.jp/download/karisyobunmousitate.pdf

●『安倍9条改憲NO!憲法を生かす全国統一署名』にご協力を●
 ■署名用紙はこちらから⇒ http://kaikenno.com/
 ●インターネット署名も開始しています。
  http://chn.ge/2hb7FxY または https://goo.gl/cfTkRA 

○-----------------------------○
      ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆              
          午前10時から午後3時。(火・木曜 開設)
           (月・水・金・土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
       場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
     地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
         ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
        <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

●<私の>●
裁判意見陳述書 http://tinyurl.com/h46otep
facebook: http://tinyurl.com/pytdluz
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/
ホームページ http://sayonaragenpatu.jimdo.com/
Skype blueskyao1
☆活動・報告メルマガ★原発とめよう!九電本店前ひろば★
へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致します。
郵便振込 加入者名 さよなら原発!福岡 
口座番号 01770-5-71599 

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
     青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************



CML メーリングリストの案内