[CML 052456] 第2567目★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2018年 4月 30日 (月) 07:06:05 JST


青柳行信です。2018年4月30日(月)。【転送・転載大歓迎】

☆原発とめよう!九電本店ひろば第2567目報告☆
     呼びかけ人賛同者4月29日迄合計4438名。
原発とめよう!の輪をひろげる【賛同者】を募っています。
    
★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
     <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>


★ 横田つとむ さんから:

 青zKさん

今日からしばらく三瓶山へ入ります。
今朝6時に出て、お昼過ぎに三瓶に着きました。
着いたとたんに 地震(震度2)に見舞われました。
小さいとはいえ やはり気持ちが良くないですね。
三瓶は お天気も良くていい風が吹いています。
WiFiの電波の取れるところで また連絡します。
あんくるトム工房
三瓶山  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/4751


★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
  ☆正恩氏「日朝対話の用意あり」と太陽の風は「北」より吹き初む
          (左門 2018・4・30−2071)
 ※「太陽政策」は金大中元大統領の掛け値なしの善政であった。
 文在寅大頭領は金大中氏の後継者である。米が「北朝鮮」を軽視
 ・無視できなくなった此の段階で南北の若い首脳は「新しい太陽政
 策」を熟考・熟慮・熟談の上で公にし、トランプまでも「雪解け」させ
 つつある。それをしも「圧力のゆえ」とするなら「恩知らず」である。
  

★ 「原発なくす蔵(ぞう)☆全国原発関連情報☆」さんから:
  http://npg.boo.jp/  からのお知らせです。

 4月30日(月)更新しました。毎週月曜日に一部記事を更新しています。

まもなく5月晴れへ突入。
我が家の太陽光発電もフル稼働し、5月の発電量は消費電力を大幅に超える。
九電管内も同じであろう。
しかし、今年は、玄海3号機が4/24にフル出力。玄海4号機も5/24に再稼働を予
定とのこと。
原発による電力を優先する九電は、各地で買電停止などのトラブルを多発させる
ことだろう。
3.11事故以降、原発なしで過ごした経験をもつ日本。再生可能エネルギーが拡大
する世界の動向。
原子力ムラは、そうした事態を甘くみていないか?
政権・トップは変わらなくても、地域・底辺では変化は確実に進んでいる。


サイト左方中段にある【消えゆく原発】を左クリックしてください。
「原発偽装」に新たな記事を掲載しました。作成者は北九州・棚次奎介さんです。
原子力規制委員会による新規制基準が、電力会社がコストをかけずに合格できる
よう、いかに偽装されているかを10点指摘。
「原子力規制委員会が審査書を決定しても原発の安全性は保証されない」とする、
原子力市民委員会による2014年声明などについて紹介しています。


「一週一文」でも、New の記事があります。第42弾(し)で、作成者は福岡・栗
山次郎さんです。
今回は、8年目に突入した 九電本店前テントへの来訪者たちを紹介。
末尾では、先週に続き、『−若狭の原発を考える−はとぽっぽ通信』221号
(2018年2月号)に掲載された、小泉純一郎さん講演会の書き起こし(その2)
を取りあげています。
ここ福岡市でも、4/25、グリーンコープなどによる小泉氏講演会がありました。
脱原発の世界では、今や小泉さんは“時の人”、講演会はいつも満杯です。


同じくサイト左方中段にある【資料】を左クリックしてください。
3/9、立憲民主党・日本共産党・自由党・社会民主党・無所属の会(有志議員)
で、衆議院に提出された原発ゼロ基本法案(原発廃止・エネルギー転換を実現す
るための改革基本法案)を、全文掲載しました。与党が多数を占める衆議院では、
委員会審議にも入れず“棚ざらし”状態にされています。
市民の力で政党を後押し、政治状況を変えて法案を審議させるしかありません。


【STOP! 玄海原発再稼働】【過去の原発関連の動き】では、4月分を更新しまし
た。後者をご覧ください。

4/28、35都道府県の現・元市区町村長100人でつくる「脱原発をめざす首長会
議」が水戸市で総会を開催。
全電力会社に、立地自治体だけでなく周辺自治体にも「事前了解権」を認める安
全協定を結ぶよう決議しました。
記事では別途、政府にも半径30キロ圏内の自治体の同意が必要となる法整備を行
うよう求めています。至極当然のことかと思います。

☆新たな集会 ・訴訟などの情報、リンク先、寄稿文も随時募集しています。
メールアドレス <[a:] info at npg.boo.jp  まで情報をお寄せください。お待ちしています。


★ 福岡の福島久子 さんから:
  ☆大相撲の女人禁制「文化」だと
 ※「女人禁制」について、4月27日の毎日新聞によると、
 稲野一彦氏は、明治以降、相撲界が地位向上のために作り出した
 虚構の「伝統」と言えるのではないかと言う。
 和田静香氏は「伝統」というには根拠が薄く、「文化」だと言う。
 女が不浄だとして、土俵が上がれないことについて、世間は「伝統は守らなけ
 ればならない」と言うが、その伝統自体が正しいかどうかが問題だ。
 何故、女は不浄なのか?
 不浄だとすれば、女から生まれた男も不浄ではないのか?
 不思議だ。


★ 神奈川 菅原 さんから:
  ☆数には、2つの意味があるらしい。
 視覚や触覚でとらえられる物の量の大きさを意味するときと、
 物に依存しない物の順序を意味するとき。
 自分なりの数字を作ってもかまわない。
 「なぜ」と問うことから数学が生まれる。
  (このような内容の算数関係の本がありました)

「若者を 食えなくさせて 兵にさせ」(へらずぐち亭誤字脱字さん)


★ 日韓ネット@渡辺 さんから:

朝鮮半島問題に取り組んできた市民団体、在日の権利のため取り組んできた市民
団体、祖国の平和と統一のために取り組んできた在日団体など13団体で構成する
<東アジア市民連帯>が、4月27日の南北首脳会談・「板門店宣言」を支持・歓
迎する声明を発表しましたのでご紹介します。下に板門店宣言全文・2000年6・
15南北共同宣言全文・2007年10・4南北首脳宣言全文も資料で付けてあります。

   *********************************************************
    声明 4・27南北首脳板門店宣言を支持・歓迎する
                           2018年4月28日 東アジア市民連帯
   *********************************************************

内容全文こちら⇒https://tinyurl.com/yc43y6er


★ 田中一郎 さんから:
(4/28)のいろいろ情報:南北朝鮮の融和と非核化なるか、白井聡氏新
刊書『国体論 菊と星条旗』、教員を思想統制する東京・大阪の違憲教育委員会
とそれを追認するアナクロ司法 他 いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2018/04/post-35ae.html


★ ハンナ&マイケル さんから:
    <映画のお薦め>
「女は二度決断する」、KBCシネマで上映中です。

ドイツで起こった戦後最悪のネオナチによる連続テロ事件、そこからヒントを得
て作られた、欧州と異文化圏の衝突を描く、衝撃のドラマです。デビュー以来、
あらゆる映画賞を総なめにしている感のある、ドイツ生まれのトルコ系映画監督、
我が最愛のファティ・アキンの最新作です。

映画のパンフレットの中で彼が作家の中村文則と対談しているのですが、そこか
らご紹介したい箇所があります。

中村氏が「日本でも強いリベラリズムの反動で保守を生む傾向がある」というと、
ファティ・アキンは次のように応じています。

文化と文化の衝突なのだと思います。エリート層、富裕層、高学歴な人々のグ
ループと、学ぶ場を持てなかった一般大衆層のグループがいて、エリート層の人
が「こう生きるべきだ」と説く風潮があります。ですが、一般大衆層は「どう生
きるべきか」なんて言われたくない。それに対するひとつの抗議の形がトランプ
支持に結びついたのではないでしょうか。ヒラリー・クリントンがいわゆるエ
リート層。お金持ちで教養も高い。そこまで教育をうけることが出来ない一般層
の人々はエリート層が言うことに対して「もう少しゆっくり説明してほしい」
「それができないならば、トランプでいい」と思っている。トランプやドイツ、
イタリアの右側政党に票が集まったのは、急に大衆がレイシストになったのでは
なく、レイシストのリーダーの方が、ヒラリーらエリート層よりも、大衆の想い
を代弁する術を見つけたからだと思います。それで、世界中で衝突が起きている。
だから、幸いにも教育を受けることが出来た僕たちは、教育を受ける機会を持た
なかった方々と対話する方法を見出さなくてはいけないのです。…

引用はこれくらいにしておきますが、日ごろ、いくらスタンディングやデモや集
会で訴えても、今どきの若者は見向きもしてくれない、実に意識が低い、ケシカ
ランなどとぼやいている方々、いかがですか?

「文化と文化の衝突と見る」、「対話する方法を見出すべき」など、実に傾聴に
値する言葉だと思いませんか?

昨日の警固公園であった「沖縄行動in福岡」でも、そのことを実感しました。

旧態依然のスピーチやコールは、ほとんど周りの人々の注意をひかなかったのに、
デモの後の最後に辺野古で座り込みをした方の実体験のスピーチが始まると、あ
たりがシンと静まり返り、デートをしている最中のような若者たちまでが真剣に
耳を傾け始めたのです。終わると一人の若者がわざわざ寄ってきて、これはどう
いう集会ですか、と問うていました。

また、デモに出る前には、公園にはちょうど人気のユーチューバーのサイン会が
あっていて、多くの子供や若者たちで騒がしかったのですが、それに参加してい
た高校生が一人、その輪から抜け出し、「こちらの平和とかの言葉に惹かれまし
た、戦争はいやです」と私に言葉をかけてきて、かなり長いこと私たちは話し込
みました。

私たちは若者と対話する方法をみいだす努力をすべきなのです。問題があるのは
相手ではなく、私たちの方なのです。

もっとファティ・アキン監督の考えに触れたいと思われた向きは、どうぞ映画を
ご覧になってください。


★ 味岡修 さんから:
経産省前テントひろば1807日後
テント日誌 4月24日(火)〜4月27日
内容全文こちら⇒https://tinyurl.com/yag5md8p


★ 宮崎の黒木和也 さんから:

*前川喜平・前文科事務次官が語る「加計問題に安倍総理が積極的関与」の“動かぬ証拠”
HARBOR BUSINESS Online 4/29(日) 16:00配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180429-00164770-hbolz-soci

*社説:主力電源化へ具体策示せ
京都新聞 4/29(日) 12:23配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180429-00000014-kyt-sctch

*脱原発首長会議 「事前了解権」拡大を 水戸で総会 全電力会社に要求へ
茨城新聞クロスアイ  4/29(日) 8:00配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180429-00000009-ibaraki-l08

*<脱原発首長会議>「事前了解権」周辺自治体にも要望
毎日新聞 4/28(土) 23:43配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180428-00000108-mai-soci


★ 中西正之 さんから:
第5回エネルギー情勢懇談会に付いて1

<オランダロイヤル・ダッチ・シェル社のガイ・オーテン副社長>

 第5回エネルギー情勢懇談会では、オランダロイヤル・ダッチ・シェル社のガ
イ・オーテン副社長(テレビ会議参加)、フランスEDF社のマリアンヌ・レニ
ョー副社長、フランスENGIE社のディディエ・オロー副社長の有識者を招い
て、説明を受けています。
第5回エネルギー情勢懇談会の議事録を示します。
http://www.enecho.meti.go.jp/committee/studygroup/ene_situation/005/pdf/
005_011.pdf

「根源的に不確実な将来に対する意思決定」の資料を示します。
http://www.enecho.meti.go.jp/committee/studygroup/ene_situation/005/pdf/
005_005.pdf

オランダロイヤル・ダッチ・シェル社は「売上高は25兆円、企業戦略としては、
その下に、石油ガス開発ということでいうと、最近はガスシフトの傾向というこ
とで、生産量に占めるガスの比率が徐々に上がってきているということでござい
ます。」と紹介されています。日本の「昭和シェル石油」もグループ会社です。
 ロイヤル・ダッチ・シェル社はオランダに本社を置く超大企業ですが、日本で
はトップ企業のトヨタ自動車と同じ規模の会社です。
ガイ・オーテン副社長はテレビ会議での参加ですが「根源的に不確実な将来に対
する意思決定」について説明されています。

 パワーポイントの資料の冒頭に、A4版2ページ程度の注意書が掲示されてい
ます。非常に小さい字で細かく説明されていますが、ロイヤル・ダッチ・シェル
社の基本的な考えが説明されています。

 ロイヤル・ダッチ・シェル社はオランダに本社を置く、世界的な巨大な石油メ
ジャーですが、早くから石油などのエネルギー資源の採掘や精製や販売などを、
世界中に拠点を置いて長い間続けて今日に至っています。

 そして、巨大な企業ですから、世界の流れを見て、石油から天然ガスへのシフ
トも行っているようです。又再生可能エネルギーにも力を入れているようです。
しかし、OECD加盟国の石油の使用は少し減少してくるが、OECD非加盟国
の発展途上国は、石油の使用量はかなり増えると考えているようです。

 世界的な巨大な石油メジャーですから、急激な変化は考えていないようです。
ロイヤル・ダッチ・シェル社は政府主導で行われるマウンテンシナリオと市場主
導で行われるオーシャンシナリオの2ケースで将来の世界のエネルギー予測を行
っているようです。

 マウンテンシナリオはEUタイプのようで、オーシャンシナリオはアメリカタ
イプのように思われますが、どちらか一方に成ってしまうとは考えにくいようで
す。
また、ロイヤル・ダッチ・シェル社はEV(電気自動車)の与える影響も重視し
ているようです。日本では、ニッサンの電気自動車の発売が始まったばかりの頃
は、電気自動車の航続距離を考えれば、先行投資だと思われていたようですが、
ここ二・三年年の間に海外では電気自動車が世界のエネルギーに大きな変革をも
たらすようになると考えられており、世界経済に大きな影響が出始めています。
ロイヤル・ダッチ・シェル社は、脱炭素化にはシフトをしていますが、所帯が大
きいので急激な変化はあまり取れないようです。

資源エネルギー庁は、パリ協定の実行はまだまだとの考えのようで、強い味方を
得たようです。
今までの海外の報告を読んでいると、日本政府ほど原発に巨額の援助金で支援す
る国は、海外ではどこも無いようです。


★ 前田 朗武 さんから:
デーモンクラシーといかに闘うか
――『思想の廃墟から』出版記念公開書評会
http://maeda-akira.blogspot.jp/2018/04/blog-post_92.html


★ 石垣敏夫 さんから:
(情報提供 転送)

<日本は、確かに病気だ!>
 
 一国の首相や蔵相、省庁次官…など、本来ならその職責を担うに相応しい資質
が必要なところ、その資質を欠いた人たちが高位の役職に就くという悪性の習慣
が重なったがために、どうやら、この国は慢性の病変を見るに至ったようだ。
 世襲政治の弊害はとっくに経験済みのはずが、いまだ断てない体力的脆弱。こ
れら政治家の基礎学力、とりわけ国語力の欠損は目に余るものを、先生、先生と
奉る愚直さもまた、風土病と言っていい。愚民論は不毛と言うが、一方で療法は
見えない.

 官僚に見られる不可解、且つ、奇異な症状は、当該者が高学歴、中年層に属し
ながら「突発性健忘症」或いは「記憶障害」「自己認識機能不全症候群」など、
高齢者に散見する症状が顕著なことだ。早期から受験テクニック頼りで進学を続
け、その延長で役人のヒエラルキーを上り詰めたはいいが、「職業における倫
理・哲学」という本来のエリートに必須の資質を身につけることなく、エリート
の座に就いてしまった結果の「総合的適合不全」と言えるようだ。 マックス・
ウェーバーを再読して欲しい。読まなかってこたぁ、ないよなぁ。
 
 かかる病の一端には、教育の問題が無関係ではあるまい。近代を迎えたこの国
の教育は欧米に多くを学んできたが、いま必要なのはフランス、ドイツなどで実
践される低学年からの「哲学」ではないか。主体的思考と論理的理解―時代を逆
行するかのお仕着せの「道徳」ではなく、主体的思考を磨く「哲学」の導入こそ
が、この国の教育に求められているのではないか。

       4.26、2018―土岐省三

別 件 
 「日本人12歳論は続くか」 
 僭越ですが、今週の週刊金曜日4月27日号(5/4合併号)
 に投稿が掲載されています。目を通して頂ければ幸いです。


★ 坂井貴司 さんから:
 平和的生存権を脅かす自衛隊は憲法違反である

 在日アメリカ軍の存在は憲法違反だとして伊達判決と並ぶ画期的な判決が下さ
れた「恵庭・長沼事件」です。
 
 ベトナム戦争真っ最中の1969年、北海道夕張郡長沼町馬追山に航空自衛隊のナ
イキJ地対空ミサイル基地建設のために、当時の農林水産大臣は森林法第26条第
2項に基づいて国有保安林の指定を解除しました。
 これに対して付近住民が、自衛隊は違憲の存在であること及び洪水の危険を理
由に「基地建設に公益性はない」とし、保安林解除は違法だと行政処分の取消し
を求めて札幌地方裁判所に行政訴訟を提起しました。

 1973年9月7日、札幌地方裁判所は

「自衛隊は憲法第9条が禁ずる陸海空軍に該当し違憲である」
との判決を下しました。その根拠は憲法前文にいう「平和のうちに生存する権
利」(平和的生存権)を侵害されるおそれがある、というものでした。

 平和的生存権を司法が初めて認めた画期的な判決でした。

 この判決は二審の札幌高等裁判所が持ち出した「統治行為論」によってひっく
り返されました。最高裁判所も同じ論で違憲審査を回避しました。

 しかし負けたとはいえ、自衛隊の存在を憲法九条違反であるとし、その根拠を
平和的生存権に求めたことは、平和を求める大きな力となりました。平和運動、
反基地運動に法的根拠を与える判決となりました。

 砂川事件と並ぶ「恵庭・長沼事件」をNHK教育のETV特集が放送します。

 再放送です。
NHK教育 ETV特集
「平和に生きる権利を求めて〜恵庭・長沼事件と憲法〜」
http://www4.nhk.or.jp/etv21c/x/2018-05-02/31/3905/2259619/

放送日:5月3日 放送時間:午前0時00分〜 午前1時15分 


−−−集会等のお知らせ−−−−−−

●「原発なくす蔵(ぞう) ☆全国原発関連情報☆」●
ホームぺージ http://npg.boo.jp/   

●2018年憲法記念日の集い●
日時:5月3日(木・祝)13:30開演
場所:なみきスクエア大ホール
主催:九条の会福岡県連絡会
案内チラシ https://tinyurl.com/ycaz9ytk

●さよなら原発! 福岡 例会●
日時:5月7日(月)18時30分〜 
場所:ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)交流室
  福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)
      地図 http://www.kenkou-support.jp/access/

●福岡県総がかり実行委員会● 
日時:5月8日(火)18時〜 
場所: ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)研修室
 福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)

●「原発なくそう!九州玄海訴訟」原告団・弁護団●
URL:http://no-genpatsu.main.jp/
5月11日(金) 第25回口頭弁論
5月12日 山内悟さん講演会 
原発なくそう!九州玄海訴訟』意見陳述者         
案内チラシ https://tinyurl.com/yd8pgrrf 

●市民連合ふくおか「市民憲法講座」第24回●
「憲法について語りあおう」
日  時:5月14日(月)18:30〜  
発題者:石川捷治(九州大学学名誉教授・政治史研究者) 
テーマ: 「今日の政治状況」
場  所:ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)

●5月19日(土) アベ政治を終わらせよう!天神総行動●
     福岡市中央区天神 パルコ前
 ★「モリ・カケ・日報」徹底解明!
  ★ 9条変えるな!
  ★ 原発ゼロ・再生エネ社会を!

主催 福岡県総がかり実行委員会
共催 九条の会福岡連絡会、市民連合ふくおか
案内チラシ https://tinyurl.com/yaloqyb6

●市民連合ふくおか 例会ミーティング● 
日時: 5月21日(月)18:30〜
場所:ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)

●第8回口頭弁論: 5月30日(水) 13:30●
 (川内原発行政訴訟) 福岡地裁301号
「川内原発設置変更許可取消請求訴訟」
13:00 裁判所前で事前集会
13:30 口頭弁論期日
14:00 報告集会
           場 所: 福岡中部教会
(福岡市中央区大名2-4-36 地下鉄・赤坂そ亳から徒歩 3分)
地図 https://tinyurl.com/yar3wd28

●「2018年 非核と平和のつどい in福岡」●
日 時: 2018年6月2日(土)
・講 演: 川崎 哲(かわさき あきら)さん
       (核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)国際運営委員)
・新作映画「いのちの岐路に立つ〜核を抱きしめたニッポン国」 
案内チラシ: https://tinyurl.com/yamw6nlh

●市民連合ふくおか「市民憲法講座」第25回●
「憲法について語りあおう」
日  時:6月25日(月)18:30〜  
発題者:石村善治(福岡大学名誉教授・憲法研究者)
テーマ: 
場  所:ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)

●【市民連合ふくおか・会員募集】●
http://tinyurl.com/jpufydg

●「原発なくす蔵(ぞう) ☆全国原発関連情報☆」●
ホームぺージ http://npg.boo.jp/   
設立趣旨文 http://npg.boo.jp/info/syusi.pdf
皆さまの所で、今、どこで、どんな運動が展開されているのか
「原発なくす蔵」のメールアドレス info at npg.boo.jp  まで
情報をお寄せください。
原則として1週間ごと月曜日に更新します。

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○
      ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆           
   
          午前10時から午後3時。(火・木曜 開設)
           (月・水・金・土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
       場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
     地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
         ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
        <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

●<私の>●
裁判意見陳述書 http://tinyurl.com/h46otep
facebook: http://tinyurl.com/pytdluz
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/
ホームページ http://sayonaragenpatu.jimdo.com/
Skype blueskyao1
☆活動・報告メルマガ★原発とめよう!九電本店前ひろば★
へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致します。
郵便振込 加入者名 さよなら原発!福岡 
口座番号 01770−5−71599 

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
     青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************



CML メーリングリストの案内