[CML 052342] 国民・市民から政治の信頼を取り戻すには安倍総理に辞めていただくことです。

motoei at jcom.home.ne.jp motoei at jcom.home.ne.jp
2018年 4月 17日 (火) 11:37:42 JST


(情報記載 いしがき)

みなさん

国民・市民から政治の信頼を取り戻すには

安倍総理に辞めていただくことです。



安倍首相は「今回の森友、加計、自衛隊の日報問題、厚生労働省の謝罪等を含め

その責任は総理大臣である私にあります」と述べています。

一般常識ならその責任を取って辞表を提出するのが普通です。

しかし、安倍晋三氏はその常識を持ち合わせていません。

このままでは全国の公務員を含めデタラメな日本になってしまいます。



みなさん、安倍晋三氏に総理を辞任して頂くよう、

電話、ファクス、手紙、ハガキ、メール等で要請しましょう。

 内閣府 〒100-8914 千代田区永田町1-6-1合同庁舎8号館

      電話 03-5253-2111

      ファクス 03-3581-3883

記載者 石垣敏夫 



以下一部転載  

永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、月曜日のコメンテイターは政治アナリストの伊藤惇夫さん。 

 安倍政権のゴタゴタ、内閣支持率は低迷して、相次ぐ不祥事でゴタゴタの中で、総裁選をにらみ大阪詣でであり、鶴橋で自民党の大阪の議員と焼肉を食べて、行政への国民の信頼を揺るがし、行政府の長として反省の弁を口にして、総裁選で自民党の大阪の組織票を欲しく、しかし、安倍総理は維新と近くて、自民党の大阪はこれに反発して、安倍総理は自民党の大阪の議員たちと焼肉、しかし、石破氏が総裁選をにらみ2月に大阪入りしたことも安倍氏を刺激して、もう一人のポスト安倍の岸田氏も総裁選をにらみ活動し、安倍氏の師匠の小泉氏が水戸で講演して、安倍氏の三選は難しい、信頼はなくなってきたと語り、その反面、安倍氏は自民党の大阪を支持して大阪徒構想反対で、これについて伊藤さん、焼肉食べても支持率は上がらず(笑)、焼き肉店に喩えるとモリカケ問題やイラク日報改竄問題で焦げだらけ、働き方改革は生焼け、総裁選をにらみライバル店が仕込みを始めて、憲法改悪は焼き肉の網にも乗らず、冷蔵庫に入ったまままであり、1か月前(朝日スクープの前)総裁選三選は硬く、しかし一気に変化して、安倍氏は大阪の自民党にすり寄り、しかし維新は松井氏と菅氏との関係が深く、安倍氏が徒構想反対といったら、安倍氏と菅氏の関係が悪くなり、逆に言うと「安倍氏は憲法改悪は無理だとして、維新との関係を切った(総裁選の生き残りを憲法改悪に優先した)」と言われて、内閣支持率は低迷、時期の総裁に石破氏が最多、石破氏が2月に大阪に来た際に1000人以上集めて、安倍氏の危機感は強く、小泉進次郎氏は次の総裁は早く、支持率は31%、安倍氏の固定的支持層がありこれ以上下がらず、安倍氏に期待できない、安倍氏に期待できないなら、対局の存在の石破氏を選び、しかし岸田氏は国民に期待されず、バランスは取れているが面白くなく、言い方が慎重すぎて、良い人だけでは総裁になれないことを示していると言われました。気象予報士の正木明さんは、焼き肉店の網を変えるべき(=安倍総理を替えるべき)(笑)と説かれました。

を取ったものの、シリア国民は悲惨であると指摘されました。そして日本の対応、化学兵器の使用は禁止、軍事行動理解はおかしく、日本は中東でニュートラルなのに、アメリカに一方的な肩入れは問題と問われました。




CML メーリングリストの案内