[CML 052289] 【今日のブログ記事】■ロスチャイルド家はどのようにして1815年にイングランド銀行を乗っ取ってから現在までの200年間に総資産50兆ドル(約5000兆円)の巨額の富を築けたのか?

山崎康彦 yampr7 at mx3.alpha-web.ne.jp
2018年 4月 11日 (水) 10:57:26 JST


いつもお世話様です!

【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】を主宰する市民革命派のネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。    

昨日火曜日(2018.04.10)夜に放送しました【YYNewsLiveNo2530】の『メインテーマ』を加筆訂正して【今日のブログ記事】にまとめました。

【放送録画】65分22秒

http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/456155387

【今日のブログ記事】

■ロスチャイルド家はどのようにして1815年にイングランド銀行を乗っ取ってから現在までの200年間に総資産50兆ドル(約5000兆円)の巨額の富を築けたのか?

この問いの答えと解決策は、私が3年前に書いたブログ記事『フランス経済学者トマ・ピケティ著『21世紀の資本』のまやかしについて』の中にすでに書かれている。

今回は元のブログ記事を加筆訂正して以下に再掲しますので是非お読みください。

■(加筆訂正版再掲)フランス経済学者トマ・ピケティ著『21世紀の資本』のまやかしについて  

元記事:2015年01月25日 ブログ『杉並からの情報発信です』

https://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/0c8f850ebbc81a88c6c4b1592156ad2b

A:トマ・ピケティ氏の論理

資本収益率(r) > 経済成長率(g)
平均4%      平均1%

B:私の論理

実質経済成長率(rg)―資本収益率(r)= 経済成長率(g)
平均5%        平均4%     平均1%

New!中国の経済成長が依然として6-7%を維持しているのは、資本収益率(r)=ロスチャイルド国際金融マフィアによる収奪が今の所ないからである。

New!すなわち中国政府は貨幣(人民元)を自ら発行し必要な財源を確保しているからである。

New!すなわち中国には、日本や米国やヨーロッパなど全世界のほとんどの国のように政府が国債を発行して銀行に引き受けさせ高い金利を払って借金する『国債発行』と『準備預金制度』の『信用創造システム』が存在しないからである。

C: トマ・ピケティ氏の論理への私の疑問

トマ・ピケティ氏は世界規模で貧富の格差がこれほど拡大しているのは、資本収益率(r) 
が常に経済成長率(g)を上回っているからだ、と説明している。

しかしそれは結果を原因にすり替えているだけで、なぜ資本収益率(r) 
が常に経済成長率(g)を上回ってきたかの根本原因を解明していない。

聡明なトマ・ピケティ氏はその原因はわかっているが敢えて書かなかった。それはマル 
クスが【資本論】の中で金融や銀行やマネーの信用創造に関して敢えて書かなかったのと同じで理由である。

金融や銀行やマネーの信用創造は経済学者にとって最大のタブーだからだ。

トマ・ピケティ氏がその原因を追求すれば、ロスチャイルド国際金融マフィアの金融支配のカラクリを書かざるを得なくなるからだ。

D: なぜ資本収益率(r) が常に経済成長率(g)を上回ってきたか、私の答え

それは、毎年平均4%の【資本収益】を可能にする二つ特権をロスチャイルド国際金融マフィアが世界的に独占しているからだ。

 【信用創造特権】:

ロスチャイルド国際金融マフィアは、【信用創造特権】使って支配するメガバンクを中心とする民間銀行と政府と中央銀行に価値のない、実体のない 
【信用創造】すなわち【通帳マネー=投機マネー】を【創造】させ高金利で個人、企業、地方自治体、政府に貸出して全てを借金漬けにして金融で全てを支配しているのだ。

 【金利決定権】:

ロスチャイルド国際金融マフィアは、【金利決定権】を独占して銀行が個人、企業、地方自治体、政府に貸し出す金利を自由に設定できるため、常に経済成長率より数倍高い金利を設定し『資本収益率(r) 
が常に経済成長率(g)を上回る』ようにしているのだ。

E: 解決策

各国の自覚し覚醒した賢明なフツーの市民が団結し連帯して【市民革命運動】を起こし【市民革命政権】を樹立して、ロスチャイルド国際金融マフィアが世界的に独占している二つの特権 攷用創造特権】と◆擽睛決定権】を民間銀行と政府と中央銀行から剥奪することが根本的な解決策なのだ。

(終り)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7 at mx3.alpha-web.ne.jp
*************************





CML メーリングリストの案内