[CML 050438] はてさてと「茶色の朝」は此の国の 何処まで進むフランク・パブロフ

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2017年 9月 30日 (土) 13:28:07 JST


「茶色の朝」
<http://kokocara.pal-system.co.jp/2017/06/12/brown-morning-tetsuya-takahashi/>
フランク・パブロフ <http://www.asyura2.com/07/revival2/msg/118.html> 大月書店
<http://www.otsukishoten.co.jp/book/b51933.html>

30分も掛からずに読める、寓意に満ちた本。

フランス原本の出版は1998年。著者は印税を放棄し、一冊一ユーロ(130円)で発売。ベストセラーになった本。

茶色が進んだ日本。かなり、あぶない。



-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内