[CML 050378] 【報告】第2351日目★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2017年 9月 26日 (火) 07:14:18 JST


青柳行信。9月26日(火)。【転送・転載大歓迎】

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第2351日目報告☆
       呼びかけ人賛同者9月25日迄合計4389名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】9月25日1名。
     松永ヒサ子

★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
     <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 横田つとむ さんから:

 青柳さん

お疲れさまです。
三瓶では 稲刈りを体験しました。
そして 食料の自給率をもっと上げていかないと
主権国家として半人前だと思いました。
あんくる トム工房
稲刈りの体験 http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/4497


★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆「国難を突破するため解散」とはアベノミクスの失敗証言だ
        (左門 2017・9・26-1886)
 ※よくも正直に言えたものだが、そこまで考えないで「大義」ら
 しきものを物色したら大仰なものが見つかった。北朝鮮問題
 をひっかけて「この経済的国難を突破するため」と言えば誰も
 反対できないだろうと思ったようだが、自分の失敗を確認する
 ことになろうとは!この「国難造成責任者晋三」が問われる!


★ 福岡の福島久子 さんから:
 ☆今回は「国難突破」解散と
 ※安倍さんという人は、実に造語がうまいというか、
 なんとでもこじつけを考えるというか、
 「国難突破」解散とは、よく思いついたものだ。
 解散総選挙は、北朝鮮が原因であり、
 更なる強硬手段を取ってよいか信を問う、
 信任が得られれば強行する、とは怖い話しだ。


★ 堤静雄 さんから:
 ロスアンゼルスの決定、とても良かったです。
 久々の快挙でした。
 日本にたとえたらどんなことでしょうか。
 北海道県議会が2月11日をアイヌ民族記念日にすることでしょうか。
 地方分権が進んだ封建制度の影響でしょう。 


★ 神奈川菅原 さんから:
つながろう
つながろう
護憲政権樹立のために

歌の翼にのせて
平和の歌を
全国に広めよう

私にとって
人工放射能に汚染されていない環境と
平和憲法
特に 憲法9条は
なくてはならないもの


★ 藤原紀代子 さんから:
   9/30 石丸初美さんに講演について

青柳行信様
 朝夕は、爽やかな秋を感じられるようになりました。
 こんばんは。
 遅くなりましたが、71歳のお誕生日おめでとうございます。
 毎日のニュースをありがたく拝見させていただいています。
 お体をお大切になさってください。お祈りしています。

解散で、大変なことになりました。それぞれそのための集会が立て込んでいると
ころですが、私たち日本キリスト教婦人矯風会の九州部会で原発問題を石丸初美
さんに講演していただくことになっています。
お知らせ致します。
皆様の知人・友人お誘いのうえ、ご参加をお待ちしています
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

2017年度 矯風会九州部会 学習会のご案内    
日  時  2017年 9月30日(土)13:00〜15:30
場  所  日本基督教団  周船寺教会 (JR周船寺駅より3分)
福岡市西区周船寺1-8-6  TEL 092-806-0567

講   演  「玄海はすぐそこにあります。   
        生活者として原発の問題を考える」
講  師  石 丸 初 美  さ ん
原発は単なる電力の問題ではなく、命の問題。福島のような事故が
生じれば国をも滅びかねない。今を生きる大人の責任として、安全な
社会を実現するための運動を考える。

主催 公益財団法人日本キリスト教婦人矯風会  九州部会
連絡先 福岡グループ 藤原紀代子 09057233290


★ たんぽぽ舎 さんから:
【TMM:No3181】
紹介内容全文こちら⇒http://tinyurl.com/y8g57pu4

2017年9月25日(月)地震と原発事故情報-
    6つの情報をお知らせします

1.9月22日原発千葉集団訴訟判決の出鱈目 
   -このような低レベルの裁判官は即刻辞めてもらいたい
     (被告国・東電には)対策を何も取らないで放置した
   という事実と責任がある
    冨塚元夫(たんぽぽ舎ボランティア)
2.これまでの姿勢も方針も変えない更田新委員長体制をしっかり監視しよう
     -規制委6年目に産経も日経も警戒感報道、
     「一往復記者会見」が示す規制委の逃げ姿勢-
    原子力規制委員会は原発再稼働推進委員会! その145
    木村雅英(再稼働阻止全国ネットワーク)
3.人類滅亡のときに備えて開設された“図書館”
    世界のあらゆる文献データを保管
   「警戒せよ! 生死を分ける地震の基礎知識」その212
     島村英紀(地震学者)
4.メルマガ読者からの「新潟日報」情報3つ  金子 通 (たんぽぽ舎会員)
5.メルマガ読者からのイベント案内(お問い合わせは主催者へお願いします)
    ◆学習する会4周年 9.30 総合討論会   午後6時15分-9時15分
    文京区・アカデミー茗台(めいだい)
6.新聞より1つ
  ◆ 声・横須賀 軍港NO!月1デモ500回 1976年から歌い訴え41年
         (9月25日東京新聞27面より)


★ 宮崎・黒木和也 さんから:

*核のごみ処分場「和歌山県内はノー」 知事答弁
紀伊民報 9/25(月) 17:01配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170925-00340282-agara-l30

*大義なき解散・総選挙、国民には安倍首相の“安っぽい思惑”がバッチリ見えている
週刊女性PRIME 9/25(月) 22:30配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170925-00010687-jprime-soci
 
*日本だけに特権与える日米原子力協定、自動延長の可能性
中央日報日本語版 9/25(月) 16:42配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170925-00000040-cnippou-kr

*「知事抹殺」を問う 反原発知事の映画上映 名護
琉球新報 9/25(月) 11:23配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170925-00000013-ryu-oki

*大飯再稼働備え避難訓練 京都・京北
京都新聞 9/25(月) 9:04配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170925-00000003-kyt-l26

*古賀茂明「トランプ大統領と心中?突出した軍事優先主義を主張する安倍総理」〈dot.〉
AERA dot. 9/25(月) 7:00配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170924-00000015-sasahi-pol

*耳に残る「助けて」の声 母子3人犠牲 米軍機墜落40年
東京新聞 2017年9月25日 夕刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201709/CK2017092502000249.html

*共謀罪にロックだ! 国会前で抗議の9時間ライブ
東京新聞 2017年9月25日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201709/CK2017092502000126.html

*衆院選トレンド調査 解散「反対」64% 森友・加計問題説明78%「納得せず」
東京新聞 2017年9月25日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201709/CK2017092502000113.html


★ 田中一郎 さんから:
 ニセモノ「働き方改革」に騙されるな:無能な経営者の集まり=経団連や財界の
「ご意向」を最優先しているアベ自公政権や、御用組合「連合」に働く者のため
の改革などができるわけもない いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/post-b5bf.html


★ 中西正之 さんから:
<原発の再稼働を阻止しようとするためには市民がデーターベースを持つ必要が
有る>

 2017年6月1日に脱原発弁護団連絡全国連絡会から、『「新規制基準の考え方」
検討報告書~原子力規制委員会の欺瞞~』の報告書が発表されています。

  この報告書の、51ページから57ページにIAEAの立地評価を非常に詳しく説明
されています。そして、これらの論旨の考察に使用された引用文献も詳しく説明
されています。
この引用文献のメールアドレスは、IAEAのホームページの英文の立地評価の安全
基準書のアドレスです。
IAEAの安全基準書は、以前に「原子力安全基盤機構」によって、大量に日本語に
翻訳されて公開されていました。
しかし、「原子力安全基盤機構」の日本語翻訳文は、「原子力安全基盤機構」が
原子力規制庁に吸収合併されてから、原子力規制庁によって、ホームページが閉
鎖され、元「原子力安全基盤機構」のメンバーによって新しく翻訳されていると
思われる日本語翻訳文もブラックボックスと成ったと思われます。
 ただ、以前に「原子力安全基盤機構」の日本語翻訳文は、国会図書館のデー
ターベースで公開されています。

 そのアドレスが市民データーベースの
 ●「原発なくす蔵(ぞう) ☆全国原発関連情報☆」●
ホームぺージ http://npg.boo.jp/ 
に掲載されています。

NGOと国際機関・外国機関
◆国際機関
国際原子力機関(IAEA)
IAEA安全基準邦訳データベース(国立国会図書館)
そして、立地指針関係の安全基準書は原子炉等の立地評価 安全要件 No.NS-R-
No.NS-R-3のみが日本語に翻訳されています。
http://warp.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/10207746/www.nsr.go.jp/archive/
jnes/content/000016963.pdf

 福島第一原発のメルトダウン事故の後、民主党政権下であったことも有り、原
子力関係の情報が瞬間的にはかなり公開されました。
しかし、安倍政権に代わってから、原子力規制委員会が安倍政権に忖度するよう
になり、又以前のブラックボックス状態に戻ったようです。

 これまでに、IAEAの深層防護の4層関係の英文資料を日本語に翻訳し、公開で
きるものは「原発なくす蔵(ぞう) ☆全国原発関連情報☆」に公開してきました。
 原発の運転差し止め裁判に勝訴しようと思えば、市民データーベースの充実が
必要に思われます。


★ 前田 朗 さんから:
ヘイト・スピーチ研究文献(109)
田代亜紀「表現の自由の限界を考えるための準備的考察――ヘイトスピーチに関
する議論とスナイダー判決を素材として」
『専修ロージャーナル』12号(2016年)
http://maeda-akira.blogspot.jp/2017/09/blog-post_25.html


★ 吾郷健二(福岡オルターナティブ研究会) さんから:
第35回福岡オルターナティブ研究会のご案内

 志民社会学習会 
 共苦を超えて―グレゴリー・ベイトソンから学ぶ

日時:2017年10月7日(土) 午後2時〜5時

場所:西南コミュニティセンター2階会議室(西南学院大学キャンパスの最東南
側)
   〒814−8511 福岡市早良区西新6丁目2−92
   電話:092−823−3952(地下鉄西新駅3番出口、徒歩数分)

テーマ:共苦を超えて―グレゴリー・ベイトソンと「いのち」を巡る歩み

講師:飯嶋秀治さん(いいじましゅうじ、文化人類学者、九州大学准教授)

講師紹介:1969年埼玉県本庄市生まれ。自由で開かれた経済人類学のための大学、
立教大学文学部史学科地理学専攻、九州大学大学院文学研究科比較宗教学専攻、
同人間環境学研究科人間共生システムコース専攻(人間環境学博士)。2007年よ
り九州大学人間環境学研究院人間共生システムコース准教授。学部以前より文化
人類学を学び大学院からは臨床心理学も学ぶ。NPOもやいバンク福岡理事。共著
に『アクション別フィールドワーク入門』『支援のフィールドワーク』『新修福
岡市史特別篇福の民』『新修福岡市史人とひとびと』『オーストラリア先住民と
日本』『社会的包摂/排除の人類学』など。

報告要旨:
 学部のころより「人は危機とどうつきあうのか」という関心で研究を進めてき
ました。最初のフィールドは国内の危機儀礼の象徴分析。ところが時代はバブル
経済が破綻し、身近な危機を体験した頃よりより具体的な危機支援の学問がない
かと考え臨床心理学を学んできました。その後、オーストラリア先住民(といっ
ても250言語あるので私が研究したのはアランタ民族)、日本の児童福祉施設、
また九州の公害の現場で、それぞれの人々が多様な危機を乗り越えたり、乗り越
えるのを支えたり、危機そのものを解消するのを見てきました。
 そのような仕事のなかで今回はグレゴリー・ベイトソンの話をしようと思いま
す。遺伝学の創始者の父の下にイギリスで生まれ、ニューギニアとバリ島で文化
人類学的フィールドワークを行った後、同じ文化人類学者マーガレット・ミード
と結婚。アメリカのCIAの前身OSSでナチスのプロパガンダ映画の魅力を分析しつ
つ、アジアに進出してくる日本軍への抗日ラジオプログラムを作成。戦後は退役
軍人の精神科病棟で精神分裂病(現在の統合失調症)のコミュニケーション生成
論を構築し、キューバ危機においては蛸の生態学の研究知見からこの問題に介入
しようとした、まぁオルタナティブな人物です。
 彼の歩みは主著となった『精神の生態学』者と呼ぶにふさわしいのですが、そ
の足跡が広域にわたりすぎて理解が及ばず、日本でも主要著作は翻訳されたもの
の、きらびやかな問いを実践してきたベイトソンの作品群にはいまだ検討されて
こなかった問題も多くあります。例えば1960年代末に彼が取り組んだ地球環境危
機問題を解くOur Own Metaphor(私たち自身の隠喩)と言われるシンポジウムの
あり方は、当時も今も考えられないほどオルタナティブな彼の知性を示していま
した。今回はこのベイトソンのシンポジウムの話から、私たち自身の人生の異な
ったあり方について考えてゆければと思います。

参考文献:
アンダーソン、ウォルターT.1998(1983)『エスリンとアメリカの覚醒    
 
                 ———人間の可能性への挑戦』伊東博訳 誠
信書房
ベイトソン、グレゴリー2000(1972)『精神の生態学』佐藤良明訳 新思索社
ベイトソン、メアリー1993(1984)『娘の目からーーーマーガレット・ミードと
     グレゴリー・ベイトソンの私的メモワール』佐藤良明・保坂嘉恵美訳
 国文社
ケストラー、アーサー編1984(1968)『還元主義を超えて―アルプバッハ・シン
ポジウム’68』
      池田善昭監訳 工作舎
Bateson, Mary Catherine ed. 1972 Our Own Metaphor: A Personal Account of 
a Conference
      of the Effects of Conscious Purpose on Human Adaptation. 
Smithsonian Institute.

参加費:無料(会の趣旨に共感される方はどなたでも参加できます)。
    終了後、近くの居酒屋で講師を囲む懇親会を予定しています。

主催:福岡オルターナティブ研究会 FNA(ADB福岡NGOフォーラム)

連絡先: mailto:kenjialter at gmail.com またはFax:092-885-1132。
  資料準備の都合上、参加を希望される方は事前にご連絡いただくようお願い
します。


---集会等のお知らせ------

●「原発なくす蔵(ぞう) ☆全国原発関連情報☆」●
ホームぺージ http://npg.boo.jp/   

●「福岡県総がかり実行委員会」の今後について●
日時:10月4日(水)18時30分~ 
場所: ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)
 福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)
      地図 http://www.kenkou-support.jp/access/

●市民連合ふくおか「市民憲法講座」 ● 
     「憲法について語りあおう」
第17回目:  10月23日(月)18:30~
・発題者: 石村善治(福岡大学名誉教授・憲法研究者)
・テーマ: 監視社会
場所:ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)
    地図 http://www.kenkou-support.jp/access/

●【市民連合ふくおか・会員募集】●
http://tinyurl.com/jpufydg

●元原発労働者梅田さんの労災認定を求める裁判関係●
      梅田裁判判決
 12月4日(月)14時30分。多くの傍聴をお願いいたします。
福岡高等裁判所「501大法廷」中央区城内1-1(地下鉄・赤坂徒歩5分)
・原発労災梅田裁判  ◇◇◇ 年表 ◇◇◇
http://tinyurl.com/ydhrltfl

●「玄海原発の再稼働になぜ反対するのか!」●
http://tinyurl.com/zokzgym

●九州電力に提出した公開質問状●
http://tinyurl.com/y9p3nwa9

●「原発なくす蔵(ぞう) ☆全国原発関連情報☆」●
ホームぺージ http://npg.boo.jp/   
設立趣旨文 http://npg.boo.jp/info/syusi.pdf
皆さまの所で、今、どこで、どんな運動が展開されているのか
「原発なくす蔵」のメールアドレス info at npg.boo.jp  まで
情報をお寄せください。
原則として1週間ごと月曜日に更新します。

○-----------------------------○
      ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆              
          午前10時から午後3時。(月・火・木曜 開設)
           (水・金・土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
       場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
     地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
         ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
        <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

●<私の>●
裁判意見陳述書 http://tinyurl.com/h46otep
facebook: http://tinyurl.com/pytdluz
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/
ホームページ http://sayonaragenpatu.jimdo.com/
Skype blueskyao1
☆活動・報告メルマガ★原発とめよう!九電本店前ひろば★
へのカンパを受け付けていますので、
よろしくお願い致します。
郵便振込 加入者名 さよなら原発!福岡 口座番号 01770-5-71599 

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
          青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************



CML メーリングリストの案内