[CML 050317] 「労基署がやってきた!」とは如何ようか 森井博子の宝島本

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2017年 9月 21日 (木) 06:58:57 JST


「労基署がやってきた!」 <http://benkaku.hatenablog.com/entry/2017/09/06/090000> 森井博子
<http://www.morii.jimusho.jp/sub2.html> 宝島社新
<http://store.tkj.jp/shopdetail/000000003343/>書

宣伝惹句。「伝説の女性署長」と呼ばれた元労働基準監督官が明かす、企業調査、捜査、送検の舞台裏とある。

監督する側は如何ようか知りたかったので、読む詠む。

----------- 目次 緑字は千恵子メモ --------------------

第1章 労基署とは?監督官とは? 40 をを! 釜ヶ崎で手配師を監督 でも言わないとやってくんないのよね 恒常的に違反してるのに

第2章 サービス残業での逮捕・送検 51 そう 逮捕 送検できるんだ

第3章 過労死・過労自殺の労災認定

第4章 監督官は労災かくしを見破る

第5章 電通事件と過重労働撲滅特別対策班、通称「かとく」 131 かとく、だとさ 6月にでた本なので、あの電通事件が分析されてる

第6章 是正勧告・強制捜査を受けた企業がすべきこと 146 ヤマト運輸が7万人の社員を対象に未払い残業代調査 えらいじゃん

第7章 「働き方改革」と日本人の働き方のゆくえ 172 どうなることやら



-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内