[CML 050296] NHK『沖縄と核』、再放送は今日深夜です

T. kazu hamasa7491 at hotmail.com
2017年 9月 19日 (火) 08:03:26 JST
















みなさま


沖縄が地球から消える、自分たちも…
1962年キューバ危機(※私は中学3年生)の際に、
恐怖の頂点、核戦争を実感したのは、
沖縄の核基地で働いていた元米軍兵士でした。

※1962年10月から11月にかけてキューバに核ミサイル基地の建設が明らかになったことから
アメリカ合衆国がカリブ海で海上封鎖を実施し、
アメリカ合衆国とソビエト連邦とが対立して緊張が高まり、
全面核戦争寸前まで達した危機的な状況のこと。(wikipedia「キューバ危機」)

それに先立つ1959年6月19日、
迎撃用核ミサイル(現在のPAC3に相当)ナイキ・ハーキュリーズは
核弾頭を積んだまま那覇基地(現在の那覇空港)から誤射されました。
幸いにして核爆発は起こりませんでしたが、
起こっていたら、那覇は影も形もなくなっていたことでしょう。

こうした事実は、
いままで全く知らされていませんでした。
沖縄の人々も知りませんでした。
1980年あの国際反核運動のうねりの中でも、
ひと言も語られることはありませんでした。

米元兵士の老人たちが語る1950~60年代の事実は、
NHKスペシャルスタッフが足で稼いだスクープです。

再放送は本日9月19日月曜日の深夜です。
2017年9月20日(水) 午前0時10分(50分)

内容紹介
http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20170910

なお、Nスペはこの夏、
玉が尽きるほどに
15年戦争に関連した多くの力作を放送しました。

安倍晋三、金正恩、ドナルド・トランプら、
核冒険主義者らの跳梁にたいして警告を発し、
戦争というものを掘り下げてくれた、
製作スタッフの皆さんの努力に感謝です。

★『戦慄の記録 インパール』
★『731部隊の真実 ~エリート医学者と人体実験~ 731』
★『ドラマ 東京裁判』
★『沖縄 空白の1年  ~“基地の島”はこうして生まれた~』
★他

http://www6.nhk.or.jp/special/backnumber/index.html?gid=history_travel
加えて、youtube、dailymotionなどでも、動画検索してみてください

ni0615田島拝





CML メーリングリストの案内