[CML 050210] 「被災地からの声「福島県浪江町」」と「福島県大玉村」

京都の菊池です。 ekmizu8791 at ezweb.ne.jp
2017年 9月 11日 (月) 23:57:53 JST


「被災地からの声「福島県浪江町」」と「福島県大玉村」 


転送転載可

京都の菊池です。登録しているML を通して、

 京都のGREENさんに、
今日の早朝から明日のテレビ番組を

を教えていただきました。

※後日NHKオンデマンドでも見れると思います。
 

・・・
みなさま、京都のGREENです。

「テレビ放送の紹介(2017年9月11日~9月12日)」です。

http://blog.goo.ne.jp/01780606/e/82a3b1498a9d3849c15cfc3eb6c671e3

テレビ放送のお知らせです。日時は関西のものとなっていますので、他地域の方はご確認の上でご覧下さい。

なお、予定は急に変更されることがあります。
・・・ 

(これのトップにあるように、今日の早朝は、
 「NNNドキュメント「なぜアメリカ人はヒロシマに?核の脅威高まる中で」」(読売テレビ
が、放送されました。

朝のニュースは、

 「NHKニュース おはよう日本 
〇東日本大震災から6年半 

〇実現できる?企業の週休3日制 
〇増加する「企業主導型保育所」と、支える「子育て支援員」
〇進化するカラオケ」(NHK総合 午前07:00~07:45)

▼東日本大震災から6年半 生活再建へ課題は・・・

と、予告され、

短い時間で、墓参りと仮設住宅の様子を報じていました。

そして、今日の深夜は、 

 「被災地からの声「福島県浪江町」」(NHK総合 深夜午前02:25~02:48)

福島県浪江町を取材。▽被災経験から看護師になる。ふるさとを奪われた悔しさを語る。紙芝居を通して浪江町を伝える活動。6年半ぶりの帰還を喜ぶ。

http://www.nhk.or.jp/sendai/hisaichikara/
 
が放送予定です。

紹介を読む限り、

避難を続けざるをえない人を、取材しないようです。

帰還した人を取材する分には、
20ミリシーベルトで避難指示解除についてを、
取材者は、
帰還した人が、自分で決めたのだからと、
いくらでも、目をそらせられるけど、

国策東電原発事故による放射能汚染地域以外に避難し、
放射線防御の国の基準1ミリシーベルトに、そこの住民と同じく守られ、そのための施策を、避難して受けられるようになったのに、
その20倍の放射能、20ミリシーベルトより下がったから避難指示解除といわれても、
納得がいかないと、
避難を続けざるをえない人から、
たずねられたとき、
取材者は説明できない。

取材者は、それとも、国が決めたことだから、正しいんですと。言い切るでしょうか。

取材者は、
国策東電原発事故による放射能汚染地域に住み放射能と向き合っている人や、帰還し向き合うことになった人や、避難を続けている人にも、取材し、
その人たちが向き合っていることについて、向き合い伝えていただきたいと思います。

 と書いている途中に、

 京都のGREENさんの
「テレビ放送の紹介(2017年9月13日~9月14日)」です。

http://blog.goo.ne.jp/01780606/e/230d34fab6fb250f27433ec40e456476 

で、

時間は5分と短いですが、明日9/12午前中に、

 「あの日 わたしは~証言記録 東日本大震災~「福島県大玉村 鹿目久美さん」」(NHK総合 午前10:50~10:55)

東日本大震災に遭遇した人々の証言。福島県大玉村に住んでいた鹿目久美さんは、原発事故による被ばくから子どもを守るため、夫の反対を押し切って神奈川県の実家に避難した。

http://www9.nhk.or.jp/archives/311shogen/

が放送予定であることを教えていただきました。

短い時間ですが、何を伝えるでしょうか。 


京都の菊池です。の連絡先
 ekmizu8791あっとezweb.ne.jp
(送信の時は、あっとを@に変更して送信してください)


CML メーリングリストの案内