[CML 050205] 【報告】第2336日目★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2017年 9月 11日 (月) 06:02:26 JST


青柳行信です。9月11日(月)。 【転送・転載大歓迎】

☆原発とめよう!九電本店前ひろば第2336日目報告☆
       呼びかけ人賛同者9月10日迄合計4378名。
原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
  
★ 私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
     <ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです。>

★ 橋本左門 <無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆「核威嚇する者の未来に光はない」安倍晋三よお前の事だろ
        (左門 2017・9・11-1882)
 ※米ソの核軍拡競争という「恐竜の脳(暴力による縄張り主義、
 K・セーガン)の本能に従って核戦略体制が世界・地球を現実的
 に呪詛している。北朝鮮の行為は「挑発」に見えるが、北をそこ
 へ追いやった米国と同盟国が「挑発の根源だ」。9条に立脚して
 世界を導くべきは日本の首相であろう。トランプの博徒に光無し。


★ 「原発なくす蔵(ぞう)☆全国原発関連情報☆」 さんから:
 http://npg.boo.jp/  からのお知らせです。

本日9月11日(月)更新しました。情報の倉庫として進化しています。

9月8日金曜日の夜、霞ヶ関の官庁街から官邸前・国会正門前までを歩き、集会に
参加しました。
各所で、ロウソクの明かりをともす人、読経する人、歌唱する人、自転車を走ら
せる人・・皆、強い意思を静かに表明しています。
官邸では、安倍首相が各府省の副大臣と会食していました。
官邸前からの「ミサイルが怖けりゃ、原発止めろ」などのコールや、「東電によ
る再稼働は絶対に認められない」などの力強い演説。
静かなる会食はさせません。
毎週金曜日夜の風景を No Nukes Photographer(facebook)さんがアップして
います。蔵の【首都圏】のタイルに掲載。 https://www.facebook.com/
teppeisphotos/?pnref=story
 
【消えゆく原発】を左クリックしてください。連載が続いています。
栗山次郎さんのテント一週一文の第17弾(れ)では、ipos(アイポス)2016 
を紹介。
政治・社会の情報を発信する福岡の若者の組織です。
末尾には、iposの一人が書いてくれた 8月27日オール九州の集会 についての
文章も掲載しています。

【トピックス】には、8月27日オール九州の集会事務局が、九電への抗議ととも
に、安倍首相、佐賀県・福岡県・長崎県知事、佐賀県下の全市町、長崎県・福岡
県の玄海原発に近接する市に対して、集会アピールと要望書を送ったことを報告
しています。とくに、佐賀県の県知事・全市町に対しては、佐賀県下で活動する
団体が手分けして要望書を作成しています。

【各地の運動】を左クリ ックしてください。
東北・青森より「なくそう原発・核燃あおもりネットワーク」さんからの報告で
す。
詳細は、文末記載のホームページでご覧ください。蔵の【東北】のタイルにも掲
載。
大間風船計画、大MAROCKなど、2017年夏も熱いイベントを実施されています。

【STOP! 玄海原発再稼働】【過去の原発関連の動き】では、8月分年表とともに
9月分も掲載。
原発輸出のためなら民間投資であっても国が保証・補填しようとする動き、
東電の柏崎刈羽原発再稼働の審査を通そうする規制委員会の動きなど、
見過ごしてはならない‘’トンデモナイ‘’ことが続いています。

☆新たな集会 ・訴訟などの情報、リンク先、寄稿文も随時募集しています。
メールアドレス  mailto:info at npg.boo.jp  まで情報をお寄せください。お待
ちしています。
なお、原稿はできるだけチラシなどの添付ではなく、掲載形式でお送りください。☆


★ 福岡の福島久子 さんから:
  ☆不透明化、戦略特区の文書管理
 ※(毎日新聞9月10日朝刊より借用)
 国家戦略特区の認定手続きの文書記録に関して、
 新たな基準作りを検討しているという。
 閣僚レベルの折衝に上げる前の、省庁間のやり取りは、
 双方が合意した内容に限って、議事録を作成し、
 「合意でないものは政策に影響を与えないようにすべき」
 となった。
 「透明性向上」をうたいながら、不透明化の勧めである。
 加計問題を、不透明にして、やり過ごすことは許されない。


★神奈川菅原 さんから:
自然放射能を体内に濃縮する生物は滅びた。

今まで放射性をもたなかった元素に人工的に放射性を持たせしまうと、
その元素を濃縮して利用していた生物は、集中的な内部被曝をしてしまう。

また、トリチウムの場合については、
放射線が電子をはじき飛ばしてDNAを破壊する電離作用の危険性と、
放射線が水分子に当たって活性酸素を生じ、
その活性酸素の化学反応によるDNA破壊の危険性のほかに、
DNAにとりこまれたトリチウムがヘリウムに変わってしまうことによる
DNAの直接破壊の危険性がある。


★ 宮崎・黒木和也 さんから:

*双葉郡7町村「無職」55%超 福島大、住民アンケート
朝日新聞デジタル 9/10(日) 11:06配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170910-00000046-asahi-soci

*<復興>進展、自治体間に差 交付金基金、3割未執行
毎日新聞 9/10(日) 9:30配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170910-00000009-mai-soci

*北朝鮮、核開発非難した仏に猛反論「まずはフランスが核兵器を放棄せよ」
AFPBB News 9/10(日) 11:00配信 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170910-00010004-afpbbnewsv-int

*オスプレイ、岩国から沖縄帰還 沖縄知事「原因公表を」
東京新聞 2017年9月10日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201709/CK2017091002000117.html

*「植草一秀の『知られざる真実』」 2017/09/11
    核開発に対する日本の二重基準を正すべき 第1842号
   ウェブで読む:http://foomii.com/00050/2017091100100041130
   EPUBダウンロード:http://foomii.com/00050-41714.epub


★ 中西正之 さんから:
BWR (沸騰水型原子炉)の出力発振-核暴走事故の危険性-の報告1
<1995年に日本でも過酷事故問題の良い報告が行われている>
1995年7月15日に「BWR (沸騰水型原子炉)の出力発振一核暴走事故の危険性一」
が発行されています。
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/seminar/100/PDF/No43-1.pdf
そして、この報告書の中に資料として「資料:シビアアクシデントの研究で何が
議論されているか」があり、別途インターネットに公開されています。
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/seminar/100/PDF/No43-2.pdf
この資料を調べてみると、日本では安全神話が広く国民に信じられていた時代に、
既に福島第一原発のようなメルトダウの発生や水素爆発によって、大量の放射性
物質が格納容器から大気中に飛散する可能性が大きい事が報告されていました。
 この報告は、直接はBWR(沸騰水型原子炉)の特有の出力発信の問題の検討であ
り、川内原発や玄海原発のような加圧水型原発の問題ではありません。
 福島第一原発のメルトダウン事故の発生の前まで日本で稼働していた原発は沸
騰水型原発と加圧水型原発が有りますが、アメリカで最初に開発された原発は原
子力潜水艦用に開発された加圧水型原発で、原子炉の中では水蒸気の発生は行わ
ず、蒸気発生器を使用して水蒸気の発生を行ったので、二度手間にはなりますが、
原子炉の中の冷却は安定していました。しかし、原子炉の中で水蒸気を発生させ、
蒸気発生器をなくした沸騰水型原発が開発され、経済的な原発が使用されるよう
になってきましたが、しかし原子炉の中の安定性には問題がたくさん出てきたよ
うです。
 そして、アメリカで建設された沸騰水型原発にたくさんのトラブルが起きて、
メルトダウン事故の危険性が知見されるようになって、様々な対策が行われるよ
うになったようです。
 BWR (沸騰水型原子炉)の出力発振一核暴走事故の危険性は、それらの検討の中
の重要な項目のようです。
 この報告書の49ページに「この問題を調査していく過程で,私達は日本の原発
事故についての情報の少なさに,改めて驚きました.アメリカの原発事故につい
ては,アメリカの情報公開法(Freedom of Information Act, FOIA)に基いてあ
る程度の情報は入手できます.」とあります。
 そして、この報告書は、BWR (沸騰水型原子炉)の出力発振-核暴走事故の危険
性-の解明を始めて、日本の原発のメルトダウン対策に如何に重要な問題が有る
かに気付いてきたとして、良くまとめられて、報告されています。
 そして、本文の43ページから49ページに「7.シビアアクシデント対策」が説明
されています。
 また、資料「シビアアクシデントの研究で何が議論されているか」で、詳しく
説明されています。
 これらの報告を調べていると、日本でもアメリカ等と同じように、「シビアア
クシデント対策」をもっと公開し、日本国内でも「シビアアクシデント対策」を
もっと真剣に検討していれば、福島のメルトダウン事故とそれによる放射性物質
の空中や地中への放散は防げたように思われます。
しかし、福島のメルトダウン事故から6年間が過ぎても、この報告書が提起して
いるような「シビアアクシデント対策」は、日本ではあまり改善されたようには
思われません。


★ 木村雅英 さんから:
 緊急行動【予告】9.13規制委緊急抗議行動
 ~東電柏崎刈羽原発の再稼働を認めるな~
 (9月13日〈水)10時~13時)

来られる方は原子力規制委員会が入っている六本木ファーストビルにおでかけく
ださい。

9.13規制委緊急抗議行動
~東電柏崎刈羽原発の再稼働を認めるな~
2017年9月13日(水)10時~13時(定例会議は10時半~12時)
六本木ファーストビル前 
共催:	10時~13時	原子力規制委員会毎水曜昼休み抗議行動
	11時~13時 再稼働阻止全国ネットワーク
(「原子力規制を監視する市民の会」も12時から抗議行動を予定、一緒にやり
ます)
注:小雨決行

 54基の既存原発の再稼働を推進してきた原子力規制委員会がいよいよ柏崎刈
羽原発の設置変更許可の認可(「合格」と報道されている)を9月13日(水)
午前の定例会議で決めようとしています。
 福島原発事故を起こした東電、イチエフの収束も廃炉への道も被害者賠償も見
えない中で膨大な費用を国民に税金と託送料金で払わせている東電、免震重要棟
の基準地震動未達を3年もひた隠しなど数々の不祥事を起こしている東電、放射
能汚染水をたれ流し続けトリチウム汚染水問題で漁連を怒らせた東電、こんな東
電に原発再稼働を許すことはできません。
 原子力規制委員会は、「あれはあれこれはこれとはいかない」、「はらわたが
煮えくり返る」などと言いながら、「原子力マフィア」の思惑どおりに、結局は
東電柏崎刈羽原発6,7号機の再稼働を認めようとしている。それも既に悪評高
い田中俊一委員長体制の間に、更田新委員長体制の前に。
怒りを結集しましょう!
 9月13日(水)は、10時半から定例会議が開催されます。
定例会議開始前の10時に原子力規制委員会前に集まって抗議を開始し、定例会
議を傍聴する方はそのまま中に入り、残った者は続けて外から抗議を続けましょ
う。
 毎週水曜日昼休みに抗議行動を続けている「原子力規制委員会毎水曜昼休み抗
議行動」と「再稼働阻止全国ネットワーク」が共催します。また、毎週金曜夕に
抗議行動を続けている「原子力規制を監視する市民の会」も12時からの抗議行
動を予定されているので、一緒に抗議行動をします。
みなさん、是非六本木ファーストビル前に結集願います。
また、可能な方は原子力規制委員会定例会議の傍聴を申込んで傍聴してください。

場所:原子力規制委員会ビル(六本木ファーストビル)前 港区六本木1丁目9番
9号)東京メトロ南北線「六本木一丁目駅」から「泉ガーデンタワー」を経て徒
歩4分 日比谷線「神谷町駅」徒歩8分

規制委定例会議の予定については次をご覧願います。
http://www.nsr.go.jp/disclosure/committee/kisei/00000269.html

傍聴申込の締切は12日(火)午前中。短いメール一本で傍聴申し込みができま
す。
宛先:nra-bocho at nsr.go.jp
タイトル:第37回原子力規制委員会の傍聴希望
本文:原子力規制庁 長官官房 総務課 会務担当 御中
  第37回原子力規制委員会(9月13日)の傍聴を申込みます。
  氏名:漢字(カタカナ)
  職業:
  連絡先:電話・FAX番号、メールアドレス
あるいは、電話でもFAXでも申込み可能です。
TEL:03-5114-2108、FAX:03-5114-2172
ここに抗議の電話をするのも良いかも知れません。


★ 田中一郎 さんから:
(報告)(新ちょぼゼミ 「オルタナティブな日本を目指して」第3回企画)討
論集会:脱原発ロードマップと新エネルギー政策 当日録画 & レジメ(2017年9
月7日) いちろうちゃんのブログ
 http://tyobotyobosiminn.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/201797-9b54.html


★ 池田年宏(大分県中津市) さんから: 
  オスプレイ緊急着陸を問う大分集会

皆様

8月末に米軍機オスプレイが大分空港に緊急着陸し
11日間「居座り」続けました。
この機体は6月に伊江島で緊急着陸したもので、
今回岩国基地を離陸する際も白煙をあげていたそうです。
岩国ー大分ー沖縄というルートが、これからどのように
運用されていくのか、その危険性は、県や防衛局の対応は
どうなのか。知り、考え、声をあげなければ、と思い
標記の会を計画しました。

9月30日(土)13:30~15:30頃
大分市コンパルホール400号室
資料代カンパ1000円
講師に屋良朝博さん(ジャーナリスト、元沖縄タイムズ論説委員)を
お招きしています。
どうかご協力のほど、よろしくお願いします<(_ _)>


★ 深水登志子(Stop! 沖縄新基地建設・福岡) さんから:
   目取真俊講演会のお知らせです

皆さんこんにちは。今日は、私が高江から福岡に引き上げてきた時からずっと夢
に描いてたイベントのお知らせです。現場で私がもっとも影響を受けた人、目取
真さんの講演会です。多くの方に直接お話を聞いていただきたいと切に願います。
目取真俊×辺見庸〜2人の芥川賞作家の対談集『沖縄と国家』↓(角川新書/800
円)の会場販売も行います。http://tinyurl.com/ycj2vqg5
こちらも合わせてよろしくお願いいたします。

【ならゆんおきなわ第16回勉強会】
テーマ:『戦後』ゼロ年の沖縄を語る〜現場から見えるヤマトゥ〜
講師:目取真 俊 さん
案内チラシ表 http://tinyurl.com/ya5gyet4
     裏 http://tinyurl.com/y972bye3
日時:2017年10月28日(土) 18:15開場 18:30講演開始
場所:福岡市市民福祉プラザ「ふくふくプラザ」5F 502・503研修室
福岡市中央区荒戸3丁目3番39号
http://www.fukufukuplaza.jp/info/access.html

参加費:500円
*※要事前予約* → http://www.kokuchpro.com/event/171028medoruma/

   - 必ず事前予約をされて下さい。御予約なしで御来場されても御入場いただ
けません。
   - 録音録画は全面的に禁止です。写真撮影については、主催者の指示に従っ
てください。
   - 質疑応答を行います。質問用紙を配るので、準備をお願いします。(但し
時間の都合上、全部に回答はできません)

主催:ならゆんおきなわ https://narayun-okinawa.jimdo.com/
共催:福岡YWCA平和グループ/沖縄とむすぶ市民行動・福岡

お問い合わせ:
TEL 050-3736-4153(留守電対応)
E-mail narayun.okinawa@gmail.com

【目取真 俊(めどるま しゅん) プロフィール】
1960年、沖縄県今帰仁村生まれ。琉球大学法文学部卒業。県立高校の教職にあっ
た1997年、『水滴』で第117回芥川賞・九州芸術祭文学賞を受賞。2000年『魂込
め』で木山捷平文学賞・川端康成文学賞を受賞。『風音』は自らが脚本を手がけ、
2004年に映画化。
小説の中で沖縄戦や基地問題をテーマに「沖縄」を描くとともに、名護市辺野古
の新基地建設、東村高江のヘリパッド建設に対する抗議行動の最前線で体を張る。
ブログ「海鳴りの島から」による現場状況の発信は、沖縄に連帯する多くの人た
ちの注目を集め続けている。


★ 前田 朗 さんから:
・ヘイト・スピーチ研究文献(108)民事訴訟の意義
曽我部真裕「人権訴訟における民事訴訟の意義――ヘイト・スピーチ裁判を例と
して」『自由と正義』2016年6月号
http://maeda-akira.blogspot.jp/2017/09/blog-post_10.html

・ヘイト・スピーチ研究文献(107)憲法学的規制論の提案
藤井正希「ヘイトスピーチの憲法的研究――ヘイトスピーチの規制可能性につい
て」『群馬大学社会情報学部研究論集』23巻(2016年)
http://maeda-akira.blogspot.jp/2017/09/blog-post_9.html


★ ヒソカ(まえだけいこ)[福岡市民救援会:2177]  さんから:
 報告とお願い 福岡県警沖縄派遣費用住民訴訟
http://blog.livedoor.jp/fukukyuen/archives/50719089.html


---集会等のお知らせ------

●「原発なくす蔵(ぞう) ☆全国原発関連情報☆」●
ホームぺージ http://npg.boo.jp/   

●合同会議●
さよなら原発!福岡
福岡県総がかり実行委員会
 (旧・アベ政治を許さない福岡県実行委員会)
9月15日(金)18時30分~ 
場所:ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)
 福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号(あいれふ8階)
      地図 http://www.kenkou-support.jp/access/

議題:8.27「オール九州 玄海原発 再稼動許さない!」集会
   ふりかえりと今後の取り組み

●「市民連合ふくおか」例会●
 9月22日(金)17:00~
場所:ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)
    地図 http://www.kenkou-support.jp/access/

●市民連合ふくおか「市民憲法講座」 ● 
     「憲法について語りあおう」
第16回目:  9月22日(金)18:30~
・発題者: 石川捷治(九州大学学名誉教授・政治史研究者)
・テーマ: 改憲勢力をめぐる政治状況  パート
場所:ココロンセンター(福岡市人権啓発センター)
案内チラシ http://tinyurl.com/yajaapfm

●【市民連合ふくおか・会員募集】●
http://tinyurl.com/jpufydg

●元原発労働者梅田さんの労災認定を求める裁判関係●
      梅田裁判判決
 12月4日(月)14時30分。多くの傍聴をお願いいたします。
福岡高等裁判所「501大法廷」中央区城内1-1(地下鉄・赤坂徒歩5分)
・原発労災梅田裁判  ◇◇◇ 年表 ◇◇◇
http://tinyurl.com/ydhrltfl

●2017/8/27日警固公園 「オール九州玄海原発再稼働許さない!」集会デモ。
http://whosanf.exblog.jp/237686307/

※ 日本政府・関係自治体の首長、さらに九州電力に対して、
「要望書」http://tinyurl.com/y7hfs89r

●「玄海原発の再稼働になぜ反対するのか!」●
http://tinyurl.com/zokzgym

●九州電力に提出した公開質問状●
http://tinyurl.com/y9p3nwa9

●「原発なくす蔵(ぞう) ☆全国原発関連情報☆」●
ホームぺージ http://npg.boo.jp/   
設立趣旨文 http://npg.boo.jp/info/syusi.pdf
皆さまの所で、今、どこで、どんな運動が展開されているのか
「原発なくす蔵」のメールアドレス info at npg.boo.jp  まで
情報をお寄せください。
原則として1週間ごと月曜日に更新します。

○-----------------------------○
      ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば・テント★☆              
          午前10時から午後3時。(月・火・木曜 開設)
           (水・金・土・日曜・休日は閉設) 
    ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
       場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1-82
     地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
         ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211青柳) ☆★
        <facebook、twitter、ブログ等で拡散よろしく>

●<私の>●
裁判意見陳述書 http://tinyurl.com/h46otep
facebook: http://tinyurl.com/pytdluz
twitter: @aoyagi7
ブログ: http://ameblo.jp/aoyagi6211/
ホームページ http://sayonaragenpatu.jimdo.com/
Skype blueskyao1
☆活動・報告メルマガ★原発とめよう!九電本店前ひろば★
へのカンパを受け付けていますので、
よろしくお願い致します。
郵便振込 加入者名 さよなら原発!福岡 口座番号 01770-5-71599 

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
          青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************



CML メーリングリストの案内