[CML 050186] 原子力資料情報室/新外交イニシアティブ:再処理・プルトニウム問題を伝える訪米活動へのご支援のお願い

Akio Taba akio-taba1116 at nifty.com
2017年 9月 9日 (土) 01:32:25 JST


田場です。

日米原子力協定の満期を1年後に控え、
新外交イニシアティブ(ND)は原子力情報室と共同で、
ワシントンでシンポジウム、関係者に対するロビイングなどを行います。

関心が高まっているとはいえない問題ですが、ぜひご支援をしていただけると幸い
です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

各位
(重複失礼いたします)

平素は活動にご支援をいただきまして、誠にありがとうございます。
この度、原子力資料情報室と新外交イニシアティブ(ND)は共同で、日米
原子力協定の満期を1年後に控えたこの時期に、使用済み核燃料の再処理
によるプルトニウム蓄積の問題などについての意識喚起を目的に、訪米団
を派遣することといたしました。

日米の民生用原子力協力の基礎となる日米原子力協定は2018年7月に
30年の協定期限を迎えます。この協定において米国は日本に対して使用済み
核燃料の再処理実施をEURATOM以外では唯一認めています。

日本はこれまで核物質の最小化を国際的に約束してきました。しかし、
2016年末現在で46.9トンものプルトニウム(核弾頭約6000発分相当)
を国内外に保有し、これに対して国際的な懸念が呈されています。日本原
燃は2018年上期には六ヶ所再処理工場を完成させるとしており、これが
稼働すれば、毎年8トンのプルトニウムがさらに分離されることになります。

これまで、米国政府は、核燃料サイクル政策自体は日本の国内問題だとし
つつ、核セキュリティ上の懸念や日本が再処理を実施することによる他国
への影響といった観点から、日本の再処理政策について様々なレベルで懸
念を提示してきました。しかし、日米原子力協定は現状では自動延長が濃
厚な状況となっています。

そこで、米国議会関係者やシンクタンクなどに日米原子力協定が持つ核拡
散上のリスクを喚起することを目的に訪米団を派遣することといたしました。

9月10日〜15日に予定されている今回の訪米では、米議会でこの問題を
管轄する上下院の外交委員会所属の連邦議会議員との面談や、米政権の政
策に強い影響力を及ぼす最大手のシンクタンクであるブルッキングス研究
所や日米関係に影響力を持つマンスフィールド財団での研究会などの開催
を予定しています。

また、日米関係においてもっとも強い影響力を持つCSISにおいて、元国務
省高官等も招いた公開シンポジウムの開催も予定しており、大変充実した
日程となっています。

原子力資料情報室からは、伴英幸(共同代表)、松久保肇(事務局長)、ケイ
ト・ストロネル(スタッフ)、新外交イニシアティブ(ND)からは、猿田
佐世(事務局長・弁護士)、久保木太一(研究員・弁護士)が参加します。
他、超党派の国会議員や三上元氏(元湖西市長)、山田清彦氏(核燃サイク
ル阻止1万人訴訟原告団・事務局長)、アイリーン・美緒子・スミス氏(グ
リーン・アクション)等にもご参加いただきます。

訪米団の派遣には渡航・滞在費(一人約30万円)、通訳費(一日約15万円)
含め多くの費用が必要となります。他にも費用を集める努力をしております
が、あと150万円ほど足りません。

つきましては、この訪米活動にご賛同いただける方にご寄付のご支援をお願い
申し上げます。

【ご寄付の方法】
下記の方法によりご支援ください。なお、新外交イニシアティブ(ND)への
ご支援の場合にも、今回につきましては、下記の通り原子力資料情報室の口座
にご送金いただき、「訪米団への寄付」である旨ご記載ください。

※原子力資料情報室へのご寄付は、寄付金控除や税額控除の対象となります。

●クレジットカードの場合
Paypalにてご寄付いただけます。
http://www.cnic.jp/support/donationの「今回ご寄付の場合」からご寄付くだ
さい。

●お振込の場合
郵便振替口座 00140-3-63145
加入者名 原子力資料情報室

※銀行ATMなどからの場合:
ゆうちょ銀行 ○一九店 当座 0063145
※お手数ではございますが通信欄にお名前、ご住所、訪米団へのご寄付である旨
をご記載ください。

参考資料:『岩波ブックレット アメリカは日本の原子力政策をどうみているか』
鈴木達治郎・猿田佐世(岩波書店・2016)』
http://amzn.to/2eUxq1q

※原子力資料情報室(Citizens’ Nuclear Information Center)
http://www.cnic.jp/

※新外交イニシアティブ(New Diplomacy Initiative)
http://www.nd-initiative.org/

【新外交イニシアティブ(ND)日米原子力エネルギープロジェクトについて】
ND日米原子力エネルギープロジェクトでは、3.11以後の日本の原発政策につい
て、米国から、具体的に誰によって、どの様な圧力がかけられてきたか、また日米
の原子力業界がどの様につながってきたかを調査してきました。加えて、日本の使
用済み核燃料再処理に米国が反対している事実、米国では原発は斜陽産業と認識さ
れている事実なども調査・報告しています。

これまでに行った訪米活動(ワシントンD.C.・ボストン)においては、米国の元政
府関係者(エネルギー省・ホワイトハウス・原子力規制委員会(NRC))や原子力
専門家、議会関係者らにインタビューを行い、日本の原発再稼働・再処理について
の米国における見方や2018年に期限を迎える日米原子力協定の行方等につき幅広く
意見を伺ってきています。

日本国内においても、反対派、推進派も含めた国内の原子力関係者へのインタ
ビュー
や、米専門家を招いたシンポジウムなども開催してきました。

2016年10月には、これらの調査・研究活動をまとめた第一弾の報告として、同プロ
ジェクトメンバーの他、訪米にご同行もいただいた鈴木達治郎氏(長崎大学核兵器
廃
絶研究センター長・教授、元内閣府原子力委員会で委員長代理)にも執筆にご協力
い
ただき、『アメリカは日本の原子力政策をどうみているか』(岩波ブックレット)
を
刊
行しました。同書籍は、Amazonの原子力・放射線カテゴリーにおいて数週間にわた
り1位を獲得しています。 ぜひご一読いただければと思います。
http://amzn.to/2eUxq1q


新外交イニシアティブ(ND)事務局
====================
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-15-9 さわだビル5F
TEL 03-3948-7255 / FAX 03-3355-0445
E-mail info at nd-initiative.org
Web http://www.nd-initiative.org/
====================






===================
弁護士 田場暁生
東京都豊島区西池袋1-17-10 
エキニア池袋6階 城北法律事務所
TEL  03(3988)4866  FAX 03(3986)9018
Email  akio-taba1116 at nifty.com
===================




CML メーリングリストの案内