[CML 048272] Fwd: たんぽぽ舎です。【TMM:No3086】地震と原発事故情報-5つの情報をお知らせします

りょうこ baffydct at gmail.com
2017年 5月 26日 (金) 21:49:00 JST


----------転送メッセージ----------
From: *たんぽぽ舎* <nonukes at tanpoposya.net>
日付: 2017年5月26日金曜日
件名: たんぽぽ舎です。【TMM:No3086】地震と原発事故情報-5つの情報をお知らせします
To:


たんぽぽ舎です。【TMM:No3086】
2017年5月26日(金)地震と原発事故情報-
5つの情報をお知らせします
転送歓迎
━━━━━━━
★1.高浜原発3号機再稼働へ現地抗議行動、6月上旬予定
(関西電力がまだ日程を未発表)
「再稼働阻止全国ネットワーク」
★2.メルマガ読者からの原発情報提供3つ(抜粋)
黒木和也 (宮崎県在住)
★3.メルマガ読者からの「新潟日報」情報
  金子 通 (たんぽぽ舎会員)
★4.ジャーナリズム研究の砦を奪還する (下)
教授職を奪った村田晃嗣・同大前学長との闘い
浅野健一 (同志社大学大学院メディア学専攻
              博士後期課程教授)
  (大阪高裁で地位確認訴訟中)
★5.新聞より2つ
◆「住まい奪わないで」 福島から避難 震災復興委で訴え
              (5月26日東京新聞朝刊28面より抜粋)
◆地元集落(音海地区) 異例の反対
関電高浜原発 運転延長に意見書
「人寄りつかなくなる」 (5月21日愛媛新聞より抜粋)
━━━━━━━
※明日です!ご参加を!
5/27緊急第2弾「東電は責任をとれ」連続講座第23回
「原発被害者切り捨て、住宅を奪うな」講演会
安倍政権の原発被害者切り捨てを止めさせ、
「住宅補償打ち切り」を撤回させるために!
◎鴨下祐也さん(福島原発被害東京訴訟原告)と一緒に考えよう

第1部:ドキュメンタリー映画の上映(37分)
「終の住処を奪われて…福島原発被害東京訴訟」
第2部:お話・鴨下祐也さん(福島原発被害東京訴訟原告団長)
・菅井益郎さん(国学院大学:前教授)、他
日 時:5月27日(土)14時より16時
会 場:「スペースたんぽぽ」(ダイナミックビル4F)
参加費(資料代含む):800円(学生:400円、避難者無料)
━━━━━━━
※6/3(土)学習会にご参加を!
福島第一原発事故で政府・東電・マスコミは
健康被害を隠蔽している

お 話:渡辺悦司さん (市民と科学者の内部被ばく問題研究会)
日 時:6月3日(土)14時より16時30分
会 場:「スペースたんぽぽ」(ダイナミックビル4F)
参加費:800円
━━━━━━━

┏┓
┗■1.高浜原発3号機再稼働へ現地抗議行動、6月上旬予定
| (関西電力がまだ日程を未発表)
└──── 「再稼働阻止全国ネットワーク」

日時:6月上旬(日にち未定、1日~2日、5日などの可能性)
場所:高浜原発付近(原発奥、ゲート前)
行動:(概略予定)
12時頃に高浜原発奥(音海地区側)展望所に集合、
13時からゲート前までデモ、13時30分に関電申入れ、
17時30分まで座り込み。
別に、前日にアメーバデモを行い、宿泊し、当日午前に高浜町役場へビラ入
れ、なども検討中。
交通:現地までは公共輸送機関を利用
現地では、レンタカーなどを確保してゲート付近まで移動
また、現地ではマイクロバスを京都から出すことも
検討されている(朝9時15分京都駅発)。
交通費補助:「原発現地へ行く会」から補助(予定)
参加申込み・問い合わせ:
「再稼働阻止全国ネットワーク」 TEL 070-6650-5549
                   info at saikadososhinet.sakura.ne.jp <javascript:;>
または、たんぽぽ舎 TEL 03-3238-9035

・運転できる方募集:高浜駅他からゲート前まで、あるいは京都駅からゲート前
までなど、乗用車での移動を検討しています。免許証をお持ちで運転可能な方は、
参加申込み時にその旨お知らせ願います。

その他:現地アメーバ行動案内
5月28日(日)、29日(月)に高浜、舞鶴でアメーバ行動を計画されています。
こちらに参加される方も大歓迎です。

☆なお、東京では、関西電力東京支社への申し入れ・抗議行動を
毎月1回(第1水曜)、東京電力本店合同抗議行動と連携して
おこなっています。
次回は
日時:6月7日(水)17:30より18:15
  場所:関西電力東京支社前(日比谷公園向かい、富国生命ビル前)

関西電力東京支社への抗議行動終了後、すぐ近く(徒歩5分)の
東京電力本店合同抗議行動(第45回)へ合流します。
18:30より19:45   参加歓迎です


┏┓
┗■2.メルマガ読者からの原発情報提供3つ(抜粋)
└──── 黒木和也 (宮崎県在住)

1.米スリーマイル島原発、廃炉前倒しも 1号機採算取れず
朝日新聞デジタル5/25(木)18:49配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170525-00000069-asahi-int
2.東北電社長:東電事業との再編統合「念頭にない」
時事通信5/25(木)20:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170525-00000038-jijc-biz
3.小泉元首相「原発は安全第一でなく収益第一」京都・永観堂で講演
京都新聞5/25(木)22:10配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170525-00000031-kyt-soci


┏┓
┗■3.メルマガ読者からの「新潟日報」情報
  └──── 金子 通 (たんぽぽ舎会員)

◆再稼働への理解「後退」‐退任の東電新潟本社代表
6月23日に退任する東京電力HD新潟本社の木村公一代表が25日、新潟市中央
区の同社で任期最後の定例会見を開いた。約2年間の在任中に相次いだ不祥事を
踏まえ、柏崎刈羽原発の再稼働に向けた地元理解について「後退したと考えざる
を得ない」と述べた。(後略) (5月26日新潟日報より抜粋)
詳しくはこちらを
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20170526326117.html


┏┓
┗■4.ジャーナリズム研究の砦を奪還する (下)
| 教授職を奪った村田晃嗣・同大前学長との闘い
└──── 浅野健一 (同志社大学大学院メディア学専攻
              博士後期課程教授)
  (大阪高裁で地位確認訴訟中)

☆民主団体、左翼リベラルの敵対

私は14年3月に解雇されるまで、私は関西の非戦・平和、反原発、日朝友好な
どの市民運動と連携してきましたが、学内の左翼リベラル教員、教職員組合など、
ほとんどが「大学の自治」「学部の自治」に介入できないと、支援しないどころ
か、学生に「裁判になったから浅野に関わるな」と“指導”しています。また、
京都の革新系「民主団体」は私の解雇をまったく取り上げてくれません。

☆ネットなどに雇用闘争の記事

2014年に強制終了になった浅野ゼミの20年の歩みはゼミのHPにあります。浅
野ゼミのHPは14年3月に抹消される危機にありましたが、和田喜彦経済学部教
授のHPの中に移行し、アーカイブズの形で存続しています。
http://www1.doshisha.ac.jp/~yowada/kasano/index.html

以下の4団体が私の雇用闘争を支援してくれています。
・「浅野先生の教壇復帰を求める会」
(大内健史・代表幹事、同志社大学文学部16年卒、mr.ootake at gmail.com <javascript:;>)
・「浅野先生を守る会」
(吉川幸祐会長=同大政策学部15年卒astrophysik928 at gmail.com <javascript:;>、木平良史事務
局長=同大法学部卒)
・「浅野健一ゼミ・OBG会」(馬場尚子会長、bbnaoko at gmail.com <javascript:;>)
「浅野教授の労働裁判を支援する会」
(山際永三代表・〒168-0064東京都杉並区永福4-3-2、電話03-3328-7609、
eizoyama at asahi.email.ne.jp <javascript:;>)
また、私は二つのブログを立ち上げました。
・浅野健一のメディア批評
http://blog.livedoor.jp/asano_kenichi/
・同志社大学・浅野教授の労働裁判を支援する会
http://blog.livedoor.jp/asano_kenichi-support/

学生有志が自主ゼミを続け、私の教壇復帰を目指す要望書の署名を集める活動
もあります。ぜひ、ご協力ください。
ウェブの講談社「現代ビジネス」に、私の定年延長拒否の原稿が〈同志社大学
の名物教授が「突然の退職」を通告されるまで〉というタイトルで掲載されてい
ます。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51247
大分県警の盗撮の件で知り合ったフリーの田中圭太郎さん(元大分放送記者)
が地裁裁判の判決などを取材して書いてくれました。田中さんは「週刊金曜日」
3月17日号の「アンテナ」欄にも、3・1不当判決について寄稿しています。私
の雇用裁判は産経(大阪)と京都新聞以外は一字も書いていません。地方版も含
めです。

私の闘いは続きます。二審で必ず勝ちます。健康に気を付けながら、やるべき
ことをやっていきたいと思っています。人報連をベースに報道被害をなくすため
に頑張ります。今は、ライフワークの人権と犯罪報道、日朝関係、安倍晋三記念
小学校疑獄、沖縄・山城博治さん裁判などを取材しています。安倍言論弾圧の単
行本第二弾を準備中です。
「デジタル鹿砦社通信」に沖縄で152日間投獄された山城博治さん初公判に関す
る記事を書きました。http://www.rokusaisha.com/blog.php
「NO NUKES voice」12号に、沖縄・森友・脱原発をめぐる共謀罪問題について
書きます。また、「創」5月号に、安倍晋三記念小學院疑獄について12ページ書
きました。「進歩と改革」5月号にも、「アッキード事件で安倍政治終焉を」と
題して11ページ書きました。「週刊金曜日」4月14日号にも安倍小学校疑獄を書
きました。安倍小学校疑獄はこれからも取材を続けます。たんぽぽ舎の連続講座
も続けます。
みなさん、どうぞよろしくお願いします。(了)

☆追加
「浅野先生の教壇復帰を求める会」(幹事・大内健史さん=同志社大学大学院文
学研究科哲学専攻前期課程1年)の学生たちは、学校法人同志社の水谷誠理事長の
引責辞任(4月22日)により、八田英二総長が理事長を理事長改選のある10月まで
兼任することになったことをうけて、私の復職を求める新たな要望書を提出する
予定だ。
要望書は同志社大学関係者(現役学生・教職員・卒業生)用と、一般市民用の2
つがあり、6月14日までに賛同署名を集め、15日に八田理事長と松岡敬学長へ提
出する。
要望書の賛同署名を呼び掛ける文書と、要望書のPDFは、
ブログ・「浅野健一同志社大学教授の労働裁判を支援する会」
(http://blog.livedoor.jp/asano_kenichi-support/)にアップされています。
この要望書に賛同していただける方は、要望書への署名の意図がある旨を、大
内さん(mr.ootake at gmail.com <javascript:;>)へメールで伝えてください。
その際、氏名、肩書(可能なら住所も)を明記ください。
郵送の場合は山際永三さんへ送ってください。
〒168-0064 東京都杉並区永福4-3-2
山際永三(「浅野教授の労働裁判を支援する会」
代表、電話 03-3328-7609、携帯090-4614-3750)


┏┓
┗■5.新聞より2つ
└────

◆「住まい奪わないで」 福島から避難 震災復興委で訴え

衆院震災復興特別委員会が25日午前開かれ、東京電力福島第一原発事故の避難
区域外から避難する女性が意見陳述に臨み、区域外避難者に対する住宅無償提供
の打ち切り撤回などを訴えた。
女性は福島県郡山市から川崎市に次女と避難し、避難者支援団体「避難の共同
センター」共同代表世話人を務める松本徳子さん(55)。(中略)
「福島県や国が把握できていない避難者がたくさんいる」と行政の実態把握の
不十分さを批判した。 (中略)
「生きるための住まいを奪わないでほしい」と述べ、無償提供打ち切りの見直
しや避難当事者の意見聴取などを促した。
(5月26日東京新聞朝刊28面より抜粋)


◆地元集落(音海地区) 異例の反対 関電高浜原発 運転延長に意見書
「人寄りつかなくなる」

17日に再稼働した関西電力高浜原発4号機(福井県高浜町)の地元集落が原発の
運転延長を巡って揺れている。集落として反対意見書を町や関電に提出する異例
の事態に発展、関電内部には衝撃が走り、発電所の副所長を増員して住民対応を
強化するなど事態収拾に躍起だ。雇用など経済的な恩恵をもたらす原発に理解を
示す立地自治体は多いが、東京電力福島第一原発事故をきっかけに、原発の「地
元中の地元」で変化が起き始めている。
若狭湾に突き出た半島にある高浜町音海地区。集落には約60世帯130人が暮らし、
半島の付け根に位置する高浜原発までは最短約1キロ。(中略)

避難路なし
原発で事故が起きた場合、住民の唯一の避難ルートは、地区内から原発がある
方向に延び、プラントの敷地に沿って走る県道だけ。避難の際は、事故発生中の
原発に向かって進むしかない。(後略) (5月21日愛媛新聞より抜粋)

──────────
☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震と原発事
故情報」へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致
します。
郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

【編集部より】
メルマガ読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他投稿歓迎。
※「川柳・俳句・」短歌」などについても投稿歓迎です。
掲載については編集部の判断とさせて下さい。
1.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」に関しては、平等に掲載する
ため日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先などを
400文字以内でお送り下さい。
件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。
メールマガジンには1回だけの掲載とさせていただきます。
日程が直前にならないよう余裕を持っていただけると幸いです。
2.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、タイトル(見出
し)及び本文をお送り下さい。件名に「メルマガ掲載希望」と明記して
下さい。送付先は「 nonukes at tanpoposya.net <javascript:;> 」です。
なお、お送り頂いた投稿は集会・デモ・講演会のお知らせを含めて紙
面の都合上すべてを掲載できない場合があります。
たんぽぽ舎の会員からの掲載希望を優先させていただく場合もあり
ます。予めご了承ください。
──────────
◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページの「メルマ
ガ:地震と原発事故情報」をご参照下さい。
◆メールマガジンをお送りします
たんぽぽ舎では、「地震と原発事故情報」(メールマガジン)を
発信しています。
ご希望の方は、件名を「アドレス登録希望」として、ご自身の
Eメールアドレスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを
送ってください。
違うアドレスから「このアドレスに送って」ということは間違いの
元となりますのでやめて下さい。登録できしだい発信致します。
・配信の削除につきましても以下のアドレスにメールを下さい。
たんぽぽ舎のメールアドレス: nonukes at tanpoposya.net <javascript:;>
◆携帯電話への送信は、容量が多いためか全文表示できない例があ
ります。
──────────
たんぽぽ舎は、月曜~土曜13:00~20:00オープン、
日曜・休日はお休みです。
〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町2-6-2
ダイナミックビル5F
 TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797
新HP http://www.tanpoposya.com/
郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎
       口座番号 00180-1-403856


CML メーリングリストの案内