[CML 048212] [FoE]( 東京 5/24) 住民訴訟原告団・緊急来日 - 住民の権利 地裁判決 事業リスクについて考える

M.Shimakawa mshmkw at tama.or.jp
2017年 5月 23日 (火) 21:10:43 JST


                                                [TO: CML, keystone, NoNuke]
  * @は at にしてあります。

   (from 『Friends of the Earth International Japan』 改行位置等若干変更)
 --------------------------------------------------------------------------

 Date: Mon, 22 May 2017 19:30:00 +0900 (JST)
 From: FoE Japan mag2 0000049531 <mailmag at mag2tegami.com>
 Subject: 【FoEニュース】5/24セミナー住民訴訟原告団・緊急来日 ─住民の権利、地裁判決、事業リスクについて考える


【FoEニュース】<2017年5月22日発行>
※FoE Japanのメールマガジンをご愛読いただいている皆様に、最新ニュースと開
催直前のイベント情報をお送りします。

今週(5/24)開催のイベント情報です!

4月半ばにインドネシア地裁が住民の訴えを認め、環境許認可が取り消された西ジ
ャワ州チレボン石炭火力発電事業・拡張計画(1000 MW。丸紅、JERA出資)。
国際協力銀行(JBIC)はこの判決の1日前に同拡張計画への融資を決定していまし
た。このように、住民の権利やインドネシアの司法判断を無視した日本の官民に異
議を申立てるため、住民らが緊急来日します。住民や弁護士の生の報告・訴えをぜ
ひ聞きにきてください!

━━━━━━━━━━━━━━━
【住民訴訟原告団・緊急来日】
インドネシア・チレボンの生活を壊す石炭火力にNo!
─住民の権利、地裁判決、事業リスクについて考える─
http://www.foejapan.org/aid/jbic02/cirebon/170524_event.html
━━━━━━━━━━━━━━━

【日 時】 2017年5月24日(水) 19:00〜21:00(開場18:30)
【場 所】日比谷図書文化館 スタジオプラス(小ホール)
           (地図)http://hibiyal.jp/hibiya/access.html
【参加費】無料
【申込み】下記ホームページにある「申込フォーム」よりご記入をお願いします。
           http://www.foejapan.org/aid/jbic02/cirebon/170524_event.html
【共 催】国際環境NGO FoE Japan、「環境・持続社会」研究センター(JACSES)、
気候ネットワーク、     
【協 力】350.org Japan、アジア太平洋資料センター(PARC)、A SEED Japan、
国際環境NGOグリーンピース・ジャパン、熱帯林行動ネットワーク(JATAN)、Fair 
Finance Guide Japan
【問合せ】国際環境NGO FoE Japan(担当:波多江)
           メールアドレス: hatae at foejapan.org
           電話: 03-6909-5983/ファックス: 03-6909-5986

【プログラム】(当日変更する可能性もございます。)
1. チレボン石炭火力発電事業の概要と日本の関わり
2. チレボン石炭火力発電事業に関する現地報告と日本への警鐘(逐次訳あり)
 ・既設発電所から拡張計画に至るまでの住民の反対運動
 ・既設発電所と拡張計画による住民の生活への影響
 ・住民訴訟の内容と地裁判決の意義
 ・インドネシアにおける電力開発事情とチレボン発電事業のリスク・課題
3. 質疑応答

【背景】
 インドネシア西ジャワ州で、日本、韓国、インドネシアの合弁企業が進めてきた
チレボン石炭火力発電事業では、国際協力銀行(JBIC)の融資が投じられ、すでに
稼働中の第1発電所(660 MW)により、小規模な漁業や塩づくりなど、住民の生計
手段に甚大な被害が及ぼされてきました。その上に現在計画中の第2発電所(1,000 
MW)の建設が進めば、住民の生活は一層苦しくなることが懸念されます。

 2016年12月、自分たちの生活へのさらなる被害を食い止めようと、住民グループ
が第2発電所の拡張計画に関する行政訴訟を起こしました。同計画の環境許認可が
地元の州政府によって不当に発行されたと指摘し、計画実施に必要な許認可の取消
しを求めたものです。4月半ばに出された地裁判決は「住民勝訴」。住民らは地裁
の環境許認可の取消判決に歓喜しました。

 しかし、同拡張計画に融資を検討中だったJBICは、同訴訟の進捗について把握し
ていながら、地裁判決の1日前に融資契約を締結しました。これは、住民の権利や
現地国の司法判断を軽視したものであると同時に、「現地国の法律遵守」や「環境
許認可の提出」を融資事業に求めるJBIC自身の環境社会ガイドラインにも明確に違
反しています。また、同拡張計画に出資する日本企業(丸紅、JERA)も、国内法の
遵守を企業行動の原則とする『OECD多国籍企業行動指針』違反の指摘を免れること
はできません。

 このような状況の中、第1発電所の建設時から事業の中止を求め続け、拡張計画
への行政訴訟を起こした住民グループのメンバーがインドネシアから緊急来日し、
事業の進め方や現地の問題、住民の権利について訴えます。また、住民を支援して
きた訴訟担当弁護士と現地NGOからも、訴訟内容や地裁判決の意義、および、イン
ドネシア社会における同事業のリスクや、欧米における石炭事業からの融資撤退の
流れのなか同事業からの撤退を決めた仏銀行の動きについて解説してもらい、日本
政府・企業がどのように対応すべきか考えます。ふるってご参加ください。

【カンパのお願い】
今回、インドネシアからの影響住民の招聘を急遽決めたため、旅費・滞在費等が不
足しています。一口おいくらからでも結構です。カンパの御協力、どうぞよろしく
お願い致します!
●お振込先
郵便振替口:00130-2-68026 口座名:FoE Japan
郵便局備付の払込取扱票をお使いください。
通信欄に、「インドネシア住民来日のための寄付」とご明記の上、住所、氏名を
お忘れなくご記入ください。

━─━─━─━─━─━─━─━
FoE Japanは世界76カ国にネットワークするFriends of the Earthのメンバーです。

◆Be a Friend of the Earth! FoE Japanのサポーターになりませんか?
詳しくはこちら  http://www.foejapan.org/join/index.html

◆本メールマガジンの記事について、転載は自由です。
 出典として「FoE Japan」を明記してご利用ください。

◆本メールマガジンに関するご意見・ご感想、登録・解除の依頼等は下記までお寄
せください。
   Tel:03-6909-5983/Fax:03-6909-5986/e-mail:info at foejapan.org

◆発 行 : 認定NPO法人 FoE Japan (フレンズ・オブ・ジ・アース・ジャパン)
◆編集担当 : 篠原 ゆり子、佐々木 勝教
━─━─━─━─━─━─━─━


 



CML メーリングリストの案内