[CML 048074] 山奥の「マコの宝物」いろいろと えきたゆきこの子ども時代と

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2017年 5月 16日 (火) 07:29:11 JST


「マコの宝物」 <http://www.jca.apc.org/gendai/onebook.php?ISBN=978-4-7738-1703-4>
えきたゆきこ 現代企画室

50年代の山奥の暮らし、主人公は小学生のマコ。

あー、田舎の性別役割分業やだやだ。栃木県のチベットと呼ばれた封建的な風土、まわりは農家ばかり。いまでも田舎に帰ると体調が悪くなるわたし。

この春、20年の刑期を終え出所した浴田由紀子
<http://blog.goo.ne.jp/akame_2005/e/32e2e8c9338560046786814715ed423e>
の本なので、がんばって読む。そして、しだいにマコの世界に魅せられていく。

貧乏だけど、心豊かな里くらし。家に1本しかハーモニカが無いので、姉妹で喧嘩してしまう。でも、思いやって泣いてしまう。

母さまは、くじらうり。マコは一緒についていく。いろんな出来事に、どきどき。

じいさまと、5歳のマコの冒険も楽し。

帯では清水眞砂子
<https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%85%E6%B0%B4%E7%9C%9F%E7%A0%82%E5%AD%90>
が激賞している。



-- 
大山千恵子
ブログ 「千恵子@詠む...」 毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内