[CML 048062] 【共謀罪は廃案に】特高に半殺しにされた杉浦さん(103歳)「治安維持法は大学への弾圧から始まり、労働運動、文化・芸能活動へと対象が広がった」(ゲンダイ)

りょうこ baffydct at gmail.com
2017年 5月 15日 (月) 10:22:52 JST


【共謀罪は廃案に】特高に半殺しにされた杉浦さん(103歳)「治安維持法は大学への弾圧から始まり、労働運動、文化・芸能活動へと対象が広がった」(ゲンダイ)
http://健康法.jp/archives/29951 <http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/29951>

――治安維持法と共謀罪の共通点はどこでしょうか。

当局が都合が悪いと判断すれば市民弾圧が容易に可能になることです。治安維持法は大学への弾圧から始まり、労働運動、文化・芸能活動へと対象が広がりました。支配層にとって際限なく権限を拡大し、弾圧する武器になるのです。しかも再犯させないため、との理由で刑を終えた人を再び獄中に閉じ込めた。そうやって民主的な運動は徹底的に抑え込まれ苦しめられました。あの悲惨な状況を繰り返してはなりません。


CML メーリングリストの案内