[CML 048038] Fwd: たんぽぽ舎です。【TMM:No3075】地震と原発事故情報-4つの情報をお知らせします

りょうこ baffydct at gmail.com
2017年 5月 13日 (土) 23:54:58 JST


----------転送メッセージ----------
From: *たんぽぽ舎* <nonukes at tanpoposya.net>
日付: 2017年5月13日土曜日
件名: たんぽぽ舎です。【TMM:No3075】地震と原発事故情報-4つの情報をお知らせします
To:


たんぽぽ舎です。【TMM:No3075】
2017年5月13日(土)地震と原発事故情報-
4つの情報をお知らせします
転送歓迎
━━━━━━━
★1.東電は福島第一原発事故の責任をとれ!
原発事故避難者の住居を奪うな!
小児甲状腺ガンが184人になった!放射能汚染水止めろ!
柏崎刈羽原発再稼働するな!
5/10第44回東電は責任をとれ!東電本店合同抗議の報告
渡辺秀之(たんぽぽ舎ボランティア)
★2.絵本-脱原発憲法・すいせんします
橋本 勝さんの26枚つづりの漫画と文章
柳田 真(たんぽぽ舎、再稼働阻止全国ネットワーク)
★3.原稿募集!
「好き勝手『ひと言』コーナー」新設
《事故情報編集部》
★4.メルマガ読者からの「新潟日報」情報
金子 通 (たんぽぽ舎会員)
━━━━━━━
※5/16(火)《緊急抗議行動》高浜原発4号機再稼働反対
関西電力東京支社抗議
日時:5月16日(火)17:30より18:30
場所:富国生命ビル前(内幸町駅A7出口すぐ)
呼びかけ:再稼働阻止全国ネットワーク TEL 070-6650-5549
━━━━━━━
※5/20-21再稼働阻止全国ネットワーク「全国相談会・東京」
5月20日(土) 会場:専修大学神田校舎と「たんぽぽ舎」
講演:広瀬 隆さん「大地震の切迫と原発再稼働・
 使用済核燃料プールの危険性」(専修大学)
      21日(日) 会場:文京区民センター
  全体会と分科会  2日間の参加費1000円(1日のみは600円)
  問い合わせ先:「再稼働阻止全国ネットワーク」070-6650-5549
━━━━━━━

┏┓
┗■1.東電は福島第一原発事故の責任をとれ!
| 原発事故避難者の住居を奪うな!
| 小児甲状腺ガンが184人になった!放射能汚染水止めろ!
| 柏崎刈羽原発再稼働するな!
| 5/10第44回東電は責任をとれ!東電本店合同抗議の報告
└──── 渡辺秀之(たんぽぽ舎ボランティア)

◎本抗議の様子は、たんぽぽ舎新HPでご覧下さい。
  新HP http://www.tanpoposya.com/
サブメニュー「東電本店合同抗議」、
           「関西電力東京支社前抗議」

時折、小雨が降る中、5月10日(水)17時30分から18時15分まで、「再稼働阻止
全国ネットワーク」主催の「高浜原発、再稼働やめろ!」関西電力東京支社抗議
行動(富国生命ビル前:地下鉄内幸町駅A7出口すぐ)が行われた。参加者は、約
50人。

引き続き、18時30分から、東京電力本店前で「東電は福島第一原発事故の責任
をとれ!原発事故避難者の住居を奪うな!」のコールが鳴り響いた。
呼びかけは、「経産省前テントひろば」と「たんぽぽ舎」であり、126の賛同団
体と共に、第44回東電本店合同抗議行動が行われた。参加者は、約75人。

最初に、金曜抗議「希望のエリア」でお馴染みの春橋哲史さんから、東電福島
第一原発の事故収束作業の困難な状況(100万トンに近づく放射能汚染水、増え続
ける固体廃棄物の処理など)の紹介があった。
続いて、「脱被ばく実現ネット」による東電申し入れ行動があった。
そして、日本音楽協議会による「音楽での抗議」が行われ、歌声が夜空に響いた。
更に、東電福島第一原発事故により東京に避難中の鴨下祐也さん(福島原発被害
東京訴訟原告団長)から、「区域外避難者(自主避難者)に対する住宅保障が2017年
3月末で打ち切られた。福島県や国が打ち切りを決めても、東電には住宅を保障
する責任があるはずだ。」との怒りを込めた抗議アピールがあった。

また、情勢報告として、山崎久隆さん(たんぽぽ舎副代表)から、「柏崎刈羽原
発の重要免震棟問題で見られた様に東電の隠ぺい、独善体質は改善されていない。
東電に原発を再稼働する資格はない」との発言があった。
また、ドイツで「さよなら原発デュッセルドルフ」のメンバーとして活動され
ている来日中の女性から、「ドイツは東電福島第一原発事故後、脱原発を決めた。
ところが、原発事故を起こした日本では、原発再稼働に積極的だ。まもなく、高
浜原発4号機が再稼働とのこと。私には理解できない。」との発言があった。
その後、「ピースサイクル」、「脱被ばく実現ネット」などの6団体から、ア
ピール、関連イベント告知があった。
最後に、ドンパン節(柏崎刈羽バージョン)を全員で歌い、19時50分に終了。

◇2017年1月~4月会計報告
          (本抗議は、皆様のカンパにより支えられております)
・収入:繰越金42,221円、カンパ275,525円、
        特別収入10,000円 計327,746円
・支出:紙代・印刷代138,434円、
        スピーカースタンド等機材費6,000円、
        登壇者の交通費補助・会議室代・タクシー代等運営費59,062円
                            計203,496円
・差引収支:124,250円

◎次回の東電本店合同抗議(毎月第1水曜日)
日時:6月7日(水)18:30より17:45
場所:東京電力本店前(東京都千代田区内幸町)
JR・地下鉄新橋駅徒歩5分、地下鉄三田線内幸町駅徒歩3分
東電本店前に、ぜひ多くの参加をお願いします。
引き続き賛同団体を募集中!

◎第23回「東電は責任をとれ」連続講座のご案内

緊急第2弾!!!5/27「被害者切り捨て、
住宅を奪うな」上映会と講演会
安倍政権の原発被害者切り捨てを止めさせ、「住宅補償打ち切り」を
撤回させるために!
鴨下祐也さん(福島原発被害東京訴訟原告)と一緒に考えよう

日 時:5月27日(土)14時より16時(開場13時30分)
第1部:ドキュメンタリー映画の上映(37分)
「終の住処を奪われて(福島原発被害東京訴訟)」
第2部:お話
・鴨下祐也さん(福島原発被害東京訴訟原告団長)
・菅井益郎さん(前国学院大学教授)
「公害で有名な谷中村(栃木県)取り壊しと
村民の居座り活動の成功」
会 場:「スペースたんぽぽ」
主 催:東電本店合同抗議
参加費(資料代含む):800円(学生:400円、避難者:無料)
詳しくは、 http://www.tanpoposya.com/
サブメニュー「福島を忘れない」


┏┓
┗■2.絵本-脱原発憲法・すいせんします
| 橋本 勝さんの26枚つづりの漫画と文章
└──── 柳田 真(たんぽぽ舎、再稼働阻止全国ネットワーク)

怒りとユーモアで鋭く時代を切る橋本勝さんの『絵本 脱原発憲法』。
なによりも原発を憲法の基本視点からしっかりと批判している点がいい。
「原発は核兵器の潜在能力となる」と正しく指摘している。
私たちも憲法の精神にもどって、原発の問題点を根本批判していこう。
役に立つ絵本です。

脱原発憲法

1.原発は ひとたび事故となると その被害は空間的にも、時間的にもはかり
しれない 国策として進められた原発は安全を、クリーンさを、経済性をうた
いあげてきたが それらはみな大きな嘘であった 原発の出す核廃棄物は未来へ
の大きな負担となる
被曝労働なくして原発は運用できない 核の平和利用といいながら 原発は核
兵器の潜在能力となる 人類は原発と共存できない。

2.前項の目的を達成するため 新しい原発を作らせない 事故隠しを許さない
日本の全ての原発を止める 原発の輸出をさせない 太陽、風、地熱の自然エ
ネルギーを開発、実用化する 原発のない日本を 世界を実現する。

なお、元原水禁の井上啓さんが「あとがき」で、この漫画発行の経緯と目的を
書かれているのであわせて紹介します。

「あとがき」

福島第一原発の大事故から5年が過ぎたこの3月、代々木公園で開かれた反原
発集会で、この26枚つづりの「脱原発憲法」の漫画を通路に広げている橋本勝さ
んを見かけ、この漫画にくぎ付けとなりました。久しぶりの出会いに嬉しくなり、
周りに熱っぽく語りかけている橋本さんに思わず“これ絵本にしませんか”と声
をかけたのが始まりでした。

橋本さんとは1970年代、私が原水爆禁止国民会議事務局にいたころ、毎年、広
島・長崎での原水禁大会のポスターやパンフなどに、その時々の核と平和の課題
をユーモアあふれるタッチでイラストを提供していただいた縁で出会ったのです
が、直接お話しすることはありませんでした。

半世紀にわたって戦争や核社会を風刺漫画で鋭く告発してきた橋本さんが、
「脱原発憲法」として風刺漫画を描き、世に問おうとしているのは、私たちが日
本国憲法前文に掲げた理想の実現のため、いま何をなすべきか、ということでは
ないかと痛感しています。

私たちは“二度と過ちは繰り返しませぬから”と原爆慰霊碑に誓いを刻み、平
和と人権、国民主権と民主主義を基本とする社会実現への不断の努力と決意を日
本国憲法で示しました。

小出裕章さんのメッセージにあるように、核=原発は「徹頭徹尾差別的」な社
会を容認するもので、憲法が掲げる理想とは真逆なものです。
怒りとユーモアで鋭く、時代の流れの危うさを風刺画で綴る橋本勝氏の「絵本
・脱原発憲法」を、私たちの未来への行動指針として、家庭に一冊お備え頂けれ
ば無上のよろこびです。(井上 啓)

『絵本 脱原発憲法』 2016年7月1日発行
絵と文 橋本 勝   メッセージ 小出裕章
発 行 有害化学物質削減ネットワーク
定 価 800円(税込)


┏┓
┗■3.原稿募集!
| 「好き勝手『ひと言』コーナー」新設
└──── 《事故情報編集部》

読んだとき、ちょっと息抜きになるような『ひと言』文章を
募集致します。

1.テーマ
「好き勝手『ひと言』」ですので
原発関係のテーマはもとより、それ以外のテーマでも構いません。
幅広いジャンルと致します。
2.文字数
見出しを含めて100から200文字程度にして下さい。
3.掲載の判断
掲載については、「事故情報編集部」に一任させてください。
掲載時には、投稿者のフルネームかペンネーム、括弧書きで
在住県名を記載します。
4.投稿先
たんぽぽ舎のメールアドレスに、件名「『ひと言』」を
明記して送って下さい。
5.例文を2つ掲載致します。

例1 (140文字)

手頃なモノがいい

箸の長さはどれくらいだと使いやすいのか。手頃なのが使いやすい。
何cmだと手頃なのか。身長の15%相当が目安。
あるいは手に聞いて自分の手首から指先(中指)までより10%ほど
長めの箸が手頃で使いやすい。
子供には短い箸、女性用の箸は男ものよりやや短めの箸が
手頃というわけだ。   鈴木千津子 (東京都在住)

例2 (143文字)

親のマナー その1

鉄道の駅で、親が子どもを連れてホームを歩くときは、「線路側(電車が走る側)
を親が歩いて、子どもはその反対側を歩かせ、親は子どもの手をしっかり握る」
というのが当たり前だと思っていたが、最近では子どもを線路側にして平気で歩
いている親をよく見かける。とても危ないことだと思う。
小山芳樹 (東京都在住)


┏┓
┗■4.メルマガ読者からの「新潟日報」情報
└──── 金子 通 (たんぽぽ舎会員)

1.「柏崎原発差し止め訴訟提訴5年-論点そろい年内ヤマ場か」

東京電力柏崎刈羽原発の周辺住民らが東電を相手取り、柏崎刈羽原発全7基の
運転差し止めを求めた訴訟が提訴から5年を迎えた。柏崎刈羽原発の安全性に加
え、東電福島第一原発事故の検証や東電の体質などが焦点となっている。主な論
点が出そろっており、早ければ年内にも、最大のヤマ場といえる証人尋問などの
立証作業に進む見通しだ。(中略)
柏崎刈羽原発運転差し止め訴訟は5月18日、新潟地裁で第19回口頭弁論が行わ
れる予定だ。(5月10日新潟日報より抜粋)
(紙面のみの掲載でネット上に掲載なし)

2.「免震棟問題-東電全戸で謝罪へ、柏崎・刈羽月末から」

東京電力柏崎刈羽原発の免震重要棟の耐震性不足を巡る問題で、東電が立地地
域の柏崎市と刈羽村の全世帯を訪問し、問題の説明と謝罪を行う方針であること
が10日、分かった。
関係者によると、5月末から数カ月かけて、社員が計約4万1千軒を戸別訪問
する。東電は2015年以降、同原発で進める安全対策などを説明するため全戸訪問
を続けており、免震棟問題も加えて謝罪する。
東電は13年9月、原子力規制委員会に柏崎刈羽原発6、7号機の審査を申請。
重大事故時の対応拠点となる免震棟の耐震性不足を14年に把握していながら、今
年2月の審査会合まで明らかにしなかった。(後略)
(5月11日新潟日報より抜粋)
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20170511323113.html

──────────
☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震と原発事
故情報」へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致
します。
郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

【編集部より】
メルマガ読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他投稿歓迎。
※「川柳・俳句・」短歌」などについても投稿歓迎です。
掲載については編集部の判断とさせて下さい。
1.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」に関しては、平等に掲載する
ため日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先などを
400文字以内でお送り下さい。
件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。
メールマガジンには1回だけの掲載とさせていただきます。
日程が直前にならないよう余裕を持っていただけると幸いです。
2.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、タイトル(見出
し)及び本文をお送り下さい。件名に「メルマガ掲載希望」と明記して
下さい。送付先は「 nonukes at tanpoposya.net <javascript:;> 」です。
なお、お送り頂いた投稿は集会・デモ・講演会のお知らせを含めて紙
面の都合上すべてを掲載できない場合があります。
たんぽぽ舎の会員からの掲載希望を優先させていただく場合もあり
ます。予めご了承ください。
──────────
◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページの「メルマ
ガ:地震と原発事故情報」をご参照下さい。
◆メールマガジンをお送りします
たんぽぽ舎では、「地震と原発事故情報」(メールマガジン)を
発信しています。
ご希望の方は、件名を「アドレス登録希望」として、ご自身の
Eメールアドレスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを
送ってください。
違うアドレスから「このアドレスに送って」ということは間違いの
元となりますのでやめて下さい。登録できしだい発信致します。
・配信の削除につきましても以下のアドレスにメールを下さい。
たんぽぽ舎のメールアドレス: nonukes at tanpoposya.net <javascript:;>
◆携帯電話への送信は、容量が多いためか全文表示できない例があ
ります。
──────────
たんぽぽ舎は、月曜~土曜13:00~20:00オープン、
日曜・休日はお休みです。
〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町2-6-2
ダイナミックビル5F
 TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797
新HP http://www.tanpoposya.com/
郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎
       口座番号 00180-1-403856


CML メーリングリストの案内