[CML 048036] Re: 極右主義を、見事に撃退

りょうこ baffydct at gmail.com
2017年 5月 13日 (土) 23:50:43 JST


金野様
そもそもマクロンの新自由主義戦争経済にNoをつきつけるには中央銀行を廃止して日韓フランスだけでなく世界中でならずものになりましょう
ならずもの国家とは中央銀行を持たない国
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=224194
キューバ、北朝鮮、アフガニスタン、イラク、イラン、シリア、スーダン、リビア、パキスタンのように中央銀行を持たない国を目指しましょう。
中央銀行に頼らないスタンプ通貨はすぐにでも地域通貨で実現出来ます。
論よりもお金を人との繋がりやエシカルな使い方になるようにエンデの遺言のように日本でも地域通貨実践しましょう。平和非暴力の企業努力が日本に足りないとエシカル企業ランキングで判明しました。ともに企業を反戦反核反武器に変えましょう。
自然的経済秩序には経済のエシカル化が必要です
エシカル企業ランキング
http://www.csr-today.biz/24206
P&G花王ぱーむ油
http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/blog/staff/pg/blog/48321/
http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/blog/staff/kao/blog/49873/
>今は安保法制違憲訴訟に取り組んでいますが
その他にも脱原発、地元の市民団体など5つの市民活動に関わり議論するよりも日々行動することに追われています
その行動が安倍自公政権+維新の暴走を止めてゆく経団連の暴走を止めてゆく軍産複合体や銀行の暴走を止めてゆくお金の流れをエシカルに変える持続可能な生産と消費活動SDGsになってます。
とても素敵な活動応援してます。
りょうこ
2017年5月13日土曜日、金野奉晴<tk0612 at plum.plala.or.jp>さんは書きました:

> りょうこさま
>
> 膨大な範囲に渡るご教示恐れ入ります。
> 大半は学習済みの面と重なり「ああ、あのことかな?」という程度には
> 理解できましたが、一部分からないところもあります。
> 百貨店の1階から最上階までの売り場案内を一気にまくし立てられた
> ような感じで目が回りました。すごい知識量ですね。恐らくこのMLに
> ご参加の皆さまはプロ市民だったり学者さんだったり知識豊富な方が
> 大勢いらっしゃいますのでこの程度の内容では驚かない方が多いもの
> と拝察します。
> 因みに電気料金が戦争資金に回されているというのは初耳です。
> 総括原価方式により確実に利益が保証されている電力会社が
> 政治資金を提供しているという話は小説「ホワイトアウト」に出て
> きますね。
> 共産主義社会と資本主義社会に関しては共産主義社会は
> 「国家資本主義社会」で、どちらも資本主義社会という点では
> 同じなのだとミヒャエル・エンデさんが「エンデの遺言」のなかで
> 仰っていますね。つまり「双子」だと。
> むしろ問題なのは「お金の仕組み」にあると。
> 地球上にある動植物は全て時間の経過と共に劣化し最後には
> 消滅し循環していくのに「お金」だけが時間の経過と共に増えて
> いき劣化しない仕組みがおかしいのだとシルヴィオ・ゲゼルは
> 気づき「自然的経済秩序」を著しました。お金も劣化しやがて消えて
> いかなければならないと。
> 劣化するお金として知られているのが「スタンプ貨幣」ですね。
> 毎月一定金額相当のスタンプを紙幣に貼らないと使えない紙幣。
> 人々は持っていると損するので貯め込まないで使おうとする。
> 今のようにお金がお金を生む仕組みがあると人々は貯め込もうとし
> 富の偏在や滞留を生み出し不況の要因にもなりかねません。
> しかし、謂わば「マイナス金利方式」だと蓄財の意味がないので
> お金は天下の回りものになり活況を呈するのです。
> 中央銀行と市中銀行の間で「マイナス金利」を試して不評だったのは
> 「マイナス金利」という言葉自体を不人気にする策謀だったように
> 思います。マイナス金利は政府や自治体と国民、市民の間でスタンプ
> 貨幣として仕組まなければ意味がないのです。
> ロスチャイルドが現代の金融システムの基礎を作ったと言われます。そして
> 世界中の国々に中央銀行を作らせ、その大株主になり通貨発行権を
> 握っているようです。日銀もFRBも国営銀行ではありません。
> FRBから通貨発行権を連邦政府に取り戻そうとした米国大統領は
> リンカーンもケネディも暗殺されたと何かで読んだ覚えがあります。
> ロスチャイルドを軽く見ることはできません。
> 政治的権力はいらない通貨発行権を我に与えよとマイアー・アムシェル・
> ロスチャイルドが言ったとか。
> ウィキペディアなどを見てもロスチャイルドは最盛期に比べて衰退した
> ように書かれていますが本当かどうか?真実は闇の中だと思います。
> よく1%VS99%の闘いと言われますが、圧倒的多数が圧倒的少数に
> 支配されている現状を変えて行くには金融システムがその根源にあると
> 言われていますので「自然的経済秩序」に則った金融システムの構築が
> 気の遠くなるような時間の経過の後に多くの人々の血と汗の結晶として
> 実現する事を祈るしか私にはできませんが・・・・・。
> こうしたことも横目で見ながら、安倍自公政権+維新の暴走をどのように
> 食い止めるかも微力ながら考えなければならず大変な時代に遭遇した
> ものだと思います。今は安保法制違憲訴訟に取り組んでいますが
> その他にも脱原発、地元の市民団体など5つの市民活動に関わり
> 議論するよりも日々行動することに追われています。
> 久しぶりに長いメールを書きましたが、今後はお互いに短いメールの
> やり取りを心がけましょう。PCの前に座れる時間が限られていますので。
> ご教示ありがとうございました。
>
> 金野奉晴
>
>
> -----Original Message----- From: りょうこ
> Sent: Saturday, May 13, 2017 2:24 AM
> To: 市民のML
> Subject: [CML 048021] Re: 極右主義を、見事に撃退
>
> 金野奉晴様
>
>> 卒爾ながらお訊ね申し上げます。
>>
> マクロン氏当選で万々歳という論調ですが
> 果たしてそうでしょうか?
> マクロン氏の経歴にロスチャイルド系の履歴が
> ありますね。この点は問題ないのでしょうか?
> 漠然とした不安を感じるのですが、ご教示
> 頂けると幸甚です。
> その不安は適切です。
> あくまで私個人の見解ですのでマクロンの金融政策対策について他にも色々な人に質問してみて下さい。マクロン同様の懸念は日本の
> ネオナチ麻生財務大臣にたいしてもあります。
> Avaazの今年の最優先課題は、極右勢力の台頭を抑え込むことでした。
> ルベン政権を阻止した事は、米でのトランプを選んだ失敗を繰り返さない.言論の自由は尊重されるべきだが、へいとや差別する権利
> はなく寛容を選び難民移民を受け入れよう、移動の自由や報道の自由を守ろうという良心的な選択をした点AVAAZの活動は良く半
> 歩過去に学んだと言えるでしょう。
> あらゆる差別撤廃人権尊重に加えて格差是正運動も必要ですが、究極の格差是正はお金のいらないで暮らせるを仕組みを私達で作り一
> 斉に引き出すこと、借金ストすることを何度も続けお金いらずで暮らせる社会を当たり前にしてゆかなければなりません。資本主義の
> 間は地域通貨やEU間で為替不要にしたユーロ、ビットコインに学ぶところが多いです。資本主義ではチェルノブイリやホロコースト
> 等過去の悲惨な出来事を直視し伝え経済と脱原発自然エネルギー自給を組み合わせて原発全廃の道をドイツのリベラルに日韓中等アジ
> アのリベラルは学ぶところが多いです。国粋主義のやり方は許されなないものばかりだが資本主義の間は講演で稼ぐ等保守ビジネスの
> 仕組みを作ったり不労所得の仕組み作りは学ぶところが多く、それをå
> ��核反戦で成り立たせる仕組みがリベラルに必要です。そうすれば大企業も軍事産業やめたくなるでしょう。お金とは何か。ごぞん
> ちのように元々は共通の価値観を示し物物交換道具であり対価として生まれ、それが金本位制度になり銀行が市民から預かった金の分
> の価値を預かり証として発行ロスチャイルド金融などの通貨発行権の起源です。
> マクロン候補はロスチャイルド系であり資本主義本家英米系と言われてますね。アメリカ式のごりごりの資本主義です。まあそんなロ
> スチャイルドですら日本の戦前回帰の軍国主義改憲路線に不快感示してる情報もあります。しかしながらロスチャイルドは金融資本で
> ありマクロンの公約も新自由主義で自由貿易です。IMFや自由貿易がインドやギリシャにもたらした悲惨さが明らかなのに、
> 人権のEU特にドイツなどに比べてIMFや日銀FRB、ADB.AIIB等に対する抗議運動が日韓中等で少ないのが心配です。
> 金野様は
> メガバンクの預金や税金、GPIF等年金や保険料、電気料金支払いが戦争資金につかわれることはごぞんちとは思いますが、
> エコ預金や人道支援に金を払い戦争に使われる税金.支払いが強制の保険料支払い拒否の軍事費拒否が欧米に比べ日韓中等アジアは遅れてます。
> アイスランドに学び自由貿易阻止し自由貿易廃止してゆく声をあげフランスと連帯し武器や軍事や戦争にお金を使うな、ベーシックイ
> ンカムや教育無償化.社会保障や自給自足出来る社会にお金を使ってと訴え続ければロスチャイルドも味方してくれるでしょう。ロス
> チャイルドは銀行いんというだけで私達と同じ人間です。恐れることはありません。
> 経団連や石油屋のロックフェラーだって軍事産業はいやだと思います。だって社員の立場で会社の製品が戦争人殺しに使われてる現状
> 知ったらどう思いますか?この会社止めてくれって思いますよね。勇気ある人は内部告白したりされます。大量生産大量消費地球を破
> 壊しかねない無限の経済成長を必要とする資本主義つまりお金
> が原因なんです。企業としての価値も落ちるでしょう。三菱は戦後徴用の裁判してたりますね。
> 資本主義は19世紀後半私達人間が作ったのですから私達の手で民主的に非暴力で終わらせお金のいらない世界を作ることは私達市民
> が声をあげつつければ可能だと思います。
> 最優先は改憲阻止し日本国憲法をたくさん活用し基地や原発を廃止し種子を守り知的財産権を廃止し国家や銀行が隠蔽している資本主
> 義になってから隠された戦争不要な暮らしを作る技術や先人の記録を明らかにし言論表現報道
> 学問の自由を世界に広めること、TPP.RCEP.FTA自由貿易を国際連帯で阻止し廃止すること。国家の負債はメガバンクの責
> 任であるとIMF等メガバンクに責任を取らせたアイスランドに学ぶことです。労働者側の労働組合や協同組合なと草の根の民主主義運動のネットワークを60.
> 70年安保の頃のように強化すること。すでに進んでいる民営化にたいし再公営化を訴える。民営化されたらその資源を私達市民が買
> い戻し国家や銀行に依存しないで共有する。私達もお金そのものや資本主義.国家という経済成長求め続ける巨
> 大企業について学び、資本主義の対案として生まれた共産主義(富の平等分配計画経済)社会主義(社会保障の無償化等)のよかっ
> た部分悪かった部分となぜ資本主義に飲みこまれてしまったかをしり(楽園主義も学ぶとなおよい。æ
> ��府銀行軍警察を不要とするのは良いが、奴隷制容認は奴隷制やホロコーストを廃止し戦争根絶を目指し人類平等を目指した人権の
> 歴史を学んでない楽園主義のAIやエロヒムの人の最大の失敗だと思います。スパコン技術を活用した政府国家銀行お金軍隊警察とい
> った国家の暴力を完成に廃止し働かなくても良い平和な暮らしを作る思想はエロヒムの人々から大いに学びましょう。)そして本当に
> お金のいらない世界を作る必要があると思います。
> 私はお金のいらない島出羽島やお金のいらない仕組みゆずりあいセンター.アズワンコミニティ.田中優さんのオフグリッド.マーク
> ボイルさんの暮らし非電化工房さんのお話からシンプルにギフトエコノミー.パーマカルチャー.シェアリングエコノミー.オフグリ
> ッド.非電化の技術開発と普及.法的支援が鍵だと思います。
> 非常に長くなりましたがお役に立てば嬉しいです。
> りょうこ
>
> 2017年5月13日土曜日、金野奉晴<tk0612 at plum.plala.or.jp>さんは書きました:
>
> りょうこ
>> 卒爾ながらお訊ね申し上げます。
>> マクロン氏当選で万々歳という論調ですが
>> 果たしてそうでしょうか?
>> マクロン氏の経歴にロスチャイルド系の履歴が
>> ありますね。この点は問題ないのでしょうか?
>> 漠然とした不安を感じるのですが、ご教示
>> 頂けると幸甚です。
>>
>> 金野奉晴
>>
>>
>> -----Original Message----- From: りょうこ
>> Sent: Friday, May 12, 2017 7:29 AM
>> To: 市民のML
>> Subject: [CML 048000] Fwd: 極右主義を、見事に撃退
>>
>> ----------転送メッセージ----------
>> From: *エマ・ルビ=サックス - Avaaz* <avaaz at avaaz.org>
>> 日付: 2017年5月12日金曜日
>> 件名: 極右主義を、見事に撃退
>> To: "baffydct at gmail.com" <baffydct at gmail.com>
>>
>>
>> <https://secure.avaaz.org/campaign/jp/french_elections_celeb
>> ration/?bmZQylb&v=92735&cl=12598768001&_checksum=f72f6f4e
>> 90dd0b6301b0ccad3340cd42a2459c1955d1ee712678f7f33267e506>
>>
>> MERCI LA FRANCE!
>> ------------------------------
>>
>> 皆さま
>>
>> Avaazメンバー2000万人を含む欧州市民は、トランプ主義から世界を守るために立ち上がりました!その見事な姿を、皆さまにお伝えします。
>>
>> オーストリアとオランダに続き、今度はフランスです。*各地で権力掌握に乗り出した極右勢力ですが、その試みはことごとく打ち砕かれています!*
>>
>> フランスの大統領選では、差別発言を繰り返してきた国家主義者のマリーヌ・ルペン候補が予測をはるかに下回る得票率34%(
>> これに対してマクロン候補は66%)で敗北しました。しかも、この結果を後押ししたのは、人間性と寛容という価値を誇り高く守り
>> 抜いた、新たな政治運動なのです。
>>
>>
>> Avaazの今年の最優先課題は、極右勢力の台頭を抑え込むことでした。
>> *フランスで、Avaazコミュニティがその課題にどう取り組んだか、ぜひご覧ください!*
>>
>> Avaazによる選挙運動は、フランスをはじめ世界中のメディアに大きく取り上げられました:
>>
>>
>>
>> Avaazコミュニティは、投票を促すキャンペーンを通じ、2万件以上のテキストメッセージを送信、さらに数千回にわたり電話を
>> かけ、棄権しないよう訴えかけました:
>>
>>
>>
>>
>> また、ルペン候補をジャン=マリー・ルペン(ルペン候補の父親でやはり排他的な政策を掲げた政治家)とトランプ米大統領に関連づけたポスターを作成、
>> それを主要地域一帯にくまなく貼り、200万人を超える人々の目にとまるようにしました:
>>
>>
>>
>> 「トランプ化」しないようフランス市民に訴えかける、Avaaz制作の動画は瞬く間に拡散され、わずか数日で再生回数200万回を上回りました:
>>
>> <https://www.facebook.com/Avaaz/videos/10154873574078884/>
>>
>> さらに、選挙戦期間中ずっと、Avaazメンバーたちはメディアの注目を引く街頭アクションの数々を展開、それは各報道機関の論
>> 調にも少なからぬ影響を与えました:
>>
>>
>>
>>
>> 気候変動の防止から生物多様性の保護、自由なインターネットを守るための取り組みに至るまで、
>> *Avaazコミュニティが闘い続けてきた、さまざまな分野において、フランスは世界を牽引する重要なリーダーです。*フランス、
>> そして私たちみんなのため、ルペン候補を当選させまいと、フランス国内のAvaazメンバー400万人の多くが全力で闘い
>> ました。そして、「強い欧州」への支持や、気候変動との闘い、異なるものを排除せずに歓迎し受け入れる寛容な世界を作り出すこ
>> となど、Avaazと共通する価値観が多い、エマニュエル・マクロン候補が当選を果たしたのです。今日は、この勝利を祝いましょう。
>>
>> 世界中のみんなと祝うため、クリックしてメッセージを残す!
>> <https://secure.avaaz.org/campaign/jp/french_elections_celeb
>> ration/?bmZQylb&v=92735&cl=12598768001&_checksum=f72f6f4e
>> 90dd0b6301b0ccad3340cd42a2459c1955d1ee712678f7f33267e506>
>>
>> *過激な極右主義とは異なる方向へと、流れは変わろうとしています。けれど、まだ大きな闘いが終わったわけではありません。*人々を分断させる
>> ための、政治家たちによる憎悪に満ちた危険な発言は、世界中に脅威を与えています。4400万人の世界市民が作るAvaazコミュニティは、
>> 世界においてかつてないほど大切な役割を担うようになりました。この団結と民主主義を守るため、いつでも何度でも立ち上がってい
>> きましょう。次も、きっと一緒に闘えると信じています。
>>
>>
>> このムーブメントに大きな希望と感謝の気持ちを込めて
>>
>> エマ、アリス、ネル、パトリシア、クリストフ、ジュリー、カミーユ、アメリ、ミア、マイク、マルティナ、そしてAvaazチーム
>>
>> 関連情報:
>>
>> 反ルペン派、フランスの投票者たちに「トランプ的候補」を選ばぬよう警告(ハフィントンポスト/英語)
>> http://www.huffingtonpost.com/entry/ne-vous-trumpez-pas_us_
>> 590e8111e4b0104c734f8085?ncid=edlinkushpmg00000314&yptr=yahoo
>>
>> ------------------------------
>>
>> *Avaaz.org は、世界各国4400万の人々がキャンペーンを展開するネットワークです*。 このネットワークを通じて、
>> 世界中の人々の考えや価値観がグローバルな意志決定に反映されるよう取り組んでいます(「Avaaz」は様々な言語で、「声」
>> や「歌」という意味です)。Avaazのメンバーは、世界中どの国にもいます。またAvaazのスタッフチームは、
>> 6大陸18カ国、17言語で活動を展開しています。Avaazがこれまでに成功させたキャンペーンはこちら
>> <https://www.avaaz.org/jp/highlights.php/?footer>から、またFacebook
>> <https://www.facebook.com/Avaaz>やTwitter <https://twitter.com/Avaaz>もご覧
>> ください。
>> メールアドレス、表示言語、その他個人情報の設定を変更するには、こちら
>> <https://www.avaaz.org/jp/contact/?footer>からご連絡ください。
>> *メール配信の停止をご希望の場合はこちらをクリック
>> <https://secure.avaaz.org/act/?r=unsub&bmZQylb&v=92735&lang=
>> jp&cid=23962&_checksum=f72f6f4e90dd0b6301b0ccad3340cd42a2459
>> c1955d1ee712678f7f33267e506>*
>> してください。
>>
>> Avaazにご連絡いただく場合は、*このメールに直接返信されるのではなく* 、こちら  www.avaaz.org/jp/contact
>> <https://www.avaaz.org/jp/contact?footer> からご連絡いただくか、お電話 (+1)
>> 888-922-8229
>> (米国)にてご連絡ください。
>>
>>
>


CML メーリングリストの案内