[CML 047943] 市民のための実践国際人権法講座 第2回 国際法は遠い世界か?市民と国際法の関わり 5.27吉祥寺

Maeda Akira maeda at zokei.ac.jp
2017年 5月 8日 (月) 11:55:32 JST


前田 朗です。

5月8日

市民のための実践国際人権法講座 

第2回 国際法は遠い世界か?市民と国際法の関わり

命を大切にする社会の実現・植民地主義清算のために国際人権法を学ぼう!

『国際法は遠い世界か?市民と国際法の 関わり 
~世界人権宣言は国内法よりわかりやすい~』

講師 前田朗(東京造形大学教授)

日時:5月27日(土)18時~20時(開場17時40分)

場所:吉祥寺南町コミュニティセンター第一会議室(吉祥寺駅から徒歩10分)

参加費:500円

 世界人権宣言は1948年12月10日に国連総会で採択された国際人権法の中核をなす重要な文書で、今日では国際慣習法として国際人権法の根幹をなしています。しかし、その重要性が日本では十分認識されておらず、世界人権宣言が参照されることが少ないのが現状です。

 世界人権宣言は国内法と比べてみると非常にわかりやすく、国内法のわかりにくさ、不明確さを世界人権宣言をはじめとする国際法で補い、例えば沖縄に対する基地の押し付けをやめさせることに活用できる可能性があります。

 国際人権法を構成する自由権規約、人種差別撤廃条約、女性差別撤廃条約などの様々な条約を理解するためには世界人権宣言の基本的な考え方を学ぶことが必要不可欠です。

 初めてのご参加も大歓迎です。みなさま、是非ご参加ください。

主催・お問い合わせ:沖縄と東アジアの平和をつくる会 

TEL:070-5669-6463

mail:okinawainochitakara@yahoo.co.jp



CML メーリングリストの案内