[CML 047880] Fwd: [siminfukuoka:2114] NHKの「自衛権あり」はアベ追随

りょうこ baffydct at gmail.com
2017年 5月 3日 (水) 23:44:52 JST


----------転送メッセージ----------
From: *k.shimozono* <k.shimozono at arrow.ocn.ne.jp>
日付: 2017年5月3日水曜日
件名: [siminfukuoka:2114] NHKの「自衛権あり」はアベ追随
To: 市民連合福岡 <siminfukuoka at freeml.com>
Cc: minasta at freeml.com


・・・NHKスペシャル・憲法70年・平和国家はこうして生まれた・・・
感想です。(一部改憲派的説明がありました)

下薗です。(重複送信お許しを)

昨日、先に「アナザー・ストリーズ」を見ました。
ベアテ・シロタの「両性の合意のみによる結婚」や鈴木安蔵の「最低限の生活保障」の話は前に見たことがあります。
でも、今回はそれが、世界に先駆けた「先進的」なものだったことに改めて感心しました。
それは、先日の横田先生の憲法講座を聞いたせいもあると思います。
資本主義の歴史的発展や問題発生に関連したものであるという話です。

もうひとつの「平和国家はこうして生まれた」の方ですが、多くが今まで見たものと同じです。
でも、米国に新憲法制定を求められた幣原喜重郎首相が、九条に大きく関わっていたという話は過去にはなかったものです。
現憲法の一方的な「占領軍押しつけ」論を見直させると思います。
米国以外からの「天皇責任論」が強くて、「戦争放棄」が何よりも天皇制存続のためであったからです。
でも、九条についての「自衛権は認めるが、侵略を禁止した」という説明には憤りを覚えました。
憲法は国家としての自衛権を認めていません。
これは、先の戦争がまちがいであったことを認めない者たちと改憲問題で闘う時には絶対に必要な認識です。
自衛権があれば、限定されない「集団的自衛権」もあります。
「いろいろ意見がある」では、済まされないと考えます。

※少し長くなりますので、つづきは添付しました。



MLホームページ: http://www.freeml.com/siminfukuoka

----------------------------------------------------------------------
アイフルは、はじめての方なら最大30日間 利息0円!
お申込みは24時間受付中。最短30分で審査完了!
http://ad.freeml.com/cgi-bin/sa.cgi?id=pU6tJ
------------------------------------------------------[freeml byGMO]--


CML メーリングリストの案内