[CML 048840] Fwd: たんぽぽ舎です。【TMM:No3107】地震と原発事故情報-6つの情報をお知らせします

りょうこ baffydct at gmail.com
2017年 6月 21日 (水) 22:08:57 JST


---------- 転送メッセージ ----------
From: たんぽぽ舎 <nonukes at tanpoposya.net>
日付: 2017年6月21日 20:47
件名: たんぽぽ舎です。【TMM:No3107】地震と原発事故情報-6つの情報をお知らせします
To:


たんぽぽ舎です。【TMM:No3107】
2017年6月21日(水)地震と原発事故情報-
6つの情報をお知らせします
転送歓迎
━━━━━━━
★1.原子力規制委員会すらあきれる東電の免震重要棟問題
7/1中越沖地震10周年・福島を忘れない!原発ハイロ県民集会
米山 創 (なの花の会・たんぽぽ舎会員)
★2.複数基の同時稼働を認めるな!
福島第一原発の1から4号機全部を収束できなくなっていた教訓
高浜4.3号機の再稼働で改めて同時稼働が心配
原子力規制委員会は原発再稼働推進委員会!その137
木村雅英(再稼働阻止全国ネットワーク)
★3.メルマガ読者からの原発情報提供2つ(抜粋)
黒木和也 (宮崎県在住)
★4.国民からの回答
安倍政権にはっきり「意思表示を示す最大のチャンス」
広瀬 稔(兵庫県在住)
★5.メルマガ読者からイベント案内
(お問い合わせは主催者へお願いします)
◆6/28大間原発建設反対!電源開発株主総会スタンディングデモ
場所:東京プリンスホテル前
主催:大間原発反対関東の会
◆7/5『もんじゅ西村裁判(国賠)』2審(第1回)傍聴のお願い
場所:東京高裁511法廷
「もんじゅ西村裁判」(国賠)報告集会 場所:待合室
★6.新聞より1つ
◆民主主義じゃない
 (6月21日東京新聞4面「金曜日の声」より)
━━━━━━━
※明日です!6/22(木)講演会にご参加を!
『放射能安全神話を垂れ流す被告側の御用学者に対する反論』

お 話:崎山比早子さん(医学博士)
DVD『放射線のホントのこと』上映
日 時:6月22日(木)19時より21時
会 場:「スペースたんぽぽ」(ダイナミックビル4F)
参加費:800円
━━━━━━━
※6/24(土)「東電は責任をとれ」連続講座
「福島 生き物の記録 4 生命」上映とアピール
監督 岩崎雅典さんの挨拶あり

お 話:「住宅を奪わないで」避難者からの緊急アピール
日 時:6月24日(土)18時30分より21時
会 場:「スペースたんぽぽ」(ダイナミックビル4F)
参加費:1000円
━━━━━━━
※6/30東電福島第一原発事故刑事裁判第1回公判
  6月30日(金)傍聴券受付時間が朝7時30分より
  8時20分と発表されました!
・傍聴しない方(抽選で外れた方)
院内集会(参議院議員会館 講堂)
  11:00~12:00第1部 リレートーク等
  13:00~16:40第2部「東電テレビ会議49時間の記録」
  上映(途中休憩有)
  17:45~18:35第3部 弁護士による裁判報告会
  連絡先:福島原発刑事訴訟支援団
  詳しくはこちらを
  https://shien-dan.org/20170630-schedule/
━━━━━━━
※訂正1つあります
昨日発信の【TMM:No3106】★6.メルマガ読者からイベント案内で
正:◆6/23原発事故がおきたら逃げられるのか?学習会
誤:◆6/23原発がおきたら逃げられるのか?学習会
おわびして訂正させていただきます。
━━━━━━━

┏┓
┗■1.原子力規制委員会すらあきれる東電の免震重要棟問題
| 7/1中越沖地震10周年・福島を忘れない!原発ハイロ県民集会
└──── 米山 創 (なの花の会・たんぽぽ舎会員)

7/1中越沖地震10周年・福島を忘れない!原発ハイロ県民集会

日時:7月1日(土)14:00より16:00
会場:柏崎市産業文化会館
主催:原発からいのちとふるさとを守る県民の会
共催:柏崎刈羽原発の閉鎖を訴える科学者・技術者の会

◎柏崎刈羽原発の焦点

1.原子力規制委員会すらあきれる東電の免震重要棟問題
日本で1番すごい新基準地震動 耐えられない。
1~4号機=新基準地震動2300ガル 5~7号機1209ガル
2.防潮堤液状化問題(刈羽テフラ=火山灰)、活断層問題
3.使用済み核燃料 全基再稼働すれば3年で満杯(81%)
4.東電の「新々再建案」は柏崎刈羽原発再稼働しかない、
だからなんとか6・7号を動かして
↓
5.桜井柏崎市長…6・7号機の再稼働は認め、他の号機はひとつでも
ハイロにして東電様 廃炉での金も落ちるし、再稼働での交付金がもっと欲
しいのでネ これが「超原発論」ダ。

アクセス:乗合高速バス利用 上越第1便 池袋東口8:40→柏崎駅前13:16
       要予約 03-5910-2525 西武座席センター
自家用車…北陸道(越後川口で分岐)柏崎インター
上越新幹線長岡から信越線柏崎

今回の集会は、昨年、新潟県知事選挙勝利=米山知事、柏崎市長選挙敗北=桜
井市長のねじれ状態の中で久し振りに行われる柏崎現地集会です。
従って攻防の局面が鮮明に現れる集会となるでしょう。

◎ 桜井柏崎市長は「国の規制委員会があるのだから県の技術委員会は必要ない」
などと発言し、6・7号機の再稼働は認め、他の号機はひとつでもハイロにして
欲しいと東電に要望しています。
東電の「新々再建案」の中核は「柏崎刈羽原発の再稼働」であり、6・7号機
の再稼働はどうしても手にいれなければならない問題です。
規制委員会もまた6・7号機の大枠審査を近々終了しようと考えていました。
ところが東電は免震重要棟について耐震基準が規制委員会の求める基準をクリアー
出来ない事を3年間も隠し通し、露呈してしまいました。
原発過酷事故に対し最後の現地指令拠点、対処拠点がどうにもこうにもクリアー
出来ないのです。
規制委員会はペナルティーを課せず、再提出にとどめました。東電は独立した
構造物で免震重要棟は造れず、5号機の原炉建屋内に緊急時対処所を使用(中越
沖地震に耐えられた事)する事で乗り切ろうとしているのです。

◎ 5号機も新基準動は1209ガルです。規制委委員会からする基準は、新基準地
震動であり東電の云う「中越沖地震に耐えられた」は基準ではないはずです。
桜井市長の「6・7号機再稼働、1~5号機の一つでも廃炉要請」は具体案の
振りは出来るが規制委員会・東電のチャランポランの言動では実効性を見いだす
事は出来ません。

参考1:たんぽぽ舎メルマガ2017/6/19【TMM:No3105】
金子通さんからの報告
「5号機緊対所使用を疑問視‐柏崎原発反対3団体」
東京電力柏崎刈羽原発の免震重要棟(免震棟)の耐震性不足を巡る問題で、柏
崎刈羽原発反対地元3団体は16日、同原発を訪れ、説明を求めた。同原発で重大
事故が発生した場合、5号機の原子炉建屋内に設ける緊急時対策所(緊対所)を
使用するとしている東電の方針について疑問視する声が相次いだ。(6月16日新
潟日報より抜粋)
※地元3団体…柏崎刈羽原発反対同盟・守る会(かつて集落ごとにつくられてい
た)・地区労

参考2:たんぽぽ舎メルマガ2017/4/25【TMM:No3062】
今井孝司(地震がよくわかる会)
ここでは柏崎刈羽原発免震重要棟問題が時系列で解説されています。


┏┓
┗■2.複数基の同時稼働を認めるな!
| 福島第一原発の1から4号機全部を収束できなくなっていた教訓
| 高浜4.3号機の再稼働で改めて同時稼働が心配
| 原子力規制委員会は原発再稼働推進委員会!その137
└──── 木村雅英(再稼働阻止全国ネットワーク)

◎ とうとう、関西電力高浜原発も4号機、3号機と2つが同時に稼働開始した。
九州電力川内原発も1、2号機が同時稼働しているが、高浜原発の場合には若狭
地域に14基も原発があり使用済み核燃料を格納するプールも沢山あり非常に心配
だ。
思い出していただきたい、2011年3月から4月の東電福島第一原発事故の収束
作業をテレビで観ていたときのことを。
福島第一原発1.2.3号機の収束作業においてどれか1つがより悪い状態に
なったら、福島第一原発の1から4号機全部を収束できなくなっていたのだ。

◎ そのことは、本年3月のNHKスペシャル「メルトダウン」でも実証的に映
像で明らかにしていた。吉田所長が他号機の対応に追われ1号機の冷却失敗を
12日間も放置してしまったのだ。
また、奈良本英佑さんも「原発の安全性を保証しない原子力規制委員会と新規
制基準」(eシフト編)で、新規制基準が「複数の機器の同時故障」を設計で考慮
すべき対象としていないことを問題点として指摘している。
「新規制基準」が複数基の立地、複数基の同時稼働を容認していることの問題
点を何度も指摘してきた。
既存原発を再稼働する為の「新規制基準」だからこそ、福島第一原発事故の教
訓を生かさず、複数基の立地も同時稼働も容認しているのだ。

◎ 九州電力川内原発の2基も関西電力高浜原発の2基も非常に心配だ。
さらに、若狭湾沿岸には、敦賀原発2基、美浜原発3基、大飯原発4基、高浜
原発4基、「もんじゅ」1基、と計14基の原子力発電所が集中している。とても
心配だ。


┏┓
┗■3.メルマガ読者からの原発情報提供2つ(抜粋)
└──── 黒木和也 (宮崎県在住)

1.「寿命の尽きた原発稼働はセウォル号と同じだ」
 … 文大統領、国民の生命権強調
ハンギョレ新聞6/20(火)7:06配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170620-00027685-hankyoreh-kr
2.浅草芸人たちが記者に、漫才協会の
“ゆる~い”メディア「まんにち新聞」
お笑いナタリー6/20(火)13:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170620-00000043-natalieo-ent
最初の記事は、東日本大震災後、東京電力の記者会見にもっとも多く出席し、
原発問題を取材し続けている夫婦コンビ・おしどりが担当。


┏┓
┗■4.国民からの回答
| 安倍政権にはっきり「意思表示を示す最大のチャンス」
└──── 広瀬 稔(兵庫県在住)

◎ 原発再稼働が現在5基です。
また原子力規制委員会の新規制委員、阪大副学長・山中伸介氏は40年は短いと
主張。
原発問題初め、戦前の「治安維持法」だともいう「共謀罪」が自民党、公明党、
維新等で前段の法務委員会審議を飛ばし参議院本会議でいきなり強行採決した。
ここで「数の力」の凄さを思い知らされた。悔しい本当に悔しいと。
しかし、6月19日、安倍首相は各新聞社が出した「安倍政権支持率下落」の世
論調査にあわてて、緊急の記者会見で(具体無き反省?)弁解をした。

◎ 今、私達は、安倍政権にはっきり「意思表示を示す最大のチャンス」が来た
のだ。『都議会議員選挙』で自民党と公明党議員を落選させる事です。
国政と地方は違う、そんな声が聞こえそうですがそうではありません。
首都であり国会があり、首相官邸が在る。
都民の皆さん、この選挙を大いに活用して自民・公明(国民を舐めた数々)に
はっきりと審判を下す事が出来ます。「千載一遇」は今です。

私は関西居住で行使できなく悔しい思いが在ります。
このチャンスを都民の皆さん大いに行使して下さい。
落胆ばっかりではありません。
行動すれば必ず光は指してきます。
政治は変わります。
投票に皆さん行きましょう。


┏┓
┗■5.メルマガ読者からイベント案内
| (お問い合わせは主催者へお願いします)
└────

◆6/28大間原発建設反対!電源開発株主総会スタンディングデモ

日 時:6月28日(水)午前9時より10時
場 所:東京プリンスホテル前
都営地下鉄三田線御成門駅より徒歩4分、
同芝公園駅より徒歩6分
内 容:電源開発の株主総会が行われる、東京プリンスホテルの前で、
株主の皆さん に大間原発の危険性を訴え、建設計画を中止
させるよう呼びかけましょう。短時間の参加も大歓迎。
主 催:大間原発反対関東の会
(函館市の「大間原発建設差し止め裁判」等を首都圏で
勝手連的に応援するためにつくられた会です)
連絡先:080-6616-9604(玉中) aki-trsk at outlook.jp (寺崎)
賛 同:「経産省前テントひろば」


◆7/5『もんじゅ西村裁判(国賠)』2審(第1回)傍聴のお願い

日 時:7月5日(水)13:30より
場 所:東京高裁511法廷
アクセス:東京メトロ「霞が関」A1出口1分
被 告:警視庁中央署 原告:西村トシ子
訴訟名:未返還遺品請求訴訟
(遺品とは遺体発見時の全着衣、靴、
ホテルで受信したFAX受信紙5枚)

「もんじゅ西村裁判」(国賠)報告集会
日 時:7月5日(水)14:00より
場 所:待合室(予定)
内 容:判決の解説―弁護士,原告,支援者
主 催:もんじゅ西村怪死事件の真相を究明する会
代表 高瀬080-1082-9980

最近の裁判経緯
2016年「鑑定書」2点(法医学者の死亡推定時刻,
遺書筆跡の鑑定)提出
2016.12.21 政府は「もんじゅ」廃炉を正式決定
同日の朝日新聞(夕刊)記事掲載
「もんじゅのために死ぬことはなかった」
2017.3.13 1審・棄却
最新情報:ブログ「もんじゅ・西村裁判」(国賠)


┏┓
┗■6.新聞より1つ
└────

◆民主主義じゃない

東京都府中市の会社員佐藤諭さん(54)
共謀罪が成立してしまった。反対の意思を示すため、何としてでもここに来た
かった。とても重要なことなのに、議論にならないような答弁で押しきり、強行
採決された。こんなの、民主主義じゃない。
    (6月21日東京新聞4面「金曜日の声」より)

──────────
☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震と原発事
故情報」へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致
します。
郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

【編集部より】
メルマガ読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他投稿歓迎。
※「川柳・俳句・」短歌」などについても投稿歓迎です。
掲載については編集部の判断とさせて下さい。
1.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」に関しては、平等に掲載する
ため日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先などを
400文字以内でお送り下さい。
件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。
メールマガジンには1回だけの掲載とさせていただきます。
日程が直前にならないよう余裕を持っていただけると幸いです。
2.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、タイトル(見出
し)及び本文をお送り下さい。件名に「メルマガ掲載希望」と明記して
下さい。送付先は「 nonukes at tanpoposya.net 」です。
なお、お送り頂いた投稿は集会・デモ・講演会のお知らせを含めて紙
面の都合上すべてを掲載できない場合があります。
たんぽぽ舎の会員からの掲載希望を優先させていただく場合もあり
ます。予めご了承ください。
──────────
◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページの「メルマ
ガ:地震と原発事故情報」をご参照下さい。
◆メールマガジンをお送りします
たんぽぽ舎では、「地震と原発事故情報」(メールマガジン)を
発信しています。
ご希望の方は、件名を「アドレス登録希望」として、ご自身の
Eメールアドレスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを
送ってください。
違うアドレスから「このアドレスに送って」ということは間違いの
元となりますのでやめて下さい。登録できしだい発信致します。
・配信の削除につきましても以下のアドレスにメールを下さい。
たんぽぽ舎のメールアドレス: nonukes at tanpoposya.net
◆携帯電話への送信は、容量が多いためか全文表示できない例があ
ります。
──────────
たんぽぽ舎は、月曜~土曜13:00~20:00オープン、
日曜・休日はお休みです。
〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町2-6-2
ダイナミックビル5F
 TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797
新HP http://www.tanpoposya.com/
郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎
       口座番号 00180-1-403856


CML メーリングリストの案内