[CML 048786] Fwd: [no-xband-radar:7591] 猪俣哲さんより

りょうこ baffydct at gmail.com
2017年 6月 19日 (月) 13:06:34 JST


---------- 転送メッセージ ----------
From: uchitomi makoto <muchitomi at hotmail.com>
日付: 2017年6月19日 11:29
件名: [no-xband-radar:7591] 猪俣哲さんより
To: "no-base-okinawa-kyoto at googlegroups.com" <
no-base-okinawa-kyoto at googlegroups.com>, "612okinawa-kyoto at googlegroups.com"
<612okinawa-kyoto at googlegroups.com>, 沖縄・京都・反基地メーリングリスト <
okinawa-kyoto-kiti-no at googlegroups.com>, "\"takaeshien-kyoto at freeml.com\"" <
takaeshien-kyoto at freeml.com>, "\"no-xband-radar at freeml.com\"" <
no-xband-radar at freeml.com>, 反戦共同メーリングリスト <10-21kyoto at googlegroups.com>


猪俣哲さんより

いよいよ明日、日本最西端の沖縄県与那国島から関西へ飛びます。
沖縄の基地負担の軽減を喧伝しながら、米軍の下請けになった自衛隊が広報する「国防」の嘘と、辺野古・高江の陰で語られない、
再軍備化に晒された島々の最前線からの現状を語ります。
京都・大阪・神戸・京都の四回連続講演会を通して南西諸島への自衛隊配備の現状を伝え、米国の極東戦略に組み込まれた「標的の島・日本」
全体への連帯を呼びかけます。

====================

<南西諸島への自衛隊配備を考える>
緊急報告会、交流会のお知らせ
6月20日~24日

鹿児島の南端から一番端の与那国島まで続く南西諸島。防衛の空白を埋める政府の抑止力議論に、平和を希求する99%の声を、最前線の島から提言します。

沖縄本島も含めてそれぞれの島が独自の文化と伝統を持つ自然豊かな連なりは、世界自然遺産登録の対象にもなる南洋の宝石にも例えられる島々です。

しかしながら、かつての戦争の記憶が癒えぬ間に中国脅威論が喧伝され、いま自衛隊配備が密かに、強引に再軍備化が進められています。

1972年の沖縄復帰以来、自衛隊は発足後初めて最大規模な再編と南西シフトに着手しました。

沖縄の基地負担軽減と言いながら、新たな自衛隊の新基地を離島に建設していく流れは、米軍の下請けで戦争の道を開こうとする世界戦略の一端です。

新たな自衛隊の軍事基地化に直面した離島住民の抵抗は、辺野古や高江に代表される沖縄の米軍基地反対運動と、
本質を共有しながらも同列で語られることが少ないのが現状です。

テレビや新聞でもほとんど報道されない、島々の破壊と島人の思いを共有してください。
「南西諸島ピースネット」共同代表の猪股さんは、最南端の与那国島から自分の足で、石垣島、宮古島、沖縄島、伊江島、奄美大島、屋久島、種子島、馬毛島と。
隅々の最前線の島民と交流し、島々の変貌を見つめてきました。

憲法9条に「自衛隊」明記の新憲法を2020年に実施すると首相自らが宣言しました。
専守防衛の原則を失った今の自衛隊員もその家族も、憲法に守られていた私たちの姿そのものです。右左の議論を超えて考えなければいけない命の提起が、
沖縄のさらに端の離島から寄せられていることに目を向けて下さい。

関西にお住まいのみなさま、ぜひ平和の最前線である、国境の島々に暮らす人々の声をお聞きください。

●猪股 哲さんのプロフィール
日本最西端の与那国島に2004年に移住しカフェを営むシェフ・パティシエ。与那国島への陸上自衛隊基地への反対運動と共に、
同様の計画が持ち上がる島々や沖縄本島の運動とも連帯して南西諸島全域の軍事基地化に警鐘を鳴らす。
南西諸島ピースネットの共同代表としてインターネットでの情報発信を続けながら、島々の連帯を構築するために現場に足を運び続けている。

*詳しくは各主催者による添付チラシをご覧ください。

■6/20(火) 京都市内 18:30~
会場:京都教育センター202号室
主催:「南西諸島への自衛隊配備を考える」京都実行委員会
参加費:500円
問い合わせ:070-5650-3468

■6/21(水) 大阪・箕面市 ①14:00~ ②18:00~
会場:箕面市文化交流センター
主催:基地のない平和で豊かな沖縄をめざす会
呼びかけ人:川口真由美・芳沢あきこ
参加費:無料
問い合わせ:080-5363-3472

■6/24(土) 京都市内 18:00~
会場:NPO法人「福祉広場」1階ホール
*米軍基地建設を憂う宇川有志の会事務局長=永井友昭さんとのシンポジウム
主催:「京丹後と南西諸島をつなぐ連続学習会」井上吉郎・前田佐和子・山田和幸
参加費:無料

シークレット集会もあります。

Get Outlook for iOS <https://aka.ms/o0ukef>


CML メーリングリストの案内