[CML 048782] ヘイトスピーチ講演・多文化共生関門ネットワーク6.23 北九州

Maeda Akira maeda at zokei.ac.jp
2017年 6月 19日 (月) 10:30:06 JST


前田 朗です。

6月19日

多文化共生関門ネットワーク 講演会のお知らせ

◆演題:「表現の自由を守るためにヘイト・スピーチを規制する」

~(ヘイト・スピーチ問題と表現の自由について)

◆講師:東京造形大学教授 前田 朗

◆開催日:6月23日(金) 18:30~20:30

◆会場:北九州市立生涯学習総合センター(小倉北区大門1-6-43)1F AB会議室

◆資料代:500円

アメリカ合衆国トランプ大統領の登場を機に、ヨーロッパでも移民排斥を訴える極右勢力が増大しています。そして、福祉国家といわれるスウェーデンや中立国家といわれるスイスでも、ムスリム系を中心とした移民流入に非難が巻き起こり、ヘイト・クライム(憎悪犯罪)ヘイト・スピーチに対してさまざまな規制法や刑事罰が適応されています。

 しかし我国においては、昨年ようやくヘイト・スピーチ解消法が制定されましたが、規制や罰則のない理念法であり、その効果は限定的です。

 規制や罰則を求める場合は、論議の中で必ず「表現の自由」問題が出てきます。

 

 今回、このヘイト・スピーチ問題や国際人権法に詳しい前田朗教授をお招きして講演会を企画しました。

 多文化共生社会を考える私たちには避けて通れないテーマです。

 ご来場をお待ちしています。

多文化共生関門ネットワーク 

連絡先:北九州市小倉北区真鶴一丁目7番7号 井ビル1F ユニオン北九州気付

TEL(093)562-5712 FAX(093)562-5711 

又は、事務局:小田原090-4588-1640、南川090-2853-7116



CML メーリングリストの案内