[CML 048644] 自衛官の告発:私がうけたイジメ

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2017年 6月 14日 (水) 18:09:46 JST


 坂井貴司です。
 自衛官人権ホットライン
 http://8701.teacup.com/hotlines/bbs
 
 の事務局長の小西誠さんのフェイスブックの投稿からです。
 
 自衛隊賛美の声は年々高まっています。自衛官は尊敬のまなざしで見られてい
ます。小学生が「ぼくはおおきくなったらじえいたいにはいってひとだすけをし
たいです」と書くことが珍しくなくなりました。
 それは災害救助で自衛官が先頭に立って活動する姿を目にすることが多くなっ
たからです。
 それで、「災害救助などで人助けをしたい」と自衛隊に入る若者が大勢います。
 ところが入隊したら、待っていたのはイジメと暴力、虐待です。
 自衛隊を賛美する人に読ませてください。
 
(ここから)

*自衛官からの告発の投稿です。本人の希望で転載します。

人権侵害、名誉毀損、悪質及び陰湿な集団パワハラ・いじめ 投稿者:西部 高射
の空士 投稿日:2017年 6月13日(火)01時38分40秒 返信・引用

航空自衛隊 西空 高射の事案です。
皆さん初めまして。
私は今月末を以て退職予定の空士長です。今月末を以て退職としても、それまで
の期間、私の精神が持つかどうかも危ういですが。
長文なので、誤字脱字ありましたら大変申し訳ございません。

内容としては、組織として私の将来設計の妨害、集団的いじめについてです。
私は1年半に渡り、退職したい考えを部隊に伝えて来ました。自分の目標を目指
すにあたっての進路変更及び対人関係の不良が原因です。

まずは対人関係からお話します。
始まりは約2年前、2015年夏頃、3曹の先輩の指導の仕方に疑問を抱き、私が思っ
たこと、考え行動したことを伝えるようにしましたが、常に私の人格や夢を否定
されるだけでした。適切な指導や教育はありませんでした。

約半年間上記のような行動を続けました。しかし2016年2月、私が増警で勤務中に
巡察時に指導されましたが、翌朝呼び出され、指導とは言えない指導をされまし
た。
半年の間、その先輩には夢を否定され、ただただけなされるだけでした。私がど
う考え、行動したかを伝えても全否定で、適切な指導は一切ありません。
その増警をきっかけに私は精神的に崩壊し、3日間飲まず食わずになりました。
その人の声を聞くだけで震えがきて、精神的に耐えられなくなりました。

上記同様、2016年2月。
同じ小隊の1曹にも悩んでいました。営内や職場を問わず、理由もなく笑いながら
叩いてきたり、業務の話や業務上の依頼事をしても、拒否されたり、適切な指導
もなく、怒られたりしました。
各個人が書くアンケートも「俺は書かないからお前書け」と言われ、私が「各個
人が書くアンケートになってますので、ご記入下さい」と言っても階級を盾にア
ンケートさえも丸投げしてきました。

業務にしても、私が担当している業務に対しても文句を言うだけで指導等はせず、
自分にとって面倒なことであれば、示したやり方通りにはせず、自分のやりたい
ようにやっていました。
1年近く私が担当の係についていた時には常に上記のような状態でした。

上記2名の先輩の件を小隊長等に相談しても、3曹の先輩に関しては、適切な指導
等はされず、1曹に関しては指導さえされていません。
隊長、副隊長に話しても指導はありませんでした。

続いては、集団パワハラ・いじめについてです。
私が退職に向けて本格的に動くことが出来たのは、2016年10月末。以前より陰口
はありましたが、一層酷くなりました。
真実とは異なる嘘を陰で言われ、私は周りから気持ち悪がられ、無能な空士とし
て、周りの隊員から評価され始め、なめられたり無視されることが増えました。
陰口を言われていると一人の後輩から教えられました。
嘘を言われている内容として、「風俗通いをしていて、アイツは性病持ちだ」、
「最近またパチンコ行きだして、本当にクズ」、「アイツには沢山の女がいて、
女と関わる時はドMになる気持ち悪い奴」などと言われています。

私としては、確かにソープやパチンコに行った経験はあります。しかし、ソープ
は1年半以上は行ってませんし、性病になっていたとしたら営内の風呂を使用する
ので、営内者の誰かが発症しているのではないでしょうか?
私よりも最近のうちにソープへ行った隊員はいるはずなのに、私だけがターゲッ
トにされてます。
パチンコに関しても記憶の中では2ヶ月間は行った記憶もなく、2ヶ月の外出に関
しては証明出来ます。
異性関係については、私は周りにそれほど話をした事がないので、私がどういう
性癖なのかを理解してる隊員はいません。

私の人格等に対する評価は下がりました。
対人関係に悩んで自殺しようとも考え、自傷行為に走り、両腕には刃物で切りつ
けた痕がいくつもあります。隊に居る間、夜は眠れず夜中2、3時は当たり前にな
り、疲れは取れず、周りの目を気にし、食事は一日2食か1食の生活が約8ヶ月は続
きました。今でもそうです。人間不信は悪化し、対人恐怖症も悪化しました。周
りになにもないように振る舞うのが辛く、夜には独りで泣き、自傷行為の繰り返
しでした。

続いては、組織的妨害についてです。
私はパイロットを目指していて、高校生の頃から段階的計画を考えていました。
そのことを小隊長や先任には伝えていましたが、退職したいと伝えても「今は無
理だ」や退職するにあたって条件を付けられたりしました。

空士の退職は最低2週間あれば出来ます。2ヶ月前に考え行動しても、今は無理だ
と言われる押し問答を繰り返しました。
2016年2月にはアメリカへ留学しながら、パイロットを目指せるチャンスも受ける
ことが出来ず、そのチャンスも1度きりでした。

留学時期は2016年4月1日で、退職手続き等に関しても可能なはずであると考えま
す。
同年11月。パイロットを目指すために民間へ転職し、働きながらライセンスを取
得すると話、転職活動を始めました。
次の会社や住む場所等については逐次報告をし、小隊長からも指導はされません
でしたが、1ヶ月後の12月25日。就職先が決まっていたのにも関わらず就職につ
いて、やり方を考え直せと指導されました。1ヶ月間、指導もなかったのに後出
しのように指導をしてきました。なぜ、今更なのかと小隊長及び隊長に聞いても
「隊長指示だから」、「お前のために指導をした」としか言われず質問に対して
納得する回答はありませんでした。
そこから悩み、2017年が始まり3ヶ月間、精神的に追い込まれ、私有車内で自殺を
何度か図りました。カウンセリングにも行き、精神科で実施されるような鬱病の
チェックシートをやり、鬱病と診断される範囲でした。

現在は退職も近づき各種手続きを進めている中、人事に呼ばれました。
群副司令が気にされているということで、私が受けたパワハラの内容についての
調査と、公益通報をするつもりなのかどうかという確認でした。
その際、人事より言われた言葉が「お互い円満退職のために公益通報とかせんが
良いからね」と言われました。
私はここまで精神的に追い込まれ、夢を目指すチャンスも踏み潰され、嘘を含む
陰口を言われ、人権侵害及び名誉毀損、パワハラを受けてるのに、現時点で円満
退職な訳がありませんし、納得出来ません。

この組織のため、あるべき姿を目指し意見や改善点を伝えて小隊長に上申しても、
なにも変わらず、このまま退職しても今後私はこの部隊でヤバイやつ、性病持ち
のクズで気持ち悪い奴が居た、と言われ続けられるが耐えられません。
ましてや、高射と言えば弾道ミサイル対処を任務とする部隊で、世間からすれば
ホットな部隊です。そんな部隊の実情が酷く、私は国民の皆さんに対して申し訳
ない気持ちと、部隊に対する憤りで心はいっぱいいっぱいです。

昨日の出来事ながら、私の陰口を言ってる後輩に対して私の態度が冷たくなり、
後輩に理由等を言いました。
業務終わりに後輩が詰め寄ってきて「俺はそんなことはせんし、もし先輩があな
たの陰口を言ってたら受け流すか笑い流すかしか出来なくないですか?」と。後
輩曰く、陰口を言い合っている空曹に電話したそうでそんな事実はない、と言わ
れました。私からすれば、信ずるに値するモノがありません。個人で立ち向かお
うとたら集団で潰しにかかる。陰口を言っているのを聞いたと内容まで細かに聞
かされた私からすると、手を組んで「こう言っとけ」、「口裏合わせとけば大丈
夫やから」という目論みであろうと考えています。

現状を考えると私が退職するまで期間は残り僅かですが、1人で立ち向かわざるを
得ないこの環境、耐えなければならない状況が非常に辛く、耐えられるかさえ不
安です。

役に立つか分からない公益通報や使えるホットライン等は全面的に使用し、抗議
していきたい考えです。

どうか私と同じような境遇を知人や身内、大切な人等に遭わせないためにも理解
及び拡散、認知の程よろしくお願い致します。

(ここまで)

坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。
  


CML メーリングリストの案内