[CML 048616] Fwd: たんぽぽ舎です。【TMM:No3100】地震と原発事故情報-6つの情報をお知らせします

りょうこ baffydct at gmail.com
2017年 6月 13日 (火) 22:28:53 JST


----------転送メッセージ----------
From: *たんぽぽ舎* <nonukes at tanpoposya.net>
日付: 2017年6月13日火曜日
件名: たんぽぽ舎です。【TMM:No3100】地震と原発事故情報-6つの情報をお知らせします
To:


たんぽぽ舎です。【TMM:No3100】
2017年6月13日(火)地震と原発事故情報-
6つの情報をお知らせします
転送歓迎
━━━━━━━
★1.原子力機構の被曝作業員のプルトニウム「非検出」の発表と
被曝隠しの疑惑 放医研の説明は著しく不自然です
被曝のもみ消しに向かって、大きな一歩
放医研は被ばく被害のいんぺいに一貫して務めてきた前科がある
東電福島第一原発事故による健康被害隠しと一体のもの
渡辺悦司(市民と科学者の内部被曝問題研究会)
★2.メルマガ読者からの原発情報提供3つ(抜粋)
黒木和也 (宮崎県在住)
★3.メルマガ読者からの「新潟日報」情報
金子 通 (たんぽぽ舎会員)
★4.金田勝年法相『横浜事件』を知らない
治安維持法について答弁していたのに
6/8傍聴報告 大臣も副大臣もオロオロ
 山田政夫(「平和通信」発行者)
★5.メルマガ読者からイベント案内
(お問い合わせは主催者へお願いします)
◆6.18第37回被ばく学習会
「核との泥沼の戦い・撤退も放棄もできない『廃止措置三兄弟』
福島第一・「もんじゅ」・東海再処理施設」
講演:春橋哲史さん(規制委員会ウォッチャー)
★6.新聞より1つ
◆大洗事故作業員 肺からアメリシウム検出
  プルトニウム変化の物質 放医研調査 人数は公表せず
  (6月13日東京新聞朝刊27面より抜粋)
━━━━━━━
※6/22(木)講演会にご参加を!
『放射能安全神話を垂れ流す被告側の御用学者に対する反論』
お 話:崎山比早子さん(医学博士) DVD上映『放射線のホントのこと』
日 時:6月22日(木)19時より21時
会 場:「スペースたんぽぽ」(ダイナミックビル4F)
参加費:800円
━━━━━━━

┏┓
┗■1.原子力機構の被曝作業員のプルトニウム「非検出」の発表と
| 被曝隠しの疑惑 放医研の説明は著しく不自然です
| 被曝のもみ消しに向かって、大きな一歩
| 放医研は被ばく被害のいんぺいに一貫して務めてきた前科がある
| 東電福島第一原発事故による健康被害隠しと一体のもの
└──── 渡辺悦司(市民と科学者の内部被曝問題研究会)

今回の原子力研究開発機構での重大被曝事故でも、被曝のもみ消しに向かって、
大きな一歩が踏み出されたようです。
放射線医学総合研究所は、昨日6月12日の記者会見で「被曝5人の肺からプル
トニウムは検出されなかった」と正式に発表しました。
例えば以下の日本経済新聞の報道を見てください。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG12HEN_S7A610C1CR8000/
しかし、この発表には「重大な疑義」が残ります。

まず第1に、プルトニウムと共に微粉塵として放出されたとされるアメリシウ
ムについては、肺内で検出されたことを認めたにもかかわらず、被曝量を公表し
なかったことです。
以下の朝日新聞の報道を見てください。
http://www.asahi.com/articles/ASK6D677ZK6DULBJ00Q.html

しかも、放医研は記者会見で「アメリシウムが検出された人数や数値は『個人
情報のため答えられない』とした」と報道されており、検出された被曝量が「微
量ではない」ことが示唆されています。

つまり、プルトニウムから必然的に生じるアメリシウムは、その被曝量を「個
人情報」として秘匿する必要がある程度の、相当量の被曝があることは認めなが
ら、同時に放出された本体のプルトニウムについては、「検出できなかった」と
いう放医研の説明は、著しく不自然です。
これは、控えめに表現しても「疑惑を生むもの」といわざるをえません。

というのは、ここで重要なのは、アメリシウムとプルトニウムの比率から、プ
ルトニウムの被曝量は簡単に推計できるからです。
原子力機構が公表した、アメリシウムの肺内被曝量は、220ベクレル、プルトニ
ウムの被曝量は2万2000ベクレルでした。つまりアメリシウムとプルトニウムの
比は、およそ1対100です。
双方の核種とも半減期は極めて長いので、この比は当然数日では変わりません。

つまり、アメリシウムの肺内被曝量が分かれば、プルトニウムの肺内被曝量は、
それを100倍することによって、およそですが、容易に推定できることになります。
だから「個人情報」を盾に、検出されたアメリシウムの肺内被曝量を公表しな
かったというのは、子供だましのトリックにすぎません。
このようなペテンじみた行為を、記者会見できちんと追及できないマスコミも
どうかしています。

第2に、プルトニウムの場合、検出下限値が極めて高い点を無視していることで
す。
同じ12日に原子力機構が発表した資料(「肺モニターによる測定状況につい
て」)では、放医研にある肺モニターのプルトニウム239検出下限値は、5000~
1万ベクレルとされています。他方、ガンマ線を出すアメリシウムの下限値は10ベ
クレルです。
https://www.jaea.go.jp/02/press2017/p17061201/s02.pdf
プルトニウムは、体内飛程が極めて短く、体外からは測定不可能なアルファ線
以外には、低エネルギーのX線をわずかしか出しませんので、測定の際の下限が
極めて高くなります。
ですから、仮に放医研の発表の通りと仮定しても、プルトニウムが、1万ベク
レル程度までは、肺内にあっても測定されることができない可能性があるわけで
す。
前回も触れましたように、7400ベクレルも肺内にあれば、ビーグル犬に肺がん
を生じさせる量になります(タンプリン・コクラン論文)。
原子力機構は、肺内にとどまるプルトニウムの量を、吸入被曝量全体の6.1%と
評価して、全身被曝量を36万ベクレル、実効線量を年間1.2シーベルト、50年間で
12シーベルトと計算していました。
仮に、今回、1万ベクレルが肺内にあって、測定できなかったと仮定しても、
全身では16万ベクレル程度の被曝量になり、年間では550ミリシーベルト程度、2
年間で10%致死量、50年間では5.5シーベルト程度の半数致死量を超える被曝量に
なります。
ですから、危険性は、原子力機構の発表とそれほど変わらなくなります。

第3に、放医研自身の発表でも、半面マスクで覆われていたはずの作業員の
「あご」で最大140cpm、「鼻」で22cpmの放射能が観測されていることです。
http://www.qst.go.jp/Portals/0/pdf/information/press/170606/press170612.pdf
つまり、鼻腔で24ベクレル検出されたとする原子力機構の測定結果は、ほぼ追
認されています。
プルトニウムが「肺に入っていない」ということを暗に示唆する今回の放医研
の判断が、控えめに表現しても、明らかに「早計である」ことは、このことだけ
からも明らかです。
尿検査や便検査の結果が出る前に、このように「不検出」の判定を行うことは、
極めて「怪しげな」ものであり、露骨な「被曝隠し」や「印象操作」を疑わせま
す。

第4に、放医研や今回出てきた明石真言執行役が今までに、被曝被害の隠蔽に
一貫して努めてきたという「前科」です。
原爆被害やビキニ水爆実験による被曝被害での彼らの役割は、すでに批判され
ています。
明石氏は、『Days Japan』(2017年4月号)によれば、2011年9月の国際会議
で、「(福島原発事故は)チェルノブイリに比べればまったく大した事故ではな
く、将来的にも健康に関する心配は何もない」と発言していました。
これは、はっきり言ってデマであり、国際的に規定された最大級の「レベル7」
の事故の影響を何の根拠も上げずに最初から否定するものです。
事故基準INESを規定した国際協定(OECD/ IAEA)をすら冒涜す
るものであるといわなければなりません。
前掲の同誌は、このような専門家およそ10人が、日本国民に被曝を受忍させ、
健康被害を隠蔽するために共同して(共謀してというべきでしょう)して行動し
ている事実を明らかにしています。
名前が挙がっているのは、以下の人々です。
長滝重信 長崎大学名誉教授
山下俊一 長崎大学副学長・福島県立医大副学長
高村昇 長崎大学原爆後障害研究所教授
神谷研二 広島大学副学長・広島県立医大副学長
柴田義貞 長崎大学客員教授
丹羽太貫 放影研理事長・京都大学名誉教授
明石真言 量子科学技術研究開発機構執行役
佐々木康人 旧放医研元理事長・国際医療福祉大学元副理事長
鈴木元 国際医療福祉大学クリニック院長
遠藤啓吾 京都医療科学大学学長

実際は、もう少し多く、福島第一原発事故による健康被害は「ない」というこ
とを決めた環境省「中間取りまとめ」を作成した人々を以下に引用しておきまし
ょう(☆は上の10人に入っていない人)。(中略)
ここでも、長滝座長(亡くなりましたが)の命を受けて「代理」として取りま
とめたのは、明石氏でした。

◎ 政府発表でも広島原爆の168発分の長期に影響を与続ける放射性物質(セシウ
ム137)を放出した事故が、何の健康被害も生じないという政府見解を作成した人々
は、専門家の仮面をかぶったデマゴーグに等しいと言うほかありません。
安倍首相は、福島第一原発事故について、「健康に対する問題は、今までも、
現在も、これからも全くないということははっきりと申し上げておきたいと思い
ます」と発言しています。
http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement/2013/0907argentine_naigai.html

これを「忖度して」、あらゆる被曝被害をもみ消している専門家たちは、結局、
汚染度の高い地域に住民を帰還させ、国民に放射線被曝を押しつけ、それによっ
て「確率的に」国民を病気にし殺している最悪の政権の「大量殺人政策」に奉仕
しているのです。

 ───────────────    ─────    ─────────

◎ 今回の作業員被曝事故は、NHKのニュース解説でさえ認めるように、密閉
したグローブボックスを使って作業が行われていれば、最初から起きることのな
かったものです。
しかも、グローブボックスは、同建屋内に36セットも装備されているのです。
つまり、今回の被曝事故は、原子力機構の安全管理の「非常識」とも言えるほ
どのずさんさが引き起こしたものなのです。

放医研による明らかにプルトニウム被曝隠しの試みは、福島第一原発事故の健
康被害隠しと一体のものであり、原発の再稼働、さらには、同じ事業所内にある
高速炉「常陽」の再稼働への障害とならないようにしようという推進勢力の企図
を現しています。
被曝隠蔽機関としての放医研が果たしてきた犯罪的役割、その中での明石真言
氏の果たしている、あらゆる「被曝もみ消し」の張本人としてのとくに犯罪的な
働きについて、今後も注目していく必要があります。

※★2.と★6.の新聞情報もご参考に!


┏┓
┗■2.メルマガ読者からの原発情報提供3つ(抜粋)
└──── 黒木和也 (宮崎県在住)

1.<茨城被ばく>甘い想定、被害を拡大 事故1週間
毎日新聞6/12(月)23:33配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170612-00000101-mai-soci
2.「津波来たらどうする」元事故調委員長が原発再稼働批判
朝日新聞デジタル6/12(月)22:53配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170612-00000074-asahi-pol
3.<福島第一>排気筒を遠隔操作で解体
河北新報6/12(月)9:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170609-00000019-khks-soci


┏┓
┗■3.メルマガ読者からの「新潟日報」情報
└──── 金子 通 (たんぽぽ舎会員)

柏崎市長・反原発派、30日に意見交換会-再稼働条件巡り

柏崎市の桜井雅浩市長が東京電力柏崎刈羽原発6,7号機の再稼働の条件とし
て、1~5号機のいずれかの廃炉と2年以内の廃炉計画の策定を求めたことにつ
いて、桜井市長と原発反対派の市民グループとの意見交換会が30日に開かれるこ
とになった。12日にグループが申し入れ、市も応じた。
市民グループ「プルサーマルを考える柏崎刈羽市民ネットワーク」(本間保代
表)は申し入れで、桜井市長が示した条件の具体的内容を明らかにするため意見
交換会の開催を求めた。
申し入れ後、同ネット事務局で昨年の市長選に出馬した竹内英子さんは「廃炉
が1基だけでも再稼働を容認するのかなどを聞きたい」と話した。
桜井市長は取材に対し、「私はこう考えるが、みなさんはどう考えていますか
と意見を伺う」と述べた。
意見交換会は午後7時からで、会場は市民活動センターまちから(柏崎市西本
町3)。市民にも公開する予定。(紙面のみの掲載で、ネット上に掲載なし)
          (6月13日新潟日報より)


┏┓
┗■4.金田勝年法相『横浜事件』を知らない
| 治安維持法について答弁していたのに
| 6/8傍聴報告 大臣も副大臣もオロオロ
└──── 山田政夫(「平和通信」発行者)

議員会館前での共謀罪NO!抗議行動
6月8日、国会正門前で、この日の議員会館前での共謀罪NO!実行委員会・
総がかり行動実行委主催の抗議行動で、金田法務大臣は『横浜事件』を知らなか
った、という法務委員会傍聴者の報告があったことが話題になった。
「今日の法務委員会を傍聴してきた。山添議員が金田法務大臣に『横浜事件』
を知っているか、と質問した。すると、金田勝年法務大臣も副大臣もオロオロし
た。ものすごくみんなあせって、官僚の人たちも書類をいろいろ回している。大
臣は知らなかった。すごくショックだった。こんなに治安維持法、治安維持法と
言っているときに、この事件を知らずに、その程度の感覚で、法務大臣は治安維
持法はなんとかって以前に答弁している。よく言えたものだ。大変ショックだっ
た」 (後略) (「平和通信」2017年6月9日発行より抜粋)


┏┓
┗■5.メルマガ読者からイベント案内
| (お問い合わせは主催者へお願いします)
└────

◆6.18第37回被ばく学習会
「核との泥沼の戦い・撤退も放棄もできない『廃止措置三兄弟』
福島第一・「もんじゅ」・東海再処理施設」
講演:春橋哲史さん(規制委員会ウォッチャー)

●緊急特別報告「プルトニウム被ばく事故の真相」
山内知也・神戸大教授(資料と録音音声:予定)

日 時:6月18日(日)13時開場 13時15分~17時15分
場 所:文京区・アカデミー茗台(めいだい)・学習室A
地下鉄丸ノ内線「茗荷谷」駅徒歩8分 文京区春日2-9-5
内 容:福島第一原発、「もんじゅ」、東海再処理施設は、
いずれも大きなリスクを抱え解決の道が見通せないまま、
廃止計画が進められています。
今回のプルトニウム被ばく事故を起こしたずさんな
JAEA(日本原子力研究開発機構)が、「もんじゅ」と
東海再処理施設を廃止するのです。
参加費:700円
主 催:放射線被ばくを学習する会
http://anti-hibaku.cocolog-nifty.com/
懇親会:学習会終了後、茗荷谷駅前で1時間半、2000円程度。
学習会申込みの際、懇親会出欠も付記してください。
申込先:anti-hibaku at ab.auone-net.jp <javascript:;>


┏┓
┗■6.新聞より1つ
└────

◆大洗事故作業員 肺からアメリシウム検出
 プルトニウム変化の物質 放医研調査 人数は公表せず

日本原子力研究開発機構「大洗研究開発センター」(茨城県大洗町)の被ばく
事故で、放射線医学総合研究所(放医研、千葉市)は12日に記者会見を開き、放
医研の施設に入院する作業員5人のうち一部の人の肺で、放射性物質のアメリシ
ウムが計測されたと明らかにした。人数や誰から計測されたかは公表しなかった。
プルトニウムはいずれも計測されなかったという。
肺の放射性物質測定は、放医研が5人を受け入れた7日以降、それぞれ3~4
回実施。アメリシウムが計測された人も、レベルは下がってきている。アメリシ
ウムはプルトニウムが変化してできることから、この作業員はプルトニウムも体
内に取り込んだ可能性が高いとした。(後略)
(6月13日東京新聞朝刊27面より抜粋)

──────────
☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震と原発事
故情報」へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致
します。
郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

【編集部より】
メルマガ読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他投稿歓迎。
※「川柳・俳句・」短歌」などについても投稿歓迎です。
掲載については編集部の判断とさせて下さい。
1.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」に関しては、平等に掲載する
ため日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先などを
400文字以内でお送り下さい。
件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。
メールマガジンには1回だけの掲載とさせていただきます。
日程が直前にならないよう余裕を持っていただけると幸いです。
2.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、タイトル(見出
し)及び本文をお送り下さい。件名に「メルマガ掲載希望」と明記して
下さい。送付先は「 nonukes at tanpoposya.net <javascript:;> 」です。
なお、お送り頂いた投稿は集会・デモ・講演会のお知らせを含めて紙
面の都合上すべてを掲載できない場合があります。
たんぽぽ舎の会員からの掲載希望を優先させていただく場合もあり
ます。予めご了承ください。
──────────
◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページの「メルマ
ガ:地震と原発事故情報」をご参照下さい。
◆メールマガジンをお送りします
たんぽぽ舎では、「地震と原発事故情報」(メールマガジン)を
発信しています。
ご希望の方は、件名を「アドレス登録希望」として、ご自身の
Eメールアドレスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを
送ってください。
違うアドレスから「このアドレスに送って」ということは間違いの
元となりますのでやめて下さい。登録できしだい発信致します。
・配信の削除につきましても以下のアドレスにメールを下さい。
たんぽぽ舎のメールアドレス: nonukes at tanpoposya.net <javascript:;>
◆携帯電話への送信は、容量が多いためか全文表示できない例があ
ります。
──────────
たんぽぽ舎は、月曜~土曜13:00~20:00オープン、
日曜・休日はお休みです。
〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町2-6-2
ダイナミックビル5F
 TEL 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797
新HP http://www.tanpoposya.com/
郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎
       口座番号 00180-1-403856


CML メーリングリストの案内