[CML 048434] Fwd: [siminfukuoka:2326] 【福岡県弁護士会】共謀罪廃案+安保法廃止決議

りょうこ baffydct at gmail.com
2017年 6月 3日 (土) 18:09:07 JST


----------転送メッセージ----------
From: *後藤富和* <gotou at ohashilo.jp>
日付: 2017年6月3日土曜日
件名: [siminfukuoka:2326] 【福岡県弁護士会】共謀罪廃案+安保法廃止決議
To: "\"all-fukuoka at freeml.com\"" <all-fukuoka at freeml.com>, "
kyujyo at freeml.com" <kyujyo at freeml.com>, "siminfukuoka at freeml.com" <
siminfukuoka at freeml.com>


後藤(福岡)です。

【福岡県弁護士会】共謀罪法案の廃案を求める決議
市民が自発的に行う自由な活動に対して,現在においても過剰な捜査がな されている。共謀罪法案が成立すると,さらに,警察の捜査権限は著しく拡
大し,政府批判を行う市民に対する監視が強まることが懸念される。
民主主義社会においては,主権者が自由に政府を批判することや他の主権 者の多様な意見を聞き,自らの意思形成をなすことが必要であるため,表現
の自由が保障されることは必要不可欠である。
しかるに,過剰な市民監視がなされる社会においては,政府批判を中心と する表現の自由が萎縮してしまい,民主主義の根幹が破壊されかねない。そ
れは国民こそが主権者であり,政府はその幸福追求のための手段に過ぎない という憲法の本質的秩序そのものを逆転させかねないのであり,人権擁護を
社会的使命とする弁護士会においては絶対に容認できない事態である。
http://www.fben.jp/statement/dl_data/2017/0524_02.pdf

【福岡県弁護士会】日本国憲法施行70年にあたってその意義を確認し,改めて安保法制関連法の廃止を求める決議
日本国憲法施行70年を迎え,当会は,戦争の惨禍を経験したわが国が今日まで の70年間,平和を確保してきたこと,そのなかで憲法の基本原理である基本的人
権尊重,国民主権,恒久平和主義と根本理念である立憲主義が大きな意義を有する ことを再確認するとともに,かかる見地から,改めて,憲法違反の安保法制関連法
を内閣において運用しないこと,及び国会において直ちに廃止することを求める。
http://www.fben.jp/statement/dl_data/2017/0524.pdf
-- 
弁護士 後藤富和
大橋法律事務所
〒815-0033 福岡市南区大橋1丁目8番19号プロベニオ大橋6階
TEL 092-512-1636/FAX 092-512-1637
HP http://www.ohashilo.jp
E-mail gotou at ohashilo.jp <javascript:_e(%7B%7D,'cvml','gotou at ohashilo.jp');>
大橋法律事務所では使用する電力すべてをバイオマス発電によるグリーン電力でまかなっています。


CML メーリングリストの案内