[CML 048403] 【今日のブログ記事】 ■我々『フツーの民間人』は日本という恐ろしい国に住んでいることをまず自覚しなければならない!

山崎康彦 yampr7 at mx3.alpha-web.ne.jp
2017年 6月 2日 (金) 10:01:30 JST


いつもお世話様です。                         

【YYNews】【YYNewsLive】【杉並からの情報発信です】【YYNewsネット世論調査】を主宰する【市民革命派】のネットジャーナリスト&社会政治運動家の山崎康彦です。    
昨日木曜日(2017.06.01)に放送しました【YYNewsLiveNo2279】の『メインテーマ』を加筆訂正して【今日のブログ記事】にまとめました。

【放送録画】 59分49秒

http://twitcasting.tv/chateaux1000/movie/376791470

【今日のブログ記事】

■我々『フツーの民間人』は日本という恐ろしい国に住んでいることをまず自覚しなければならない!

日本では権力者と権力協力者による犯罪は100%免罪・免責されるがフツーの民間人の刑事容疑者は100%有罪にされ刑務所に送られる!

日本では民間人の刑事事件容疑者は微罪でも逮捕・起訴され99.99%の確率で有罪となり刑務所に送られるが、天皇、皇族、政治家、官僚、大企業経営者、カルト宗教指導者らの権力者と御用学者、御用ジャーナリスト、御用評論家らの権力協力者の犯罪は100%免罪・免責される!

例えば今回の御用ジャーナリスト・元TBSワシントン支局長山口敬之による詩織さんに対する「レイプ犯罪」が良い例だろう!

【画像1】左:記者会見する詩織さん 右:元TBSワシントン支局長山口敬之氏

詩織さんからの告訴を受理した高輪署の刑事は【準強姦罪】容疑で山口敬之の逮捕状を取り空港に逮捕に向かったが、逮捕直前に当時菅内閣官房長官の秘書官を務めていた中村格(いたる)現警察庁組織犯罪対策部長からの電話による中止命令で逮捕できなかったという。

また【準強姦罪】容疑で立件捜査していた東京地検もまた容疑不十分で山口敬之を不起訴処分にして免罪・免責にした。

今回の御用ジャーナリスト・元TBSワシントン支局長山口敬之による「レイプ犯罪」を免罪・免責した主犯たちはおそらく次の権力犯罪者たちだろう!

 攘抻.襦璽函枌翅竺覆逮捕寸前に中止命令を出した!

安倍晋三首相→菅義偉内閣官房長官→杉田和博官房副長官(元警察庁警備局長)→北村滋内閣情報官(元警察庁長官官房総括審議官)→中村格(いたる)現警察庁組織犯罪対策部長(事件当時は2015年4月菅内閣官房長官秘書官を務めていた)

【画像2】安倍晋三首相

【画像3】菅内義偉(よしひで)内閣官房長官

【画像4】杉田和博官房副長官(元警察庁警備局長)

【画像5】北村滋内閣情報官(元警察庁長官官房総括審議官)

【画像6】中村格(いたる)現警察庁組織犯罪対策部長(事件当時は2015年4月菅内閣官房長官秘書官を務めていた) 


◆攜〇.襦璽函柩撞辛埆淑で不起訴!

安倍晋三首相→菅官房長官→黒川弘務法務省事務次官→西川克行検事総長→堺徹東京地検検事正

【画像7】黒川弘務法務省事務次官(小沢一郎氏追い落としの黒幕)

【画像8】西川克行検事総長

【画像9】堺徹東京地検検事正

▲泥酔状態の教え子に乱暴したとして同じ【準強姦罪】容疑で逮捕されたアテネ、北京五輪柔道金メダリストの内柴正人は、2014年に最高最で懲役5年の実刑を受け現在刑務所に収監されている。

【画像10】内柴正人

この差は一体どこから来るのか?


それはその人間の立ち位置で決まるのだ!

すなわち、その人間が支配階級の一員で権力を持っている者か、あるいは権力者と協力関係にある者か、あるいは権力と全く関係のないフツーの民間人であるのか、というの差である。

我々『フツーの民間人』は日本という恐ろしい国に住んでいることをまず自覚しなければならないのだ!

(終り)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7 at mx3.alpha-web.ne.jp
*************************



CML メーリングリストの案内