[CML 048375] (無題)

りょうこ baffydct at gmail.com
2017年 6月 1日 (木) 11:23:57 JST


琵琶湖ハス消滅「復元不可能」 専門家が報告書、粘土層が消失

京都新聞 <https://headlines.yahoo.co.jp/list/?m=kyt> 6/1(木) 9:02配信

   -

   <https://rdsig.yahoo.co.jp/RV=1/RE=1497493278/RH=cmRzaWcueWFob28uY28uanA-/RB=/RU=aHR0cHM6Ly90d2l0dGVyLmNvbS9pbnRlbnQvdHdlZXQ_b3JpZ2luYWxfcmVmZXJlcj1odHRwcyUzQSUyRiUyRmhlYWRsaW5lcy55YWhvby5jby5qcCUyRmhsJTNGYSUzRDIwMTcwNjAxLTAwMDAwMDAxLWt5dC1zY3RjaCZ0ZXh0PSVFNyU5MCVCNSVFNyU5MCVCNiVFNiVCOSU5NiVFMyU4MyU4RiVFMyU4MiVCOSVFNiVCNiU4OCVFNiVCQiU4NSVFMyU4MCU4QyVFNSVCRSVBOSVFNSU4NSU4MyVFNCVCOCU4RCVFNSU4RiVBRiVFOCU4MyVCRCVFMyU4MCU4RCVFMyU4MCU4MCVFNSVCMCU4MiVFOSU5NiU4MCVFNSVBRSVCNiVFMyU4MSU4QyVFNSVBMCVCMSVFNSU5MSU4QSVFNiU5QiVCOCVFMyU4MCU4MSVFNyVCMiU5OCVFNSU5QyU5RiVFNSVCMSVBNCVFMyU4MSU4QyVFNiVCNiU4OCVFNSVBNCVCMSVFRiVCQyU4OCVFNCVCQSVBQyVFOSU4MyVCRCVFNiU5NiVCMCVFOCU4MSU5RSVFRiVCQyU4OSUyMC0lMjBZYWhvbyUyMSVFMyU4MyU4QiVFMyU4MyVBNSVFMyU4MyVCQyVFMyU4MiVCOSUyMGh0dHBzJTNBJTJGJTJGaGVhZGxpbmVzLnlhaG9vLmNvLmpwJTJGaGwlM0ZhJTNEMjAxNzA2MDEtMDAwMDAwMDEta3l0LXNjdGNoJTIwJTQwWWFob29OZXdzVG9waWNzJnR3X3A9dHdlZXRidXR0b24-/RS=%5EADAT6EBkKrrvtUsElwcmPyhl3Ppnc4-;_ylt=A2RABfEeei9ZwxEAsToDPv17>

   -

   <https://rdsig.yahoo.co.jp/RV=1/RE=1497493278/RH=cmRzaWcueWFob28uY28uanA-/RB=/RU=aHR0cHM6Ly93d3cuZmFjZWJvb2suY29tL3NoYXJlci9zaGFyZXIucGhwP3U9aHR0cHM6Ly9oZWFkbGluZXMueWFob28uY28uanAvaGw_YT0yMDE3MDYwMS0wMDAwMDAwMS1reXQtc2N0Y2g-/RS=%5EADAz2UDbLv9uEGlz60uyH0cYa.i5dE-;_ylt=A2RABfEeei9ZwxEAszoDPv17>

[image: 琵琶湖ハス消滅「復元不可能」 専門家が報告書、粘土層が消失]
<https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170601-00000001-kyt-sctch.view-000>

湖面を覆うように咲き誇るハスを楽しむ人たち(2014年7月26日午前8時15分、草津市下物町)
<https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170601-00000001-kyt-sctch.view-000>

滋賀県草津市は31日、昨夏に烏丸半島で消滅したハスに関する調査結果を発表した。姿を消した主な原因として、土質の変化による粘土層の消失やメタンガス濃度の上昇などが挙げられた。
調査は、ハスの再生を目指す市が大学教員らでつくる「滋賀自然環境研究会」(代表・小林圭介滋賀県立大名誉教授)に580万円で委託した。調査日は3~4月の5日間。ハスの群生地周辺の11地点で水質や底質、植生などを調べた。
報告書では、19年前の県の調査結果と比較し、ハスの生育に適した粘土層が波などの浸食の影響を受けて15~39センチ消失していた。また、地中のメタンガス濃度は5~8倍まで上昇しており、地下茎の成長を阻害した可能性を示した。消滅には複合的な要因があり「かつての状態に戻すことは不可能である」とした上で、生育環境のモニタリング調査など試験的な対策の必要性を指摘した。
市が県などと昨年実施した現地調査では、土壌の酸素不足が原因と結論づけていた。今回の調査でより詳細なデータを得た市は「ハス再生に向け、関係機関と対策を検討していきたい」としている。
【関連記事】

   - ハス再生へ前途は厳しく 滋賀・烏丸半島から消失
   <https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/rd_tool/kyt/articles/sctch/RV=1/RE=1497493278/RH=cmRzaWcueWFob28uY28uanA-/RB=/RU=aHR0cDovL3d3dy5reW90by1ucC5jby5qcC9lbnZpcm9ubWVudC9hcnRpY2xlLzIwMTYxMDAzMDAwMDI0/RS=%5EADALilLZYRW9AejBgGBhwzxvloJovA-;_ylt=A2RABfEeei9ZwxEAkToDPv17;_ylu=X3oDMWFjbDh1NGhuBHBvcwMxBHJsX3RpdGxlA.ODj.OCueWGjeeUn.OBuOWJjemAlOOBr.WOs.OBl.OBj.OAgOa7i.izgOODu.eDj.S4uOWNiuWztuOBi.OCiea2iOWksQRybF91cmwDaHR0cDovL3d3dy5reW90by1ucC5jby5qcC9lbnZpcm9ubWVudC9hcnRpY2xlLzIwMTYxMDAzMDAwMDI0BHNlYwNyZWxhdGVkBHNsawNwYwR0aXRsZQPnkLXnkLbmuZbjg4_jgrnmtojmu4XjgIzlvqnlhYPkuI3lj6_og73jgI3jgIDlsILploDlrrbjgYzloLHlkYrmm7jjgIHnspjlnJ_lsaTjgYzmtojlpLEEdXJsA2h0dHBzOi8vaGVhZGxpbmVzLnlhaG9vLmNvLmpwL2hsP2E9MjAxNzA2MDEtMDAwMDAwMDEta3l0LXNjdGNo>
   - ハスと女性 みずみずしく描く 大津の画家が個展
   <https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/rd_tool/kyt/articles/sctch/RV=1/RE=1497493278/RH=cmRzaWcueWFob28uY28uanA-/RB=/RU=aHR0cDovL3d3dy5reW90by1ucC5jby5qcC9zaWdodHNlZWluZy9hcnRpY2xlLzIwMTYwNzExMDAwMDUz/RS=%5EADAeBkxZJyBiLTByWwnPQUIHK1jIQQ-;_ylt=A2RABfEeei9ZwxEAkjoDPv17;_ylu=X3oDMWFjazNkcnYyBHBvcwMyBHJsX3RpdGxlA.ODj.OCueOBqOWls.aAp.OAgOOBv.OBmuOBv.OBmuOBl.OBj.aPj.OBj.OAgOWkp.a0peOBrueUu.WutuOBjOWAi.WxlQRybF91cmwDaHR0cDovL3d3dy5reW90by1ucC5jby5qcC9zaWdodHNlZWluZy9hcnRpY2xlLzIwMTYwNzExMDAwMDUzBHNlYwNyZWxhdGVkBHNsawNwYwR0aXRsZQPnkLXnkLbmuZbjg4_jgrnmtojmu4XjgIzlvqnlhYPkuI3lj6_og73jgI3jgIDlsILploDlrrbjgYzloLHlkYrmm7jjgIHnspjlnJ_lsaTjgYzmtojlpLEEdXJsA2h0dHBzOi8vaGVhZGxpbmVzLnlhaG9vLmNvLmpwL2hsP2E9MjAxNzA2MDEtMDAwMDAwMDEta3l0LXNjdGNo>
   - 姿消えたハス、謎深まる 滋賀・草津、県内別の場所でも
   <https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/rd_tool/kyt/articles/sctch/RV=1/RE=1497493278/RH=cmRzaWcueWFob28uY28uanA-/RB=/RU=aHR0cDovL3d3dy5reW90by1ucC5jby5qcC9lbnZpcm9ubWVudC9hcnRpY2xlLzIwMTYwNzAyMDAwMDMx/RS=%5EADAbC_9DVuFF5jAws9jToaleTOijJc-;_ylt=A2RABfEeei9ZwxEAkzoDPv17;_ylu=X3oDMWFsMWY2dWtyBHBvcwMzBHJsX3RpdGxlA.Wnv.a2iOOBiOOBn.ODj.OCueOAgeisjua3seOBvuOCi.OAgOa7i.izgOODu.iNiea0peOAgeecjOWGheWIpeOBruWgtOaJgOOBp.OCggRybF91cmwDaHR0cDovL3d3dy5reW90by1ucC5jby5qcC9lbnZpcm9ubWVudC9hcnRpY2xlLzIwMTYwNzAyMDAwMDMxBHNlYwNyZWxhdGVkBHNsawNwYwR0aXRsZQPnkLXnkLbmuZbjg4_jgrnmtojmu4XjgIzlvqnlhYPkuI3lj6_og73jgI3jgIDlsILploDlrrbjgYzloLHlkYrmm7jjgIHnspjlnJ_lsaTjgYzmtojlpLEEdXJsA2h0dHBzOi8vaGVhZGxpbmVzLnlhaG9vLmNvLmpwL2hsP2E9MjAxNzA2MDEtMDAwMDAwMDEta3l0LXNjdGNo>
   - ハス消滅、ぎゅうぎゅう詰め原因? 琵琶湖、専門家が見解
   <https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/rd_tool/kyt/articles/sctch/RV=1/RE=1497493278/RH=cmRzaWcueWFob28uY28uanA-/RB=/RU=aHR0cDovL3d3dy5reW90by1ucC5jby5qcC9lbnZpcm9ubWVudC9hcnRpY2xlLzIwMTYxMDE0MDAwMTQz/RS=%5EADARl1GodYTQpV6MvQ5cPonB4yonr0-;_ylt=A2RABfEeei9ZwxEAlDoDPv17;_ylu=X3oDMWFvdWxtY2pjBHBvcwM0BHJsX3RpdGxlA.ODj.OCuea2iOa7heOAgeOBjuOCheOBhuOBjuOCheOBhuipsOOCgeWOn.WboO.8n.OAgOeQteeQtua5luOAgeWwgumWgOWutuOBjOimi.inowRybF91cmwDaHR0cDovL3d3dy5reW90by1ucC5jby5qcC9lbnZpcm9ubWVudC9hcnRpY2xlLzIwMTYxMDE0MDAwMTQzBHNlYwNyZWxhdGVkBHNsawNwYwR0aXRsZQPnkLXnkLbmuZbjg4_jgrnmtojmu4XjgIzlvqnlhYPkuI3lj6_og73jgI3jgIDlsILploDlrrbjgYzloLHlkYrmm7jjgIHnspjlnJ_lsaTjgYzmtojlpLEEdXJsA2h0dHBzOi8vaGVhZGxpbmVzLnlhaG9vLmNvLmpwL2hsP2E9MjAxNzA2MDEtMDAwMDAwMDEta3l0LXNjdGNo>
   - 南極の棚氷、割れ目が急拡大 消滅の危機も
   <https://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/rd_tool/kyt/articles/sctch/RV=1/RE=1497493278/RH=cmRzaWcueWFob28uY28uanA-/RB=/RU=aHR0cDovL3d3dy5reW90by1ucC5jby5qcC9jb3VudHJ5L2FydGljbGUvMjAxNjA5MDQwMDAwNjY-/RS=%5EADA4wOtk3hh0XRXf80UCT7HcHNmjvk-;_ylt=A2RABfEeei9ZwxEAlToDPv17;_ylu=X3oDMTl0NmIxOG1qBHBvcwM1BHJsX3RpdGxlA.WNl.alteOBruajmuawt.OAgeWJsuOCjOebruOBjOaApeaLoeWkpyDmtojmu4Xjga7ljbHmqZ_jgoIEcmxfdXJsA2h0dHA6Ly93d3cua3lvdG8tbnAuY28uanAvY291bnRyeS9hcnRpY2xlLzIwMTYwOTA0MDAwMDY2BHNlYwNyZWxhdGVkBHNsawNwYwR0aXRsZQPnkLXnkLbmuZbjg4_jgrnmtojmu4XjgIzlvqnlhYPkuI3lj6_og73jgI3jgIDlsILploDlrrbjgYzloLHlkYrmm7jjgIHnspjlnJ_lsaTjgYzmtojlpLEEdXJsA2h0dHBzOi8vaGVhZGxpbmVzLnlhaG9vLmNvLmpwL2hsP2E9MjAxNzA2MDEtMDAwMDAwMDEta3l0LXNjdGNo>

最終更新:6/1(木) 10:29


ハス消滅、ぎゅうぎゅう詰め原因? 琵琶湖、専門家が見解

印刷用画面を開く
[image: かつて全面を覆っていたハスだが、今年は一部にしか生育が確認されていない烏丸半島の群生地(草津市下物町)]
<http://www.kyoto-np.co.jp/environment/article/20161014000143/1>
かつて全面を覆っていたハスだが、今年は一部にしか生育が確認されていない烏丸半島の群生地(草津市下物町)

ハスが消えたのは「ぎゅうぎゅう詰め」による自滅?
今夏、滋賀県草津市の烏丸半島で名物のハス群落が消滅した問題で、市と滋賀県などの関係者会議が14日に市役所であった。現地調査を踏まえ、主な原因はハスの枯れ葉などが堆積して土壌が酸素不足になった上、長年の群生により生育が過密になり成長力が弱まったためとの見解を示した。

市と県は徳島県農林水産総合技術支援センターと協力し、7月と9月に現地調査を実施。会議には、ハス群落がまたがる守山市の担当者を含む15人が出席し、調査結果を報告した。

土壌では枯れ葉など有機物が多く堆積し、固く締まっていることが確認された。化学分析したところ、有機物を分解する働きがある酸素が不足していた。市環境課の説明によると、「陸上で同条件であれば植物が生育しないほどの酸欠状態」という。ハスは約40年前から拡大し始めたとされ、過密になり生育が阻害されたことも要因とした。

病害虫調査では腐敗病の症状はなく、一部で繭が見つかったイネネクイハムシの繭も大規模な枯死にはつながらないという。ミシシッピアカミミガメによる食害も疑われてきたが、地下茎に痕跡は確認できず、同課は「カメはザリガニなどを先に食べるはずで、えさがなくなることも考えにくい」とする。ハスはプランクトンの影響を受けにくく、気象や水質についても特異な結果はなかったとした。

会議は本年度中に1、2回開く予定で、しゅんせつや耕運などの環境改善策も慎重に検討していく。市は「観光と環境のバランスをとりつつ、県と守山市と一緒に群生地エリアを考えていく」と話した。
ハス再生へ前途は厳しく 滋賀・烏丸半島から消失

印刷用画面を開く
[image: ハスの群生が湖面から消え、代わって外来種のオオバナミズキンバイが繁茂している烏丸半島周辺(草津市下物町)]
<http://www.kyoto-np.co.jp/environment/article/20161003000024/1>
ハスの群生が湖面から消え、代わって外来種のオオバナミズキンバイが繁茂している烏丸半島周辺(草津市下物町)

国内最大級の群生地として知られる滋賀県草津市・烏丸半島のハス。今夏は思わぬ形で全国的なニュースとなった。例年なら湖面を埋め尽くす葉が成長せず、夏の風物詩だったピンク色の花もほとんど開花しなかった。草津市や滋賀県が専門機関と連携して原因を調査している。市にとって重要な観光資源だけに再生を図る方針だが、長期的な取り組みになるとみられる。ハスの消失が生んだ波紋は、当分収まりそうにない。

■移植に課題、外来植物繁茂

今年は烏丸半島の施設にとって特別な年だった。県立琵琶湖博物館は20周年を迎え、7月にリニューアルオープン。市立水生植物公園みずの森も20周年で、7月に記念シンポジウムを開いた。「節目の年に、まさかハスが咲かないとは」。市の観光担当者が嘆く。

ハスは半島周辺の約13ヘクタールで自生。水深が浅く水流も緩やかな環境が、繁茂に適しているとみられる。市などが生育不良の原因を調査している。徳島県農林水産総合技術センターの専門家を招き、9月1日に土壌を採取して、化学的な分析調査を依頼した。ミシシッピアカミミガメの食害も疑われており、実際に個体数の増加が確認された。

ハス群落は草津市を象徴する景観の一つであり、観光名所としても大きな意味を持つ。「JTB感動の瞬間100選」「池坊花逍遙100選」「新日本歩く道紀行100選」に選出され、観光ツアーも多い。

しかし今年、隣接する「水生植物公園みずの森」の入園者は、7月で前年比22%減、8月で同49%減と大幅に落ち込んだ。ハスクルージング、熱気球フライトの乗客も低迷した。こうした状況を受け橋川渉市長は7月28日の定例会見で、「市の観光業にとって大きな打撃であり、再生に向けて取り組みたい」と述べた。

市は移植を見据えて、水生植物公園みずの森でハスの苗を育成している。ただ市がヒアリングした研究者からは「これまで自生したハスを人為的に植えるのはそぐわない」という意見も出ているという。土壌の改善でハスが繁茂しやすい環境に再生できるかなど、検討課題は多い。

ハスの増加をめぐり、自治体間に温度差もある。8月5日に開かれた滋賀県と市の関係者会議後の会見で、市環境経済部の竹村徹部長は「水質浄化との均衡を図りながら再生を目指したい」と繰り返した。ハスの繁茂によって、守山市側の堺川の水流が滞ることを念頭に置いた発言だった。

ハス群落は草津市と守山市にまたがっている。ハスを観光資源として保護する草津市に対し、守山市域では水流の妨げや水質悪化を招くとして、県などが刈り取っていた。草津市によると、同市域のヨシ群落保全条例の対象地域に限り再生を目指す方針で、守山市と調整しているという。

最近さらに不安材料が加わった。ハスが広がっていた場所に、特定外来生物のオオバナミズキンバイが増殖している。南湖を中心に急増し、生態系への影響から県が緊急対策に追われている植物だ。市は県と連携して対策を進める。

10月中旬に関係者会議が開かれ、滋賀県と草津市に加えて、守山市も参加する予定。土壌調査の結果などが報告される見通しで、どこまで原因解明に迫れるか注目される。


CML メーリングリストの案内