[CML 049744] 「日報」の観察報告の欠落点

小林 久公 q-ko at sea.plala.or.jp
2017年 7月 31日 (月) 15:51:04 JST


小林です

「日報」の管理と情報公開の取扱について防衛監査報告が7月27日に発表された。
このこの監査報告について、重要な調査が欠落しているので指摘しておきたい。

監査報告によると日報に関して2回の情報公開請求が出されている。
1回目は昨年7月19日に情報開示請求があり、それから60日後の9月16日に日報を除く部分開示決定し通知している。
2回目は、同年10月3日に情報開示請求があり、それから60日後の12月2日に日報を不存在として不開示決定し通知している。
それに対して、請求者は12月13日に審査請求を行い、それから60日後の本年2月13日に不開示決定を取り消し、部分開示決定をしている。

情報公開法第10条は、開示請求があった日から30日以内に開示するかどうかの決定をしなければならないことになっており、
もし、事務処理上の困難その他正当な理由があるときは、同項に規定する期間を30日以内に限り延長することができるとしている。
そして、延長する場合には、開示請求者に対し、遅滞なく、延長後の期間及び延長の理由を書面により通知しなければならないと
されている。

日報の開示請求から60日後に、決定が行われているので当然30日間の延長が行われたものと考えるが、
この監査報告では、その延長がどのような「事務処理上の困難その他正当な理由」があって行われたのかについて一切触れられていない。
このことは、この監察が情報公開制度を無視して行われたものと言わざるを得ない。

今後、国会での監査報告についての審議で、この点も含めて、大臣の監督責任、任命責任を追及してもらいたいものである。

参考までに、関係文書のURLをお知らせする。

防衛省・自衛隊
http://www.mod.go.jp/index.html
↓
防衛監察
http://www.mod.go.jp/igo/inspection/

特別防衛監察の結果について (全文)
http://www.mod.go.jp/igo/inspection/pdf/special04_report.pdf

特別防衛監察の結果について (概要)
http://www.mod.go.jp/igo/inspection/pdf/special04_summary.pdf


行政機関の保有する情報の公開に関する法律 (平成十一年五月十四日法律第四十二号) 


(開示決定等の期限)
第十条  前条各項の決定(以下「開示決定等」という。)は、開示請求があった日から三十日以内にしなければならない。ただし、第四条第二項の規定により補正を求めた場合にあっては、当該補正に要した日数は、当該期間に算入しない。
2  前項の規定にかかわらず、行政機関の長は、事務処理上の困難その他正当な理由があるときは、同項に規定する期間を三十日以内に限り延長することができる。この場合において、行政機関の長は、開示請求者に対し、遅滞なく、延長後の期間及び延長の理由を書面により通知しなければならない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
小林 久公
061-2273 札幌市南区豊滝2丁目9-6
FAX 011-596-5848 携帯電話 090-2070-4423
Eメール q-ko at sea.plala.or.jp 



CML メーリングリストの案内