[CML 049667] 「東京オリンピックは、日の丸・君が代抜きで願いたい。」と自作自演の9.11事件のテロ、CIAマルコム・ハワードの証言

檜原転石 hinokihara at mis.janis.or.jp
2017年 7月 23日 (日) 10:03:40 JST


檜原転石です。

以下のブログに石原慎太郎の昔の発言が取り上げられている。

《優勝者のための国旗掲揚で国歌の吹奏をとりやめようというブランデージ(当時のIOC会長)提案に私は賛成である。(略)私は以前、日本人に稀薄な民族意識、祖国意識をとり戻すのにオリンピックは良き機会であるというようなことを書いたことがあるが、誤りであったと自戒している。民族意識も結構ではあるがその以前に、もっと大切なもの、すなわち、真の感動、人間的感動というものをオリンピックを通じて人々が知り直すことが希ましい》


厚顔無恥で支離滅裂の差別主義者のクズ人間に首尾一貫を求めても無駄なので、この発言も「あーそうなの」で反応するぐらいでいいだろう。

話題は変わり、実は、テレビで原発オジサンの寺島実郎を見つけたので、改めて調べてみると彼が9.11事件を自作自演を疑っているというウィキペディアの記述を見た。

で、この頃、内部告発がなかなか出てこない中で、CIAマルコム・ハワードの証言があったようだ。

シャルリー・エブド事件も自作自演が濃厚なのだが、その中で、『シャルリー・エブド事件を考える』という本が白水社から出ている。事件が自作自演なら全ての論者の論考が無意味になる・・・。さらに日本では自作自演を疑う『シャルリ・エブド事件を読み解く―世界の自由思想家たちがフランス版9・11を問う』という本まで今年に出ている。

偽旗作戦が横行する現代、私たちは事実を見極める前の発言はより慎重にならざるを得ないだろう。

▼アメリカ同時多発テロ事件陰謀説
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%90%8C%E6%99%82%E5%A4%9A%E7%99%BA%E3%83%86%E3%83%AD%E4%BA%8B%E4%BB%B6%E9%99%B0%E8%AC%80%E8%AA%AC

アメリカ同時多発テロ事件陰謀説(アメリカどうじたはつテロじけんいんぼうせつ)では、2001年9月11日のアメリカ同時多発テロ事件が自作自演によって引き起こされたとするいくつかの説について解説する。ただし、CIAエージェント(爆発物処理専門家)として36年間勤務したマルコム・ハワードは、WTC第7ビル(全階の賃貸人はCIA、シークレットサービス、アメリカ軍)が「意図的なビルの爆破解体」(CIA作戦コード「ニューセンチュリー」)であったこと余命1週間を告げられた死のベッドの証言した(2017年7月13日)。引用元
http://yournewswire.com/cia-911-wtc7/ このことから単なる「陰謀ではなく」自作自演は事実であったことが判明した。


▼澤藤統一郎の憲法日記

 東京オリンピックは、日の丸・君が代抜きで願いたい。

http://article9.jp/wordpress/?p=8904


CML メーリングリストの案内