[CML 049522] IK改憲重要情報(199)

河内 謙策 kenkawauchi at nifty.com
2017年 7月 13日 (木) 13:42:39 JST


IK改憲重要情報(199)[2017年7月13日]
私たちは、内外の改憲をめぐる動きと9条改憲反対運動についての情報を発信しま
す。

(この情報を重複して受け取られた方は失礼をお許しください。転載・転送は自由で
す)

弁護士 市川守弘、弁護士 河内謙策

連絡先:〒170-0005東京都豊島区南大塚3-4-4-203 河内謙策法律事務所
電話03-6914-3844,FAX03-6914-3884

河内が参加している「南シナ海問題署名運動」のサイトは以下のとおりです。

http://www.southcs.org/
__________________
(以下の見解は、河内の見解です。市川の見解は必らずしも河内と同一ではありませ
ん。御了解ください。)

 アメリカの金融制裁

 アメリカが、アメリカ国内の金融機関に対して、中国の丹東銀行と取引しないよう
警告しました。
 この金融制裁が、北朝鮮に対する軍事制裁に代わるものか、今後、この動きが更に
強化されるのか、非常に注目されるところです。
http://www.news24.jp/articles/2017/06/30/10365687.html
  田村秀男氏は、中国銀行に対する金融制裁がなされるかどうかに注目しています。
中国銀行は、私も中国留学に当たって利用した銀行ですが、同銀行は資産規模で世界
第4位の超メガバンクです。おそらく、その金融制裁をめぐってディールが行われる
と思います。
 いずれにしろ軍事制裁だけに目を奪われずにグローバルな視点で北朝鮮情勢を分析
する必要があると思います。
http://www.sankei.com/premium/news/170708/prm1707080011-n1.html

  劉暁波氏が重体

 ノーベル平和賞受賞者劉暁波氏が中国当局により監視下に置かれていることは、よ
く知られている通りですが、その劉暁波氏が肝臓がんにより重体だと伝えられていま
す。心配です。
 安倍総理が中国の習金平に対し、日本の医者の派遣を申し出てもおかしくない局面
ですが。
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170712/soc1707120025-n1.html

  『金正恩の黒幕はアメリカだった』

 菅沼光弘氏の、上記のタイトルの著書が書店で販売されています。発行元はビジネ
ス社です。
 私は、北朝鮮情勢が分からなくて、いろんな本を読み漁っていますが、この本は、
お勧めです。
 もちろん、この本に書いてあることが正しいと考えるから、お勧めしているのでは
ありません。正しい本が出たら、その本を「学習」し、その見解を自分の見解のよう
に宣伝しよう、と考えている人もいますが、それは自分の思考停止を合理化し、日本
国民を愚民視する、スターリン主義的読書方法だと思います。
 この本の面白さは、著者が元公安調査庁調査第2部長だったという肩書が示すよう
に、インテリジェンスの世界の情報を豊富に利用し、ズバリと自分の見解を断言して
いるところにあります。
 たとえば、アメリカは、斬首作戦がもはやできないと断念した、米軍が一時間で平
壌を制圧できるというのはウソである、金正恩の基盤は習金平やトランプよりも安泰
である、アメリカは日本の頭越しに北朝鮮と国交正常化する可能性も有るetc
  ぜひ読んで、周囲の人と議論することをお勧めします。     以上









CML メーリングリストの案内