[CML 049428] トルコへの原発輸出と反対運動の現状.日本の原発輸出に反対するトルコの市民たち 「日本の原発が私たちの未来を盗む」―トルコ市民へのインタヴュー(川崎陽子:ジャーナリスト)

りょうこ baffydct at gmail.com
2017年 7月 10日 (月) 14:27:10 JST


* げんぱつ止める未来を選ぼう -日本からの原発輸出計画地リスト- <http://www.stopnukes.org/index.html>*







*トルコ
シノップ原発2013年10月29日に、三菱重工業と仏アレバの合弁会社アトメア社がトルコのシノップに建設する原発の受注をトルコ政府と合意した、と報道されたんだ。そのとき、トルコを訪問していた安倍首相はエルドアン首相と会談して、原子力分野での協力促進を確認する共同宣言を発表したんだ。この原発は、事故を起こせば黒海がまるごと汚染されてしまうよね。
右(東)には、2014年の冬季オリンピックが開かれるソチがあり、そこも汚染されてしまうかもしれない距離だね。サウジアラビアサウジアラビアは産油国なんだけど、自国の石油は外貨獲得のために輸出用にとっておいて、電気は原子力発電でまかなおう、としているんだ。そのため、2030年までに16基の原発を建設する計画なんだ。日本の東芝は、子会社の米ウェスチングハウス(WH)、米電力大手エクセロンの原発関連子会社と合同で売り込みをかけることにしたんだ。
<http://www.sankeibiz.jp/business/news/130909/bsb1309091715000-n1.htm>まだ、具体的な予定地や建設スケジュールは決まっていないので、下の位置は一つの想定。だけど、周辺国には紛争地帯が多いのがわかるね。*
*http://www.stopnukes.org/m_contents/e_list.html
<http://www.stopnukes.org/m_contents/e_list.html>*

* トルコへの原発輸出と反対運動の現状「ことばが通じなくても、原発のない未来のために私たちは共に闘える」*
アスリハン・テューマー(グリーンピース・インターナショナル)


*●「なぜ日本はトルコに原発を輸出するのか?」*

みなさん、お招きいただきありがとうございます。トルコへの原発輸出の問題と現地の反対運動の状況をお話ししたいと思います。

「あれほどの原発事故を経験した日本が、この地に原発を建てようとしていることを思うと悲しくなる」。これは、シノップ環境プラットフォームの代表者の発言です。シノップというのは黒海沿岸の美しい町で、三菱とアレバが原発を建設しようとしている場所です。

チェルノブイリ原発事故の影響は、トルコにも及びました。シノップも放射能の被害を受けています。そのような経験を持つシノップの人々にとっては、福島原発事故でたいへんな苦しみを経験した日本がトルコに原発を輸出しようとしていることが信じられないのです。

*● 縮小し続ける原子力市場*

福島の事故以降、原子力に関する考え方は世界的に変わりました。

チェルノブイリ事故のときは、「あれは古い原発で技術も不十分だったから起きた事故だ」などのいいわけがなされて、「同じようなことが別の原発で起こることは考えられない」と言われました。

しかし、原発に関する技術が非常に進んでいて最先端の安全基準や安全文化を持っていると思われている日本でこのような事故が起きたことで、世界は驚愕しました。

福島事故後、世界の原子力産業は安全対策のために追加的な投資を迫られました。原発大国フランスでは、その額は1基あたり1億7千万~2億6千万ユーロに上ると言われています。そして、老朽原発の運転延長期間も短縮され、保険費用も上昇し、賠償システムも厳格化の方向です。
      こうした状況を背景に、原発市場はさらに縮小化されることが明らかとなりました。

福島原発の影響で、原発建設計画を撤回もしくは段階的廃止にすると決定したのはドイツ、イタリア、スイス、ベルギー、オランダ、ブルガリアです。日本の方向性は不透明です。計画縮小もしくは延期を決定したのは中国、インド、米国、カナダ、イギリス、フィンランド、東欧諸国などです。事故後も原発に関して全く政策を変えていない国は、アラブ首長国連邦、ブラジル、南アフリカ、韓国などです。

中国では、2年間の一時停止措置、つまり新規原発建設の承認は当面しないという方針です。フランスでは、電力で原子力の占める割合を75%から50%まで下げようとしています。日本は、いったん「2030年代には原発を止める」と言いましたが、不透明な状況です。現在稼働中の原発はたった2基ですね。アメリカでは、原子力規制委員会が新規原発の許諾を一時停止していて、GEのCEOも「原発を正当化するのは非常に難しい」と発言しています。また既存のプロジェクトは予算超過や遅延が起こっており、パートナー企業は撤退していっています。

もっとも印象的な決定をしたのはドイツでした。ドイツでは従来から非常に強力な反原発運動がありましたが、2022年までに原発を段階的に廃止するとしています。そして、シーメンスという巨大な企業が、原発部門から撤退しました。

イタリアは、新規原発の建設中止を国民投票で決定しました。今回の国民投票は2011年の6月に実施が決まっていたのですが、福島事故が起きたためベルルスコーニ首相がどうにかして国民投票を中止しようとしました。国民が反対することが明らかだったからです。首相の抵抗に対して最高裁判所が予定通り国民投票を行うべきとの決定を下し、国民投票は予定通り行われることになりました。すると首相はメディアに対して、国民投票について報道しないようにと圧力をかけました。国民が投票に行かずに投票率が低ければ、投票自体が無効になるからです。国民投票前日、首相はテレビに出て「天気がいいから明日はみんなビーチに行って海水浴を楽しめばいい」と言ったのです。しかしそうした努力もむなしく、イタリアの国民の50%以上が投票に行き、94%が原子力からの撤退の道を選びました。

スペインでは、脱原発が決まっていましたが、既存のガローナ原発の運転延長が計画されていました。しかしそれも中止となりました。ブルガリアでは、ベレーヌで2基の原発建設が予定されていましたが、コスト面の問題があり、投資の話もまとまらず、福島事故をきっかけにこの計画は中止されました。
*http://www.nonukesasiaforum.org/jp/123a.htm
<http://www.nonukesasiaforum.org/jp/123a.htm>*
*安倍首相が進めるトルコ・シノップ原発輸出の問題点、運転から事故時の補償や使用済み核燃料の処分まで日本が持つ可能性*
*http://www.asyura2.com/13/genpatu31/msg/461.html
<http://www.asyura2.com/13/genpatu31/msg/461.html>*
* 国民全員が猛反対するべき、原発輸出のとんでもない裏側事情!ど~ん!
<http://blog.goo.ne.jp/mayumilehr/e/575a54fd550602a7d9c9b133330d6d62>*
*http://blog.goo.ne.jp/mayumilehr/e/575a54fd550602a7d9c9b133330d6d62
<http://blog.goo.ne.jp/mayumilehr/e/575a54fd550602a7d9c9b133330d6d62>*
* 原発輸出に反対するインド・トルコの市民からの日本政府への要請*
*http://www.cnic.jp/6957 <http://www.cnic.jp/6957>*

* 特集 原発事故と原発輸出 トルコへの原発輸出を問う*
*https://www.hurights.or.jp/archives/newsletter/sectiion3/2014/01/post-231.html
<https://www.hurights.or.jp/archives/newsletter/sectiion3/2014/01/post-231.html>*
* 日本の原発輸出に反対するトルコの市民たち 「日本の原発が私たちの未来を盗む」―トルコ市民へのインタヴュー(川崎陽子:ジャーナリスト)
<http://financegreenwatch.org/jp/?p=43573>*
*http://financegreenwatch.org/jp/?p=43573
<http://financegreenwatch.org/jp/?p=43573>*

*5月 9th, 2014 | 日本の原発輸出に反対するトルコの市民たち
「日本の原発が私たちの未来を盗む」―トルコ市民へのインタヴュー(川崎陽子:ジャーナリスト) はコメントを受け付けていません。[image:
シノップでのプナールさん]
<http://financegreenwatch.org/jp/?attachment_id=43575>シノップでの市民デモの様子トルコ国内の複数の大都市では、毎年チェルノブイリ原発事故が起きた4月26日に、反原発運動が行われてきた。28年目の今年、原発建設予定地シノップ市のデモに参加したイスタンブール市在住のプナール・デミルジャンさん(38歳、日本語通訳・翻訳家)に、運動の背景や当日の様子を聞いた。4月18日に日本の国会が承認したトルコとの原子力協定により、日本からシノップ原発が輸出される環境が整いつつある中で、トルコ人から日本人に寄せられたメッセージである。―
まずは、トルコで行われた反原発デモについて教えてください。イスタンブール市、首都アンカラ、メリシン市とその近くのアンタリア市およびアダナ市、そしてエーゲ海地方のムーラ市やイズミル市でも、チェルノブイリの記念デモがありました。ロシアによる原発建設が予定されているメリシン市は、地中海地方のいちばん東に位置し、その南にキプロス島があります。そのため、メリシン市で原発事故が起きたら大きな影響を受けるキプロス島のニコシアでも、地中海を守りたい人々が集まりました。参加者の人数が約1万人といちばん多かったのは、シノップのデモです。年齢層は17才から50才くらいでしょうか。大勢は大学生で、子供も多く見ました。チェルノブイリ原発事故の影響を受けた両親が、子供達の未来のために反原発運動に参加しているので、デモに連れてきたのです。シノップ市は、全国民に愛されている豊かな大自然の町です。ですから、政府に対する怒りを表明するために、遠く離れた全国各地からも大勢の人々が参加しました。
[image:
シノップでのプナールさん]
<http://financegreenwatch.org/jp/?attachment_id=43576>シノップでのプナールさん―
トルコ観光局のガイドに「黒海で最も美しい天然港の一つです」とありますね。人口約20万人余りのシノップ市は、2006年に原発建設予定地となりました。2006年にも今回と同じくらい激しい規模のデモがあったと、参加していた人々から聞きました。その後、当時の政府は一旦原発の建設計画をとり止めたのです。シノップ市は、チェルノブイリ原発事故により大きな被害を受けた場所で、風力や太陽光発電の大きな可能性を秘めています。ですから、住民は他のエネルギー資源を検討せずに原発に投資するトルコと日本政府に反対しており、「三菱はこの街に風力発電機を設置するべきだったのに」と、悔しがっています。
日本のジャーナリスト守田敏也さんが、3月にトルコ各地で講演した際に通訳として同行しました。守田さんのシノップ取材報告:http://toshikyoto.com/press/1188
<http://toshikyoto.com/press/1188>
も読んでみてください。 ―トルコのメディアは、東電の原発事故や被曝の危険性などについて、詳細に報道しますか。それとも、日本のように反原発デモの報道をせず、「原発は安全」という情報のほうが多いですか。トルコでも政府の影響を受けているメディアが多く、政府の決定をサポートするテレビや新聞では、世論は反映されません。YouTubeは禁止されています。TWITTERも禁止でしたが、裁判で情報交換用のツールは禁止できないという結果になりました。幸いにも、政府を支えるメディアがある一方で、政府と意見が合わず利潤も追求しない新聞やテレビもあります。おかげで、日本の政府もトルコの政府も嘘つきということを、誰もがもう知っていますよ。トルコ人の多くは、反原発運動と関わっていない人でも、東電福島原発事故のことをとても残念に思っています。私たち自身、チェルノブイリ原発事故の被害者としての経験がありますから。トルコ政府は、原発事故の影響、例えば癌や心臓病などの発症率の記録など、真実の情報を隠そうとしました。アメリカが原爆を広島に落とした時の記録を隠したように、将来の原発計画に否定的な影響をもたらさないためです。私自身は、黒海沿岸の知り合いや友達から聞いたり、また政治家と癒着していない環境保護派の専門家の記事を読んだりしたので、がんの罹患率が増加したことを知っています。事故後の10年から20年の間に、がんで亡くなった人がたくさんいます。有名な歌手だったカジム・コユンジュという男性もその中の一人で、「チェルノブイリ原発事故後に降った雨が原因で、自分はガンになった」と、死ぬ前に何回も発表していました。私たちは、日本の国会宛に原子力協定の即時撤回を求める要請書を送りましたので、国会議員にはトルコ人の60%が原発反対だということもわかったはずです。しかし、残念ながら協定は承認されてしまいました。是非、日本の皆さんにトルコ人の憂える事情を伝えてください。私たちの未来が盗まれているところなのです。(注)トルコ語で通常用いられるという「未来を盗む」という表現を、そのまま使いました。(聞き手:環境ジャーナリスト
川崎陽子)http://globalpress.or.jp/archives/staff/%E5%B7%9D%E5%B4%8E-%E9%99%BD%E5%AD%90-%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC
<http://globalpress.or.jp/archives/staff/%E5%B7%9D%E5%B4%8E-%E9%99%BD%E5%AD%90-%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC>*


CML メーリングリストの案内