[CML 049427] 【拡散】NHK受信料支払い義務、裁判で完敗! ”テレビを持っていても、契約書がなければ払わなくていい” 

りょうこ baffydct at gmail.com
2017年 7月 10日 (月) 14:04:58 JST


 加計学園事件でNHKも安部政権を忖度(そんたく)していた
<https://rdsig.yahoo.co.jp/blog/article/titlelink/RV=1/RU=aHR0cHM6Ly9ibG9ncy55YWhvby5jby5qcC9zYWlwYW5faXNfbnVtYmVyMS82NDY3MjY2NS5odG1s>
https://blogs.yahoo.co.jp/saipan_is_number1/64672665.html
 山本太郎氏「NHKが加計問題に忖度報道を続けるなら、受信料支払いをボイコットする」
http://www.huffingtonpost.jp/2017/05/29/taro-claimes-nhk_n_16861064.html
 産経が書かない真実 - 国連は山城氏に「引き続き情報を提供してほしい」と、一方、我那覇氏は国連からどんな反応もひきだせなかった (爆) 。
<http://uyouyomuseum.hatenadiary.jp/entry/2017/06/18/154234>
http://uyouyomuseum.hatenadiary.jp/entry/2017/06/18/154234
 産経が書かない真実  国連に我那覇を送りだした NPO 「国際キャリア支援協会」のホームページがサイコーにフェイクサイトな件
<http://uyouyomuseum.hatenadiary.jp/entry/2017/06/19/072338>
http://uyouyomuseum.hatenadiary.jp/entry/2017/06/19/072338
 裁判員要らないインコの大運動
* 裁判員お断りの実践パンフあります*
http://saibanin-iranainko.com/
NHKは裁判員制度反対の声を取り上げないな
 裁判員制度実施に当たり、
いかに裁判員の不安を取り除くか、理解を得るかが重点。
裁判員制度実施に向けての動きを報道。
「裁判員制度反対!」の国民の声はいっさい取り上げず。
受信料払ってる身としては、この偏向報道ぶりは納得いかないんだが、
皆さんはどう思う?
  *NHKの受信料を一時停止(保留)できる法的見解**(2014/4/28)*
http://nhkkaikaku.com/modules/opinion/content0001.html
【拡散】NHK受信料支払い義務、裁判で完敗! ”テレビを持っていても、契約書がなければ払わなくていい”
<http://blog.goo.ne.jp/koube-69/e/51357ae29d10953dc8d800cc6c2d12fa>
 *※
判決で注目すべきは、裁判所がテレビを持っていても、契約書がなければ払わなくていい、と判断したことです。NHKは、テレビを持っていれば支払い義務は生じる、との姿勢ですが、それが否定されたのです」*

 *日刊ゲンダイ 2015年4月18日*

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/159102/1*より転載*
籾井会長はいつまで居座れるか(C)日刊ゲンダイ
<http://www.nikkan-gendai.com/articles/image/news/159102/19818>



籾井勝人会長の私用ハイヤー問題や「ヤラセ報道」でテンヤワンヤのNHKに“新たな衝撃”が走っている。NHKが千葉・松戸市在住の男性(66)に対して受信料約18万円の支払いを求めた裁判で「完敗」したのである。

判決が出たのは15日の松戸簡裁(江上宗晴裁判官)。裁判で、NHK側は2003年3月に男性が受信契約を結んだにもかかわらず、受信料を支払っていないと主張。これに対し、
男性側は契約締結そのものを否定していた。

江上裁判官は判決で、受信契約書に記載された署名と(裁判の)宣誓書に記載された男性の字体が一致せず、男性の妻とも筆跡が異なると認定。「受信契約を締結したものとは認められない」として、「放送受信料の支払い請求は理由がない」と結論付けたのだ。

NHKは「判決内容をよく読んで対応を検討します」(広報部)と平静を装っているが、コトはそう簡単に済む話じゃない。受信契約書の筆跡が男性本人でなければ、一体、だれが男性の名を勝手に記入したのか。ヘタをすれば「私文書偽造」の刑事事件に発展しかねない大問題だ。

勝訴した男性もこう憤る。
「私はNHKに契約書を見せてほしいとずっと言い続けてきたが、なぜか、NHKは契約書を見せませんでした。6年経って初めて契約書が提示されたのですが、おそらく私文書偽造の時効(5年)を迎えたからではないかと思っています。NHKも刑事事件を避けたかったのでしょう」

男性の言う通りなら、NHKは契約書に勝手に個人名を書き込み、受信料を徴収しようとしたワケで、ヤクザ顔負けの悪徳手法だ。
元NHK職員でジャーナリストの立花孝志氏がこう言う。

*「判決で注目すべきは、裁判所がテレビを持っていても、契約書がなければ払わなくていい、と判断したことです。NHKは、テレビを持っていれば支払い義務は生じる、との姿勢ですが、それが否定されたのです」*

NHKの受信料不払いをめぐっては、全国各地で訴訟が起きているが、契約書がなければ支払う必要ナシということらしい。不払いが続出すれば、NHKの経営に打撃を与えるのは必至だ。


CML メーリングリストの案内