[CML 049348] 偶然なのか 内閣支持率と北ミサイル発射に“あうんの呼吸”。 南極条約は日本国憲法の精神によってできた 井上ひさし講演録より

りょうこ baffydct at gmail.com
2017年 7月 7日 (金) 12:24:34 JST


 日刊ゲンダイんの記事
 偶然なのか 内閣支持率と北ミサイル発射に“あうんの呼吸
”十分調査すべき内容です。
MD体制を崩壊させるために、日米韓朝の市民間で
もっと連帯してミサイル廃止を訴えるべきである。
安倍政権とトランプ政権を終わらせMD体制を崩壊させよう。
ミサイルも基地も原発もどこにも要らない。
笑い茸NO.57~売られてもいない喧嘩を買い回り
http://www.labornetjp.org/news/2015/warai57/view
軍事に急傾斜する「宇宙基本計画」案パブコメに意見 を!(21日が締切)&軍学共同反対ネット署名
http://www.labornetjp.org/news/2014/1416524833633staff01/view
 北核問題は孤立と制裁では解決できない[コラム]北朝鮮と米国は対話と協議を
http://www.labornetjp.org/worldnews/korea/column/2013/1361203673612Staff/view
一般市民に対する地球規模の監視「スノーデン」
http://www.labornetjp.org/news/2017/0706hon
 戦争の裏側を描く2本の映画~『空と風と星の詩人~尹東柱の生涯』『ヒトラーへの285枚の葉書』
http://www.labornetjp.org/news/2017/0705eiga
 「イヤなものはイヤ、おかしいことはおかしい」~不起立教員・梅原聡さんが講演
http://www.labornetjp.org/news/2017/0701nezu
 「宇宙基本法」成立抗議声明
投稿者: 核とミサイル防衛にNO!キャンペーン
http://www.labornetjp.org/news/2008/1212794075877staff01/view
 世界平和アピール七人委員会から宇宙基本法案の再検討を求めるアピールです。
http://www.labornetjp.org/news/2007/1196564849459staff01/view
集会ゲストの、菅原文子さん(辺野古基金共同代表)は、
「どういう国にしていくか決めるのはわたしたち。北朝鮮が挑発的と報道されているが、挑発しているのは米韓ではないか。おいつめられれば国家でも個人でも爆発しかねない。中国が6カ国協議を提案しているのは当然。わたしには夢がある。いつの日かピョンヤンでオリンピックが開かれることを」と語った。
 日本国憲法の功績 南極条約・宇宙条約その他
http://ohisamanouen.net/blog/2016/08/22/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E6%86%B2%E6%B3%95%E3%81%AE%E5%8A%9F%E7%B8%BE%E3%80%80%E5%8D%97%E6%A5%B5%E6%9D%A1%E7%B4%84%E3%83%BB%E5%AE%87%E5%AE%99%E6%9D%A1%E7%B4%84%E3%81%9D%E3%81%AE%E4%BB%96/
 南極条約は日本国憲法の精神によってできた 井上ひさし講演録より
井上ひさし氏記念講演 『憲法について、いま どうしても伝えたいこと』
<http://www.k2.dion.ne.jp/~kenpouhg/topics/inouehisashi_kouen.html>
2008年8月21日(木)教育のつどい全体集会
<http://www.k2.dion.ne.jp/~kenpouhg/topics/inouehisashi_kouen.html> より
「・・・ところが、観測に参加していた7カ国が南極を自分の国の領土だと 主張。
また、米ソが、それぞれ南極に軍事基地をつくるのではないかと疑い対立していた。
そのとき、文部省の木田ひろしという広島出身の若い官僚が南極観測にかかわる仕事をしていた。彼は、学徒出陣から戻ったら原爆で家族が全滅していた。文部省に入り「あたらしい憲法のはなし」という有名なパンフレット、中学校の副読本を書いた人でもあるこの人が、
南極の会議で各国の代表がもめているときに、「日本は戦争放棄の新 しい憲法を持ってスタートした。これを一晩読んで、明日もう一度話
し合ってほしい」と大演説をして英訳した日本国憲法を配布した。
各国代表も度肝を抜かれて、話がまとまった。それが1959年の南極条約です。内容はいたってシンプルで、領有権は凍結。人類の共有財産で
ある。軍事利用は禁止。科学的な調査活動だけ。戦後の国際条約の中で最良のものの1つです。
1966年には宇宙条約ができる。大気圏外は人類共有のものであって、軍事利用や核使用は禁止する。これは南極条約がモデルになっています。1968年には中南米が非核地域の条約を結び、さらに海底条
約、南太平洋の非核地帯化、東南アジア非核地帯条約へ。アフリカ統
一機構でも非核化を打ち出し、南アフリカ共和国はその際、すでに保有していた核兵器を廃棄した。中央アジアでもモンゴルが非核宣言を している。
日本国憲法を読んだ人が感動して、南極条約をつくり、
それをお手本にして次々に国際平和条約がつくられている。戦争でもめているのは世界の中ではもはや少数派だ。」
http://tanakayu.blogspot.jp/2016/07/blog-post_22.html
 〈宇宙の軍事化反対〉宇宙開発は平和のために(第1回)
<http://pikoameds.hatenablog.com/entry/2016/08/18/212305>
http://pikoameds.hatenablog.com/entry/2016/08/18/212305
 宇宙2法案「平和目的から逸脱」衆院委 池内議員が反対討論

衆院内閣委員会が26日開かれ、ロケット打ち上げ事業について安全確保のための許認可や事故時の賠償規定などを定めた宇宙活動法案と、人工衛星で撮影した画像の利用や管理などを規制する衛星リモートセンシング法案が、自民・公明・民進・維新の各党の賛成で可決しました。日本共産党は反対しました。

反対討論に立った日本共産党の池内さおり議員は、民間企業の宇宙活動を規律するルールは必要だとしたうえで、2008年に成立した宇宙基本法で宇宙の軍事利用が進んでいるもとで、宇宙活動法案は軍事目的の打ち上げ・衛星管理を何ら制約するものではなく、「平和の目的に限ることから逸脱するのは明白であり、到底賛成できない」と述べました。

最新の宇宙技術で得た情報をテロ対策などを名目に規制する衛星リモセン法案については、宇宙の開発利用は「自主・民主・公開」の原則に立つべきだと強調。国の規制によって「宇宙科学の発展の妨げとなるばかりでなく、商用画像を取り扱う民間企業の活動にも支障が生じかねない」と指摘しました。

さらに、基準が不明確なまま、時の政権の判断で画像提供の禁止措置を取ることは、国民の知る権利を不当に脅かすものだと述べました
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-10-27/2016102704_03_1.html

 偶然なのか 内閣支持率と北ミサイル発射に“あうんの呼吸”
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/208885

[image: 金正恩(左)と安倍首相(C)AP] 金正恩(左)と安倍首相(C)AP拡大する

実は裏でつながっているのではないか――。

4日午前10時ごろ、北朝鮮から弾道ミサイルが発射され、日本海の排他的経済水域に落下した。それから約5時間後、北朝鮮は「特別重大報道」としてICBMの発射実験に成功した、と発表した。

が、これは偶然なのか。過去、北朝鮮がミサイルをブッ放すタイミングを時系列で追ってみると不思議なことが見えてくる。安倍政権に不都合が生じると、それを揉み消すように北朝鮮がミサイルを撃ってくれるのだ。

2017年1月から今日に至るまで北朝鮮は計10回13発の弾道ミサイルを発射しているわけだが、どれも安倍内閣の支持率が低下した月にブッ放している。唯一6月は例外だが、ICBM開発が最終段階を迎えていたからか。

もはや安倍首相と金正恩の間に“ホットライン”があるのでは? と勘繰りたくなる。悪い冗談であって欲しいが……果たして。


CML メーリングリストの案内