[CML 049342] ヘイトから表現の自由を守るには、言論には言論でしかない。

りょうこ baffydct at gmail.com
2017年 7月 7日 (金) 09:35:23 JST


檜原転石樣
>米軍兵士は出て行け!」と「ヤンキー、ゴーホーム!」は根本的に違います!これらを同一視する事をミソクソ一緒にする愚劣というのです。
「侵略米兵出て行け!」が差別扇動・憎悪扇動になるなら、世界の平和市民は平和運動などできません!

.返信ありがとうございます。国連人種差別撤廃委員会が指摘する問題も事実だと思います。

*「私は君の意見には反対だが、それを主張する権利は命をかけて守る」 フランスの哲学者 ヴォルテール
<http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%F4%A5%A9%A5%EB%A5%C6%A1%BC%A5%EB>*

ヘイトスピーチ学習会でも同様のこと学びました。わたしも原発や米軍基地撤去したいし自衛隊基地も撤去したい。しかし法を使うの
は、市民だけではありません。ヘイトスピーチ規制法の課題は政権側の悪用表現弾圧の懸念がありそれを防ぐこと、
そして職業差別という課題もあること。米国人に対するヤンキーゴーホームがヘイトのトランプを大統領にさせた懸念があることも申し上げておきます。
私たちは集会結社言論表現報道学問の自由の危機にあります。
大切なのは対抗言論を保障する事、言論には言論でということである。
やはり危惧した通り…ヘイトスピーチ解消法による表現の自由の規制が始まった 自民党の責任は重いぞ!
http://www.sankei.com/premium/news/160621/prm1606210004-n1.html
規制で死ぬのはヘイトスピーチか、それとも表現の自由か? | 闘う民主主義と言論の自由市場について
<http://www.shigo45.com/entry/2016/02/17/213934>

日本国憲法が「自由の敵にも自由を与える」考え方をとっているからこそ、例えば戦前の軍国主義を美化するような言説・表現も規制されることはないし、
諸外国では禁止されてしまうような政治団体・結社も法的に禁止されることはない。日本国憲法が「民主主義の敵」は誰なのかを認定しようとしないからこそ、
ヘイトスピーチも、革命を目指す言説や結社も、*法的な意味では*禁止されることはない。

自分が民主主義者で極端な思想を有しないと自認する人々にとって、日本国憲法の態度が与える恩恵を実感することは少ないかも知れない。しかし、
*「法的に」いいかえれば「権力的に」誰が社会の敵なのかを認定できるとすれば、例えば単純に「政権の敵」が「民主主義の敵」と認定される可能性はいつでもある*
 *10 <http://www.shigo45.com/entry/2016/02/17/213934#f-9c4aba8e>。

ヘイトスピーチ対策の話し合いで国会周辺のデモへの規制に言及した高市氏は、その後発言を事実上撤回した。
しかし撤回したとしても発言した事実は残るしそこから本音を推測することも可能だろう。国民が求めているのも、国連が要請しているのも、
ヘイトスピーチへの対応であり国会周辺のデモについてなど全く話題にしていない。にもかかわらずこれに触れるのは、
これを規制したいという欲望の表れだと言える。つまり、ヘイトスピーチに対する態度はともかく、他の表現を規制したいという意欲はあるということだ。

表現内容に対する法的規制はすなわち、権力が表現内容に介入することを認めることである。であれば、
*政治的な意味では、具体的権力がどのようなものかも十分考えて議論を進めなければならない*。抽象的な国家権力を想定するだけではあまりにも不十分だ。

とすれば、
*これまでにないほどに政権が表現規制に熱心である中で、憲法の掲げる価値相対主義を押しやり「闘う民主主義」的な法規制を認めることは、あまりにも危険なことではないだろうか*
。どんなに厳密な法整備を行い、厳格な運用を求めたところで、それが絵に描いた餅になる懸念は否定できない。

ヘイトスピーチ対策に積極的でなく、むしろ親和性の高ささえうかがえる者が「ヘイトスピーチ規制」に乗り出すとき、
*ヘイトスピーチ以外の表現が無事でいられるとは思えない*。彼らは、ヘイトスピーチの規制を望んでいるのではなく、
より広い表現規制を望んでいるのは明らかである。それは以前の記事でも書いたことである

ヘイトスピーチを憎むのなら、ヘイトスピーチと対峙しなければならない。ヘイトスピーチが表現の自由の恩恵を受けているのなら、
ヘイトスピーチを根絶したいと考える側はそれ以上に表現の自由を駆使しなければならない。ヘイトスピーチを振りまくことに加担する出版社やインターネット
におけるプラットフォーム提供会社などには、抗議の声を上げなければならない *16
<http://www.shigo45.com/entry/2016/02/17/213934#f-233d99ef>。

*そして、彼らを退場させるのは、これら自由な言論の集合体によってである。自由の敵にも自由を認めた上で、自由を存分に行使して闘って勝たなければならない。一方、公権力の直接の介入を求めれば、最終的に退場させられるのが誰になるのかについて保証はないのである。*
http://www.shigo45.com/entry/2016/02/17/213934
民主主義において対抗言論の自由を確保すること、つまり死刑賛成・原発推進基地賛成などの集会ができることは、逆説的に死刑反対・
原発反対基地撤去など私たち自身の集会結社言論表現報道学問の自由・民主主義を死守することでもあります。

*嫌いな表現を守るということhttp://blogos.com/article/62978/
<http://blogos.com/article/62978/>*

*道徳教科書検定パン屋怒り収まらず。https://mainichi.jp/articles/20170405/k00/00m/040/078000c
<https://mainichi.jp/articles/20170405/k00/00m/040/078000c>
「道徳教科書、パン屋を和菓子屋へ」になぜ違和感を覚えるのか 保坂展人✔
@hosakanobuto「道徳」の教科書検定で、「パン屋」を「和菓子屋」に修正してパスというニュースを聞いて、思考が止まりました。「わが国と郷土を愛する態度」の視点からの修正だという。硬直した尺度で「パン屋はダメで、和菓子屋OK」と判定していく「道徳検定」のレベルの低さと支離滅裂な価値軸に違和感を抱く。平和活動する人には興味ある話題だと思います。軍産複合体の人も読んでるかも。読んでね。10:15
PM - 25 Mar 2017
<https://twitter.com/hosakanobuto/status/845625293712744448> · Chiyoda-ku,
Tokyo
<https://twitter.com/search?q=place%3A28b9063fdce43645>http://www.huffingtonpost.jp/nobuto-hosaka/textbook_b_15681970.html
<http://www.huffingtonpost.jp/nobuto-hosaka/textbook_b_15681970.html>*
*【長すぎ注意!】ヘイトスピーチと民主主義についての議論を通して(完全版) <https://togetter.com/li/873584>*
*米軍へのヤンキーゴーホーム朝鮮総連解散しろはヘイトスピーチに該当するか*

*https://togetter.com/li/717691 <https://togetter.com/li/717691>*
*「差別」の定義についての議論(本物川さん・青識亜論) <https://togetter.com/li/771642>*

*https://togetter.com/li/771642 <https://togetter.com/li/771642>*


CML メーリングリストの案内